コンビニ 軽減税率 いつまで。 コンビニ消費税2%値引き還元の対象のキャッシュレス支払い方法とは?

セブンイレブンも即時2%引き。10月からのキャッシュレス還元

コンビニ 軽減税率 いつまで

もくじ• 軽減税率はいつまで続くの? 2019年10月からスタート。 いつまで続くのかは未定 軽減税率の制度が変わるのは、消費税に関する法律が改正される時で、それまでは継続されます。 軽減税率対象の商品とは お酒以外の飲食料品と新聞が軽減税率の対象。 軽減税率の目的 所得が少ない人の負担を減らすために実施されると言われています。 普段の日常生活では、食品は所得が多い少ないにかかわらずお金を使わずには生きていけないもの。 そのため低所得者は、所得に対して食品にかかる支出の割合が高くなってしまいます。 なんでだろう…。 — み ら い miraing84 お店によって、またスタッフさんによって対応がまちまち……ということも少なからずあるようです。 例えば• お店のトレイを使っている人• 持ち帰りの袋から取り出したものを食べている人 この2人が同じ場所で食事をしていたら、支払っている税率が違うということが一目でわかってしまいます。 お客さん同士でのトラブルにならないことを祈ります。 キャッシュレスポイント還元事業は6月まで 軽減税率の期限と混同されることがあるのが、 2020年6月まで実施されている「キャッシュレスポイント還元事業」です。 2019年10月1日からの増税と同時にスタートしたこの施策は• キャッシュレス普及• 利便性の向上•

次の

コンビニでキャッスレスなら2%実質値引き!いつまで?どの決済を使う?

コンビニ 軽減税率 いつまで

新聞休刊日により週に1回しか発行されない場合であっても、通常の発行予定日が週2回以上であれば、軽減税率が適用されます。 消費税の軽減税率が適用されないケース ここからは、よく間違いやすい消費税の軽減税率が適用されないケースを紹介していきます。 書籍や雑誌は軽減税率の対象外 書籍や雑誌を軽減税率の対象外にするかどうかは議論があったようです。 しかし、有害図書の排除が難しいという理由などにより、今のところは軽減税率の対象外という方向で話がまとまっています。 週刊新聞や月刊新聞は軽減税率の対象外 新聞が軽減税率の対象となる条件に「週2回以上発行される」があるため、週刊新聞や月刊新聞は軽減税率の対象外となります。 例えば、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載した新聞・業界紙であっても「週1回」「月1回」しか発行されない場合は、軽減税率の対象外となります。 残念ながら 電子版の新聞には軽減税率が適用されません。 このことは、国税庁のホームページ「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別編)」でも記載されています。 インターネットを通じて配信する電子版の新聞は、軽減税率の適用対象となりますか。 出典:国税庁 仮に定期購読料が「紙版」と「電子版」で同じだったら、軽減税率が適用されない分、電子版のほうが割高になってしまいます。 コンビニや自動販売機は軽減税率の対象外 新聞をコンビニや自動販売機で購入した場合は、軽減税率が適用されません。 なぜなら、軽減税率が適用される新聞は、• その新聞を定期的に継続して供給することを約束した「定期購読契約」に基づくもの が対象だからです。 コンビニや自動販売機での購入は、その都度購入するものであり、定期購読契約に基づかないことから、軽減税率には該当しません。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 新聞の取り扱いについては、• 定期購読契約が締結された週2回以上発行• 一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載 が条件となります。 場合によっては、定期的にコンビニで新聞を購入するより、定期購読契約をしたほうがお得になるケースもあります。 また、新聞の取り扱い店は、消費税の導入をスムーズに行うためのと合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の

コンビニ消費税2%値引き還元の対象のキャッシュレス支払い方法とは?

コンビニ 軽減税率 いつまで

Contents• コンビニは軽減税率とキャッシュレスを合わせるとお得 コンビニでお買い物をすると軽減税率とキャッシュレス決済でお得にお買い物ができるのですが、まずはその詳細について詳しく説明していきますね。 ですがここで落とし穴。 新聞は週に2回以上発行されていて、定期購読されているものが対象となります。 更に定期購読でも 電子新聞は対象外となるので10%になります。 キャッシュレス決済とは? キャッシュレス決済とは、クレジットカード、電子マネー、バーコード決済(Pay決済)など、 口座振替を利用して紙幣、硬貨などの現金を使わないで支払いをする決済の事です。 今回消費税増税と共にスタートした「キャッシュレス・消費者還元事業」では、このキャッシュレス決済を対象店で利用する事で、ポイント還元や値引きがされる事になっています。 これは嬉しいですよね。 大手スーパーではキャッシュレス還元がないので0%なのに対し、中小店舗は 実質3%、コンビニなどフランチャイズ店は 実質6%なのでお得ですよね。 スポンサーリンク コンビニで軽減税率の対象商品になるのはどれ? 次に軽減税率の対象になる商品を説明していきますね。 どの商品が対象でどの商品が対象ではないのか把握しておきましょう。 イートインスペースを利用する場合 コンビニのイートインスペースを利用して、購入した商品を飲食する場合は、飲食設備となるので 軽減税率は対象外になります。 ただし上記で説明したように、イートインスペースで食べる場合は軽減税率の対象外となり、 消費税が10%になります。 雑貨、日用品など 雑貨や日用品などは 軽減税率の対象外になります。 例をあげると雑貨は、ノート、ボールペン、乾電池などですね。 それと日用品などはティッシュペーパー、トイレットペーパー、シャンプー、生理用品などです。 その他(軽減税率対象外) コンビニで扱っている支払いで、下記は軽減税率の対象外となるので注意しましょう。 インターネットショッピング商品店頭受取り時の店頭払い• インターネット代金収納(宅配商品のコンビニ前払い含む)• 公共料金等の収納代行• マルチコピー機でのサービス• 切手・印紙・ハガキ・年賀ハガキ• クオ・カード• テレホンカード• プリペイドカード・プリペイド携帯カード• ビール券・酒クーポン券• 映画券・前売券• 地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券• 他金券等に準ずるもの• 各種電子マネーへの現金チャージ コンビニの軽減税率が適用になるケースと、適用にならないケース! ここでは軽減税率がどのケースでなら対象になり、どのケースなら対象にならないのかを詳しく説明していきたいと思います。 軽減税率は持ち帰る事で適用になる税金なので、どのケースだと適用にならないのかを把握しておいてくださいね。 イートイン 軽減税率は適用されません。 なので 消費税は10%です。 上記でも説明してきましたが、イートインスペースでの飲食はコンビニの飲食設備を利用する形になるので、軽減税率の対象になりません。 コンビニの外や駐車場 軽減税率は適用されます。 なので 消費税は8%です。 コンビニの駐車場内で自分の車の中で食べるのは、コンビニの施設内ではありますが飲食設備を利用していないのでOKです。 コンビニの外で食べる場合は敷地内にはいるものの、飲食設備の利用してないのでOKなのですが、お店の迷惑にならないようにマナーは守りましょう。 コンビニ店内で立ちながらの飲食 軽減税率は適用されます。 コンビニ店内で飲食をするのは、イートインスペースを利用しなければ軽減税率の対象にはならないのですが、一口だけ飲み物を飲むぐらいなら良いですが、店内で飲食をするのはマナーの問題になるのでできれば避けましょう。 基本的にコンビニで購入してお店の外に持って行けば軽減税率は適用になるんで問題ないですね。 店内でイートインスペースを利用する時だけ10%になります。 スポンサーリンク コンビニで軽減税率とキャッシュレス決済を合わせてお得に買い物をする為には では最後にコンビニで軽減税率とキャッシュレス決済を、お得に利用する為に知っておいてもらいたい事を説明していきますね。 軽減税率の対象商品を理解する 店内には軽減税率の対象になる商品と、対象にはならない商品があります。 最初に説明したように、軽減税率の対象になるのは、 飲食料品、新聞なので、ちゃんと理解して買い物をするようにしましょう。 電子マネーのチャージをしておく お会計をする時の為に、ちゃんと 電子マネーの残高を確認してチャージをしておきましょう。 お会計の時になって残高不足で電子マネーでの支払いができない、なんて場面をよく見かけたりします。 キャッシュレス決済でないと2%の値引きは受けられないので、損しない為にも電子マネーのチャージはしっかりしておきましょう。 スマホ、クレジットカードを忘れないようにする スマホ、クレジットカードを忘れてしまってはキャッシュレス決済をする事ができません。 キャッシュレス決済をする為に必要な 携帯端末やカードを忘れないように注意しましょう。 スマホの場合充電切れにも注意ですね。 まとめ コンビニで軽減税率とキャッシュレスを合わせて利用すると、お得にお買い物ができるという事について説明してきました。 軽減税率対象になるのは、飲食料品、新聞(週2回以上発行されていて定期購読されてるもの)です。 これにコンビニで今行われているキャッシュレス決済利用で、その場で2%の還元を合わせると、実質6%の消費税でお買い物できてとってもお得にお買い物ができます。 消費税は上がりましたが悪い事ばかりではありませんね。 コンビニは一番身近にあるお店だと思うので、コンビニでお得なお買い物をしてみてください。

次の