三井住友カード ゴールドカード。 三井住友VISAゴールドカードのインビテーションの条件は? 実際にインビテーションが届いた状況から条件を考察

三井住友VISAゴールドカードの特典とは?

三井住友カード ゴールドカード

一部補償の対象とならない商品・損害がございます。 ポイントサービス Vポイント カードのご利用金額に応じて、景品やマイルやギフトカード、他社ポイントに移行できるポイントをプレゼント! 【通常】ご利用金額200円(税込)につき1ポイント 【セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでのご利用】ポイント5倍! ポイントUPモール Vポイントの優待サイト。 経由してネットショッピングするだけで、ポイントが2~20倍貯まる! ココイコ! 事前エントリーして街でカードを利用すると、Vポイントやキャッシュバックの特典がもらえるおトクなサービス。 利用可能枠 総利用枠 50~200万円 カード利用枠(カードショッピング) 50~200万円 リボ払い・分割払い利用枠 0~200万円 キャッシング利用枠 0~50万円 お支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い 所定の審査がありますので、ご希望に沿えない場合があります。 詳細情報をもっとみる• 初年度年会費無料は、2021年3月31日(水)までにインターネットよりお申し込みいただいた方が対象となります。 なお、期間終了後にも、同等・類似のキャンペーンを行う可能性があります。 PiTaPaを同時でお申し込みの方は、PiTaPa維持管理料はクレジットカードの年会費とは別になります。 また、PiTaPaカード利用は年会費割引条件の「カード利用」の対象となりませんのでご注意ください。 カードショッピングのリボ払い・分割払いはカード利用枠の範囲内で弊社が指定します。 お客さまのご希望をもとに、キャッシング利用枠の範囲内でキャッシングリボ・海外キャッシュサービスのご利用枠を指定させていただきます。 ただし、ご利用枠の減額または設定をおことわりする場合がございます。 弊社カードを複数枚(VisaとMastercard両方など)お持ちになる場合、カードのご利用枠は弊社が定める総利用枠を超えない範囲といたします。 Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、iPhoneはApple Inc. の商標です。 Google、 Android、 Google Pay は Google LLC の商標です。 カードの特徴 安心のサポートサービス 国内・海外ともに、紛失・盗難のご連絡を24時間年中無休で承ります。 特徴をもっと見る• All rights reserved. iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。 Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、iPhoneは、Apple Inc. の商標です。 「iD」ロゴは株式会社NTTドコモの登録商標です。 新規入会キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。 三井住友銀行のキャッシュカード機能付カードをお持ちの方は、重複してお申し込みすることができません。 当ページからカード種類のお切替えのお申し込みはできません。 詳しくは下記ページをご覧ください。 キャンペーン情報.

次の

三井住友VISAゴールドカードの特典とメリット&デメリットを大公開

三井住友カード ゴールドカード

審査が入ると言われましたが、同じ三井住友VISAのため、 カードの発行まで約1週間ほどで自宅に届きました。 別カードになるので、三井住友VISAゴールドカードと、ANAワイドゴールドカードの2枚持ち(デュアル)になりましたw 利用限度額ですが、2枚合わせて100万円、 ANAワイドゴールドを中心に使うようになったため、最終的に 三井住友VISAカードは解約しました。 初年度の会費は、 インターネットからの申し込みで無料になります。 三井住友VISAゴールドカードその他特典 ・ 空港ラウンジが使える これは定番ですが、国内空港のラウンジが使用できます。 私も羽田空港をはじめ、関西空港、広島空港等で利用した思い出があります。 ・ 便利で安心のICカード機能 高度な暗号化技術によるセキュリティー機能に優れたICカードを採用、 カード紛失・盗難時も安心したサポートサービスが受けられます。 「 三井住友カード会員保障制度」によって特別なケースを除き、 紛失・盗難の届け出日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正利用についてはその損害が補償されます。 ・ ネットショッピングも安心 本人しかわからない「 ネットショッピング認証サービス」があります。 出典:ネットショッピング認証サービス|クレジットカードの三井住友VISAカード おすすめの三井住友VISAカードは? 最初から三井住友VISAゴールドカードを作るのがおすすめですが、審査に通過するのか不安な人は、 一般カードを申し込んで利用実績を積んでから、グレードアップしてください。 なので、 少額でも毎月コツコツ利用するのがよさそうです。 三井住友VISAゴールドカード 上記で紹介したようなメリットがあります。 作っておいて損はないカードです。 三井住友VISAプライムゴールドカード(20代専用) 20代でも作れる三井住友VISAプライムゴールドカード( 20代専用)です。 私の周りでは、 年収200万円で作った人が数人いるので、20代でゴールドカードを持ちたいならおすすめのカードです。 30代になると、三井住友VISAゴールドカードへの切り替わります。 三井住友VISAデビュープラスカード 18歳~25歳限定。 ポイントがたまるので、初めてのカードに最適です。 初年度の年会費は無料、翌年度以降も年1回の利用で無料、いつでもポイント2倍で、入会後3ヵ月間はポイント5倍!.

次の

三井住友カードゴールドの審査は甘くない

三井住友カード ゴールドカード

ゴールドカードとは? ゴールドカードとは、一般カードに比べてさまざまな特典や優待サービスが利用できるクレジットカードです。 具体的には、空港ラウンジの利用サービスがついていたり、付帯保険が充実していたりします。 ゴールドカードは、かつては会員となるためのハードルが高いイメージがありました。 しかし、近年はより多くの人に利用してもらうことを目的に、中には年会費無料というゴールドカードも存在するほど所有しやすくなっています。 ゴールドカードのおもなメリットは以下のとおりです。 ステータス性が高い 一般カードよりもランクが高いゴールドカードは、お店やホテルなどで支払いをするときに、ステータス性を示すことができるでしょう。 カードデザインも高級感があります。 利用限度額が高めに設定されている クレジットカードには月々の利用限度額が設定されており、それを上回る金額を利用することはできません。 ゴールドカードは、この限度額が一般カードよりも高めに設定されています。 特典・付帯サービスが充実している ゴールドカードには、さまざまな特典やサービスが付帯しています。 例えば、特定のお店で利用すると割引が受けられたり、空港ラウンジが無料で使えたりします。 また、国内・海外旅行傷害保険や、ショッピング保険も付帯されているものも少なくありません。 なお、付帯保険については、無条件で自動的に適用される「自動付帯」と、カード利用などの条件付きで適用される「利用付帯」があります。 ゴールドカードの場合、その多くが自動付帯となることも、一般カードとの大きな違いといえるでしょう。 ゴールドカード 3つの比較ポイント せっかくゴールドカードを所持するのですから、自分に合ったカードを選びたいもの。 ここからは、ゴールドカードを比較するときに注目したい3つのポイントについて見ていきましょう。 1 特典やサービス内容から選ぶ クレジットカードの特徴が最も出やすいのが、特典やサービス内容です。 ポイントの還元率については多少の差があるくらいで、大きな比較ポイントにはなりにくいでしょう。 しかし、特典やサービス内容には大きな差が出ます。 例えば、空港ラウンジを利用する場合、A社のゴールドカードであればご本人のみ無料となっているのに対し、B社のゴールドカードであれば同伴者も無料となっているケースがあります。 ほかにも、カード会社によって提携している飲食店や宿泊施設が異なっており、そこで利用できる割引サービスが違う場合もあります。 海外旅行や出張で飛行機をよく利用される人は、マイルが貯まりやすいゴールドカードがいいでしょう。 自分が頻繁に利用できそうな特典やサービスは何かを想定すれば、選択肢を絞ることができるはずです。 2 国際ブランドの違いにも注目する クレジットカードには、国際ブランドの違いがあります。 VisaやMastercardといった国際ブランドによって、使える店舗や地域にも差が出てきます。 当然のことながら、広く普及している国際ブランドのほうが利便性は高くなります。 特に、Visa、Mastercardは、世界中で使用されている国際ブランドになりますので、海外旅行や海外出張で積極的にクレジットカードを使用したいと思っている人におすすめです。 3 年会費を把握しておく ゴールドカードは、一般カードよりも特典や付帯サービスの内容が手厚い分、年会費がかかり、サービスの質が高いほどその金額も高くなります。 そのため、ゴールドカードを比較する際には、どのくらいの年会費がかかるのかも把握しておきたいところです。 年会費のことを考えずにゴールドカードを所有してしまうと、いたずらに支出が増えてしまうケースもあります。 年会費はランニングコストとなりますので、比較材料として考えておかなければなりません。 三井住友カードのゴールドカードを比較 それでは、三井住友カードが提供するゴールドカードの特徴を比較してみましょう。 それぞれ特徴があるため、どのゴールドカードが自分に適しているか参考にしてみてください。 三井住友カード ゴールド 「三井住友カード ゴールド」は、一流のサービス、そしてステータス性が伴ったゴールドカードです。 新デザインは2種類あり、1種類はゴールドを基調にした高級感のあるカードデザインとなっています。 また、インビテーション制(招待制)ではなく申し込み制ですので、三井住友カードを所有していない人や初めてゴールドカードを所有したいという人でも所有することができます。 年会費は1万1,000円(税込)ですが、インターネットからのお申し込みで初年度年会費が無料になります。 「WEB明細」のご利用で、翌年度年会費最大1,100円(税込)が割引となります。 また、「マイ・ペイすリボ」に登録かつ1回以上の利用があれば、翌年度の年会費が無料または半額になります。 ただし、2021年2月以降の年会費の支払い分からは、前年のリボ払い手数料の支払いが条件となります。 さらに、カードの利用金額に応じて、翌年度の年会費が無料または半額になるサービスもあります。 空港ラウンジサービスを無料でご利用いただけますし、最高5,000万円までの海外・国内旅行傷害保険、最高300万円までのショッピング保険などが付帯されています。 一流旅館・ホテル宿泊予約プランなど、おトクに旅が楽しめる特典もご用意しています。 三井住友カード プライムゴールド 「三井住友カード プライムゴールド」は、20代専用のゴールドカードです。 満20歳以上30歳未満の人が所有できるカードです。 三井住友カード ゴールドと同様のサービスを受けられますが、年会費は5,500円(税込)です。 年会費は1万1,000円(税込)ですが、インターネットからのお申し込みで初年度年会費が無料になります。 「WEB明細」の利用で、翌年度年会費最大1,100円(税込)が割引されます。 また、「マイ・ペイすリボ」に登録かつ1回以上の利用があれば、翌年度の年会費が無料または半額になります。 ただし、2021年2月以降の年会費の支払い分からは、前年のリボ払い手数料の支払いが条件となります。 さらに、カードの利用金額に応じて、翌年度の年会費が無料または半額になるサービスもあります。 満30歳になった後は、更新時に自動的に「三井住友カード ゴールド」へとランクアップします。 20代で初めてゴールドカードを利用したいという人におすすめです。 新規入会限定キャンペーン実施中! 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。 キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。 1 2020年5月1日時点で対象カードをお持ちの方、または(2020年5月1日時点で対象カード(注)をお持ちでない場合であっても)2019年3月1日以降に対象カード(注)に新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている方は対象となりません。 (注)エブリプラスを含む 2 カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、ご利用を毎月集計し、20%を乗じた金額をご利用月の2ヵ月後末までにプレゼントします。

次の