ロマンティック ア セクシャル。 アロマンティックセクシャル

デミロマンティックにスコリオセクシュアル――無限にうまれる新時代のセクシュアリティ

ロマンティック ア セクシャル

他の人と恋愛傾向が違う気がするけれど、検索してもなかなかたどり着かないと感じている人はいませんか? 今回は、アセクシャルやアロマンティックとも少し違う、微妙な立ち位置にあるアロマンティック・アセクシャル。 簡単診断テストを『Shano』に在籍する退(さがる)が作成しました。 自認に至るのが難しいマイノリティも多くありますが、自分がどこに所属するかわかるといいですよね。 【1】アロマンティック・アセクシャルとは? 様々な分類に分けられる性的指向の中で、この概念は海外での性的アイデンティティを持つ性的指向者を発足として、主にWeb上で呼びかけられています。 「他人に対して恋愛感情を持たないが、性的欲求を覚えることはある」アロマンティックと、「他人に対して恋愛感情も性的欲求も持たない」アセクシャルの部分、という部分が共存する性的指向です。 恋愛対象と性欲の強さの度合いから、アロマンティック・アセクシャルはカテゴライズされています。 アロマンティックやアセクシャルとの違いは、アロマンティック・アセクシャルは「性欲は存在するけれど、他人と性的な接触を図りたいわけでなく、ただムラムラする」といった例があげられます。 この定義はまだ曖昧であるとされており、いくつかが混在しているような状態です。 【2】アロマンティック・アセクシャル診断5つ アロマンティック・アセクシャルは、先にも述べたとおり、多様的であり流動的なものですが、 ここでは「アロマンティック・アセクシャル」とされる人についての代表的な特徴を、いくつか例にあげてみましょう。 いくつか当てはまった人は、「アロマンティック・アセクシャル」の分類に分けられる人かもしれません。 (1)性欲はあるがエッチを必要としない 日常を過ごしている中で、性的欲求はなかなか切り離せないものですよね。 しかし、アロマンティック・アセクシャルの人の場合、性的欲求を持つだけで、その欲求を解消する性的接触を必要としない、というケースがあります。 自分で処理をする人もいれば、その欲求を他のことで昇華する人もいるのです。 (2)性的行為に興味を持てない アロマンティック・アセクシャルの場合、他人と接触していて湧き上がる性的興奮が、性的行為に繋がることがありません。 また、性的欲求についても個人差があります。 「手を繋ぐだけでいい」人もいれば、「キスをするだけでいい」、「頬をすり合わせるだけでいい」といった、俗に言われる「軽いスキンシップ」で終わる人もいます。 (3)自分が性的行為を行うことに嫌悪感がある 他者が行う性的行為や、テレビや映画、漫画の中などで行われる性的行為自体への嫌悪感はないけれど、自分が誰かと性的な接触を図ることに対して嫌悪感がある場合があります。 性的接触を図らなくても、ただ一緒にいるだけで満足することなどがケースとしてあげられます。 また、性的な行為を小説にしたり漫画にしたりと作品に落とし込むことは可能で、嫌悪感なく作品を書くことができる人もいます。 (4)他人へ恋愛感情を抱かないことが多い 他人を大きな意味で「好き」になることはありますが、恋愛欲求を持たないケースが多いアロマンティック・アセクシャルの場合、他人を恋愛的な感情で見ることがない、ということがあります。 勿論、他人と付き合うことは可能ですが、元々が、誰かへ対して「好き」という感情で動いていないことから、実際付き合っている人に対しての恋愛感情があるかと問われれば、同意を示すことが難しいのです。 この点はアセクシャルとも同じかもしれません。 いくつかの特徴と合わせてどちらか検討すると良いでしょう (5)パートナーを作ることができないわけではない 流動的な定義であることから、アロマンティック・アセクシャルは、誰もがパートナーについての有無についてこだわっているわけではありません。 パートナーの有無についてこだわることがない人もいれば、友情の延長線上として、その人を「特別な人」と分類し、付き合う人もいますし、興味や意識を惹かれる相手と付き合い、友達のように過ごすケースなど、付き合い方もさまざまです。 デミセクシャルも特別な感情を必要とするため、友達の延長で恋愛をすることがありますが、このマイノリティの場合には恋愛感情はある点で、アロマンティック・アセクシャルとは異なります。 また、アセクシャルは恋愛感情がないため、恋愛に興味がない人が大半ではありますが、彼女たちも似たような感覚で恋愛をすることがあるようです。 【3】まとめ 性的指向の分類は多様化していて、一言で表せるもばかりではありません。 だからこそ、自身のセセクシャルについて悩んでいる人が多くなっているのも現実です。 「マイノリティなのはなんとなくわかるけれど、はっきりどのセクシャルにも分類されない気がする」というように、一つの概念として固定されないセクシャルの人は、アロマンティック・アセクシャルなどの分類にカテゴライズされることも少なくありません。 マイノリティ自体、あやふやな部分が大きいので、自分のセクシャルを自認したり調べたりしていく中で、自分のマイノリティがどこに属するのか、深く考えすぎると混乱してしまいます。 自分が自分らしく生きていくために、マイノリティは自分を形作る要素の一つくらいに考えて、「こんな感じなんだろうな」くらいに捉えることが大切だと思います。

次の

用語一覧

ロマンティック ア セクシャル

もくじ• 誰に対しても恋愛感情を抱かない恋愛的指向のこと、アロマンティック。 さてみなさん、この世は愛であふれています。 話題の新曲も、大ヒットしたドラマも、中高生のおしゃべりの内容も、惚れた腫れたの恋バナです。 結婚や愛するパートナーさんがいることを絶賛しているのが現代社会という魔窟。 そんなご時世に誰に対しても全く恋愛感情を抱かない人の生きづらさといったらありません。 人でなしのごとく非難されます。 「あなたは本当に愛せる人と出会っていないだけ」「もしかしてご家族から虐待を受けて愛する心を失ってしまったの…?」「人を愛することができないなんて、人として未熟なんだね」あらあらまぁまぁ、酷い言われようです。 今回のしのごのでは、ご自身がアロマンティックでも、大切なあの人がアロマンティックでもそのアイデンティティを尊重して接するために正しい知識を身につけましょう。 エイロマンティック(Aromantic):誰に対しても恋愛感情をいだかないこと。 アロマンティックと表記されることもある。 対義語はロマンティック(romantic)。 (引用元:ウィキペディア|) よく聞く「アセクシュアル」「アセクシャル」「Aセク」と、「アロマンティック」「Aロマ」の違いは、性行為をしたい気持ちの有無なのか、恋愛感情の有無なのかという違いです。 アセクシュアルにしろ、アロマンティックにしろ、これらの言葉は全て人の特性を表現するためのラベリングワードです。 自分とはどういう人なのか、というアイデンティティを表す属性はたくさんあります。 国籍、性別、職業、性的指向、恋愛感情、家族など。 人の命をいただく際に、自分の身元をしっかり名乗って戦うのが礼儀とされていたのですね。 それほど大切な出自、身元、自分とは?というアイデンティティのうち、性欲のなさを表現した言葉が「アセクシュアル」です。 アセクシャル、Aセクも同じ意味です。 アロマンティックは、誰かに対して恋愛的な感情を抱かないこと。 ロマンティックは、誰かに対して恋愛的な感情を抱くこと。 一方で、 アセクシュアルは、誰かに対して性的接触をしたいという気持ちがない、もしくはほぼないこと。 おもしろいことに、 アセクシュアルの対義語ってないんですね。 食欲・性欲・睡眠欲が人間の3大欲求とされているくらい、誰かに対する性的欲求は当たり前のこととされています。 だからこそ、「誰かに対して性的接触をしたい人」を表す特別な言葉は存在しない。 これから新しい言葉が生まれるかもしれません。 時代の変化が楽しみです。 アロマンティックさんはとってもマイノリティ。 なかなか周囲の人から理解してもらえないし、「あるある!」を共感しあえる相手と出会うのが難しい。 そんなアロマンティックさんならではの悩みはどんなものがあるのか調べてみました。 生きている人間のアイドルは愛せたり、ゲームやアニメのキャラクターを推す(ひいきにして特別に愛すること)ことはできる…なのに現実で出会う人と恋に落ちることがない!いやいや推しを全力で愛してるし課金もしてるから実質的に彼・彼女を支えてるのはわたし!…とは言っても人としてこれでいいのか疑問に思って、たまに合コンに出かけてみたり、好意を寄せてくれた人との可能性を考えてみたり。 こんな悩みのループに陥っているアロマンティックさんの多いこと、多いこと。 そんな不安や悩みを、アイデンティティのカテゴライズでスッキリ整理できるならそれでいいと思います。 例えば、あなたはロマンティックでそのアイドルやキャラクターを愛しています。 だから他の人に目移りしないんです。 もしくは、あなたはアロマンティックだから恋愛感情を持って人と接するタイプではないのです。 アイドルやキャラクターは「推し」ですが、身近な人と友情や親愛の情は築けても、恋愛感情は不要なのです。 このようにあなたの状況に一番適した言葉を見つけて使ってあげたら生まれた言葉も本望です。 大切なのはあなたが日々健やかに生きていくこと。 「なーんだ。 アロマンティックだから人を好きにならなかったんだ〜」と肩の力が抜けたらいいですね。 好みのタイプの人と性的接触を持ちたい。 でも恋愛感情はない!…これってセックス依存症?それともただのダメ人間!?…そんな切実なハラハラを抱えているのがアロマンティックでセクシュアルな欲求がある人たち。 これは悩みますよね。 まず自分の状態を正確に認識できるまでに時間がかかるでしょう。 そして自覚してからさらに悩むはずです。 セックスだけしたいなんて良くないことなのでは…と。 大丈夫、人を愛することがない自分について悩むのは誠実な証拠です。 相手のことを思いやっているからこそ。 そして同じくらいきちんと自分と向き合っている姿勢が素晴らしいです。 ようやく社会が人の多様性に追いついてきました。 恋愛感情を持たないアロマンティックさんたちが、性欲はあることもあるとわかってきたのです。 それは一人で行う自慰行為かもしれないし、人と交わるセックスかもしれません。 どちらにせよ、 アロマンティックで性欲があることはありえます。 心の動きと体の働きは別なのですから。 「そっか〜、自分はアロマンティック・性欲ありタイプなんだ〜。 性欲ありってなんだよ〜カッコいい言葉つけておいてよ〜」と笑ってやってください。 ただし、セックスしないと不安で仕方ないなどの自覚症状がある場合はどこか体の働きがうまく行っていない可能性があるので医師による診察をお勧めします。 ご自身に恋愛感情のないアロマンティックさんといえども、人から好かれるのは制御しきれません。 そして、人から好かれてしまったときの自分の心の動きにも戸惑うことが多いのがアロマンティックさんなのです。 人から好かれてうれしい場合 「自分はアロマンティックなのに、好きって言ってもらえるとうれしい。 これって本当はアロマンティックじゃないってこと?」 ご心配なく。 あなたは立派なアロマンティックです。 あなた自身に恋愛感情がわかないことと、人から好意を寄せていただいて嬉しく思う気持ちは全く別です。 だからこそあなたはうれしくても恋愛感情がわかないのです。 うれしいだけ。 ケーキをプレゼントしてもらってもうれしいですよね?そしてケーキをもらったからと言って恋愛感情はわきませんね?それと同じことです。 人から好かれて気持ち悪い場合 「自分はアロマンティックだから、好きって言ってもらえると気持ち悪く感じる…。 これって冷たい人間なのかな…」 いえいえ、好きでもない人から好かれたら気持ち悪く思うものです。 もっといえば、相手の恋愛感情を理解できないアロマンティックさんにとって、未知の欲求を「好き」という言葉でぶつけられたのですから無理もありません。 性というものがわからない子どものころに、成人した男性または女性が性的興奮をしながら迫られたら誰しも気持ち感じて当然。 それと同じことです。 アロマンティックとして恋愛感情のないタイプだと自覚してスッキリ…と思いきや、次にやってくるのは 「どうして?」という疑問です。 自分自身でも疑問に思うでしょうし、人からも聞かれるでしょう。 好意を寄せてくれる人から 「どうして恋愛感情が持てないの?過去に何かあったの?わたしだからダメなの?」、と。 もしくは親から 「どうして人を愛することができないの?育て方を間違えたの?」…大切な人から刺さるような疑問をぶつけられたらとても苦しいですね。 少なくとも2019年において、アロマンティックは「病気」ではありませんし、「症状」でもありません。 人としての「特徴」です。 恋愛の傾向という意味ではLGBTと並ぶところがあります。 レズビアンさんやゲイさんたちが病院でお医者さんに診断されて「あなたはレズビアンです」という名前をもらわないように、 アロマンティックさんも誰かの診断は不要です。 あくまで恋愛感情についてのアイデンティティの問題なので、自分が自分らしく生きるために堂々としていてください。 そして、原因についてご自身でルーツを探すのはもっともですが、もしアロマンティックさんと出会ったときに 「原因は?」「どうして?」「治らないの?」といった異常なもの扱いは控えましょう。 単純に失礼です。 原因はあったりなかったりします。 デリケートな内容になる可能性もあります。 アロマンティックさんとしての診断は不要ですし、原因よりも今アロマンティックとして幸せに生きていることを尊重しましょう。 だんだんとアロマンティックさんへの理解が深まってきました。 誰にも恋愛感情を持たないアロマンティックさんがいる、そうわかってもらえただけでうれしいです。 人間性の欠如でもなく、病気でもない、原因なんて追求するものではない、単に恋愛感情を持たないアロマンティックさんたち。 そんなアロマンティックさんとどう接して行けばいいのでしょうか?ご自身がアロマンティックさんだった場合と大切な人がアロマンティックさんだった場合に分けてお伝えします。 恋愛脳のマジョリティの中で、恋愛感情がないことについて生きづらいことが多かったことでしょう。 恋愛感情がわかないことについてご自身を責めたり疑ったりすることもあったでしょう。 しかし あなたは恋愛感情がないという個性を持ったひとりの人です。 生きとし生ける全ての人が尊い命であるように、あなたもまたかけがえのない人。 もっと冷静なあなたにはこう言いましょう。 「恋愛感情がないだけのただの人です。 特別なことは何もありません」と。 マイノリティの生きづらさを助長しているのが、自他ともにある特別意識です。 あなたがアロマンティックであることは、それだけではなんのドラマチックな出来事ではありません。 他の数あるアイデンティティと同じくひとつの個性です。 ひとりの人として、あなたは他の人と同じように素晴らしい。 しかし アロマンティックであることは特別なことではない。 あなたの人間性や人生の目標や幸せを脅かす特性ではないのです。 あなたらしさはアロマンティック属性だけではないはず。 そんな視点でシャンと前を向いて生きていってください。 さあ困りましたね。 この場合あなたはおそらく恋愛感情を持っているロマンティックさんで、大切な相手がアロマンティックさんなのでしょう。 理解ができないのです。 理解しあえないことがこの世にはあるという現実を突きつけられました。 そのアロマンティックさんがご家族やお友達の場合、その方のアロマンティックっぷりも含めて敬意を持って接してください。 幸せの形は恋愛成就だけではありません。 そのアロマンティックさんは恋愛感情を必要としないのです。 アロマンティックは病気ではありません。 個性です。 これまで通り、友達として、家族として接してください。 …もしもあなたがそのアロマンティックさんに恋をしている場合。 ゲイさんに恋してしまった女性も、レズビアンさんに恋してしまった男性も同じです。 相手のセクシュアリティを尊重しましょう。 絶対にしてはいけないのは、相手のセクシュアリティを否定すること。 自分に恋をしてくれない宣言をしていることに傷ついてしまって当然です。 それは単なるミスマッチです。 あなたもアロマンティックさんも相変わらず人として素晴らしいままですからご安心ください。 アロマンティックはその人口から見るととてもマイノリティで共感されにくい特徴です。 によると、アロマンティック・アセクシュアルである確率は 0. ただ、アロマンティックであることは異常なことでも特別なことでもありません。 数ある個性のうちのひとつです。 セクシュアリティのアイデンティティに重きを置かず、人生全体の楽しみやよろこびに目を向けていってください。 もしもアロマンティックさん仲間を探したい場合はコミュニティがあるので覗いてみてください。 あなたが一人ではないと実感するでしょう。 【参考リンク】 アロマンティックが集うコミュニティ ・(日本語サイト) Aceとは『性的対象がいないアセクシャル』、『恋愛対象がいないアロマンティック』の総称で、Aceを知る、広める、つながるをテーマにしたコミュニティ情報交換サイトです。 ・(英語サイト) 「無性愛の認知と教育ネットワーク」。 アセクシュアルに関する情報が記載され、登録ユーザーは80,000人にいます。 それでは今回の「しのごのうるさい笑」はここまで。 次回もお楽しみに。

次の

恋愛感情を持たない「アロマンティック」たちの告白

ロマンティック ア セクシャル

【2】カミングアウトで言われて辛いと感じる反応 いざ説明をしたところで、「それってどういうこと?」と首を傾げられ自分が傷つく反応を返されることも多いです。 そのため、自分のマイノリティを知ってもらうまでに至る道のりが険しいもののように思えます。 今回は、私が 実際にカミングアウトして返ってきた反応を例にあげていきます。 (1)「結局人を好きになれないってこと?」 アロマンティック・アセクシャルの定義は、先にも述べたように定義が曖昧で、いくつかの性的指向が混在しているような状態です。 その為、このカテゴリに属する人たちは、みんなが同じ指向を持って固定されているわけではありません。 私の場合も、常に自分の状態が固定されているわけではないので、「性的欲求を人に持った」過去もあれば、「恋愛欲求を人に持った」こともあるわけです。 しかしそんな過去を過ごして、今現在は「他人に対して恋愛欲求も性的欲求も持たない」状態が続いています。 これまでの自分の過去を掘り下げて今の状態に至るまでを友人へ話した時、友人は困惑した表情で、このような言葉を返してきました。 私はなんと言葉を返すべきか悩んで、「そうじゃないんだけど……。 なんていうか、博愛主義なんだ」と彼女に伝えました。 そこでようやく、彼女は納得したような素振りを見せたのです。 俗に呼ばれるノンケの人たちには、私たちマイノリティのカテゴリは複雑に見え、理解するまでに時間がかかるようです。 自分のカテゴリを知ってもらうためには、その複雑な内面をできるだけ分かりやすく理解してもらえるような、その内面に近い言葉を使って表現する方が良いのだと思いました。 (2)「分からないから気持ち悪い」 これは私が長年、親友として過ごしていた女の子にカミングアウトした時に言われた言葉でした。 当時10代だったこともあり、親友の言葉も真っ直ぐで、勿論カミングアウトすることに慣れていなかったわたしは彼女の言葉にひどく傷つきました。 時間が経った今なら分かるような気がします。 誰だって、自分の中には存在しない気持ちというのを想像したり、受け入れたりするのは難しいことだと思うからです。 きっと彼女なりの精一杯で返してくれた言葉なのだと思います。 だけどやっぱり、気持ち悪い、と言われたときは、自分のセクシャルが全部否定されたような気がして、長いあいだその言葉が尾を引いてわたしを苦しめました。 (3)「結婚できないってことでしょ?」 アロマンティック・アセクシャルであることをカミングアウトしないまま、ある男の人と付き合っていて何年か経ったときに、結婚について迫られたことがありました。 私は暫く時間をかけて、彼に自分のセクシャルについてカミングアウトすることを決め、おもいきってカミングアウトしたのです。 その時に彼は、冷たい目をしてこんな言葉を返してきました。 そのあとはもうあっという間の出来事で、当然、彼は私とは別れ、彼が「普通」とカテゴライズした女の子と付き合い始めたようでした。 私にとって彼は一緒にいると居心地の良い存在で、結婚などという名前に縛られない自由な付き合い方ができればと思っていたのですが……。 やはりセクシャルマイノリティに当てはまらない人たちは、付き合っていればその先を望んでしまう傾向にあるのかなと思った瞬間でもありました。 【3】まとめ セクシャルマイノリティは、それぞれが自認して自分なりに理解をしてカテゴライズされていくものでもあります。 しかし、それを他人へカミングアウトするという行為は難しく、自分が思っている以上に理解を得られない瞬間が少なくありません。 理解してもらえなくても良いから、せめてこんなセクシャルであることを知ってほしい……と思う気持ちはかけがえのない素敵な気持ちだと思います。 異性や同性といった区別なく、全ての人が少しだけ視野を広げてくれることを願っています。

次の