日本工業規格。 ASTM規格詳細検索

JISC 日本産業標準調査会

日本工業規格

歴史 には、日本の工業規格はが作っていた。 ただし、などの政府調達品には、の購入、試験規格、標準仕様書があった。 日本標準規格 (10年)には、大正10年第164号に基づいて 工業品規格統一会が設置された。 この調査会は、1941年までに520件の 日本標準規格( 旧JES、Japanese Engineering Standards)を制定した。 臨時日本標準規格 臨時日本標準規格 臨JES は、(14年)から(昭和20年)までの間に931件制定された。 臨JESには、規格が要求するを下げて物資の有効利用をはかること、および、制定を簡素化して規格の制定を促進すること、というねらいがあった(標準部 1997、p. 226)。 臨時規格または 戦時規格とも呼ばれた( 2006)。 日本航空機規格 日本航空機規格( 航格)は、(昭和13年)の航空機製造事業法 第6条に基づいて定められたの規格である。 工業技術院標準部(1997、p. 229)は、臨JESとは別に航格が設けられた理由の一つに「外部に対して秘匿扱いする必要があるものもある」ことを挙げている。 1945年までに660件の航格が制定された。 航格の特徴は、強制標準である点にある。 航空機製造事業法第6条は、航格に適合しない航空機部品の製造または使用を禁じていた。 日本規格 昭和21年勅令第98号によって、1946年(昭和21年)2月に工業品統一調査会が廃止され、そのかわりに 工業標準調査会が設けられた。 旧JES、臨JESおよび航格を再検討し、これらのかわりに2,102件の 日本規格( 新JES)が制定された(工業技術院標準部 1997、p. 231)。 旧JES、臨JESおよび航格はで書かれていたが、新JESはで書かれた(工業技術院標準部 1997、p. 231)。 日本工業規格 は、(昭和24年)に制定され、7月1日から施行された。 工業標準調査会は廃止され、 (JISC)が設けられた。 10月31日には、最初の 日本工業規格( JIS)である JIS C 0901 の構造(用)が制定された。 翌(平成30年)ににて、工業標準化法の改正を含む「不正競争防止法等の一部を改正する法律」(平成30年5月30日法律第33号)が可決成立し 、(元年)に法律を 産業標準化法に、規格名を 日本産業規格 JIS に、日本工業標準調査会を 日本産業標準調査会にそれぞれ改め、JISの標準化対象に「データ、サービス等」を追加することとなった。 ただし、JISの英語名称は従来のまま変更はない。 国際規格 ISO, IEC, ITU との関係 JISの国際規格との整合性 日本は1995年に発効したにより、及びに準ずることが定められている。 したがって、本協定に依れば、全てのJISは前述の国際規格に準じた内容とする必要がある。 ただし、各国特有の地域性や商習慣による変更は許容される。 実際には、機械的に同時にすべてのJIS規格を国際規格に適合させることは困難であるため、企画内容の見直し等のタイミングでJIS規格の国際規格適合のための改訂が実施されている。 JISの国際規格対応の程度について JISの国際規格への対応の程度によって、JIS規格には略号が付される。 略号はJIS文書の付属書等に対応表や説明書きを参照することで把握することができる。 IDT Identical :一致 次の場合、国家規格は国際規格と一致する。 a 国家規格が、技術的内容、構成及び文言に関して一致している。 b 国家規格が、技術的内容及び構成に関して一致しているが、最小限の編集上の変更を含む。 MOD Modified :修正 許容される技術的差異が明記され、説明されている場合は、国家規格は、国際規格に対する修正となる。 国家規格は国際規格の構成を反映するが、構成を改変しても両規格の内容が容易に比較できる場合は、構成の変更が許される。 修正規格も、一致規格の場合に許される変更を含んでよい。 NEQ Not Equivalent :同等でない 国家規格は、技術的内容及び構成において、国際規格と 同等でなく、変更点が明記されていない。 国家規格と国際規格との明確な対応が見られない。 このカテゴリは、国際規格の採用に該当しない。 JIS全体を指すときは複数形のsを付けてStandardsとし、個々の規格を指すときはsを付けずにStandardとする。 JISのSは のであって規格を意味するので、「JIS規格」という表現は冗長であり、これを誤りとする人もある()。 ただしこの表現は、JISC、およびのでも一部用いられている。 昭和13年3月30日法律第41号。 現行の(昭和27年7月16日法律第237号)ではない。 2017年7月21日. 2019年7月1日閲覧。 経済産業省. 2018年12月2日時点のよりアーカイブ。 2018年12月2日閲覧。 日本産業標準調査会. 2020年2月4日閲覧。 令和元年7月1日厚生労働・農林水産・経済産業・国土交通省令第4号による改正で「鉱工業品及びその加工技術に係る日本産業規格への適合性の認証に関する省令」と改題されたが、e-Gov法令検索が未更新のため、更新後に修正。 ・のログを参照。 なお平成13年の省庁再編の際には、行政組織の減量・効率化の観点から(当時)の付属機関であったJISCなどの位置づけが問題になったが、で「通商産業省の工業技術院標準実施部門について、一部民間で対応できない規格作成等を除き、民間移譲する。 」とされた。 その結果、規格制定部門については経済産業省産業技術環境局に移管することになり(参照)、国営による国家標準化事業を維持することになった。 ただし、同報告書の作成について検討したで、山田肇委員から「著作権の話に関して、『著作権を原案作成団体に残す』ことの意義が印税を渡せるようにするということであれば、その効果は非常にわずかであろう」との指摘がなされた。 なおこの委員会の委員には、著作権法を含めた知的財産法専攻の研究者、法曹実務家等の有識者は加わっていない。 なお増田優通商産業省工業技術院標準部長(当時)はで「カナダは日本と状況が似ており独立行政法人であるSCCが権限を持っている」と説明しているが、SCC(カナダ標準委員会)のSenior program officer and managerのGary C. 793-805, 日本知的財産協会,。 ;著作権委員会編『図書館サービスと著作権 改訂第3版』〔図書館員選書・10〕(日本図書館協会、2007年)22-24頁• ただし、経済産業省がJIS規格本文を全文複写により提供している図書館等に対して、著作権侵害等の警告などを行った例はない。 通商産業省工業技術院標準部編『平成9年版 工業標準化法解説』(通商産業調査会出版部、平成9年)63頁• 編『JISハンドブック2010 56 標準化』(日本規格協会、2010年)1026頁• 加戸守行『著作権法逐条講義 五訂新版』(著作権情報センター、平成18年)136頁• 経済産業省のJISの著作権に関する見解の妥当性を疑問視するものとして、南亮一、「」『情報管理』 2010年 53巻 7号 p. 381-395, :• なお日本政府は2009 平成21 年度に、JISCが加盟するISOに148百万円を()、IECに81百万円を、それぞれ分担金として一般会計から支出した。 江藤学「産業政策としての標準化」日本知財学会誌 Vol. 4 No. 1 2007. 12 15頁.

次の

JIS X 8341

日本工業規格

第30回QC検定で受付を行っている受検地の中で, 「東京23区」「松本」「神戸」については,予定していた試験会場の使用許可が取り下げられたため, 7月7日をもちまして申込受付を停止いたします。 また,7月6日以後に「東京23区」「松本」「神戸」のお申込みをいただいた方につきましては,個別にご連絡をした上で,一旦キャンセルにさせていただきます。 (振替受検の方はキャンセルにはなりません。 ) 現在は代替会場を手配しておりますが,7月10日(金)15時までに会場手配ができなかった場合は,受付の再開はいたしません。 「東京」「松本」「神戸」でお申込みを予定していた受検者様には,ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが,止むを得ない状況のためにこのような判断になりましたことを,何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 2020年7月13日 一般財団法人日本規格協会 農林水産省公募「令和2年度JASの制定・国際化調査委託事業」受託について 当協会は、農林水産省公募「令和2年度JASの制定・国際化調査委託事業」を2020年4月受託契約いたしました。 これにより、国内規格においては、従来の鉱工業品及び産業標準化法で新たに対象となったサービス等の分野のJIS 日本産業規格 、JSA規格に加えて、JAS 日本農林規格 についての調査分析、規格開発、研修の業務も開始いたしました。 今後、農林水産省の指導の下、日本規格協会は次の業務を行うこととなります。 食品産業が抱える課題の解決のためにルール形成・標準化が有効な分野の分 析等 2. JASや国際規格の制定等に向けた規格素案の作成等 3. 国際規格の開発ための国際会議等で通用する専門人材の確保及び育成、登録 認証機関等の能力向上を図るための研修会等の実施 以上• 2020年06月22日• 日本規格協会グループ 出版情報ユニット 工業標準化法改正に伴うJIS規格名称変更のお知らせ 拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素より当協会の事業へ格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、平成30年第196回通常国会において「不正競争防止法等の一部を改正する法律」(法律第33号)が可決成立し、工業標準化法が一部改正されました(平成30年5月30日公布)。 2019年6月末日までに発行されたJISについては、まえがきを除き、JIS規格中の「日本工業規格」を「日本産業規格」に読み替えてください。 2019年6月末日までに発行されたJISのPDF版をご注文の場合は、全てのページ下部に下記の文言が印字されますのでご了承ください。 記 2019年7月1日の法改正により名称が変わりました。 まえがきを除き、本規格中の「日本工業規格」を「日本産業規格」に読み替えてください。 以上 また、令和2年6月22日に確認公示された日本産業規格については、以下の一文をまえがきに追記して下さい。 』 なお、経過措置として、旧工業標準化法に基づくJISは、次の改正までの間、新法に基づくものとみなされ、旧工業標準化法に基づくJISマーク認証等は新法に基づくものとみなされます。 2020年7月16日 お客様各位 日本規格協会グループ 出版情報ユニット 「染色堅ろう度試験関連用品」の商品提供について 平素より当グループの事業へ格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、「染色堅ろう度試験関連用品」の一部商品につきまして、JISに規定する性能を満たす製品の作製ができておらず、販売停止となっているもの、需要過多による供給の遅延により在庫不足となるものなどがございますため、以下の通り、該当商品の作製状況を随時お知らせいたしますので、状況についてはこちらをご確認ください。 なお、個別のご予約に関する発送状況については、確定次第、当協会よりお知らせをさせていただきます。 「染色堅ろう度試験関連用品」の在庫状況及び作製状況 ・ブルースケール2級:現在製品化作業中です。 7月下旬から8月上旬ごろに納品の予定です。 ・毛:販売停止中。 作製業者移行に伴う試作品作製段階です。 現時点では販売再開時期未定です。 なお、当該商品については、ご予約の受付を一時停止致しております。 ・多繊交織布:在庫不足。 作製品について、JISに規定する性能を満たしていないことが判明したため、原因の究明と再作製の手配を行ないます。 納期については、未定です。 ご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳ございません。 販売再開となり次第、お知らせを致します。 お客様各位におかれましては、商品提供に遅滞が生じ大変ご不便をお掛け致しまして申し訳ございませんが、何卒諸般の事情をご賢察の上、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 お問い合わせ窓口:日本規格協会グループ 出版情報ユニット 出版情報サービスチーム MAIL:csd jsa. 2020年07月15日• 第30回QC検定で受付を行っている受検地の中で, 「東京23区」「松本」「神戸」については,予定していた試験会場の使用許可が取り下げられたため, 7月7日をもちまして申込受付を停止いたします。 また,7月6日以後に「東京23区」「松本」「神戸」のお申込みをいただいた方につきましては,個別にご連絡をした上で,一旦キャンセルにさせていただきます。 (振替受検の方はキャンセルにはなりません。 ) 現在は代替会場を手配しておりますが,7月10日(金)15時までに会場手配ができなかった場合は,受付の再開はいたしません。 「東京」「松本」「神戸」でお申込みを予定していた受検者様には,ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが,止むを得ない状況のためにこのような判断になりましたことを,何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 2020年07月06日•

次の

規格・標準化│JEMA 一般社団法人 日本電機工業会

日本工業規格

JISは、製品の種類・寸法や品質・性能、安全性などを定めた国家規格です。 JISは、社会的環境の変化に対応して、制定・改正されています。 社会的に関心の高い重要な制定や改正を月に1度紹介しています。 1.今回のJIS規格制定・改正内容 今回は、5件の制定及び18件の改正を行いました 資料1。 中でも、以下のJISの制定・改正は特に重要です。 (1)リサイクルを含めた鉄鋼製品の環境負荷評価に関するJISの制定 鉄鋼製品が環境に与える影響は、製造時だけでなく、原料の採掘から始まり、廃棄後のリサイクルも含めた製品のライフサイクル全体で評価することが重要です。 鉄鋼製品は寿命を迎えた後も、ほぼ全量がスクラップとして回収され、何度でも様々な鉄鋼製品に再生されています。 今般、鉄鋼製品のライフサイクル全体での環境に与える影響を定量的に求める方法をJIS Q20915(鉄鋼製品のライフサイクルインベントリ計算方法)として制定しました。 このJISの制定により、鉄鋼製品を使うユーザーが自社製品の環境負荷評価を行う際に、より実態に即した評価をすることが可能となります。 注1)カスケードリサイクル:元の品質から低下してリサイクルすること。 例えば、上質紙をリサイクルして、再生紙や新聞紙としてリサイクルすること。 2)サーマルリサイクル:元の製品にすることは困難であるため、工場等の熱源として利用すること。 (2)ステッキホルダーの保持部に関するJISの制定 ステッキホルダーは、高齢者及び障害のある人の日常生活における有効なサポートツールです。 一方でステッキホルダーは、机やカウンター等に初めから内蔵されているもの、専用の家具や備品として自立して置かれるもの等、様々な形態が存在しています。 また、ステッキホルダーの保持部は、高齢者及び障害のある人が弱い力でも安全に、また容易に操作できるよう配慮した設計をする必要がありますが、業者によって性能等が様々であり、利用者に不自由を強いる懸念がありました。 このような背景を受けて今般、「新市場創造型標準化制度」を活用して、ステッキホルダーの保持部の設計についてJIS T9289として制定しました。 この規格が普及することで、高齢者及び障害のある人に配慮されたステッキホルダーが広く普及し、日常生活における安全性及び利便性の向上が期待されます。 ステッキホルダーの外観例(点線で囲んだ部分がステッキホルダーの保持部です) 2.JIS 日本工業規格 とは JIS Japanese Industrial Standards とは、鉱工業品の品質の改善、性能・安全性の向上、生産効率の増進等のため、工業標準化法に基づき制定される我が国の国家規格です。 JISは、製品の種類・寸法や品質・性能、安全性、それらを確認する試験方法や、要求される規格値などを定めており、生産者、使用者・消費者が安心して品質が良い製品を入手できるようにするために用いられています。 経済産業省では、技術の進歩や、安全性の向上等、必要に応じて、JISを制定・改正しています。 JISについて、詳しくお知りになりたい場合は、下記のサイトをご覧ください。 新市場創造型標準化制度について、詳しくお知りになりたい場合は、下記のサイトをご覧ください。 JISの閲覧は、下記のサイトより検索ください。 3.過去のニュースリリース• 詳しくお知りになりたい場合は、下記のサイトをご覧ください。 担当 産業技術環境局基準認証広報室長 齋藤 担当者:菅、関野、髙野 電話:03-3501-1511 内線3421~2 03-3501-9245(直通) 03-3501-7851(FAX) E-MAIL: 各規格のお問合せ先 産業技術環境局国際標準課 電話:03-3501-9283(直通) 産業技術環境局国際電気標準課 電話:03-3501-9287(直通).

次の