いい面の皮。 「よい」と「いい」の違いと使い方

「いい面の皮(つらのかわ)」の意味

いい面の皮

[本革」と「床革」の違いって何? 私たちにたいへん身近な素材「革」。 周りを見渡せば、バッグやお財布、靴など一人一つは何気なく革製品を身につけているのではないでしょうか。 ところで「革」と言ってもいろいろな種類があるのをご存知ですか? 今回は、ピンと来るようで来ない「本革」と「床革(とこがわ)」の違いをご紹介したいと思います。 「皮」と「革」の違いは? 前提として、• 「皮」の表記は動物のもの• 「革」は、動物から採取した「皮」を製品にするために鞣(なめ)したものです。 本革の特徴とは? 言葉の響きも良い「本革」とは、革の最表面である「銀面付」の革のことを指します。 この「銀面」とは、動物の皮の一番外側にある薄い表皮を除去した「真皮」の表面のことをさします。 「真皮」が残っているので、顕微鏡でよくみると毛穴や毛穴の配列まではっきりと見えます(肉眼で確認できるものもあります)。 この「真皮」が残っている状態の革が「銀面付」または「銀付」です。 この銀面があることで、革本来のもつ風合いがあり、繊維が細かく、頑丈で耐久性に優れています。 また銀面に型押し等の加工をすることにより、色々な表情を楽しむことができます。 床革の特徴とは? 一方の「床革」とは、「革」の2層目にあたる部位のことを指します。 表皮から1層目、2層目が削られている床面は繊維が荒く薄いため耐久性に欠けます。 そのため、商品によっては、ポリウレタンなどの樹脂を表面に貼り耐久性をUPした「スプリットレザー」にして使用したりします。 どちらも動物から採取した本物の皮ですが、特徴がまったく違いますので用途によって使い分ける必要があります。 「本革」だから良い、または「床革」だから悪いなどの選び方ではなく、ビジネスバッグを選ぶ時は、革の特徴をつかんだ上で、用途に合わせて選ぶことが大事です。 「本革」と「床革」の違いは? ・耐久性 まず「本革」は耐久性に優れています。 定期的に欠かさずお手入れをすれば、10年以上ご使用頂けます。 また、革が呼吸をしているため、自然に除湿をしてくれ、適度な温度を保ってくれる役割もあります。 さわり心地がしっとりしているのはそのためです。 一方「床革」は先述の通り、皮の「床面」しか使われておりません。 補強や撥水のために樹脂などを塗られていても、やはり違う素材を重ねて一枚にしたものです。 耐久性は本革には及びません。 ・経年変化 「経年変化」をより楽しむなら、本革のなかでもヌメ革をお勧めします。 店頭に並んでいるものや、ご購入後間もないものは、堅さを感じるものも多いですが、使い込めば使い込むほどにしっとりと柔らかくなり、あなたの手に馴染みます。 オイルを塗ることによって更に革の味も出てきます。 また「本革」だから全て経年変化をするとも限りません。 昔から伝わる「植物タンニン」で鞣された革などは経年変化しやすいですが、近年主流となっている「クロム」で鞣された革は、それには及びません。 お会計時に何気なくお手入れされた本革製のお財布を出すだけでも絵になり、持っている安心感や優越感も生まれてきますよね。 一方、床革は経年変化を起こしません。 表面はポリウレタン樹脂ですから、いくらオイルを塗りこんだりしても、あの独特の深みのある変化はおこらないのです。 ですが「スエード」や「ベロア」なども、牛の「床革」を使用したもの。 とても柔らかく、変化をしなくても使い心地はとてもよいものです。 ・水や熱の弱さ 本革は耐久性に優れている一方で、水や熱には弱い素材となっています。 雨や汗などで色落ちなどもおこるため、防水ケアが必須です。 熱にも弱く、直射日光などで焼けてしまいます。 また人間の皮膚と同じく乾燥もよくありません。 定期的な油分補給が必要ですのでオイルケアも必要になってきます。 一方、床革はスエードなどをのぞき、表面に樹脂加工がほどこされていますので、撥水性があり、雨の日でもケアフリーで使用ができます。 外回りの多いビジネスマンには床革の方が適しているでしょう。 ただ、樹脂も熱にはあまり強くありません。 直射日光の当たるところでの長期保管はよくありませんので気をつけましょう。 忙しくお手入れに時間が取れない方には床革をお勧めします。 ・価格 本革と床革を比べると、当然のことながら、天然皮革を多く使用している割合の高い、本革の方がコストが高く、販売価格も高くなります。 ですが、近年のネット市場では「本革」とうたって、実際は「床革」や「合皮」のものが素材に採用されている商品が多く見受けられます。 極端に安い価格で「本革」と表記のあるものは、まず疑って見た方がいいかもしれません。 実際に商品を選ぶ際の見分け方 本革製品は触り心地がより柔らかくしっとり 床革は本革に比べて触り心地が若干堅い それでもピンと来ない時は、目を凝らして革の表面を見てみましょう。 本革は皮膚が呼吸をしていた部分なので、「毛穴」を目視できることがほとんどです。 一方、「床革」は2層目に位置しているものなので、毛穴は見えません。 まとめ 参考になりましたでしょうか?革製品は、男の魅力を更に高めてくれるパートナーに相応しい、一生モノの素材といえますね。 ・コストが高く、ケアの手間をおしまず、長く大切に使いつづけることができるなら「本革製品」がおすすめ ・コストをかけず、より気軽に革を身に付けたい、雨の日も気を配ることなく使いたい、手入れが手間な方には「牛床革製品」がおすすめ あなたの環境やお仕事、ご希望に合った製品をお選びくださいね。 お客様からお問い合わせをよくいただいておりますが、GOLDMEN商品は他店に卸しておりません。 TRANSIC以外では販売しておりませんので、くれぐれもご注意ください).

次の

面の皮が厚いの意味!使い方を間違えると大変なことに?!

いい面の皮

うさぎにバナナは与えてもいい!?皮や茎は? では、実際に見ていきましょう。 バナナは与えてはいけない! 基本的にうさぎにはバナナを与えるべきではないです。 ほとんどのサイトなどでは与えるべきでないとされていますが、たまに与えても大丈夫というところも存在します。 では、なぜ与えるべきでないのか。 どんな病気やリスクがあるのかというところを理解していきましょう。 バナナの皮や茎も与えてはいけない! 与えてはいけないというより、バナナ自体がダメであるなら自然の流れでしょう。 皮には農薬などがついている場合もあるため特に注意しましょう。 バナナを与えてはいけない理由! 前述したようにうさぎにバナナを与えるべきではありません。 その理由は…• 糖質がかなり多い! バナナは他の果物に比べて糖質が桁違いです。 果物の中ではバナナが一番糖質が高いと言われており、この糖質がうさぎにとってあまりいいものではありません。 腸内に住んでいる腸内細菌が糖質を分解してくれていますが、糖質を取り過ぎてしまうと腸内で異常発酵が起こりガスが発生し、これが原因で様々な病気の原因になります。 また、肥満の原因にもなります。 バナナの成分はうさぎに必要がない! バナナの成分はうさぎにとって必要がないものばかりです。 基本的に必要な栄養素はペレットや牧草などで補うことができます。 うさぎにとって必要なだけの糖質はそういった普段の食生活などから摂取でき、バナナは全くと言っていいほど良い面がないと言えます。 うさぎはバナナが大好き!? うさぎはバナナが大好きです。 他の果物に比べても食べないうさぎは本当に珍しいと言えるほど、与えた時の食いつきも違います。 ネット上やSNSなどには飼い主がうさぎにバナナを与えている動画などをたくさんあげているのをよく目にしますね。 しかし、やはり本当はおすすめできません。 もし、少しだけ与えてあげたいというような人は、本当に少量を期間を空けてあげましょう。 多くても週に1回程度で量もほんの少量程度にしましょう。 バナナ以外にもうさぎが喜ぶおやつはあります! もちろんうさぎはバナナが大好きな個体がほとんどですが、うさぎが喜ぶという理由だけでバナナをあげることはお勧めしません。 うさぎのためを本当に思うのあればうさぎの体を気遣った上で喜んでもらえるおやつを与えたいですよね。 では、うさぎが喜んで食べてくれるおやつはどんな物があるのでしょうか。 ドライフルーツ リンク うさぎに与えてもいい果物としてりんごは有名ですね。 バナナのように糖質が高くないためうさぎのおやつに向いています。 うさぎもりんごが好きな個体が多く喜んで食べてくれることが多いと思います。 まとめ:うさぎにバナナは与えてもいい!?皮や茎は? どうでしたでしょうか。 基本的にバナナをうさぎに与えることは個人的にお勧めしません。 ネット上、SNSなどには与えている写真や動画、与えてもいいとうたっているところも存在しますが、基本的にそれは飼い主のエゴです。 他の人が与えているから大丈夫だろうというのはあまり良くありません。 SNSにあげている人は食べている姿が可愛いから、SNSで「いいね」などが欲しいからという身勝手な理由であげていることの方が多いと思います。 もし、あなたが本当にうさぎのことを思うなら…答えは見えていますよね?.

次の

「よい」と「いい」の違いと使い方

いい面の皮

焼き魚の皮はパリパリして美味しいですが、食べる人と食べない人は分かれます。 栄養面から見た場合、魚の皮を食べるのは良いことなのでしょうか。 今回は魚の皮の栄養について紹介します。 魚の皮は身よりもビタミン豊富 実は魚の皮には、以下のようなビタミンが多く含まれています。 ビタミンA• ビタミンB1• ビタミンB2 ビタミンA、ビタミンB1は魚の身の部分よりも、皮の方にたくさん含まれているそうです。 肉の部分よりもたくさんのビタミンA、B2が含まれています。 また、黒い皮にはビタミンB2が豊富と言われています。 皮には、粘膜の健康を保つビタミンA、糖質代謝に重要な働きをするB2(特に黒い皮の魚)が豊富なほか、煮こごりを作るゼラチン質も含んでいます。 魚の皮にはコラーゲンが豊富に含まれる 魚の皮には ゼラチン質が( コラーゲン)も含まれています。 魚由来のコラーゲンには主に魚皮由来のものと、ウロコ由来のものがあります。 魚皮、魚鱗由来のいずれも製造時に酵素や, アルカリを添付したものは、粉末にして他の添加物と合わせてジュースや、錠剤、カプセル商品などとして販売されます(表1、参照)。 メディカルサプリメント指導士・食育指導士によれば、鮭の皮は化粧品や医療分野も活用されているほどコラーゲン豊富とのことです。 コラーゲンそのものとさえ仰っています。 鮭の皮自体がコラーゲンそのものなのです。 この皮をグツグツ煮るなどの方法で抽出したものは、マリンコラーゲンやフィッシュコラーゲンなどと呼ばれ、健康食品や化粧品、医療の分野などで活用されています。 牛などを原料とした動物性のコラーゲンより、吸収率が高い、純度が高いなどのデータがあり、多くの支持を得ているコラーゲンです。 コラーゲンを食品として摂取した場合の効果については議論がありますが、とりあえず魚の皮にコラーゲンが含まれているようです。 ちなみに、魚の皮に含まれるコラーゲンは吸収率が高いと言われています。 コラーゲンはそのままでは吸収されることはなく、胃腸で消化酵素により分解されて数個のアミノ酸ペプチドになってはじめて腸管吸収が可能になります。 だから分解能=吸収能となり、7倍分解能がいい魚コラーゲンが豚より7倍吸収能がいいことになります。 魚皮は柔らかいので加熱と酵素でコラーゲンを完全な形で抽出できます。 一方ウロコは固いので加熱や酵素では全く溶けません。 ウロコは塩酸で溶かすのです。 魚の皮は環境によっては注意が必要 栄養面だけを見ると、魚の皮を食べることは健康に良さそうですが、その魚が育った環境によっては 皮に有害物質が蓄積されている可能性があるといいます。 Q: Is it healthy to eat the skin on fish? A: Probably not. Both the skin and fat of fish collect toxins that accumulate in the waters of rivers, streams and oceans. These contaminants can also be found in the flesh of fish but not always at levels as concentrated as they are in the skin and fat. For that reason, eating the skin of the fish is not considered healthy. The U. If you buy a whole fish at a market, it generally comes scaled and gutted. [日本語訳] Q: 魚の皮を食べるのは健康的でしょうか? A: おそらく健康的ではないでしょう。 魚の皮と脂肪には、川や海に溜まった毒素が溜まっています。 これらの有害物質は魚の身からも検出されますが、皮や脂肪ほど問題になる量ではありません。 したがって、魚の皮を食べるのは健康とは考えられません。 EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)は消費者に、自然環境から捕獲された魚の皮や脂肪、内臓は、調理の前に取り除くようにアドバイスしています。 (スーパーで買う場合などは既に取り除かれているでしょう) しかし、EPAは魚全身の細胞から水銀が検出されていると警告しており、皮や脂肪を取り除くだけでは問題解決にはならないかもしれません。 2011年に米国医師が回答されたものです。 日本の場合は、環境が異なるのでこの通りかどうかはわかりません。 (水銀のことなど) ただ、自分で釣った川魚などは注意する必要があるかもしれません。 焼き魚の焦げは避けたほうがいいのか こんがり焼かれた魚は美味しいですが、 焦げた部分には発がん物質である ヘテロサイクリックアミン( HCAs)が微量含まれることが確認されています。 食品由来汚染物質は食品中に含まれる糖類やアミノ酸等が高温で加熱加工される際の副生成物です。 例えば,今世紀初めにはアクリルアミドが話題になりました。 これらの物質の起源となったのは,1970年代に日本の科学者が,魚の焼け焦げ中に発見した発がん性のヘテロサイクリックアミン類 HCAs でした。 とはいえ、そこまで大量に生成されるわけではないため、直ちに影響があるということではなさそうです。 食品中の含有実態については,これまで燻製食品や調理した食品など,含有が予想される食品を中心に,発がん性のある 10 種の HCAs のいくつかについての調査が行われてきました。 それらの中で食品中における HCAs の存在量は,一般に 0. 毎日食べ続けない限りはほとんど問題にはならないと考えられています。 焦げだけを毎日食べ続けないかぎりは、がんが増えることはまずありません。 焦げから抽出した化学物質をネズミに大量に投与した結果、がんが増えたという実験データが大きく報道されたことから生まれた「迷信」です。 焦げを多く食べる人にがんができやすいという疫学データは存在しません。 焼肉の焦げも大丈夫です。 おしまい 魚の皮には、意外と栄養が含まれていることがわかりました。 魚だけではなく、果物なども皮や皮下に栄養が豊富という話も聞きます。 「皮の下」は生物にとって重要な部分ということでしょうか。 釣った魚は寄生虫の心配などがあるので十分な加熱殺菌が必要です。 よく読まれている記事• 1月 20, 2017 に投稿された カテゴリ: ,• 1月 8, 2019 に投稿された カテゴリ:• 1月 18, 2017 に投稿された カテゴリ:• 5月 29, 2016 に投稿された カテゴリ:• 1月 6, 2017 に投稿された カテゴリ:• 1月 8, 2017 に投稿された カテゴリ:• 11月 12, 2016 に投稿された カテゴリ:• 5月 5, 2016 に投稿された カテゴリ:• 3月 15, 2016 に投稿された カテゴリ:• 2月 17, 2017 に投稿された カテゴリ: ,.

次の