エキドナ リゼロ。 リゼロのエキドナの正体とは?スバルとはどんな関係なの?制服が可愛い!|torendy wadai

リゼロのエキドナとは?正体は一体何者なのか詳しく解説!

エキドナ リゼロ

キャラデザがかわいい!リゼロのエキドナとは何者? 昨日リゼロの10巻読んでエキドナがめちゃくちゃ可愛かったから画像貼って報告 — すとろぼ? strobo0612 昨年放送された『Re:ゼロから始める異世界生活』のアニメ版では3章までが放送されました。 小説版の4章から 強欲の魔女エキドナが登場します。 文章では 黒と白に彩られた美人と描写されていましたが、こうしてイラストで見ると、なるほど かわいい! エキドナは400年前に嫉妬の魔女に滅ぼされた 強欲の魔女。 精神だけをこの世に留めているという彼女は、夢の中で行われる 魔女の茶会にスバルを招待して、死に戻りの苦悩を抱えるスバルの相談に乗ります。 しかし親身に見えたエキドナの態度の裏側には、 彼女の思惑があります。 そう、彼女は魔女。 簡単には信用してはならない 性格の裏表があったのです。 彼女はどんな性格で、4章はどのように進んでいくのか少しだけご紹介します。 強欲の魔女エキドナ復活!小説版リゼロの4章から急展開! エキドナ誕生日おめでとー!? 二期での活躍期待してます! — O T S U Re:zero=お釣ゼロ ベア子教 otsurezero アニメ版の続きである4章は 小説の10巻からはじまります。 ですがアニメ版には描かれなかった3章と4章の幕間のお話もあるので、アニメの続きが見たい方は 9巻からご覧になる事をお勧めします! 気になる4章の内容ですが、エミリアとスバルはロズワールとラムを探して 「聖域」という場所に向かいます。 ところがその聖域には、結界が張られていて亜人と人間のハーフは村に一度入ったら外に出れないというのです。 当然ハーフエルフのエミリアは 外に出られません。 結界を解く為には、村にある 墓所の試練に打ち勝つしかない。 そしてその試練を受けられるのは、エミリアだけ。 なんともお膳立てされたような状況に陥ります。 リゼロのエキドナえろ可愛いよね見た目 は? — もちつき mOti2ki0310 この試練こそが、 魔女エキドナの用意した物であり、4章のストーリーの肝でもあります。 更に、ロズワール邸に残してきた仲間にも危険が迫る事を知るスバル。 どん詰まりに陥った彼に、エキドナは甘い言葉で 救いの手を差し伸べます。 この4章では今まで隠されてきた 複数の伏線や謎が明らかになります。 まず、試練に向き合う事で暴かれたエミリアの過去。 ロズワールの本当の目的、ベアトリスの出生。 そして魔女エキドナの仕組んだ 様々な思惑。 リゼロの物語は 4章からその本懐が始まると言っても過言ではありません。 また、色々な場面を切り抜けるためこれまで 自殺さえしてきたスバル。 その行いは果たして正しいのか?と、これまで作中で最も軽視されてきた スバルの命に関しても言及するシーンがあります。 エキドナの性格が気になる!見た目は可愛いけれど… リゼロで一番好きなのはレムだったけどエキドナがアニメで出たら変わるかも — 最強のアークウィザード yorozuya00100 夢の中の茶会で、親身になってスバルの相談に乗るエキドナ。 一体なんの魂胆があったのでしょう?エキドナの言葉は、実に合理的で、尚且つ話している相手の事を思いやっているような感じが見てとれます。 しかし、それは 甘い魔女の罠です。 かわいい見た目に反して彼女の性格は決して 良いとは言えません。 最も非情だと思うのは、 ベアトリスへの扱いでしょうか。 エキドナはベアトリスに渡した福音書に、 『その人』が来るまで書庫の知識を守れと記述しました。 実に400年もの間ベアトリスは禁書庫の司書を忠実に務めますが、 『その人』とは誰なのかエキドナは指定しませんでした。 「1月24日」エキドナのお誕生日!お誕生日おめでとうございますエキドナ!?? — Kai「カイ」 Kaih2 エキドナはおそらく、ベアトリスが待てども永遠に果たせない約束をどのように解消するのか 知りたかったのだと思います。 誰かを無理やり 『その人』だと思い込み約束を守った事にするのか。 苦悩して自死を選ぶのか。 約束を放棄して、自由気ままに自分の道を選ぶのか。 400年も約束を守り続けたベアトリスにとってはあまりにも 残酷な事ではないでしょうか?しかし、ベアトリスはスバルに禁書庫から連れ出された今もエキドナを 恨んでいるような素振りはありません。 そんな仕打ちをされても尚、 慕う理由があるという事でしょうか?エキドナは知識を貪欲に求める 強欲の魔女。 知りたい事を知るためならば、他人の気持ちはさして意に介さない傾向があります。 故に性格は あまり良いとはいえません。 エキドナは、ロズワールやエミリアと関係があるの? 強欲の魔女 — キウイ Re0913s まず ロズワールとエキドナの関係についてですが、端的に言ってロズワールはエキドナの 盛大なストーカーです。 エキドナの死後、ロズワールは自身の魂を自分の跡継ぎに 上書きしていきます。 そうして400年前の精神のまま、 器だけ移し替えエキドナに再会できる事を目指しています。 ロズワールがエキドナからもらった 福音書にはどうやら、エミリアを王様にするとエキドナともう一度会えるという記述がされているようです。 そのせいで、ロズワールは福音書に書いてある事を現実にする為、 ありとあらゆる手を尽くします。 それはエミリアやスバルを苦しめる物でしかないのですが、ロズワールはエキドナにもう一度会う為なら 何をするのも辞さない。 という心構えのようです。 ストーカーもここまで来ると一周回って 拍手を送りたくなります。 エキドナにしてはめずらしいなと思います。 往々にして頭の回る人物とは自分の不快感などは隠した上で相手を手玉に取るという手法を取る事が多いように思うからです。 同じように夢の中に現れた サテラに対してもエキドナは敵意を向けていました。 他の大罪の魔女達は 嫉妬の魔女とサテラを別物と区別していて、サテラには悪感情は無いと言っています。 そんな中エキドナだけはサテラにも 明らかな敵意を見せます。 サテラとエミリアが関係あるのかどうかまだ不明ですが、エミリアに向けられる敵意には何等かの形で サテラが関係しているのかもしれません。 もしスバルがエキドナと契約を交わしていたら? 二期まで待てない — 陰のマッシブーン kagenoma スバルは4章の中盤でエキドナに 契約を迫られます。 このシーンで「契約しちゃえよ!スバル!」と思った人も多いと思います。 それはこの4章が八方塞がりだらけ、というだけではなく、エキドナがスバルの死に戻りの 理解者である事が大きいです。 スバルは何度も窮地を 死に戻りの力で脱してきました。 しかしそれは苦悩を誰にも相談できない 孤軍奮闘に他なりません。 そのスバルの苦悩を分かち合えるのは、エキドナ本人も言っている通り彼女だけでしょう。 膨大な知識を持つエキドナが味方になってくれれば 強い味方なのは間違いありません。 しかしスバルはエキドナの手を取りませんでした。 それはエキドナの 真の目的に気づいたからだと思います。 エキドナの真の目的、それはスバルの死に戻りの能力を駆使して、起こりうる事象の あらゆるパターンを知る事です。 リゼロ2期7月に延期…。。 マジですか…。。 すごく楽しみでしたが、コロナが拡がるかもしれないので仕方ないですね…。 しかし、スバルは違います。 両方の選択肢を選んだ結末を見る事ができます。 スバルの死が繰り返される事も気にせずエキドナは自分の 知識欲を優先します。 スバルがエキドナと契約した場合のストーリーはWEB版のリゼロで 「ゼロカラカサネルイセカイセイカツ」として書かれています。 ここでのエミリア陣営は 最強の布陣を整えて向かう所敵なしという面子がそろっています。 しかし、その世界では誰一人として 幸せそうではありません。 更にスバルは午後の天気をペトラに教えてあげるためにわざわざ死に戻る 狂った人間になってしまっています。 それは4章でサテラが茶会の場に現れた時に 他の魔女達のセリフからも推測できます。 嫉妬の魔女は許せないけれど サテラは違う。 サテラは嫉妬の魔女の名前として知られていますが魔女達は 別物であると捉えているようです。 400年前にサテラの身に何が起こったのでしょうか? また、エキドナは400年前に 憂鬱のヘクトールに襲撃を受けています。 しかし、ヘクトールの存在は現在ではほとんど語り継がれていないようです。 その怪物のように強いヘクトールはどこへいったのか? ヘクトールの存在も重要な今後の伏線と言えます。 エキドナが憤怒の 魔女ミネルヴァに対し「ボーロイド平原で、君が孤立した エルフの決死隊を見捨てることができたなら」別の世界があったのではないか?というような発言をします。 孤立したエルフの決死隊とはエミリアが墓所で見た フォルトナ達の事でしょうか?それに対しミネルヴァは例え何度あの場面が繰り返されたとしても必ず殴りこむと返しています。 エミリアの見た過去の後にミネルヴァが登場したシーンがあったという事かもしれません。 メモリスノーのチキチキ雪まつりの後の夜に雪像を見ながら、エルフの親子の姿と自分の過去を思いだしながらその雪像が溶ける事を切なく感じているエミリアたんの表情見ると切なくなる。 それでもエミリアたんは美しい? 多め ReEMTRevive 4章に登場する魔女達の会話には他にも沢山 伏線らしきものが散りばめられています。 スバルを 賢人候補と呼んだのもそのうちの一つです。 賢人というのは作中で一番語られているのは フリューゲルですね。 先述の魔女達の会話からフリューゲルがボルカニカと盟約を交わし、剣聖レイドと力を合わせて嫉妬の魔女を 抑え込んだという事がわかります。 フリューゲル、カタカナで書くと ナツキスバルと字面が似ているのは気のせいでしょうか? 何より気になるのが、大きくなって暴走するパックが「話が違うぞエキドナ!」と怒鳴るシーン。 パックは 契約に従うという言葉を良く使いますが、エミリアが死んだら世界を滅ぼすなんて契約をエミリアが取り交わすでしょうか?もしかしたらその契約をしている相手は エキドナなのかもしれません。 今後のストーリーでもエキドナは重要人物 まじリゼロ面白すぎませんかねぇ — れいる。 ドナ推し 課題特盛無事死亡 reiruuuu4649 4章の終わりにはエキドナに関係する 不穏な記述があります。 彼女の口調はリューズの口調ではなくエキドナにとても 似ています。 そして最後の結びの一文で 『魔女』は、再び世界に解き放たれた。 と書いてあります。 これはリューズの複製体に 乗り移ったエキドナなのではないでしょうか? 今後の展開にもまだまだ大きく関わってきそうな エキドナ。 彼女の思考やセリフ全てに目を通し伏線のつながりを 考察するのもリゼロの楽しみ方の一つです。 小説版やWEB版でのセリフの違いなどを見比べても面白いかもしれませんね。

次の

【Re:ゼロ】エキドナの名言・名セリフ│名言格言.NET

エキドナ リゼロ

「re:ゼロから始める異世界生活」略してリゼロ。 この物語、最悪の災厄にして、最大の謎が 嫉妬の魔女「 サテラ」です。 サテラはアニメ内でキャラクターの魅力が語られる場面はほぼありませんが 物語の黒幕として存在感は抜群。 正体が気になる人も多いと思います。 今回は推測も踏まえて、伏線、謎、ネタバレなどを踏まえて 不可解なサテラの魅力や正体をできる限り解明して行きます。 また、後半ではサテラとともに語られる強欲の魔女エキドナ、フリューゲル、シリウス、ペトラについても解説していきます。 アニメ1期では語られなかった魔女教や死に戻りを考察する手がかりを見ていきましょう。 リゼロの嫉妬の魔女「サテラ」とは?正体や魅力について (出典:pixiv年鑑) サテラとは、「Re:ゼロから始める異世界生活」において四百年前に世界を滅ぼしかけた『嫉妬の魔女』。 四百年が過ぎても、語り継がれる伝説上の存在です。 かつて、「龍」「賢者」「剣聖」という最高戦力を集めても滅ぼしきれなかったのです。 なるほど、容姿を観るかぎり 美しくかわいらしい容姿。 こんな魔女に嫉妬されてみたいですね。 サテラは400年前に「親竜王国ルグニカ」を滅ぼしかけた最悪の災厄 (出典:1話より) リゼロの舞台は 親竜王国ルグニカです。 かつて龍との盟約を結んでいることが名前の由来と考えられています。 サテラは、その昔400年前にルグニカを滅ぼしかけます。 伝承にのみ語り継がれる伝説の存在です。 伝承の中では、会話が通じず、世界のすべてを飲み込む無慈悲な存在として語り継がれています。 また、サテラは7人の魔女の中でも最強の存在とされています。 ベアトリス曰く「七つの大罪の最強の魔女でもあり、嫉妬の魔女のサテラが他の魔女。 強欲・憤怒・怠惰・暴食・傲慢・色欲の魔女たちを滅ぼした」と説明しています。 龍・賢者・剣聖の戦いで、ルグニカ極東の大瀑布に封印されています。 彼女の容姿や人物像はどうなのでしょうか。 サテラは紫紺の瞳を持つ銀髪のハーフエルフで、エミリアに瓜二つであったと伝えられており、 サテラのために ルグニカで「銀髪のハーフエルフ」は忌み嫌われています。 スバルが対面するサテラは善人であるとの情報もあり、真偽は明らかになっていません。 嫉妬の魔女サテラとスバルとの関係は? (出典:Twitter) そんな中、気になるのがスバルとサテラの関係です。 サテラはスバルの死に戻りの能力と関係していることを示唆する場面が何度もあります。 「死に戻り」はサテラによって与えられた? 異世界召喚されたスバルが手にした能力は、死ねば時を巻き戻すという「 死に戻り」の能力でした。 これは、スバルが死んだ時に発動しスバルの 「死」が無かった事になり失敗した過去をやり直すことが出来ます。 同時に以前の時間軸で関わった人たちの記憶や信頼関係はスバル以外リセットされてしまいます。 この能力は、口外することができません。 「自分は死に戻ってる」と誰かに喋ろうとすると、 心臓を握りつぶされるような激痛と恐怖に襲われるという罰則が発生するのです。 その代わり、スバルはセーブポイントに戻ってリスタートできる権利が与えられる。 便利なようだが、呪いのような能力です。 この死に戻りの能力を与えたのはサテラであると思われます。 そもそも、なぜスバルに死に戻りの能力を授けたのか。 それに理由があるなら一体なぜなのでしょうか。 ネタバレがあるので、下で解説しています。 「魔女の残り香」 スバルが死に戻るたびに濃くなる魔女の匂いのこと。 幸か不幸か、魔女の残り香は魔女の手下とされる「魔獣」をおびき寄せます。 ふつうに考えると、最悪な副作用ですが スバルは「凶悪な魔獣をおびき寄せる」この特性を生かして 白鯨をおびき寄せ、見事に交渉のカードとして使っています。 「スバル愛してる」とは? また「スバル愛してる」というフレーズが話題になっているようです。 アニメ中で実際にこのセリフが聞けることはありませんが サテラはスバルを気に入っているのではないかという噂があります。 激痛と恐怖を与えるサテラの能力をみるかぎり、むしろいたぶって精神を崩壊させようとしているようも見えるのですが実際にはスバルとサテラの間には深い出来事があったようです。 嫉妬の魔女サテラの正体はエミリア?二人の関係とは (出典:Twitter) エミリアの 正体がサテラである、もしくはサテラの娘であるという説を見かけるようになりました。 エミリアはre:ゼロから始める異世界生活の正ヒロイン。 スバルの正妻。 エミリアの魅力は以下で解説しています。 ・・・そんなことあるのでしょうか? このように言われはじめた一番の理由は、外見がとても似ているからです。 どちらも銀髪のハーフエルフです。 上記の画像からも瓜二つであることが見て取れます。 ただ、2019年現在 サテラ=エミリアである確実な証拠はありません。 400年前に大瀑布で封印されているだけなのです。 ですから、転生してエミリアに乗り移っているとは考えられないのです。 これはアニメ中でも描かれている事実です。 サテラ=エミリアであればこの判断はありえないのではないでしょうか。 (顔はみていませんが) この時点でサテラ=エミリアではないと思います。 そのため同一人物なのではないかとの線も捨てきれないのです。 この噂はTwitterで広がっていたもののようなので 信憑性は低いと言えるかもしれません。 真相は原作で語れるのを待つのが良さそうですね。 嫉妬の魔女サテラの容姿は?アニメで放送はあるか (出典:25話) サテラの容姿が気になっている人は多いと思います。 サテラの容姿はアニメ中ではほとんどみられません。 というかほぼゼロです。 唯一確認できるのはペテルギウスとの最終決戦です。 「お前じゃない・・・」と言った一瞬のみです。 上のTwitterの噂について結論は出せませんが、 サテラはエミリアの母親になる可能性は捨てきれませんが、 同じ時系列に違う場所で出現しているため本人ではないのはないでしょうか。 ですが、まだ正体を考察するキーポイントは他にもあるかもしれません。 サテラについてもっと考察したいならアニメ本編で研究できます。 アニメ版リゼロはU-NEXTのトライアルを利用すれば30日間無料で観られます。 サテラの登場は7話、10話、17話、19話、25話。 20年1月からは 新編集版が放送されリメイク部分も多いんです。 新編集版にはサテラの真相に迫るまだ観ぬヒントがあるかも? 新編集版を見逃した人は「re:ゼロから始める異世界生活」と検索!30日以内なら解約も簡単でトラブルもありません。 原作小説で正体は明かされていないのでしょうか。 ここからは原作ネタバレも交えて、さらにサテラについて話題になっている謎、伏線を考察し、サテラの真相へ迫ってゆきたいと思います。 また、サテラと同時に語れることが多い強欲の魔女 エキドナ、フリューゲル、シリウスついても解説していきます。 「死に戻り」の原因はサテラだった!「スバル・・・愛してる」とは 上で死に戻りとサテラの関係をお話しました。 結論を言うとスバルを死に戻らせているのは嫉妬の魔女サテラです。 呪いのような死に戻りの能力ですが、サテラの目的はポジティブなもののようです。 サテラはスバルが大好きで、スバルの死の回避を願っているようです。 その願いの現れが死に戻りだという説が有力です。 以下、原作から。 「私は、あなたを愛しています。 あなたが、私の手を引いて、外の世界を教えてくれたからです。 あなたが、私が孤独に震える夜、傍でずっと手を握ってくれていたからです。 あなたが、一人になった私を、一人じゃないと口づけてくれたからです。 私はあまりに多くをあなたからもらいました。 ……だから、私はあなたを愛しています。 あなたが、あなたが私に全てを与えてくれたからです」 引用:第四章78 『泣きたくなる音』 このようにサテラがスバルを気に入っている。 それ以上に愛していることがわかります。 ただ、 大事なのは「なぜ」サテラがスバルのことを気に入っているのかということですよね。 異世界召喚の謎:スバルがルグニカに召喚された理由とは re:ゼロから始める異世界生活で、ナツキ・スバルはコンビニ帰り、突如異世界に召喚されました。 この展開に疑問をもった視聴者もいたと思います。 実はこの異世界召喚はサテラが関係していると言われています。 でも、なぜスバルがサテラと関係するようになったのでしょうか。 二人の因縁はどこから始まっていたのでしょうか。 実は、 スバルの異世界転生は初めてではなかったという説が濃厚です。 三英傑のフリューゲルとは (出典:25話) アニメを見た方はフリューゲルの大樹を覚えていますか。 白鯨戦で登場した大きな木のことです。 実はあの大きな木をフリューゲルの大樹と呼び スバルの死に戻りを解明する手がかりになるのではないかと考えられています。 この樹の名前の三英傑の一人 フリューゲルに植えられた樹であったことに由来します。 実は嫉妬の魔女サテラは三英傑のフリューゲルに封じられたと言われています。 この賢者は、世間からフリューゲルの大樹を 植えたことしか知られていない謎が多い人物。 フリューゲル=スバルもしくはスバルの父? スバル、もしくはスバルの父が フリューゲルとして400年前にこの世界に来ていたのではないか?と言う説が有力です。 その証拠がフリューゲルの大樹の根本に 日本語で「フリューゲル参上!」と書かれたような跡があるからです。 これでフリューゲル=スバルと決めつけていいかはわかりませんが、 過去サテラとスバルの間に何かあり、それによってスバルが気に入られ、 物語の始まりとなる異世界転生につながったと考える材料になると思います。 強欲の魔女エキドナって? (出典:Twitter) サテラは400年前に自分以外の魔女をすべて食べてしまった災厄の象徴でした。 原作を読んでいると魔女教、魔女など登場人物がとにかく多い・・・。 ・魔女教徒 嫉妬の魔女サテラを崇拝する「魔女教大罪司教」。 作中でも危険視される存在。 嫉妬の魔女「サテラ」 強欲の魔女「エキドナ」 憤怒の魔女「ミネルヴァ」 怠惰の魔女「セクメト」 暴食の魔女「ダフネ」 傲慢の魔女「テュフォン」 色欲の魔女「カーミラ」 ととにかく覚えるのが大変です。 そんな中でもサテラについで重用なキャラが 『強欲の魔女』エキドナです。 エキドナは白髪に喪服のような服の女性で、四百年以上前にサテラによって滅ぼされた魔女の一人。 サテラのことを嫌っており、外見が瓜二つのエミリアにも嫌悪感を示します。 現在は魂のみ墓所にとどまっていますが、第四章で墓所の試練に挑むスバルの前に現れます。 お茶会を開いて、スバルを招いて重用な情報をくれる存在。 今後物語を大きく動かすキャラになるでしょう。 ボクっ娘かわいい。 強欲の魔女エキドナと7大魔女について詳しくはこちらでも解説しています。

次の

リゼロのエキドナの正体とは?スバルとはどんな関係なの?制服が可愛い!|torendy wadai

エキドナ リゼロ

リゼロでパックの正体はエミリアの父親? パックは エミリアと契約している精霊です。 見た目は普通の 灰色の猫みたいでなんとも愛くるしい姿が 可愛いですよね(笑) パックはエミリアがもし、死ぬような事があれば契約に従い「 終焉の獣(星獣化)」に変化してしまい、世界を吹雪で覆ってしまいます! Sponsored Link パックの巨大化 パックが「 氷結の絆」で見せた本当の姿がとんでも無く 巨大な獣でした。 リゼロの氷結の絆でパックの正体がカッコいい! めちゃくちゃ強すぎ! — 孫悟空2 orasongokuu3106 その体は 20m ほどある巨体で見た目はすごく怖い感じでしたね(汗) あの姿になれるのは時間が制限されていて、 午前 9 時から午後 5 時ほどが顕現できる時間のようで、それ以外は 緑の結晶の中で寝ています。 パックはエミリアの父親? パックの正体は巨大化した怪物というのがわかりましたが、魔女の エキドナが作った 人工精霊です! その結果、パックの正体は元から「 精霊」ではないと考えられます。 エミリアの年齢は 100 歳。 魔女サテラの年齢は不明。 サテラの年齢が不明なのがパックの父親説を作らないため。 パックが元エルフで王位的な立場だったのでエミリアが手厚く扱われていた。 以上の 理由から パック(エルフ)と サテラ(魔女)の娘という事で、エミリアが ハーフエルフと呼ばれていたと考えられます。 リゼロのパックとエキドナの誓約と契約解除の理由について リゼロの「 氷結の絆」にてエミリアと パックが契約した理由がわかりましたが、パックと制約した何者かが発言したセリフが作中に現れていました! 「君が彼女に深く干渉することがあれば 君という存在が形作るものを 記憶も想いも目的も 何もかもが失われる」 「それは君が君でなくなるということだよ」 このセリフの意味から パックがエミリアを氷漬けから助けたときなのか、もしくは契約を交わした時に過去の 記憶を失くしたと思われます! 原作でも制約を結んだ相手は誰なのか明かされていませんが、おそらく エキドナの可能性が高いと考察しています。 原作にはこんな事が記載されています。 エキドナの傍を離れる際に、パックとエキドナの間で交わされたいくつかの契約。 この事からパックと過去に交わされた 制約の相手は エキドナという事がわかります。 もし パックがエミリアの父親だとしたら、記憶がなくなっても実の娘を守りたかったから制約を無視してエミリアと契約したのでしょう。 パックの死亡?契約解除の理由 リゼロの 4 章聖域編で、パックはエミリアと 契約を解除する場面があります。 まず、パックがエミリアの胸元にある緑の結晶から出られなく時が来ました。 聖域の墓所で 「まずは己の過去と向き合え」ということを受けていたエミリアですが、試練を乗り越えるために精神的にもパックを必要としているのにパックが出て来れなかったのです。 その原因は エミリアの無意識の中でパックが顕在しているのを 拒否していたからです。 スバルはパックにこんなセリフを話しています。 「自分の見てる過去の、何か都合の悪い部分を認めなきゃいけなくなる。 「リアの今の望みは間違いなく、墓所の試練』乗り越えることだ。 それだけは疑う必要はないし、信じてあげていい」 パックはエミリアの古い記憶を封じていて、エミリアが試練を乗り越えためにパックと 契約を解除し、エミリアの記憶の扉を開けようとしたのです。 そしてパックはエミリアのことをスバルに任せるために 契約を解除することになったのです! パックもスバルのことを信用している証拠ですよね(笑) エミリアもスバルのことを信用していますし、過去のことで色々悩んで立ち直ったスバルだからこそ、エミリアの事を任せられる人物だと考えたと思います。 Sponsored Link まとめ : リゼロのパックの正体はエミリアの父親の可能性大! リゼロに登場する愛くるしい猫の姿をした パック。 パックはエミリアを守る事こそが存在意義があると考えています! そしてそのためには制約を破っても娘を守る 父親の熱い愛情があって、すごく感動させられます。 今後も リゼロ 2 期の放送開始もあるので要チェックですね! Sponsored Link.

次の