ハイエース 新型。 新型ハイエースが2022年モデルチェンジで300系へ!セミボンネットに変更

【トヨタ新型ハイエース】6型マイナーチェンジ2020年5月1日日本発売!200系バン/ワゴン最新情報、価格は?

ハイエース 新型

2020年4月17日に200系ハイエースのマイナーチェンジ(一部改良)が発表されました。 全国のトヨタ車両販売店にて、5月1日に発売します。 今回のマイナーチェンジでは、いくつかの安全装備が充実されました。 ここでは、新型ハイエースに新たに採用された「デジタルインナーミラー」について紹介します。 後方の安全確認をカメラの映像でサポートーデジタルインナーミラー デジタルインナーミラー(カメラ洗浄機能付)[メーカーオプション] デジタルインナーミラーとは、車両後方カメラの映像を、インナーミラー内のディスプレイに表示する機能です。 切り替えレバーを操作することで、鏡面インナーミラーモードからデジタルインナーミラーモードに切り替えることができます。 視界を遮るものがない映像により、後方の安全確認をサポートします。 デジタルインナーミラーは走行前に必ずミラーの調整を行ってください。 走行中は、デジタルインナーミラーの位置やディスプレイに表示される映像を調整しないでください。 また、外部光による反射でディスプレイが見えにくい場合には、鏡面ミラーモードに切り替えてください。 デジタルインナーミラーは体調・年齢などにより、ディスプレイに表示される映像に焦点が合うまで時間がかかる場合があります。 また着雪や雨滴、汚れ等により映像が見づらくなる場合があります。 その場合には鏡面ミラーモードに切り替えてください。 また、夜間など暗い場所では、周辺を明るく見せるために映像が自動的に調整されることにより、特有のちらつきが発生する場合があります。 バックカメラが映し出す範囲は限られています。 後退時には必ず車両後方の安全を確認しながら運転してください。 画面はハメ込み合成です。 画面はイメージで実際とは異なる場合があります。 デジタルインナーミラー[バックモニター内蔵](カメラ洗浄機能付)[メーカーオプション] 車両後退時、デジタルインナーミラー内のディスプレイに、バックカメラからの車両後方映像と駐車時の目安となる固定ガイド線を表示し、ドライバーの後退操作をサポートします。 デジタルインナーミラー[バックモニター内蔵]をメーカーオプション装着した場合、リヤアンダーミラーは装着されません。 デジタルインナーミラーは走行前に必ずミラーの調整を行ってください。 走行中は、デジタルインナーミラーの位置やディスプレイに表示される映像を調整しないでください。 また、外部光による反射でディスプレイが見えにくい場合には、鏡面ミラーモードに切り替えてください。 デジタルインナーミラーは体調・年齢などにより、ディスプレイに表示される映像に焦点が合うまで時間がかかる場合があります。 また着雪や雨滴、汚れ等により映像が見づらくなる場合があります。 その場合には鏡面ミラーモードに切り替えてください。 また、夜間など暗い場所では、周辺を明るく見せるために映像が自動的に調整されることにより、特有のちらつきが発生する場合があります。 バックカメラが映し出す範囲は限られています。 後退時には必ず車両後方の安全を確認しながら運転してください。 画面はハメ込み合成です。 画面はイメージで実際とは異なる場合があります。 バックカメラの映像をミラーにー自動防眩インナーミラー[バックモニター内蔵] 自動防眩インナーミラー[バックモニター内蔵][全車にメーカーオプション] 通常時は周囲の光と後方からの光の差に応じて鏡面の反射状態を変化させ、ドライバーの視認性低下を軽減する自動防眩インナーミラーです。 車両後退時には、車両後方映像と固定ガイド線を表示します。 カメラが映し出す範囲は限られています。 後退時には必ず車両後方の安全を確認しながら運転してください。 バックモニター内蔵自動防眩インナーミラーをメーカーオプション装着した場合、リヤアンダーミラーは装着されません。 200系ハイエース マイナーチェンジ車輌への商品の適合について オグショーオフィシャルネットストアで取り扱っている商品で、マイナーチェンジされた200系ハイエースへの適合が未確認の商品もあります。 マイナーチェンジ後の車輌にお取り付けされる場合は、ご注文手続き画面の「備考欄」に、その旨ご連絡をお願い致します。 なお、適合が確認できるまでにお時間を要する場合もありますので、あらかじめご了承願います。

次の

新型ハイエース 納車時期情報!

ハイエース 新型

トヨタ ハイエースがフルモデルチェンジ決定? トヨタ ハイエース トヨタ ハイエースは、2018年にフルモデルチェンジされると見られています。 トヨタは2017年・2018年にの新型導入とフルモデルチェンジを進める方針を打ち出しており、その代表的なのが2017年10月に発売予定の次世代タクシー専用車両「JPNタクシー」です。 トヨタ JPNタクシー これらは、2020年東京オリンピックを見据え、訪日外国人が乗ることの多い車両を改善することで世界中へのPRすることが目的であると考えられます。 また、ネット通販利用者の急増もあり、運搬車として使われることが多いハイエースの需要はこれからどんどん高まることが期待できるため、ハイエースのモデルチェンジ時期は今がベストといえるでしょう。 トヨタ新型ハイエース 300系のデザイン 新型ハイエースはキャブオーバー型からセミボンネット型へ変更されると予想されています。 キャブオーバー型からセミキャブオーバー型の違いは キャブオーバー型を採用する現行ハイエース 現在、ハイエースに採用されているキャブオーバー型は、自動車の構造としてエンジンの上に運転席がある形状を指します。 200系ハイエースやバスは運転席が最前面へ出ていて、普通の車のようにボンネットが前に飛び出ていません。 一方セミキャブオーバーは、パワートレーンに運転席がやや被さる形態になるため、必然的にごく短いボンネットをもっています。 トヨタのタウンエース、乗用車ではアルファード、ノアのような車になります。 なぜセミキャブオーバーが採用されるのか 新型ハイエースになぜセミキャブオーバーが採用されるかというと、衝突安全性の向上を図るためで、運転席・助手席の安全確保と衝突時の対車両、対歩行者への衝撃緩和が最大の目的です。 長年キャブオーバーだったハイエースも、安全基準が求められる昨今において、時代に適した車であることは重要です。 また、長い間ハイエースの弱点とされたエンジンが運転席の下にあることでの室内の熱と騒音問題に対しても、乗り心地を考慮したうえでのセミキャブオーバー採用に踏み切った要因といえるでしょう。 しかし、エンジンを運転席の前に載せることで、その分荷室長が短くなるため、積載量が少なくなるデメリットがあります。 新型ハイエースにセミキャブオーバーデザインが採用された場合、荷室のスペースが小さくなることは明確です。 世界で最も有名なワンボックスカーのフォルクスワーゲン・タイプ2も1990年からセミキャブオーバーにしており、現在フォルクスワーゲンの商用車向けワンボックスカーはすべてセミキャブオーバーです。 ハイエースがキャブオーバーからセミキャブオーバーになるのは、世界一位の自動車メーカーであるトヨタにとって当然の事と言えるでしょう。 トヨタ新型ハイエース 300系はプロエースのようになる? 2016年モデル トヨタ・プロエース 外観 2016年モデル トヨタ・プロエース 内装 2016年モデル トヨタ・プロエース 荷室 新型ハイエースの外観はまだ判明していませんが、新型ハイエースの外観を予想するうえでキーポイントとなるのがトヨタ・プロエース(TOYOTA PROACE)です。 プロエースは、トヨタが欧州で販売するワンボックスカーであり、ハイエースと同様にを目的とした車です。 2016年に2代目プロエースが登場し、セミキャブオーバーでサイズもハイエースとほぼ同じため、300系ハイエースもこのようなデザインになるのではないかと考えます。 プロエースは、仏プジョー・シトロエンを統括するPSA社とトヨタが共同で開発した車であり、現在はフランスにあるPSAの工場で生産が行われており、エンジンもPSA製のものが搭載されています。 トヨタはPSA社から 供給を受ける形で販売しており、PSA社が管理する自動車メーカーからは、シトロエンからスペースツアラー(SpaceTourer)、プジョーからエキスパート(Expert)として販売されています。 トヨタ・プロエースについての記事はこちら トヨタ新型ハイエース 300系の安全装備 トヨタ新型ハイエース 300系にセーフティセンスP採用は濃厚 新型ハイエースには、トヨタの衝突回避支援パッケージのPが装備されることが濃厚です。 これは、仕様変更する現行のハイエースに搭載されることからほぼ間違いないでしょう。 トヨタセーフティセンスとは衝突回避支援パッケージと呼ばれる、トヨタの先進安全機能がセットになったものです。 2種類のセンサーの機能を活かして、様々な面で事故を回避または被害軽減に備えることができます。 トヨタセーフティセンスPとは? にはPとCの2種類があり、新型ハイエース 300系に搭載されるのはPと予想されています。 トヨタセーフティセンスPはカムリやクラウンなどの価格の高いモデルを中心に搭載されるパッケージで、トヨタセーフティセンスCよりも高性能です。 トヨタセーフティセンスCとの違い のPとCでは性能がやや異なりますが、実際にどの部分が違うのでしょうか。 まず、PとCは1つ目のセンサーとしていずれも単眼カメラを搭載していますが、2つ目のセンサーはPが「ミリ波レーダー」、Cが「レーザーレーダー」となっています。 一般的にはレーザーレーダーよりもミリ波レーダーの方が高性能であるため、Pの方が検知精度が高いと言えます。 プリクラッシュセーフティシステム(衝突被害軽減ブレーキ)に関しても、Pは車両だけでなく歩行者も検知することができますし、レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)にはステアリングアシスト機能も追加されています。 さらに、前方車両を検知し、一定の車間距離を保ちながら追従走行を行うレーダークルーズコントロールは、トヨタセーフティセンスPのみの搭載です。 以上の相違点から、セーフティセンスPの搭載が予想される新型ハイエースは、安全性を重視した車種であることが言えるでしょう。 トヨタセーフティセンスPとCの違いに関連するおすすめ記事はこちら 最大のライバル・日産 NV350キャラバンもマイナーチェンジ! 2017年7月にマイナーチェンジされたライバル車・日産 NV350キャラバン。 今回のマイナーチェンジでは、先進安全面での変更が目立ちました。 バンの2WD車の一部のみに標準設定していた「インテリジェント 」、「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)、「ヒルスタートアシスト」を、バン全車に標準設定。 さらに、小型貨物車4ナンバーバンクラスで初めて「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」を搭載しました。 商用バンとしての実用性のアップグレードに加えて、先進安全装備を搭載した日産に対し、トヨタはそれ以上の安全装備を導入してくると予想されます。 NV350キャラバンがマイナーチェンジなのに対し、ハイエースはフルモデルチェンジの予定であるため、設計や基礎からの見直しが可能であることは大きな強みです。 伝統のキャブオーバースタイルを一新し、安全性にこだわったセミキャブオーバーを採用することも、そのひとつだと言えるでしょう。 トヨタ新型ハイエース 予想するパワートレイン 2. 7L ディーゼルエンジン [1GD-FTV] 2. 7L ガソリンエンジン [2TR-FE] 2. 0L ガソリンエンジン [1TR-FE] エンジン種類 直列4気筒 直列4気筒D 直列4気筒DOHC 排気量 2. 7L 2. 7L 2. 0L 直列4気筒 VVT-iの1TR-FE型と2. 7L 直列4気筒DOHC VVT-iの2TR-FE型です。 これらは共にトヨタが大型やのタクシー・ワンボックスカー向けに作ったエンジンであり、フルモデルチェンジでガソリンエンジンの変更はないと思われます。 新しい排ガス規制への対応とアップ、燃費向上はされるでしょう。 は、現行の3. 0L 直列4気筒の1KD-FTVからランドクルーザープラドに搭載される2. 7L 直列4気筒DOHCターボの1GD-FTVへ変更される見方が強いです。 新型ハイエースにハイブリッド搭載なるか トヨタは搭載する車種について、他モデルでモデルをリリースしていません。 そのため、ハイエースのフルモデルチェンジにあたっては展開の方針にないと思われます。 また、ハイエースは走行距離20~30万キロでも問題なく走行できる耐久性が求められます。 ハイブリッドやプラグインハイブリッドのような複雑な構造だと耐久性にハンデがあるため、エンジン搭載のみの車がよいのでしょう。 しかし、日産はすでにバネットのになるe-NV200を販売しており、現在の一充電走行距離は190kmですが、これからさらに航続距離が延びるでしょう。 でを開発に取り組む日産と、ディーゼル車またはガソリン車で貫くトヨタでは、将来性は日産のEV商用車のほうが高いポテンシャルを感じさせます。 壊れない頑丈なハイエースは魅力的ですが、トヨタはいつまでもディーゼル、ハイブリッド、プラグインハイブリッドに頼らず、EV商用車の販売に本格参入を急いだ方がいいのではないでしょうか。 しかし、今はハイエースでは初となるセミキャブオーバーとなった300系の登場が楽しみです。 トヨタ新型ランドクルーザープラドに関連するおすすめ記事はこちら トヨタ新型ハイエース 300系の燃費は 新型ハイエースがセミキャブオーバーになることでエンジンにとってのメリットは、冷却効率が上がることです。 エンジンの冷却効率が良くなれば燃費向上にもつながるため、新型ハイエースには燃費値向上が期待できます。 新型ハイエースの燃費性能予想 3. 0Lディーゼル [1GD-FTV] 2. 7L ガソリン [2TR-FE] 2. 0L ガソリン [1TR-FE] 燃費 11. 8 10. 5 11. 5 実燃費 9. 0 7. 0 9. 過去にハイエースが100系から200系にフルモデルチェンジした際は、価格の変動はほとんどなく、300系へのモデルチェンジも値上げはないと考えています。 20万キロを超えたものでも100万円以上するものもあり、現行の200系を購入するのであれば最低でも150万円は必要です。 走行距離が5万キロ以下であれば200万円以上は必要です。 さらにショップのカスタムカーや、荷室をキャンピングカー仕様にカスタムしたものが多いため、新車価格より高額なものも多数存在します。 ここまで中古車で高いのであれば、思い切って新車を購入したほうが良いかもしれません。 長年、行政や企業が使うとして中心的な存在であり、輸送車、ハイヤー以外に、救急車や現金輸送車、福祉車両といった特種用途自動車にも使われています。 ファミリーカーやアウトドア利用にも優秀で、車中泊やキャンピングカーとしても活躍してくれる、多目的な車でもあります。 ハイエースは今まで4度のフルモデルチェンジが行われており、5代目となる現行モデルは200系ハイエースと言われ、今度のフルモデルチェンジでは300系になると見られています。 タイプはバン・ワゴン・コミューターの3つ ハイエースは用途に応じて3タイプから選ぶことができます。 ・ハイエース バン バンタイプは多くの荷物を載せたい方におすすめです。 3~9名乗りから選べて、座席数と荷室の割合をどうするかを自分で選択できる、というイメージが分かりやすいでしょう。 趣味やアウトドアで使いたい場合、バンタイプを選んで荷室をカスタムしている方が多いようです。 ・ハイエース ワゴン ワゴンタイプは10人乗りで、多くの人を乗せることができる車です。 大勢での移動が多い場合や、ハイヤーなどに使用されています。 ・ハイエース コミューター コミューターはワゴンよりもさらに多くの人を乗せることができる、14人乗りタイプです。 いわゆる「バス」での利用が多いようです。 日本で最も盗難が多い車 トヨタ ハイエースは日本で最も盗難が多い車であり、2007年から7年連続自動車盗難率ワースト1です。 その理由として、海外(特に発展途上国)での重要が非常に高いためプロの自動車窃盗団が盗難の標的とすることが多く、盗難されたハイエースのほとんどが海外へ密輸出されます。 姉妹車にレジアスエース・ベンチュリーがある ハイエースの姉妹車にレジアスエースとベンチュリーがあります。 レジアスエースは、1、4ナンバーのバンのみの販売であり、そのほかはハイエースとすべて同じ仕様です。 ベンチュリーはワンボックスカーの需要が多いタイで生産・販売されている車であり、トヨタハイエースのベースとした車です。 0L ディーゼルエンジン 2. 7L ガソリンエンジン 2. 0L ガソリンエンジン エンジン種類 直列4気筒DOHC直噴ターボ 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC 排気量 3. 0L 2. 7L 2. 0L ディーゼルエンジン 2. 7L ガソリンエンジン 2. 0L ガソリンエンジン JC08モード燃費 11. 4【14. 0】 9. 7 10. 4【11. 0】 実燃費 8. 0 6. 0 8. ハイエース100系および200系の発売が8月に行われており、一部改良やマイナーチェンジも夏に集中しているため、2019年8月が新型ハイエースの発売日になると予想されます。 今後も新型ハイエースの新情報を随時更新まいりますので、お楽しみに。 新型車に関するおすすめ記事! ワンボックスカーに関するおすすめ記事!.

次の

【最新版】ハイエース300系は2020年に登場? フルモデルチェンジ後の新型ハイエースを大胆予想

ハイエース 新型

ディーラーによると置きかわるという情報はない 2019年2月に海外仕様のハイエースが披露された。 荷物を積むふたり乗りのバンから、17人乗りのコミューターまで、さまざまなタイプがある。 ボディサイズは、標準ボディの全長が5265mmでロングは5915mmだ。 全幅も1950mmとワイドになる。 日本で販売される現行ハイエースバンのサイズは、ロングの全長が4695mmで、全幅は1695mmの4ナンバー車だ。 この海外仕様が披露されたことで「現行ハイエースが廃止され、後継モデルはボディが大幅に拡大されるのではないか。 今のうちに4ナンバー車を買っておいたほうが良いかも知れない」という噂も立っている模様だ。 そこでハイエースを扱うトヨペット店に尋ねた。 返答は「インターネットなどで、今後登場するハイエースが話題になっているのは知っている。 ただし今のところ、メーカーからは何も聞いていない」という。 トヨタはかつて4ナンバー車だったピックアップトラックのハイラックスを廃止して、大幅にボディを拡大した現行型を復活させたが、ハイエースでは対応が異なるだろう。 ハイエースは、ハイラックスと違って人気が高いためだ。 2018年の登録台数は、姉妹車のレジアスエースバン(ネッツトヨタ店扱い)を含めると約5万8000台に達した。 1カ月平均なら4800台だから、乗用車でいえばアルファード(ヴェルファイアを含まない)と同等で、商用車としてはきわめて堅調に売れている。 そうなるとニーズに応じて海外向けの大型ハイエースを加えることがあっても、4ナンバー車の廃止は考えにくい。 倉庫に車両を入れて荷物の積み降ろしをするときなど、全幅が255mmも広がると、作業性が一気に悪化するからだ。 全長が約6m、全幅が約2mでは、裏道の通行や左折も難しい。

次の