しまむら ダサい。 しまむらで「全身コーディーネート」をお願いしたらオシャレになれるのか? 試したら…店員さんの知識爆発! 予想外の接客で今後は “しまパト” しちゃうかも

あったらラッキー!しまむらで見つけた今年即買いのワンピース4選

しまむら ダサい

9月30日に決算を発表したしまむら。 利益は下げ止まったものの、客数の減少が続く(編集部撮影) アパレル大手しまむらは9月30日、今2020年2月期の上期(2019年2~8月期)決算を発表した。 売上高2643億円(前年同期比4. 1%減)、営業利益143億円(同0. 3%増)と、減収増益で着地。 売上高、営業利益ともに期初の会社計画を下回り、同期間では2期連続で減収となったが、わずかながら3期ぶりの増益は確保した。 「在庫がかさんで値下げせざるをえない、という悪循環は断ち切れた」。 同日東京都内で開催した今上期の決算説明会において、しまむらの北島常好社長は状況をこう総括した。 店舗数が増える一方、客数は減少 利益の下げ止まりに寄与したのは、在庫効率化を進めたことによる値引き処分の減少だ。 婦人服を中心にシーズン初めの在庫投入量を減らす一方で、売れ筋を見極めて期中に追加生産する商品の割合を拡充。 前期に乱発した数十円、数百円といった過度な低価格セールや、チラシ持参での値引きキャンペーンも廃止した。 これらの結果、上期における主力業態「ファッションセンターしまむら」の客単価は、前年同期比で1. 2%上昇した。 会社全体の粗利益率も、33. 3%(前年同期比1ポイント増)に改善した。 利益は底打ちしたものの、今回の上期決算で浮き彫りとなったのが客数減の深刻さだ。 売上高の約8割を占める「ファッションセンターしまむら」では、店舗数が増えているにもかかわらず、全店ベースの客数は前年同期比6. 1%減と大幅なマイナスに。 昨夏頃から顕著となった客数減は、深刻度合いを増している。 「天候不順が、春の行楽需要や初夏の立ち上がりに大きく影響した。 天候が崩れても一定の売り上げを確保できる商品群を開発しないと、今後はなかなか厳しい」(北島社長).

次の

しまむら(メンズ)がムリゲー級にダサい理由 │ 陰キャのモテ道オンステージ

しまむら ダサい

しまむらのマスク入り防災ベスト! 2020年3月になって話題になっているのが、ファッションセンターしまむらの 「防災ベスト」です。 実は、この商品が販売されたのは2019年11月末に開催された 「しまむら全力祭」の時の売り出し商品なんです。 そんな時「しまむらの防災グッズ」にマスクが入っているという情報です! しまむらで、マスク😷除菌ウェットティッシュ防災グッズ3千円で購入できます。 防災用ベスト 撥水加工)• マスク• カイロ• 除菌ウエットティッシュ• 携帯用トイレ• 非常用給水バック• 携帯スリッパ• 保温アルミシート• 圧縮タオル• ブランケット 以上、12点セットです。 気になるマスクは「立体型の個別包装タイプ」で「 7枚入り」の商品のようですね。 私が「おっ、いいね!」と思ったのは「 除菌ウエットティッシュ」も入っているところ! 先日、除菌ができるウエットティッシュが欲しくて、あっちこっち探したのですがやはり手に入らなかったので、これは嬉しい情報ですね。 マスクも除菌ウエットティッシュも入っての価格はというと / 価格:3,000(税込) \ しまむら価格にしては少々高めななのかな? しかし、これだけ最低限の防災グッズが揃って、しかも収納できるベスト付ですからね。 ベストだけ見てもお買い得な気がします。 色は2色展開で、サイズは2サイズになります。 色:中紺・カーキ• サイズ:M・L マスクも欲しいけれど、これだけの防災グッズが入っているならお買い得なのは間違いありませんね! この機会に防災グッズを揃えるのもいいかもしれません。 Sponsored Links マスク入り防災ベストの在庫はある? さて、この防災ベスト。 何と言っても売り出されたのが2019年11月の末です。 在庫なんてもう無いのでは?と思いますよねw。 ところがこの商品、売り出された時にはあまり人気が無かったんです。 そう・・・ 実は私、この商品が売りだされた時に手に取ってみてるんですよね~。 この防災ベストがお洒落な洋服と一緒に展示されていたら、やはり目は引かないかとw。 しかし、そのおかげで現在でも在庫が残ってるお店があるようです。 しまむらは入荷した商品はすべて「売り切り」ます。 売れ残ったからと言ってサプライヤーに返品されることは無いらしいのです。 早くいろいろ落ち着いてほしい。 ベストはまぁダサいけど 笑 子供産まれたら3人連れてって大変やし、リュックとベストでいいんかもしれんなぁ…。 — ひなた thestarrysky19 また、しまむらでは訪れた店舗に在庫が無い場合、近隣の在庫がある店舗から 「お取り寄せ」サービスをしてくれます。 なので、このマスク入り「防災ベスト」も売り切れていてもお取り寄せしてくれる可能性がありますね! ただし、「人気商品」「アイテムが希少」な商品は「 お取り寄せ不可」の場合があります。 現状のマスク不足から考えると「お取り寄せ不可」の可能性が高いかもしれないので、商品が見当たらない場合は店員さんに聞いて見てください! その時、店員さんに伝えると便利なのが「 商品番号」です。 商品番号を言えばすぐに検索してくれますし、その他のサイズやカラーにつても調べることができる仕組みになっているようです。

次の

凋落のしまむら、品揃えの魅力「宝探し感」消失で客数減、ECを起爆剤に再成長狙う

しまむら ダサい

しまむらの店舗(「」より/Kinki explorer) 全国に約1400店舗を展開し、日本のファストファッションを代表する存在である しまむら。 ただ、4月2日に発表された2018年2月期決算では、売上高が約5651億円(前期比0. 1%減)、営業利益が約428億円(同12. 1%減)と、減収減益に終わっている。 減収はリーマンショックの影響を受けた2009年2月期以来、実に9期ぶり。 ついにブームが下火になったのかという指摘は免れないだろう。 ユニクロのような競合ブランドが好調を維持しているなか、なぜしまむらは苦境に陥ってしまったのか。 ファッションビジネス・ジャーナリストであり、著書に『ユニクロ進化論』(ビジネス社)を持つ松下久美氏に話を聞いた。 それが不振の理由の一つですが、商品戦略面での失敗も大きいでしょう。 一つの店舗内に、同じような服はサイズ違いくらいしか置いておらず、他の人が着ているものと被ることもないですし、そのときに行かないと出会えない商品ばかり。 それが『まるで宝探しみたいだ』と好評だったわけです。 かつてしまむらは複数のメーカーから仕入れた不良在庫をかなりの低価格で売っていましたが、数が揃っていなかったことを逆手に取った戦略でもありました。 しかし2010年あたりからは、PB(プライベートブランド)商品の比率を高めるようになり、とくにこの2年ほどは、大量に売れるものを増やすべく、商品数を絞り込んできました。 女性物の商品についていえば、毎年2割ほど減らす計画でしたが、極端に減らしすぎて、店舗内のアイテム数がかつてに比べて4~5割くらい減ってしまいました。 ラインナップも単調に見えてしまいますので、しまむらの特徴だった、商品選びの楽しさが薄れてしまったのです」(松下氏).

次の