婚活パーティー ゲーム。 婚活リアル脱出ゲームで共同作業から恋が生まれる?【婚活パーティーNavi】

PARTY☆PARTYの婚活パーティー情報、口コミや体験談【婚活・お見合いパーティーカレンダー

婚活パーティー ゲーム

パートナーと共通の趣味を持っていると、話題に欠くことがないでしょう。 昨今では、ゲーム好きな女性が増えているので、パートナーと一緒にゲームを楽しみたいと考えている方も多いです。 一緒に趣味を楽しむことができるパートナーを探している方向けに、ゲーム好きを対象にした・が開催されています。 一言にゲームといってもたくさんの種類があり、お互いに好きなゲームが一致していると盛り上がるはずです。 ゲーム好きな者同士ならば、お互いの好きなゲーム情報を交換することでも会話が弾むでしょう。 ふたりで遊ぶことができるゲームもたくさんあるので、カップル成立後、一緒にプレイするためのソフトを買いに行くのも楽しそうです。 ゲーム好きな異性と知り合うために、婚活・お見合いパーティーを利用してみましょう。 結婚相手に求める条件については人それぞれでしょう。 しかしながら、誰もがパートナーと楽しく暮らすことができることを求めているはずです。 ふたりで楽しい毎日を送るために、共通の趣味があった方が良いと考える方もいらっしゃるでしょう。 または、自分の趣味について理解してくれるパートナーを求めている方もいらっしゃるかもしれません。 ゲームを趣味にしている方は、ゲーム好きが集まる婚活・お見合いパーティーに参加してみると良いでしょう。 共通の趣味を持っているということは、会話も弾みやすく、楽しい時間を過ごすことができます。 異性と打ち解けるのにも時間がかからず、会話が弾むので、カップル成立率も高いようです。 パートナーと一緒に好きなことを好きなだけ楽しむことができる生活を求めている方に、ぴったりなだといえるでしょう。 好きなゲームがある方は、ゲーム好きを対象にしている婚活・お見合いパーティーに参加してみると良いでしょう。 異性とゲームの話題で盛り上がること間違いなしです。 一言にゲームといっても、さまざまな機種やソフトがあります。 ゲームセンターのゲームもあるので、ゲーム好きといってもどの分野が好きなのか、好みが分かれることでしょう。 自分の知らないゲームをパートナーが教えてくれることもあります。 婚活パーティーで共通のゲームが好きな相手や、新たに楽しめそうなゲームを知っている相手を見つけて、会話を楽しむと良いです。 カップル成立後は、パートナーとふたりで楽しむことができるゲームを見つけるために、デートでゲームショップに行くのも良いでしょう。 各地で開催されているゲームイベントに行くのも楽しいはずです。

次の

ゲーム好きを対象とした婚活パーティー・お見合いパーティーについて |婚活のOTOCON(オトコン)

婚活パーティー ゲーム

結婚したいから出会いが欲しい、でも普通の婚活パーティーだと自分は浮いてしまうのでは…。 できれば漫画・アニメ・ゲームなどが好きな人が集まる、オタク婚活パーティーに行ってみたいけど、実態はどういう感じなのか不安を感じている人に、実際に行った男性の体験談を紹介。 【体験談】オタク婚活パーティーの実態 話が苦手、初対面の人と気軽に喋る事ができない、自分に自信が無いと言う人の場合、飲み会や合コン、婚活パーティーなどでの出会いはハードルが高いと感じてしまいます。 そんな時はオタク婚活に参加してみると良いでしょう。 2chの「」から、実際にオタク婚活パーティーに行ってきた男性の体験談を見てみましょう。 オタク婚活に来ている男女はどういう人が多い? まず俺のスペック。 20前半 正社員 専門卒 年収300万、見た目は普通だがかなり中性的 女かと思ったとよくいわれた。 きっかけは職場に出会いがなくて友達に進められたからいってみた。 オタコンにしたのは正直他のだと浮くし相手にされないと思ったからだ。 実際男の顔のレベルはかなり低くかった。 肝心の女のレベルは結構年いってる人が多かったがみんなそこそこだった。 15人くらいいて無理が3人くらい、10人普通2人中の上って感じだ。 20後半から30前半がほとんど23が1人いたかな。 男はわりと同じくらいもいた30もいるけど。 割りとマンガとかの話しすれば盛り上がるが女子は軽度な人が多いみんなきめつばっかり書いてた 20代前半で年収300万円なら、平均からそこそこと言った辺りです。 男性の見た目はレベルが低い様ですね。 女性は一般的な婚活パーティーとレベルはあまり違わないと言う印象です。 オタク婚活パーティーはどういう感じで行われる? 俺が選んだのはフリータイムが無くて一対一で全員とはなすやつにいった。 流れはついたらプロフィールカードを書く、始まったら正面の人とはなす、5分くらいで男が移動、これを15人分するから結構きつい。 その後アピール用紙みたいなのかいて3人にわたせれる。 もらったあとに付き合いたい人の順番をかいて提出。 3人まで、そこで両思いだとマッチングできる。 集計が終わったらその人あてにアピール用紙がとどけられていく。 流石に一枚くらいあるだろうという気でいた。 封筒を開けると二枚だけ入ってた。 しかも何が生々しいって人気度の順位がでるとこだった。 結果は3位だった。 二枚で3位って思うけど女はあんまりださないパターンが多いらしい。 確かに0枚がけっこういた。 これは一般的な婚活パーティーと一緒です。 フリータイムが主な物もあれば、この様に回転寿司の様にグルグル回るのも。 会話が苦手なら、どちらにしても厳しいので、ワンチャンある回転寿司の方が良いと思います。 オタク婚活パーティーのマッチング率は? 運命結果発表、30人いて4組だけらしい。 マッチング率低くねってなった。 15人対15人で4組出来上がったなら、そこそこ良いパーティーだと思います。 3分の1はカップル成立している訳ですし、他の婚活パーティーなんかより、成績は良いです。 一般的な婚活に比べると開催数が少ないですが検索すると色々と出てきます。 「」「」などが口コミを見ると良い評価となっているので、気になる方はどちらかで参加してみましょう。

次の

アニメ・漫画・ゲーム好きの婚活パーティー

婚活パーティー ゲーム

初対面同士でも仲良くできる 婚活パーティーは、出会いの場です。 しかし、真面目な気持ちで参加する人ほど、緊張してしまって、気になる人と仲良くなれなかった、ということにもなりかねません。 初対面の人の前では、ただでさえ緊張してしまいます。 出会いを目的とした場で気になる人を相手にすると、いつも以上に緊張するのではないでしょうか。 緊張のあまり、最後まで会話することができなかったという場合も、当然あるでしょう。 何を話せばよいのかわからないという状況が続くと、さらに、その場に緊張感が広がってしまいます。 このような状況に対応するために、ビジネスの世界にはアイスブレイクという手法があります。 アイスブレイクとは、緊張感をカチカチの氷に例え、それを壊してしまおうという意味です。 会議や研修など初対面の人が集まる場で、緊張感をほぐし、お互いが打ち解け合うのを助け、参加者が目的に向かって参加しやすいように仕向けるために行われます。 具体的には、少し変わった自己紹介をしたり、簡単なゲームをしたりするのです。 このように、緊張感をほぐすためのゲームは、ビジネスの世界でも真面目に行われています。 婚活パーティーに限らず、初対面の人同士が仲良くなるのは、人類全体のテーマなのかもしれません。 ゲームをすると夢中になってテンションが上がるのは、子どもも大人も変わらないでしょう。 ましてや、せっかくの婚活パーティーです。 できるだけ盛り上げたいという気持ちは、ほとんどの参加者が持っているでしょう。 その気持でゲームをするために、自然と会話も生まれるようになるのです。 共通の体験ができる 共通の体験をすると、距離感が縮まります。 出身の県が同じ人や職場が同じ人、出身中学が同じ人などとは、初対面の人よりは親近感があるのではないでしょうか。 同じ部活だった人や一緒に育った兄弟などは、さらに距離が近くなります。 「同じ釜の飯を食った仲」という言葉があるように、人と人との距離感を縮めるためには、共通の体験をすることが重要なのです。 ただ同じ婚活パーティーに参加しただけの人よりも、一緒にゲームをして盛り上がった人のほうが距離も近くなります。 また、ゲームをすると自然と会話が生まれます。 お互いに協力しあってプレイする場面もあるでしょう。 気になる相手とゲーム上は敵同士になったとしても、何かしら話すきっかけは生まれるものです。 ゲームをしていると次から次へと状況が変わっていくので、何もしないで会話のテーマを探しているよりも、話が弾みやすくなります。 さらに、ゲームによっては、会話がメインとなるものもあるのです。 ゲーム中は通常よりもテンションがあがります。 会話をしないことには進まないゲームを選べば、必然的に盛り上がるのです。 ゲームをしながら笑ったり、一緒に考えたりするうちに、同じ時間を過ごしているという一体感が生まれます。 その雰囲気が重要です。 後日デートをして会話に困ったときにも、「あのとき面白かったね」と話すこともできます。 ゲームをしたことが、思い出としても残るのです。 お互いのことが分かる ゲームをすると、性格が出ます。 その場を楽しくしようと気を使ってくれる人もいれば、他人を出し抜いてでも勝とうとする人もいるかもしれません。 なかには、純粋にゲームが好きで婚活を忘れて楽しむ人もいるなど、それこそ千差万別です。 一緒にゲームをすることで、どういう振る舞いをする人なのかを観察することができます。 優しく話しかけてくれる人やエスコートしてくれる人など、その人のよいところも見えてくるのです。 楽しいと思うポイントは、人それぞれ違いがあります。 しかし、一緒にゲームをしていると、自分と同じポイントで笑う人もなかには出てくるでしょう。 その人は、自分の感覚と似ているわけです。 人は、自分にないものを持っている人にひかれる面もあります。 とはいえ、感覚が似ている人に親近感が湧く面も、間違いなくあるのです。 もちろん、婚活パーティーという場では、多くの人が自分を少しでもよく見せようとしているかもしれません。 しかし、一緒にゲームをすることで、魅力を感じる一面を発見できる可能性は広がります。 1:しりとり自己紹介ゲーム しりとりをしながら自己紹介をすると、単調になりがちな自己紹介も楽しいゲームにすることができます。 例えば、最初の人が「私は〇〇ひろしです」という自己紹介をしたら、次の人は「ひろしです」の「す」からではなく、「ひろし」の「し」からスタートです。 次の人は、「社会人1年目のマリコです」「生姜が好きなマリコです」、または「シンガポール出身のマリコです」というように「し」を使って自分を紹介します。 あとは、順々に繰り返していくわけです。 変わった自己紹介をすることで自分に興味を持ってもらうこともできますし、他の人にも質問がしやすくなります。 前の人の名前によっては、正しい情報を言えないこともあるでしょう。 しかし、しりとり自己紹介は、ビジネスの場での正式な自己紹介ではなく、あくまでもゲームです。 正しい情報を伝えるよりも、その場の雰囲気を盛り上げることを優先させたほうがよい場面もあります。 笑顔で「間違いなので」というだけで場も和やかになり、問題になりません。 2:ボードゲーム ボードゲームは、婚活パーティーではとても人気があります。 なかには、ボードゲームをメインのイベントにした婚活パーティーもあるほどです。 室外で行われる婚活パーティーもたくさんありますが、ボードゲームは基本的に室内で行われるものなので、アウトドアが苦手な人には特に向いています。 また、ボードゲームは、種類も豊富です。 騙し合いをするものや、逆に仲間と協力をするもの、頭を使うものやスピードを競うものなど、さまざまなゲームがあります。 そのため、誰でもひとつは、やってみたいと思うボードゲームに出会うことができるでしょう。 ボードゲームは、コミュニケーションを取りながら進める必要があるので、婚活パーティーにはぴったりです。 初対面の人と話すのが苦手で、これまでの婚活パーティーではうまくいかなかった人も、参加してみるとよいでしょう。 ただし、夢中になりすぎて声が大きくなったり、アクションが大きくなりすぎたりすると、周りの人がびっくりしてしまうので注意が必要です。 1:ゲームに乗ってこない人がいると盛り上がらない ゲームに乗ってこない人が1人でもいると、婚活パーティーが盛り上がらなくなってしまいます。 参加者は、婚活を目的にパーティーに参加しています。 そのため、全員がゲームに好意的なわけではありません。 また、もともと社交的ではない人は、みんなとゲームをすることに抵抗感がある可能性があります。 ゲームをしている最中に参加を拒む人がいれば、会場全体が盛り上がらなくなってしまうのです。 もともとゲームが企画されている婚活パーティーに参加する場合は、気にする必要はありません。 しかし、盛り上げるために自分からゲームをすることを提案する場合は、たった1人でもやりたくない人がいれば、ゲーム自体が楽しめなくなるので注意が必要です。

次の