地球 温暖 化 の 不都合 な 真実。 地球温暖化に「不都合な真実」を隠蔽

地球温暖化問題の不都合な真実。CO2 排出削減は正しいのか?【前編】

地球 温暖 化 の 不都合 な 真実

今年の夏は、まるで『夏のない年』という感想を持っている方も多いのではないでしょうか。 で、昨年記したのヤフーブログ記事から抜粋しますが、 今年の夏はどのような気候となるのでしょうか。 で異常な暑さとなるか、逆に冷夏となるか、もっとも普通の夏ということもありますが、個人的にはこの夏の気候がどうなるか、けっこう注目するところでもあります。 近年の、この極端な暑さや寒さ、また季節外れの自然界の働き、やっぱり何かが違います。 と記しましたが、これは昨年の太陽活動が低下していたことから記したものです。 その後、太陽活動は更に低下することになり、数も0の日が最近まで頻繁にありました。 また、火山噴火も相次ぎ、上記赤字にある太陽活動低下と前年までの数年間における火山噴火などから夏のない年が来るかもしれない、と考えていたのが昨年でしたが、それは今年やって来たのかもしれません。 ここ100年間の地球全体の気温チャートを見ると、2007年に急激に温度が下がっているのが分かります。 この低下は過去100年で最大のものです」 (ジョン・L・ケイシー) アメリカの気象学者ジョン・L・ケイシーが衝撃的な説を発表して話題となったもの 地球の気候は太陽活動と関係している、または影響を受けるということのようです。 また、 こうした主張を行っているのは実はケイシーだけではない。 ロシアの宇宙物理学者、ハビブロ・I・アブドゥサマトフもまた、地球は既に小氷河期に突入していると主張している。 二人は、太陽の活動が地球の気候を変動させている、という視点で一致しており、それはによって観察できるとしている。 しかし過去十数年来、活動家が警告してきたのはむしろだった。 この点についてケイシーは次のように批判している。 「そこには2つの根本的な間違いがあります。 まず第一に、彼らが主張するガス理論と地球の気温変化の関係は、CO2が増え続けた場合、気温も同時に上昇し続けるというものですが、実際にはそうはなりません。 そして第二にその間は気温の低下が絶対に起こりえないというものですが、実際には過去11年に渡って寒冷化し続けているんです。 」 : 抜粋終了 まあとにかく、実際に寒冷化しているという科学的データがあるようです。 データを見ますと、太陽指数低下と連動するように気温も低下しています。 しかし、CO2は上昇、でも、気温は下降線です。 というデータから、説は本当なのでしょうか。 新しい報告書によれば、気候変動は自然現象で、がCO2などの人為的な活動の結果ではない、ということです。 大部分の科学者は、気候変動はによって大気中に吹き込まれるCO2の増加によって引き起こされると言います。 しかし、モロハシ博士と仲間の科学者ジョン博士は、この仮定はほぼ120年前に決定されたモデルに基づいていると述べているということです。 米国は防止 ? について協力せず、それらを提唱する国々にそっぽを向いています。 米国は知っているのでしょう、はとは関係なく自然現象であり、また太陽活動から見るに、これからは寒冷化する可能性があることを。 somin753.

次の

アル•ゴアの『不都合な真実』は事実誤認とデータの誇大化に満ち溢れている

地球 温暖 化 の 不都合 な 真実

大気中の二酸化炭素が増えれば地球温暖化は進んでしまう。 だから、私たちはできるだけ二酸化炭素を排出しない暮らしをしよう。 これが世界の流れだ。 だが、地球温暖化の進み具合は、二酸化炭素だけで決まるわけではない。 健康被害などを抑えるために工場や自動車などから出る大気汚染物質を減らすと、地球温暖化を進めてしまう場合があることが、最近の研究でかなり細かくわかってきた。 地球の気候を狂わすのは二酸化炭素だけではない 地球は、太陽から来る光で温められている。 その光は大気中で熱に変わって蓄えられ、温まった地面もまた大気に熱を渡し、太陽から来た熱と同じ量の熱が宇宙に出ていく。 そのバランスで地球の気温は決まる。 大気中に二酸化炭素が増えると、大気の最下層である「対流圏」にたまる熱が増え、私たちが暮らしている地表付近の気温は高くなる。 対流圏の上にある「成層圏」の気温は下がる。 これが地球温暖化だ。 熱のたまり具合のバランスが崩れるのだ。 このように地球本来の熱のバランスを崩す大気中の物質は、二酸化炭素だけではない。 工場の煙突などから出る黒い小さなすすは、大気中に浮遊していると、太陽光を吸収して大気を暖める。 石油を燃やしたときなどに発生する硫酸成分が変化した「硫酸塩 りゅうさんえん 」とよばれる粒子のグループも、太陽からの光を遮って、やはり大気中の熱のバランスを変えてしまう。 物の燃焼で生ずる硝酸成分による「硝酸塩 しょうさんえん 」も同様だ。 近い将来の温暖化抑制で注目される大気汚染物質 黒いすすや硫酸塩、硝酸塩は、健康被害をもたらす大気汚染物質だ。 日本などの先進国では排出を抑える対策が進んできたが、途上国ではまだまだだ。 世界保健機関 WHO は2018年5月、世界の人口の9割がこうした汚れた空気を吸っており、それによる死者は年間700万人にのぼっていると発表した。 だから、大気汚染物質は世界的に削減が求められている。 当然のことだ。 その一方で、これらの大気汚染物質は「短寿命気候汚染物質」でもある。 短寿命気候汚染物質とは、地球温暖化に影響を与える大気中の物質のうちで、大気中にとどまる時間が比較的短いものを指す。 二酸化炭素は、いちど大気中に出てしまうと、数十年にわたって大気中にとどまる。 こちらは「長寿命」の温室効果ガスだ。 一方、小さなすすや硫酸塩などは、いったん大気中に放出されても、数日からせいぜい10年くらいの短期間で大気からなくなってしまう。 雨で洗い流されたり、自分の重さで落ちたりするためだ。 このさき50年、100年といった遠い将来を考えた場合、地球温暖化の抑制にもっとも大きな効果があるのは二酸化炭素の排出削減だ。 しかし、2040年前後には、二酸化炭素の排出量にかかわらず、産業革命前に比べて、いったんは2度くらい気温が上昇してしまうと予測されている。 気温が2度上がれば、日本周辺では強い雨の激しさが1割増しになるという研究結果もある。 気象災害に直結しかねない近未来の「2度上昇」を抑えるには、即効性がある「短寿命」気候汚染物質のコントロールが有力な選択肢になる。 話はそう単純ではないらしい。 健康への悪影響などを考えてすすや硫酸塩、硝酸塩などを減らすと地球温暖化は進んでしまうことが、最近の研究でわかってきた。 大気汚染の解決と地球温暖化の抑制が両立しないという「不都合な真実」がみえてきたのだ。 九州大学応用力学研究所の竹村俊彦 たけむら としひこ 教授らの研究グループは、世界のどこで、どれくらいの量の大気汚染物質が発生しているかを推定したデータをもとに、将来の地球温暖化の進み具合をコンピューターで予測した。 その際、黒いすすや硫酸塩の量を増減させてみて、その気候への影響を調べた。 「黒いすす」を減らしても、温暖化抑制にはあまり役立たない その結果で象徴的なのが「黒いすす」の影響だ。 太陽光を吸収する黒いすすを減らしても、温暖化抑制の効果は思ったほど表れないようなのだ。 大型トラックなどが加速するとき、もくもくと黒い排ガスを出すことがある。 この色の正体が「黒いすす」で、ブラックカーボンともよばれる。 大気中に浮遊している黒いすすは太陽光を吸収するので、大気を暖め、地球温暖化を進める原因物質だと考えられてきた。 気候変動に関する政府間パネル IPCC の報告書などでも、そう指摘されている。 国立環境研究所と海洋研究開発機構の研究グループもこの「黒いすす」に注目し、地球温暖化がとくに進む北極圏に到達するすすの出所を探る研究を行っている。 図1 「黒いすす ブラックカーボン 」は、私たち人間の活動や森林火災など、さまざまな原因で大気に放出されている。 ここでは、地球温暖化がとくに進む北極圏に運ばれるすすに注目している。 国立環境研究所などのプレスリリースより こうした事情から、「黒いすすの削減は温暖化防止に効果的だ」と多くの人が考えている。 だが、黒いすすは、雲の発生にも影響を与える。 そうした複雑な気象のしくみを考慮に入れて竹村さんらがシミュレーションを行ったところ、思ったほど効果的ではなかったのだ。 黒いすすがたくさんあると、低高度と高高度の気温のバランスが変わって、雨は降りにくくなる。 水蒸気は雨になるとき熱を出すので、雨が少なくなれば、放出する熱が減って大気は暖まりにくくなる。 つまり、黒いすすには間接的に大気を冷やす働きもある。 だから、黒いすすを減らすと、そのぶんだけ大気の温度が上がってしまう。 図2 地球を覆う「黒いすす」の分布をコンピューターシミュレーションで推定した結果。 1年の平均的な状態。 たとえば「5」という数字は、地上から上空まで足し合わせると、1平方メートルあたり5ミリグラムのすすが浮いているという意味。 中国やインド、アフリカ中央部で、とくに多い。 竹村俊彦・九州大学応用力学研究所教授提供 黒いすすの減少が地球温暖化を進める要因は、これ以外にもいくつかある。 黒いすすには、たしかに太陽光を吸収して大気を暖める働きがあるのだが、一方で、まわりまわって大気を冷やすことになる間接的な効果ももっている。 これらを足し合わせると、結局のところ、黒いすすを減らしても、地球温暖化の抑制にはほとんどならないことがわかった。 自動車や工場から出る黒いすすを減らせば空気もきれいになるし、地球温暖化の抑制にも大きく貢献できるというかつての単純なシナリオは、成立しないのだ。 竹村さんによると、考えうるさまざまな大気の反応をこのように取り入れて、黒いすすが気候の変化に与える影響を量的に求めたのは初めてなのだという。 このほか、硫酸塩のもとになる二酸化硫黄の排出を減らすと、地表に届く太陽光が増えて、地球温暖化が加速されてしまうこともわかった。 また、光化学スモッグなどの原因になる二酸化窒素を減らすと、大気中のメタンが分解される反応が進みにくくなり、大気中のメタンが増える。 メタンは強力に大気を暖める気体なので、地球温暖化が進んでしまう。 さらに雲が事情を複雑にする。 大気中を浮遊するこれらの大気汚染物質はエーロゾル エアロゾル とよばれ、その周りに大気中の水蒸気がくっついて水や氷の小さな粒になる。 その集まりが雲だ。 雲ができると、太陽光は地面に届きにくくなる。 その一方で、地面から放射される赤外線を吸収して大気を保温する働きもある。 雲のでき具合は、気候を大きく左右する。 エーロゾルは、それ自身が太陽光を吸収や反射、散乱したりするだけでなく、雲の生成を通して気候に複雑な影響を与える。 大気汚染物質は、このように複雑な連鎖で地球の気候と関係している。 最近になって、その連鎖のしくみがかなり正確にわかってきた。 さらに、コンピューターの性能も上がった。 こうしたなかで進められた竹村さんらの研究により、この「不都合な真実」があきらかになってきた。 もし、石油や石炭などの化石燃料を現在のように使い続け、その際に、健康被害につながる黒いすす、硫酸塩、硝酸塩などをいっせいに取り除けば、このような大気汚染対策を取ったばかりに、地球温暖化を余計に進めてしまうことになる。 二酸化炭素は増え続けるので温暖化は進行し、そのうえ、地球を冷やす効果をもっていた大気汚染物質も取り除かれてしまうからだ。 地球温暖化の短期抑制には大気汚染物質の最適な「調合」が必要 竹村さんらの研究は、今年度まで5年にわたって続いた環境省の研究プロジェクトとして進められた。 今回の結果をもとに、研究プロジェクトの代表を務める宇宙航空研究開発機構地球観測研究センターの中島映至 なかじま てるゆき 特任教授は、「近未来の地球温暖化を抑制したいなら、大気汚染物質のどの成分を優先して削減するかを考える必要がある」という。 硫酸塩と硝酸塩は、減らしすぎると温暖化を進めてしまうので、削減はほどほどにしておく。 黒いすすは徹底的に減らす。 その実現のために、家庭の熱源にまきを使っている国や地域では、できるだけ電化を進める。 もちろん二酸化炭素の排出は減らす必要があり、そのためには太陽光発電などの再生可能エネルギーを積極的に利用する。 地球温暖化対策は、「黒いすすを減らす」「硫酸塩も減らす」といった単線的な取り組みではなく、個々の削減量の最適な組み合わせを考える「調合」の段階に来ていると、中島さんはいう。 大気汚染物質を減らすと地球温暖化が進む。 最新の科学があきらかにしたこの「不都合な真実」にどう対処していくかを決めるのは、科学ではなく社会であり、政治の仕事だ。 科学はその判断のための根拠を提供する。 産業革命前からの気温の上昇を2度以下に抑えるというパリ協定の目標と、大気汚染による健康被害の軽減が両立しないなら、そのどこに着地点をみつけるのか。 短寿命気候汚染物質の議論がターゲットとすべきは、10年後、20年後の近未来だ。 東京オリンピックが開かれる2020年のすぐ先の話なのだ。 お祭り騒ぎに浮かれているうちに「不都合な真実」を忘れてしまった。 そんな不都合が起きないようにしたい。 サイエンスポータル編集部 保坂直紀•

次の

アル・ゴア『不都合な真実』感想(素人書評)地球温暖化が深刻すぎる!

地球 温暖 化 の 不都合 な 真実

地球温暖化が人類最大の問題かどうかは議論の余地があるが、それが人類の直面する最も複雑な問題であることは間違いない。 そもそも温暖化が起こっているかどうかという根本的な科学的事実が確認されていない。 それを疑う人を温暖化懐疑派と呼ぶとすれば、著者はその一人だが、彼は科学者ではないので、IPCCの報告書を反証するデータをもっているわけではなく、それに代わる理論を提示するわけでもない。 多くの疑惑を示すだけだ。 国際機関に集まった数百人の科学者が20年以上にわたって嘘をつき続けることは考えにくいが、そのインセンティブはある。 地球温暖化が起こるという研究には多額の研究費がつくが、起こらないという研究にはつかないからだ。 をめぐるスキャンダルは、IPCCが疑惑のデータを撤回することで決着した。 そういうバイアスを割り引いて考えても、次の図のようにここ50年ほど地球の平均気温が上がり続けているトレンドは否定できない(2015年以降は下がっているが)。 問題はその原因が何かということだ。 温室効果の原因の90%以上は雲と水蒸気であり、CO 2の効果は2%以下だ。 雲や水蒸気は産業革命の前も後も変わらないのに気温が上がっているのはCO 2が原因だ、というのがIPCCの主張だが、太古の地球ではCO 2濃度は今の5倍以上だった。 現在の気温が史上最高でもない。 1000年前の「中世温暖期」には今より気温が高く、グリーンランドはグリーンだった。 今後の温暖化でグリーンランドの氷が溶けても、中世と同じぐらいになるだけだ。 それによって海面が上昇するのは最大で80cm程度。 先進国では堤防で防げる。 途上国にはエネルギーが必要だ最大の問題は 費用対効果である。 CO 2と温暖化の因果関係には疑問が多く、温暖化を防ぐコストは大きい。 国連は2050年にCO 2排出ゼロという野心的な目標を世界各国に認めさせようとしている。 金持ちの国にとってはそれでもいいかもしれないが、飢餓線上にある国にそれを求めるのは、パンのない人に「ケーキを食え」というようなものだ。 温暖化の被害を受ける途上国では、電力もなく薪を燃やして森林資源が破壊され、大気汚染で毎年数百万人が死んでいる。 彼らが求めるのは地球温暖化の防止ではなく、エネルギー供給である。 安定した送電インフラがなく原子力も再生可能エネルギーも実用化できない国では、化石燃料が生命を維持するインフラなのだ。 私は著者のようにパリ協定に反対するつもりはないが、それは「なるべく化石燃料を使わない」という努力目標と考えるべきで、日本が26%削減という約束にコミットする必要はないと思う。

次の