エクセル 0は表示しない。 #DIV/0!エラーが表示されないように、0以外のときに割り算するには:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/論理・情報

【Excel】0から始まる数値をエクセルに入力すると勝手に0が消されてしまう……3つのテクで解決!

エクセル 0は表示しない

A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1!

次の

Excel「#REF!」の意味と表示させない(非表示)方法~みんなのエクセル

エクセル 0は表示しない

この方法でハイフン入りの数値 10-20 など が日付になる問題も対応できます。 ' を付ける 文字列として数字を入力するには先頭に 'を付けます。 0123 と入力するには '0123を入力します。 入力したとおりに表示されます。 このセルは数値ではなく文字列として扱われます。 表示形式を文字列 表示形式を文字列にして 0 を表示できます。 0 を入力したい [セル] を範囲選択します。 この状態で 0123を入力すると、そのまま表示されます。 エラー表示を消す セルに緑色の三角形が表示されています。 または、今後このエラーを表示させないようにするには、[エラーチェック オプション] をクリックします。 [文字列形式の数値、またはアポストロフィで始まる数値] のチェックを外して [OK] をクリックします。 エラー表示が消えます。 スポンサーリンク 数値として 0 を表示する 0 を表示したい [セル] を右クリックして [セルの書式設定] をクリックします。 ユーザー定義から種類に 0000を入力して [OK] をクリックします。 種類には表示させたい桁数分の 0 を入力します。 00123 と表示させたいなら 00000を入力します。 0 が表示されます。 文字列と数値の違い 文字列として入力する方法と数値として表示する方法の違いは、そのセルを結合するとわかります。 文字列の方は値そのものが 0123になっているので 0 が結合されます。 数値の方は値が 123のままなので 0 が結合されません。 必要によってどちらの方がいいのか使い分けします。

次の

#DIV/0!エラーを表示しない方法|Excel(エクセル)の使い方

エクセル 0は表示しない

設定で変える!0を表示しない方法 では始めに設定を変えることで「0」を非表示にする方法についてみてみましょう。 1-1. まとめて0を非表示に! まずはまとめて0を非表示にする方法からです。 上のような状態から「0」のみを非表示にします。 (1)「ファイル」タブにある「オプション」を選択する (2)「詳細設定」の真ん中下寄りにある「ゼロ値のセルにゼロを表示する」のチェックを外し、OKを押す (3)完了 この方法をとれば0を全て非表示にすることができます。 「0は要らない!」と言う場合に活用しましょう。 1-2. macでの方法 次にmacでの方法についてです。 同様のことをmacでもやってみましょう。 (1)「Excel」メニューの「環境設定」を選択する (2)「表示」を選択する (3)「ゼロ表示」のチェックを外せば完了 これで同じように「0」を非表示にできます。 1-3. 一部分だけ非表示にする 次に一部分だけ0を非表示にする方法についてです。 「0が全部消えてしまうのは困る」という時にはこちらの方法を活用しましょう。 1-4. 文字列に変えて非表示に? 最後は「セルが空白の時に0を表示させない方法」についてです。 これを「空白ならば空白」にする方法で、IF関数を使わなくても簡単にできるのです。 このように0が表示されなくなりました。 覚えておきましょう。 関数を使って非表示にするには? 次に関数を使って0を非表示にする方法を解説します。 例えば次のような表があるとします。 今、セルD3やD4は0となっていますが、関数を使ってこれを非表示にしてみましょう。 このようにIF関数を使えば0を非表示にできるので、こちらも活用しましょう。 0非表示の裏技テクニックはこれだ! 最後に0非表示の裏技テクニックについてです。 ここでは「グラフに0を反映させないテクニック」と「0は非表示、4桁以上はカンマを打つ方法」を紹介します。 3-1. グラフに0を反映させないテクニック まずはグラフに0を反映させないテクニックです。 例えば累計などを計算式で求めた時に、セルは空白になっているのにグラフは0を示すことがあります。 こんな時にはグラフ専用の数式と設定が必要になります。 ではその方法を、例を使って見てみましょう。 その後「書式」をクリックし、「フォント」の色を「白」にする (5)完了 これでグラフにはいらない線が表示されず、累計の表にもエラーが表示されません。 ここでのポイントは、IF文の「NA 」で、これは「データがない」というエラーを表示しなさいという意味です。 結果データがないのでグラフにはなにも表示されず、条件付き書式でエラーは白地にしたので表にもエラーが見られなくなったのです。 3-2. 0は非表示、4桁以上はカンマを打つ方法 次は「0は非表示、4桁以上はカンマを打つ方法」についてです。 例えば次のような表があったとします。 先ほどIF関数で0を消した例と似たものです。 この表を基に0は消して4桁以上には「,(カンマ)」を打ってみましょう。 試して見てくださいね。

次の