キュア コスモ 衣装 手作り。 ミシン使わずにキュアコスモ衣装(4・完)

キュアセレーネ衣装制作 その1

キュア コスモ 衣装 手作り

和歌山県橋本市 ヨガスタジオとなりのカフェ情報• 懸賞・抽選・くじ・おまけ・キャンペーンなど お得情報と、当選結果• お料理、お菓子、食べ物、調理家電、旬の食べ物、保存食の作り方など。 フリーマーケットや、お祭り、行って楽しいイベント情報です。 旅行や、日帰りで行ける公園やスポットの事です。 家族のこと、主に娘の成長や、感じたことです。 風邪とか、インフルエンザ予防接種、中耳炎など• 保険や住宅ローン、お金に関しての情報を載せています。 主に家の掃除についてです。 毎年すること。 年中行事など。 健康のこと、からだのこと、サプリメント、ダイエットやヨガ、ウォーキングについてです。 読んだ本の感想• おススメ映画の感想です。 美容、ダイエット、ヨガなど• 考えていること。 地元橋本市のこと。

次の

100均かわいい手芸♡プリキュア♡キュアコスモ

キュア コスモ 衣装 手作り

カラーはフェルト白2つ、薄ピンク2~3つ、濃いピンク1つ、レモン色1つ、黄色1つになります。 「前にこのタイプのゴムを買ったときにも、あちこち探しました。 今回も子どものスカートの調整用にと探しましたが見つからず、ネットでこちらを見つけました。 ちょっとのことですが、このゴムがあると便利です。 」 「子供はサイズが変わりやすいので、ボタンホールゴムは便利です。 ゴムの長さが1. 2mあるので、18mmのボタンを買い足して、1セットで小学生の女児2人分作れています。 デメリットは、以前にも書きましたが、取り付けが少々面倒な点です。 」 「娘たちのパンツ用に購入。 少し大きめサイズで作るので、必需品です。 こちらのチュールは安くて他の生地とも合わせやすと評判でした。 「手触り、色合い共にイメージ通りで、他の生地とも合わせやすい。 作品のアクセントになります。 」 「娘のハロウィンの衣装のために購入。 思っていたよりも生地が薄かったのが残念でしたが、それ以外は満足です。 紫色でラプンツェル風の衣装を作りました。 」 「嫁が画像を送って来て、孫娘の為にハロウィンの衣装を作って下さいと言いますので注文しました。 届いてすぐに作りました。 柔らかくて扱い易い生地でした。 友達の分もという事でまた、リピすると思います。 今年もプリキュア衣装作ろうかと。 まず今回は全キャラクター共通の胸のマークの作り方。 — pico picomame キュアソレイユの胸マーク、髪飾り、イヤリングを作られています。 材料はダイソーで揃えていました。 ちなみにpicoさんは上でご紹介した 【ゆーこさん】の動画を参考にしてキュアソレイユの衣裳を手作りされています。 今日はここまで。 キラキラハートモチーフはこちらのものが評判でした。 「結構大きいし、ラメがキラキラして目立ちます。 ダンスや学芸会など、目立ちたい時用にいいですね」 「子供の髪飾りを作るために購入しました。 可愛くて使いやすいです。 星形ビーズです。 クラフト金具アクセサリーパーツはこちら。 html.

次の

【材料費1,000円以下なのに高見え】ヒーリングっどプリキュアキュアグレース風衣装【簡単手作りコスプレ衣装】

キュア コスモ 衣装 手作り

現在放映しているプリキュアである【スタートゥインクルプリキュア】で途中から加わったメンバーである【キュアコスモ】の衣装を着たときのお話になります。 テレビでキュアコスモが登場してから、娘はとにかくキュアコスモが大好きになり、CMやおもちゃ売り場などでその衣装の存在を知るととにかく着たいとねだるようになりました。 とはいえ結構いい値段するんですよね。 いつ飽きるかも分からない、来年春前には放送が終わってしまう、そんなことを考えるとやはり高い買い物になります。 そこで洋裁ができる妻が100均や手芸屋素材を使ってキュアコスモの衣装を手作りしました。 すると娘は憧れのキュアコスモになれて大喜びです。 これで欲求も満たされたことでしょう。 しかし今度は次の欲求が出てきたことに気が付きました。 それは 【人に見せたい】 ということです。 ちょうどその時のタイミングで、保育園のとある親主催で同じクラスの親と子供参加でのパーティーをすることがありました。 娘はそこにキュアコスモの衣装を着て参加することになりました。 当日まで娘はそれが楽しみで楽しみで仕方がない様子でした。 やがてパーティー当日、衣装を着て会場に現れると本人の予想通りか、女子たちに囲まれて可愛いと絶賛されています。 本人もご満悦。 これで欲求も満たされたことでしょう。 しかしこの話にはまだ続きがあります。 パーティーにも来ていた一番仲のいいお友達がその衣装にものすごく執着するようになったのです。 キュアコスモの衣装を着たいから家に遊びに行きたいとまで言うようになりました。 やがていくつかの理由からそのお友達家族が我が家に遊びに来る機会があり、お友達からすると念願の夢がかなう瞬間です。 そして娘はお友達に衣装を貸して着させてあげます。 ここで娘はさらにご満悦です。 衣装の所有者とそれを貸してもらい着させてもらっている立場という図式に優越感を感じているようにも見えます。 この光景を見ていた私の感想ですが、 お友達は衣装を着ても欲求は完全には満たされていなかったのではないかと感じました。 結局、衣装の所有者と貸してもらってる立場という図式が崩れることはないのでその分差し引かれているように見えました。 そんな感じで娘の衣装に対する気持ちの移り変わりを肌で感じることができました。 人間だれしもそういう感情があると思いますが、コントロール次第で人間関係に影響を及ぼしたり、最悪よくないことにつながりかねないので、 今回の教訓を元に、親からも自慢したい欲求をコントロールする術を教えていきたいと感じました。 追記 実は今回の物語には序章的なものがあり、 衣装を作ってもらう前に、プリキュアルームや施設のコラボで有名な白樺湖の池の平ホテルに宿泊した際、 食堂で食事の際、同じ宿泊客の中で市販品のキュアコスモの衣装を着ている女の子を娘は羨ましそうに見ていました。 恐らく今回の物語はその時の感情から始まったと推測できます。 こういう感情は連鎖するんですね。

次の