鏡開き。 鏡開きの由来と開き方|暮らし歳時記

鏡開きの由来と開き方|暮らし歳時記

鏡開き

2020年の鏡開き 鏡開きは、お正月の間に飾っていた鏡餅を雑煮やお汁粉にして食べることですが、これには 「松の内」という期間が関係しています。 松の内は、お正月の間に松飾りを飾っておく期間のことで、 1月7日(主に関東)または 1月15日(主に関西)までを指す場合が多く、正月7日までの松の内は「松七日」と呼ばれたりします。 この松の内が過ぎた 1月11日または 1月20日に 鏡開きをするというのが一般的です。 2020年の場合は、 「1月11日(土)」または 「1月20日(月)」ということになりますが、 京都では毎年1月4日に鏡開きを行うという習慣もあります。 京都で1月4日に行われるのは、正月3が日が終わったらすぐに鏡開きをするというのが理由だとも言われていますが、はっきりとした理由は分かっていないようです。 地域によって鏡開きの日が違うのはどうして? 昔は、鏡開きは松の内が終わった 1月20日に行われていました。 「二十日正月」ともいわれ、武家社会でも 「刃柄(はつか)」の語呂合わせから1月20日に行われていたといわれています しかし、 徳川3代将軍の徳川家光が1651年4月20日に亡くなったことで鏡開きの日がずれることになります。 鏡開きの1月20日は家光の月命日にあたり、忌み日となるので1月20日に鏡開きをするのが取りやめられました。 松の内そのものを 1月7日までと短くして、 鏡開きの日を 1月11日としたのです。 関東では「松の内は1月7日まで」という御触れが出されたため、1月11日の鏡開きの習慣が広まっていきましたが、関西にまでは広がらず、現在のように1月20日の鏡開きの習慣も残っているというわけです。 鏡開きの意味と由来 鏡開きの意味 「鏡開き」は、お正月に飾っていた鏡餅を雑煮やお汁粉にして食べることで、一年の家族の無病息災を願います。 お正月には、新しい年を運んでくる「年神様」を迎えますが、その年神様にお供えするのが鏡餅で、そこには年神様の魂が宿るとされています。 年神様へのお供えなので、年神様がいる「松の内」の間は下げたり食べたりせずにきちんと飾っておきます。 松の内が過ぎると年神様を送りますが、この時に、鏡餅を開いて年神様が宿っていたお餅を食べることで家族の無病息災を願います。 鏡開きは、年神様が宿っていた お餅を食べるということに大きな意味があるので、ありがたくいただくようにしましょう。 鏡開きの由来 もともと鏡開きは、新年の仕事始め、行事始めの儀式の一つで、「鏡」は円満、「開く」は末広がりを意味するといわれます。 昔、武家では正月に鏡餅を供え、松の内が過ぎるとこれを割って食べるという習慣がありました。 男は具足(鎧や兜など)にお供えした「具足餅」を、 女は鏡台に供えた「鏡餅」を雑煮にして食べたことがこの行事の始まりだとされています。 武家社会では「切る」という言葉は「切腹」を連想させるために嫌われていたので、刃物は使わずに木槌などを使って割っていましたが、おめでたいときに「割る」というのも縁起が悪いということから、 「運を開く」にかけて 「鏡開き」と呼ぶようになったといわれています。 現在でも、年の始めに鏡餅を供え、一年の健康を願ってお供えしていた鏡餅を食べる「鏡開き」は、正月の行事として受け継がれています。 丸い餅を二つ重ねた鏡餅 鏡餅が丸い形をしているのは、昔の鏡に由来します。 昔、鏡といえば丸い形をした銅鏡のことでしたが、鏡は天照大神から授かった三種の神器のうちの一つで、鏡をご神体としている神社もたくさんあります。 鏡餅は年神様の依り代なので、 ご神体としての鏡をお餅であらわすという意味で 「鏡餅」と呼ばれるようになります。 丸い形は、昔の丸い鏡を表していますが、「丸」は魂の象徴でもあるとされていました。 大小二段のお餅は 「月と太陽」 「陰と陽」を表していて、 「円満に年を重ねる」 「夫婦和合」などの意味が込められています。 鏡餅を割って食べる 鏡餅を割るのに包丁を使ってはいけませんが、現在では、小分けされた餅がパック詰めにされている鏡餅が主流になっているので、鏡開きはパックを開くだけということも多くなっています。 伝統的な鏡餅の場合には、お餅がよく乾燥していないと木槌などで叩いてもなかなか割れません。 そんな時には、水に浸した後に電子レンジで少し温めて柔らかくすれば、千切りやすくなります。 鏡餅を割ったときの割れ方で占いをする地域もあるようですが、すっぱりとキレイに割れたら良い運気ということでしょうか。 鏡開きした鏡餅は、鏡開きの日に食べるようにしましょう。 雑煮、 ぜんざい、 お汁粉などにして食べるのが定番ですが、その他にもおいしい食べ方があるので、いくつか紹介します。 かき餅 手や鎚で割ることを「欠き割る」ということから「欠き餅」(かきもち)と呼ばれるようになりました。 一口大の餅を160度程度の油で揚げて、塩や醤油をまぶすだけです。 揚げたてのかき餅は、とても香ばしく美味しく食べることができます。 揚げだし風 しょうゆ、みりん、酒、昆布などで煮詰めただしを、揚げたての餅にたっぷりかけて食べます。 大根おろしなどを添えればサッパリとして、さらに食べやすくなります。 手軽に市販の「麺つゆ」などを使ってもOKです。 餅グラタン オーブントースターなどで焼いたお餅をグラタン皿に並べて、ベーコン、ピーマン、玉ねぎなどをのせ、ホワイトソースとチーズをかけてて、250度程度のオーブンでチーズが溶けるまで焼けば、ホクホクでとろけるような餅グラタンの出来上がりです。 カビが生えてしまった鏡餅 お正月に飾っていた鏡餅にカビがいっぱい生えてしまって、とても食べられそうにないということもありますが、処分しようと思っても、年神様が宿っていたお餅を普通に捨ててしまうのは、罰があたりそうで気が引けてしまいます。 昔から鏡開きをする鏡餅には、多かれ少なかれカビが生えていましたが、年神様が宿っていたということもあって、 カビを取り除いて食べるというのが一般的でした。 実際、鏡餅に生えるカビには無害なものが多く、健康上の問題が出たということもあまりないようですが、中には毒性の強いカビが含まれていることもあります。 カビを取り除いて食べる場合でも、目に見えないところまでカビが浸透していることもあるので、カビの周りは広範囲を取り除くようにしたいものです。 焼いたりゆでたりすれば大丈夫という人もいますが、 熱に強いカビもあるので注意が必要です。 カビを食べるとアレルギーを起こすこともあるので、できればカビの生えた鏡餅は食べたくないという人も多いと思います。 そんなとき、カビの生えた鏡餅は次のような方法で処分をしてはどうでしょう。 どんど焼きでお焚き上げ 伝統的に1月15日には、神社等でどんど焼きがあり、お正月飾りのお焚き上げが行われます。 近所でどんど焼きが行われる場合は、カビが生えてしまった鏡餅を持っていって焚き上げてもらいましょう。 塩で清め、半紙等で包んで処分 一番実践しやすいのが、この方法だと思います。 半紙や新聞紙の上に鏡餅を置き、お清めの塩をかけて、年神様にお礼をします。 その後は、そのまま紙で包んで、他のゴミと袋を分けて出せば、捨てるという申し訳ない気持ちも、大分軽減するのではないでしょうか。

次の

鏡開き(かがみびらき)とは

鏡開き

こんにちは。 鏡餅は毎年手作りしています。 3歳男児と1歳女児の母ななみです。 お正月飾りの代表といえば鏡餅ですよね。 私は毎年実家で、年末に鏡餅を手作りしています。 今年も子供たちと一緒に鏡餅を作りに行く予定です。 でも今年は1つ不安なことが。 それは3歳の長男の「なんで?どうして?」攻撃。 実は私、毎年のように鏡餅を作ってはいますが、 鏡餅についても鏡開きについても何一つ意味を知らないのです。 自分で鏡餅を作っておきながら息子に鏡餅についてあれこれ聞かれても何も答えられないのは恥ずかしいし、楽しいお正月行事に水を差してしまうかも。 そんな不安を払拭するために、今年は鏡餅について充分な予習をしました! この記事では私が予習した ・鏡餅開きの意味や由来 ・鏡餅のオススメの食べ方 などを子供にもわかりやすい伝え方とともにご紹介していきます。 「年中行事は教えてあげたいな」 「子供が保育園で鏡餅を作ってきたけど、どうしよう?」 という方はぜひ参考にして、 お子さんとお正月行事を楽しんでください!• 一般的には、1月11日• 関西などでは、1月15日• 京都などの一部では、1月4日 日付に違いがあるのは、 松の内(年神様がいらっしゃる期間)がいつまでなのか地域によって違うからです。 しかし、昔全国的には1月20日に鏡開きを行っていたそう。 ですが、徳川3代将軍の徳川家光の月命日が20日であったため、 その日を避けるため松の内が明けてから鏡開きをするようになったんだとか。 徳川将軍の名前が出てくるあたり、さらに鏡開きの歴史の深さを感じます。 ところで鏡開きと言っていますが、正直に言うと鏡餅を割っているという表現の方が合っていますよね。 なぜ「開く」という言葉を使うのか、そこにも歴史的な意味があるのでしょうか? 割ってるけど「開く」という由来は? 結論から言うと割るではなく開くという言葉を使うのにも、 歴史的な由来がありました。 それは次の通りです。 「この鏡餅の中にはね、お正月にきてくれた神様のパワーが入っているんだよ。 「神様のパワーを分けてもらうために、開いてみんなで食べようね。 「割るっていう言葉はお祝い事には使わないから、代わりに開くって言うんだって。 「神様のパワーで今年も元気でいられますように、ってお願いしながら食べようね。 」 これで子供に「なんで?どうして?」と質問されてもスムーズに答えられますね! 「せっかく子供が伝統行事に興味を持ったのだから、もう少しちゃんと教えてあげたいな」という方は、 絵本で一緒に楽しみながら教えてあげる手段もあります。 こちらがお子さんと一緒にお正月をはじめとする伝統行事が楽しく学べる絵本の一例です。 保育園で鏡餅をもらったけどどうしたらいいの? 鏡餅と鏡開きは伝統行事とはいえ、家庭によって鏡餅を飾る習慣がない場合もありますよね。 そのような場合は鏡餅をもらっても、正直困ってしまいます。 でもせっかくなので 鏡餅を飾り、そして鏡開きをしてみましょう! 鏡餅を飾る場所は正しくは床の間とされていますが、鏡餅(とくに手作りのもの)は カビが生えやすいです。 なので 直射日光が当たらない風通しの良い場所に飾るのがオススメです。 我が家の場合には玄関に飾っています。 松の内を終えたら いよいよ鏡開き! 木槌があれば1番割りやすいのですが、都合よく木槌が家にない人の方が多いと思います。 その場合は 手で折るように割ってみましょう。 ちなみに我が家では木製のめん棒で割っています。 道具を使って鏡開きをする場合は意外と餅が飛び散るので、新聞紙やレジャーシートをひいておくと安心です。 我が家の長男も割る作業が楽しかったようで、2歳だった昨年はかなり細かくなるまで割ってくれました 笑 そうして開いた鏡餅。 次はオススメの食べ方を紹介したいと思います。 オススメの食べ方3つ 鏡開きをした鏡餅は通常とても乾燥しているので、• お雑煮• お汁粉 にして柔らかく戻して食べるのが一般的です。 ですが小さな子に雑煮やお汁粉を食べさせるのは、 のどに詰まらせたりするのが怖くて避けたいという方も多いと思います。 なのでこちらでは• 乾燥したお餅でも調理できる• 小さな子供でも比較的食べやすい この2点をおさえたオススメの食べ方を、作り方の動画と一緒に3つ紹介していきます。 おかき 参照: こちらだけは動画が見つからなかったので、クックパッドからレシピを紹介します。 おかきは我が家でも定番の鏡餅の食べ方です。 開いた鏡餅をよく乾燥させて油で揚げるだけなのでとても簡単です。 ただ乾燥が足りないままへ投入すると、 とっても油がはねるので注意です! ミルク餅 電子レンジだけで作れるお餅のスイーツです。 牛乳と一緒にレンジで温めるので鏡餅のような乾燥したお餅も柔らかくなります。 加える牛乳の量を調節することで、お子さんに合わせた固さで作ることができます。 バター餅 秋田県の郷土菓子を再現したレシピで、こちらも電子レンジだけで作ることができます。 まだ作ったことがないのですが、バター餅は学校の給食でも出されることがあるそうです。 とても美味しそうですし、次の鏡開きが終わったら作ってみたい品です。 以上が私がオススメする鏡餅の食べ方です。 ただどんなに食べやすいように工夫してもお餅はお餅ですので、 お子さんが食べる際には 必ずそばにいてのどに詰まらせないように 注意してくださいね。 ところで、食べ方の工夫以前に「鏡餅が食べられない!」なんて状況のときにはどうしたらよいでしょうか? どうしても食べられないときは捨てちゃだめ? 鏡餅がどうしても食べられない状況、その一番の原因は カビが生えてしまうことです。 市販の鏡餅なら真空パックに入っているものが通常なのでカビの心配はいりませんが、保育園の行事などでいただく鏡餅は手作りの場合がほとんどだと思います。 その場合はどうしてもカビが生えてしまうもの。 ではカビが生えてしまった鏡餅でも、伝統に乗っ取りどうしても食べなくてはいけないのでしょうか? その答えは 「無理をしてまで食べなくてもいい」です。 それはお餅のカビについて以下のような理由があげられるからです。 昔からお餅に生える白いカビは、その部分を削れば食べられるとされている• 色のついたカビは有害で白いカビは無害という考えがある• しかしカビは非常に種類が多く、素人が色だけで有害か無害かを判断するのは危険• 表面にしかカビが生えていなくとも、カビは奥まで根を張っている• カビは高温で熱しても死なない 鏡開きをした鏡餅を食べるのは1年間の無病息災を願ってのことです。 カビの生えてしまった鏡餅を食べて体調不良を起こしたらそれこそ本末転倒です。 なので無理をせず、大変もったいないですが カビの生えた鏡餅は 捨ててしまっても大丈夫です。 私も自分で鏡餅を作る際は• 打ち粉をつけすぎない• 手水をつけすぎない• 鏡餅のそばにワサビを盛る といったカビ対策をしていますが、どうしてもだいだい みかん と接している 上の段の鏡餅はカビてしまいます。 なので毎年、 鏡開きをしているのは下の段の鏡餅だけです。 酒蓋の丸い形は、神事に使われた丸い金属鏡を模している• 丸い形の鏡には「円満」という意味があり、縁起が良い• なので酒蓋を鏡と呼んでいた• 忌み言葉である「割る」を避けて、末広がりという縁起の良い意味がある「開く」という言葉が使われている• 結婚式で行われる鏡開きには「幸せを切り開く」という意味がある 鏡餅で使う「鏡開き」とほとんど同じ由来ですね。 ただし、 酒樽を割る鏡開きは 鏡抜きと呼ばれる場合もあるそうです。 酒樽を割る鏡開きの起源は詳しく知ることができませんでしたが、樽を用いてのお酒の保存が始まったのは江戸時代になってから。 なのでお正月の鏡開きの方が歴史は古いようです。 では2つの鏡開きは違うものなのか。 お正月の鏡開きと酒蓋を割る鏡開きが共通しているのは• 神事に使われた丸い金属鏡が、名前と形の由来• お祝い事のときに祈りを込めて割る• 「割る」ではなく縁起が良い「開く」という言葉を使っている ということ。 つまり 鏡開きに用いる物と時期が違えど、 2つの鏡開きはお祝い事のときに祈願の成就のために行うという意味では 同じ行事だと結論できます。 どちらの鏡開きも神様にあやかって縁起を担ぐための大切な伝統行事なんですね。 【まとめ】鏡開きの意味と由来 では、ここまでのことをまとめていきます。

次の

鏡開きのいわれは? 樽酒の注文、鏡開きの準備はどのようにすればよいですか?|知る・学ぶ お酒の博物誌|月桂冠 ホームページ

鏡開き

お正月によくみかける、二段の丸いお餅の上にみかんを飾ったものを 「鏡餅(かがみもち)」といいます。 年末に家族やご近所さんと餅つきをして鏡餅を作る方や、お店で売られているものを買ってきて飾る方もいらっしゃるでしょう。 今回は、鏡開きの意味と由来、2020年はいつ鏡開きをするのか、調べていきましょう。 鏡開きの意味とは?なぜ「鏡」? 鏡は昔、青銅製で丸い形をしており、神様が宿ると考えられ、神事に使われていました。 神話の時代、天照大御神 あまてらすおおみかみ が瓊瓊杵尊(ににぎのみこと・天皇の先祖と考えられている)に三種の神器、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、草薙の剣(くさなぎのつるぎ・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)、八咫の鏡(やたかのかがみ)を授けました。 この三種の神器の 八咫の鏡を形どったものが「鏡餅」だと言われています。 また、「鏡」は「鑑みる(かんがみる・良い手本や規範に照らし合わせて考える)」という言葉にあやかり、 「かんがみもち」と呼んでいたのが変化して「かがみもち」になったとも言われています。 お正月にやってくる 年神様(毎年お正月、各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)は門松を目印に各家を訪れ、鏡餅に宿ると言われており、松の内(お正月の門松を飾っておく期間)は鏡餅をお供えします。 そして、 松の内が過ぎてから鏡餅をお雑煮やお汁粉などにして、無病息災を願って食べる風習が「鏡開き」 です。 鏡開きの由来は? 鏡餅は平安時代(794年~1192年ごろ)には存在し、源氏物語にも登場しますが、お正月に供えられるようになったのは、室町時代(1336年~1573年)以降のことだと言われています。 鏡開きは江戸時代(1603年~1867年)の初期に武家の間で広まっていき、年神様にお供えしたお餅を包丁などの刃物で切るのは切腹を連想するので縁起が悪いとされ、手や木槌などで割ることにしました。 ですが 「割る」という表現も縁起が悪いということで、縁起の良い末広がりを意味する「開く」という表現にし「鏡開き」と言われるようになったのだそうです。 2020年はいつ鏡開きをするの? 鏡開きの日は毎年同じですが、 地域によって異なります。 松の内を1月7日までとする 関東では1月11日に、1月15日までとする 関西では1月15日または1月20日に鏡開きをすることが多いようです。 ということで2020年の鏡開きは 関東では1月11日(土) 関西では1月15日(水)または1月20日(月) になります。 もともと関東では、関西と同様に松の内は1月15日までで、鏡開きは1月20日に行われていました。 しかし、江戸時代の徳川三代将軍家光が慶安4年(1651年)4月20日に亡くなり、徳川幕府のお膝元である関東では月命日の20日を避けて、鏡開きが1月11日になったと言われています。 鏡開きが1月11日になったことで、松の内はまだ年神様がいらっしゃるのに鏡開きを行うのは、年神様に対して大変失礼なのではないか?ということになり、松の内を1月15日から1月7日に変更しました。 こうして、関東では鏡開きが1月11日に変更されましたが、全国的に広まらなかったため、地域によって鏡開きの日が異なるのです。 お餅ではなくお酒の鏡開きもあります お正月に飾った鏡餅を食べる「鏡開き」とは別に、清酒の入った 酒樽を割る「鏡開き」もあります。 武士が出陣するときに気持ちを鼓舞しようと、仲間や自分の部下に振る舞い酒として酒樽を割ったことが由来とされますが、正確なことはわかっていません。 現在は、お正月だけではなく、結婚式や祝賀会などおめでたい席で 「鏡(樽)を開くことで今後の運を開く」という意味を込めて行われます。 最近は、大きな鏡餅は置き場所に困るとか、食べるときに調理し辛いということで、片手に乗るほど小さな鏡餅や、鏡餅の形をしたプラスチック容器の中に小さなお餅がいくつも入って売られていたりします。 形は変わっても、鏡餅を飾る風習は現在も受け継がれているのですね。 鏡開きは、飾っていた鏡餅を片づけることではなく「食べる」ことが重要ですので、鏡開きではぜひ、お雑煮やお汁粉にして召し上がってみてください。 関連: 関連: 関連: - ,.

次の