終末 武器 スキル。 【グラブル】終末の神器の入手方法やスキル選択など考察まとめも

【グラブル】闇終末5凸作成!! スキル3オススメ紹介も。

終末 武器 スキル

スキル SLv1 SLv2 SLv3 SLv4 SLv5 SLv6 SLv7 SLv8 SLv9 SLv10 SLv11 SLv12 SLv13 SLv14 SLv15 SLv16 SLv17 SLv18 SLv19 SLv20 小 1. 0% 16. 0% 17. ゼウス召喚石やハデス召喚石のような通常攻刃の効果を上昇させる召喚石と相性は良いが、 レジェンドガチャから排出される武器を並べる場合、完成させる 上限解放する には難易度が高い。 多少攻撃力は低くなるが、イベントで入手できる武器を 最終 上限解放して並べるプレイヤーも多い。 下記の方陣武器を主流にするのであれば、通常攻刃の装備枠は1〜2本程度。 属性ごとの武器の種類が圧倒的に多いことから、汎用性の面でも、1枠分はメインウェポンになりやすい。 尚、バハムートウェポンやオメガウェポンのスキルも通常攻刃枠に含まれるが、 対象がキャラクターの「属性」ではなく「種族」や「得意武器」であり、 ゼウス召喚石等の加護が影響せず、最終的な効果量が大きいなど、通常武器とは取扱いが異なる。 スキル SLv1 SLv2 SLv3 SLv4 SLv5 SLv6 SLv7 SLv8 SLv9 SLv10 SLv11 SLv12 SLv13 SLv14 SLv15 SLv16 SLv17 SLv18 SLv19 SLv20 中 方陣・攻刃 3. 0% 12. 0% 15. SSR武器は主にマグナ武器とも呼ばれる。 スキル名に必ず「"方陣"」のワードが含まれており、スキルアイコン左上に「"M"」の文字が刻まれている。 星晶獣マグナからドロップする召喚石を装備することで効果量を上げることができ、基本的に現在は方陣武器を並べるのが主流となっている。 また、少し複雑な話になるが、最終的な攻撃力が計算される過程において 主人公のファイター系ジョブで使用できる「レイジ」等のアビリティや 厳密には様々な種類はあれど、一部キャラクターが使用できる「攻撃力UP」系アビリティの多くは、 「通常攻刃枠」で計算される為、方陣攻刃武器を主力とした編成においては 攻撃力計算の関係上、最も恩恵を受けやすいものとしても考えられている。 スキル効果は一定なので武器自体のATKの高さによる。 EX枠 アンノウン武器 シナリオイベントやコラボイベントで入手できる武器で、スキルアイコンにEXと表示のあるもの。 初出時に「アンノウンATK」というスキル名が使用されたことから通称アンノウンと呼ばれているが、ストレングスやセービングアタックなどイベントによってスキルの名称が異なる。 全体的にATKは高くないがスキルの乗算が肝なので2本程度の編成が理想。 初出時に「アンノウンATK」というスキル名が使用され、以後「アンノウン武器」と呼称される事が多い。 判別材料として、スキルアイコンの左上に「"EX"」の文字が付いているもの。 効果量は検証中のため参考まで。 スキル SLv1 SLv2 SLv3 SLv4 SLv5 SLv6 SLv7 SLv8 SLv9 SLv10 SLv11 SLv12 SLv13 SLv14 SLv15 SLv16 SLv17 SLv18 SLv19 SLv20 小 1. 4% 10. 8% 11. 2% 11. 0% 15. 06X 0. 07X 0. 1X 0. 37% 11. 経過ターンに応じて〇属性キャラの〇属性攻撃力が上昇。 1本毎の最大値はslvに関わらず同じ slv1でもslv20でも同じ。 ドラゴニックウェポンの第一スキルはEX枠。 二手はダブルアタックの確率が、三手はダブルアタックとトリプルアタックの確率が上昇する。 同じスキルレベルでの、二手のDA確率と三手のDA確率・TA確率はすべて同一なので、三手は二手の完全上位互換となる。 二手・三手のスキルが付いた武器を複数装備した場合、効果が加算される。 枠が別ならば累積は可能。 「克己」は二手と技巧の二つの効果を持つ。 「無双」は攻刃と二手の二つの効果を持つ。 例外として、無双IIのDA率上昇部分は二手より効果量が高い。 スキル 発動率 SLv1 SLv2 SLv3 SLv4 SLv5 SLv6 SLv7 SLv8 SLv9 SLv10 SLv11 SLv12 SLv13 SLv14 SLv15 SLv16 SLv17 SLv18 SLv19 SLv20 乱舞 小 2. 0% 破壊 小 1. 有利属性での攻撃時、一定確率でダメージが上昇する。 他の全てから独立した乗算枠• 対象となるのは通常攻撃、攻撃アビリティ、カウンター、奥義の4つ。 チェインバーストには乗らない。 発動判定は武器スキル 通常・方陣・セフィラの3枠 ・加護・で独立しており、同時に複数のクリティカルが発動するとダメージ上昇量が合算される。 通常攻撃の判定はターンの開始時に行われ、同一ターン内の連続攻撃・奥義・カウンターには同じ上昇量が適用される。 攻撃アビリティは使用する度に判定。 「克己」は二手と技巧の二つの効果を持つ。 「刹那」は攻刃と技巧の二つの効果を持つ。 アビリティなどはへ移動しました。 基本奥義ダメージ上限168万• 秘奥は奥義ダメージのみ、必殺はダメージと上限、イクシードは上限のみが上昇する。 イクシードを除いて加護が適用される。 イクシード枠最大30%、B. 通常枠最大30%、C. 方陣枠最大30%。 オメガ技巧って通常技巧枠なのかな。 それ次第では技巧大S-Lv15と技巧中2本、オメガ技巧枠で両面アグで確定クリとかできるし、編成の幅が広がりそう。 アラナンやエッセル砲だと闘争いらないし。 そっか……教えてくれてありがとう。

次の

【グラブル雑記】終末武器5凸一本目作成!もちろん火属性武器!

終末 武器 スキル

4凸スキルLv15のリヴァ短剣を選択しても成功率は60%止まり。 スキルLv1のSSR武器1本だと4%なので、成功率を100%にする為にはSSR武器のスキルLvの合計が 25必要になる計算になります。 R武器を1本入れると100%になりました。 スポンサーリンク 終末武器の第三スキル 終末武器の第三スキルは4種類ありますが、現状では渾身(強壮のペンデュラム)と進境(隆盛のペンデュラム)の2つが強い模様。 計算機で比較 スキルを付ける前に計算機で比較してみました。 進境と渾身の比較に関しては、最大時の比較だと進境>渾身になりました。 メイン装備時の奥義追撃分を考慮しない比較でも進境(最大時)が上になったのは予想外。 ただし初速はかなり落ちるので(スキル無し時との比較)短期戦だとちょっと厳しいかな。 エデン5本 エデンの本数が増えると絶対否定渾身と永遠拒絶渾身の差が広がるという結果が出ました。 エデン3本 エデン3本だと第三スキル渾身の絶対否定の剣が一番数値が高くなりました。 ゼウスマンの一番のイキリ場もとい活躍場所であるツイつよばはは長期戦になることが多く、エデンも4本あるので絶対否定に進境スキルを付けようかなと思います。 進境スキルのダメージ比較 進境スキルを付けたのでターンごとのダメージ比較をしてみました。 しかもこれは単発の差かつ奥義追撃(メイン装備時)の分が計算に入っていないのでそれらを全て含めると非常に大きな差となります。 ちなみに奥義追撃を含めるとこんな感じ。 この追撃(15%)は奥義発動ターンを含めて4ターン持続します。 このダメージの差は終末4凸と5凸の差という風に見ることもできそう。 4凸時点でも終末武器は非常に優秀ですけど、5凸して第三スキルを付けるととんでもない武器になりますね。 ルシファーHはかなりきついマルチだったけど、5凸終末は苦労に見合うだけの性能だったので頑張って作って本当によかったと思います。

次の

【土属性・終末の神器シリーズ】「絶対否定/永遠拒絶の竪琴」のオススメペンデュラム(追加スキル)や運用方法(グラブル攻略)

終末 武器 スキル

ペンデュラム別スキル性能一覧 4凸Lv120で第2スキル付与可能 終末武器を4段階解放してLv120まで強化すると「ペンデュラム」を消費して第2スキルを付与できる。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 第2スキルの素材も『ダークネス・マテリアル5個』のため、まずはルシファーNを周回して各素材を集めよう。 天上征伐戦や栄誉交換でも入手は可能 「終末の暗晶」は栄誉交換、各属性の「恩寵」は天上征伐戦で入手可能。 ただし 必要な栄誉の多さや征伐戦では久遠や金剛晶など他に優先したいアイテムがあるため、なるべくルシファーHARDで素材を集めたい。

次の