はとこの子供同士 は 何という。 はとこの子供

はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で一目瞭然

はとこの子供同士 は 何という

Q 現在38週1日目の二人目妊娠中の者です。 37週0日目に軽い月経痛の様な痛みと腰痛・恥骨痛が深夜~明方にかけて30分おき位であり、それ以降は気になる症状はなかったのですが、 38週目に入った昨日の夕方から、10分感覚で痛みのさほど強くない お腹の張りと、軽くいきみたい肛門への圧迫感、下痢まではいかないですが柔便と、つわりの様な吐き気が現れ、痛みは強くならないのですが、今朝方~はお腹が張る間隔がきっちり5分になり、一応病院に行きましたが、「多分偽陣痛ですね・・本陣痛ではないので慌てて入院しなくても大丈夫です。 もし破水や出血があればすぐ来て下さい。 何もなければ5日後位に来て下さい」と言われて帰宅しました。 一人目の時スピード出産だったので、二人目は何かおかしいと思ったらすぐ行った方がいいと言われているので、気持ち的に余裕がないのもあるのかもしれないのですが、感じからしてお産にはまだまだほど遠い感じでしょうか?一人目の時は前駆陣痛らしき物が全くなく、予定日当日におしるしがあり、3日後に破水して陣痛がきて出産しました。 痛みは弱いにしても、5分間隔でお腹が硬くなるので、気になっているのですが、これは臨月特有の症状であまり気にしなくてもいいのでしょうか?散歩など進んでして、動き回った方がいいでしょうか? ちなみに、子宮口は1週間前の検診時で1cm開いており、今日も同じ位ですと言われました、赤ちゃんも下がってきてはいるけれど、心もち高い様な感じがするらしいです。 わかりにくい説明かもしれませんが、もう38週だしできれば早く出てきて欲しいので、お産の兆候なのかどうかアドバイスいただければと思います。 いつ始まってもおかしくないのでしょうか? 現在38週1日目の二人目妊娠中の者です。 37週0日目に軽い月経痛の様な痛みと腰痛・恥骨痛が深夜~明方にかけて30分おき位であり、それ以降は気になる症状はなかったのですが、 38週目に入った昨日の夕方から、10分感覚で痛みのさほど強くない お腹の張りと、軽くいきみたい肛門への圧迫感、下痢まではいかないですが柔便と、つわりの様な吐き気が現れ、痛みは強くならないのですが、今朝方~はお腹が張る間隔がきっちり5分になり、一応病院に行きましたが、「多分偽陣痛ですね・・本陣痛ではないので慌てて入院... 子宮口は1cm程しか開いてませんでしたが、『4人目だし、その時が来たらすぐ全開大になるだろうね。 』って言われてました。 予定日2週間前の夜に、20分間隔のお腹の張りがだんだんと10分になって・・・ おかしいなぁって思いながらも、2時間耐えてましたが流石に変だ!!と思って病院へ行きましたが、着いた途端止まってしまいました。 何かあったら困るから・・・と、入院し2泊3日。 何事も起きずにいたので、帰ってきました。 『おしるしらしき物はあるから、もうすぐだね。 』と医師から言われましたが、自分じゃ確認できてなくて(この時は出血等は、一切見てなかったです。 )納得いかないまま退院。 ・・・ここからが長く感じました。 周りの『まだ?』にイライラしながらも、何とか乗り越えて予定日3日前に検診。 『子宮口が柔らかくなってきてるから、まだそんなには開いてないけど・・・今度こそ(笑)何かあったらすぐ来てね。 』と言われました。 (汗) その後は超スピード安産で、『途中で産み落とさなくて良かったね~』って程ギリギリだったみたいです。 子宮口も柔らかくなってる、(子宮口が)お尻のほうを向いていないって事であれば、開いてくるのを待つ感じだと思います。 『ダラダラと判断のつかない前駆陣痛が続くより、破水とかおしるしだったらもっと分かりやすいのに・・・』って、思ってたものです。 子宮口は1cm程しか開いてませんでしたが、『4人目だし、その時が来たらすぐ全開大になるだろうね。 』って... Q 8歳と6歳の娘がいます。 8歳の長女がマイコプラズマに感染した疑いがあり先週血液検査をしました。 今日、その結果を聞きに小児科を受診したのですが、朝から次女が おなかが気持ち悪いとか喉が痛いと言うので、ついでに診てもらおうと 一緒に受診したところ、溶連菌に感染していました。 熱はなく、小児科を受診する前も 「やっぱり治ったからお医者さんはいい。 」 なんて言っていたくらい元気だったので驚いています。 今も元気ですが しっかり1週間分、抗生剤を処方されました。 今回、長女の事がなければ混んでいる小児科を受診する事は なかったと思います。 とても混んでいる小児科で、今すごく 流行っているから念のため、と検査して下さいました。 このまま受診しなくても症状が悪化していづれ感染がわかったのでしょうか? それとも子供でも症状が軽いまま感染に気づかない事もあるのでしょうか? 気づかない場合放置しても大丈夫なのか、やはり軽くても抗生剤を飲まなければ 危険な病気なのでしょうか? きちんと治さないと怖い病気という事は知っていたのですが、 いろいろ疑問に思ってしまいました。 詳しい方、教えて下さい。 宜しくお願いします。 8歳と6歳の娘がいます。 8歳の長女がマイコプラズマに感染した疑いがあり先週血液検査をしました。 今日、その結果を聞きに小児科を受診したのですが、朝から次女が おなかが気持ち悪いとか喉が痛いと言うので、ついでに診てもらおうと 一緒に受診したところ、溶連菌に感染していました。 熱はなく、小児科を受診する前も 「やっぱり治ったからお医者さんはいい。 」 なんて言っていたくらい元気だったので驚いています。 今も元気ですが しっかり1週間分、抗生剤を処方されました。 今回、長女の事がなければ... A ベストアンサー 発熱がなかったのなら、単に溶連菌の保菌者だった可能性が高いかと思います。 溶連菌の保菌者の最近のデータはないですが、だいたい、小学一年生くらいだと約1割が溶連菌の保菌者というデータがあります。 溶連菌の保菌者である場合は、保菌者自体は問題にならないことがほとんどですが、家族内伝播があるので何度も溶連菌感染による咽頭炎をおこす家族には、保菌者が原因となっていることがあり、その場合は、保菌者の除菌を行います。 ただ、保菌者の溶連菌を排除することは困難な事が多いです。 よって、発熱が無かったのなら、抗菌薬は必要なかった可能性があります。 なお、抗菌薬の有無はリウマチ熱の罹患率には関係しますが、糸球体腎炎の発症頻度には影響を与えないと考えられています。

次の

「いとこ」と「はとこ」の違いは何?自分との関係性をまとめてみた

はとこの子供同士 は 何という

はとことの結婚は法律的に認められる? 「はとこ」とは、祖父母が兄弟・姉妹であり、その孫同士のことを指します。 あなたの両親どちらかと、お相手の両親どちらかが、いとこ同士ということです。 日本では、いとこ同士や、はとこ同士の結婚は、法律では「妨げない」とされています。 つまり、はとこ同士の結婚は可能であり、まったく問題はないということです。 しかし、血縁関係のあるもの同士の結婚は、国や宗教によって、大きく違いもあります。 韓国や台湾などは、はとこ同士の結婚は「禁止」と法律で決まっています。 確かに、あまりに近い血縁関係のあるもの同士の結婚には、血の濃さという問題を心配する人もいるでしょう。 それでも、はとこと結婚したい人にとって、日本は羨ましい国かもしれません。 はとこは、いとことは違い、血縁関係の間柄でも遠いことが多く、実際に近くに住んでいないことも多くあります。 いとこ同士よりも、会う機会が少ないため、お付き合い自体が薄いというわけなのです。 はとこがいるのは知っているが、会ったことがないという人や、法事などの親戚の集まりでしか見たことがない人もいるでしょう。 また、はとことの年齢に差がある場合も多いため、恋愛をして、結婚する可能性は低いのかもしれません。 まったくないとは言い切れませんが、同じ地域にはとこがおり、知らずに恋愛関係になった人がはとこだったというのも、十分にあり得る話です。 もし子どもができたとき、影響があるのでは…?と心配する人もいるでしょう。 近親婚が禁止されているのも、この血の濃さなどの点から、好ましくないという理由です。 そのため、 日本は3親等以内の結婚は禁止となっています。 しかし義理の関係になると、例えば父と娘でも結婚は可能です。 実際に血がつながっていないため、問題がないのです。 では、なぜ4親等以上であれば結婚できるのかというと、血の濃さが薄いと判断されるからです。 そのため、はとこ同士で結婚をし、子どもが生まれても問題はないと考えられています。 しかし、親戚同士の結婚において、子どもに影響があるという考えや意見もやはり多く、その因果関係が証明されているわけではないのです。 はとこ同士で結婚をするときは、法律的には可能であっても、リスクも伴うと少し考えておいた方が良いでしょう。 障害が出るのは、劣性遺伝子を持っている場合に、割合が高くなります。 近親者となると、劣性遺伝子でなくても、同じ遺伝子を持つ部分が多くあるため、同じ劣性遺伝子を持つ可能性が、普通よりも少しだけ高くなります。 このため、近親者同士の結婚により、生まれてくる子どもに障害が出る可能性が高いと言われています。 しかし、劣性遺伝子は1種類というわけではないので、同じタイプの遺伝子を持っていることの方が稀なのです。 反対に、まったく血のつながらない他人同士の子どもであっても、先天的な病気や障害を持つ子どもが生まれる可能性は、数%あると言われます。 はとこ同士という近親者の子どもでも、障害が出る割合がとても高いというわけではありません。 血のつながらない健康な人同士の子どもでも、障害があらわれる場合もあるのです。 結果、はとこ同士の結婚により、生まれてくる子供のリスクは、他人同士の結婚より少しだけリスクがあると言えるでしょう。 親族同士の結婚となると、反対される可能性は十分に考えられます。 特に、年配の親戚がいる人は、説得に時間がかかるかもしれませんね。 お互いに今後のことをきちんと考え、話し合いにより理解してもらう必要があります。 はとこ同士の結婚によるリスクなど、本人同士で先の未来を想定し、反対する親族たちを納得させるだけの、今後のビジョンを入念に考えなければなりません。 例えば、子どもがほしいのか、その子どもに障害が出た場合どうするのか、もし離婚をしたらなど、反対される理由は多くあります。 はとこ同士の結婚は、本人たちだけでなく、家族のつながりもあると言えるでしょう。 親族同士でもあるので、もし離婚をすることになっても、親族なのは変わらず、周りが気を遣う可能性もあります。 また、反対されるときに、嫌な言葉を言われるかもしれません。 中には、理解できない人もいるでしょう。 人それぞれ、価値観も違うため、結婚を理解してもらうのは難しいと覚悟した方がいいかもしれません。 はとこ同士の結婚は法律上「OK」 日本の法律では、はとこ同士の結婚は「妨げない」と定められています。 血の濃さを心配するかもしれませんが、 4等親以上であれば血の濃さも薄いと考えられ、法律上は「OK」というわけです。 また、はとこと言っても、親戚間でのお付き合いは薄い場合が多く、恋愛結婚自体が多いわけではありません。 年齢差がある場合も多いため、恋愛に発展することが少ないのです。 しかし、恋愛において何があるかわかりません。 好きになった人が、はとこだったという人ももちろんいるでしょう。 そんな人は、結婚できるのか、反対されないかというのは気になりますよね。 親戚の中にも、はとこ同士の結婚に複雑な思いを抱く人がいるかもしれません。 はとこ同士の結婚は、法律上問題はありませんが、周りの人の理解など、さまざまな問題を解消する必要があるため、実際は難しいと考えた方がいいでしょう。

次の

家系図で見る「はとこ」の意味。祖父母の兄弟の孫って…近い?遠い?

はとこの子供同士 は 何という

続柄とは? 読み方は 「つづきがら」です。 一般的に「ぞくがら」と読むことが多いですが、「ぞくがら」は俗称で、正しくは「つづきがら」です。 続柄は血縁関係や婚姻関係を示す言葉で、関係の度合いを 「親等(しんとう)」という言葉で表します。 「親等」は、自分をゼロとし、自分の親や自分の子など、最も近い人を「一親等」、自分の兄弟姉妹や孫などを「二親等」、自分の叔父や叔母などを「三親等」、その後離れて行くごとに数字も増えて行きます。 また、血縁関係や婚姻関係で繋がりのある人たちの総称を 「親族(しんぞく)」とも言い、 民法で親族は「六親等内の血族(血の繋がりのある人)、配偶者、三親等内の姻族(配偶者の血族や自分の血族の配偶者)」と定められています。 では「いとこ」と「はとこ」の意味を見ていきましょう!「いとこ」と「はとこ」は何親等にあたるのでしょうか? 「いとこ」の意味とは? 「いとこ」は、四親等の親族で、自分の両親の兄弟姉妹の子のことです。 父母の兄弟姉妹は自分からみると叔父叔母(三親等の親族)にあたり、叔父叔母の子どもが「いとこ」ということです。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、 いとこ、大叔父大叔母 「いとこ」は自分より年上か年下か、いとこ同士の性別などによって漢字表記がかわります。 いとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「いとこ」です。 自分より年上・・・従兄、従姉 自分より年下・・・従弟、従妹 いとこが複数人いる場合は以下のようになります。 この場合もすべて読み方は「いとこ」になります。 自分から見て男性同士のいとこ・・・従兄弟 自分から見て女性同士のいとこ・・・従姉妹 自分から見て男女のいとこで、男性が年長の場合・・・従兄妹 自分から見て男女のいとこで、女性が年長の場合・・・従姉弟 自分から見て男女のいとこで、どちらも年長の場合・・・従兄姉 自分から見て男女のいとこで、どちらも年少の場合・・・従姉弟 いとこを総称すると・・・従兄弟姉妹 「はとこ」の意味とは? 「 はとこ」は、六親等の親族で、自分の両親のいとこの子のことです。 自分の祖父母の兄弟姉妹が「大叔父大叔母」で、大叔父大叔母の子が「いとこちがい」、いとこちがいの子が「はとこ」になります。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、いとこ、大叔父大叔母 五親等・・・来孫、五世の祖(高祖父母の両親)、いとこちがい 六親等・・・昆孫、六世の祖(五世の祖の両親)、 はとこ 両親のいとこは自分から見ると 「いとこちがい(五親等の親族)」といい、 「いとこちがい」の子が「はとこ」です。 「はとこ」は、 「またいとこ」や 「ふたいとこ」とも言い、意味は同じです。 「はとこ」もいとこと同じように自分より年上か年下か、はとこ同士の性別、父方か母方かなどによって漢字表記がかわります。 はとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「はとこ」です。 自分より年上・・・再従兄、再従姉 自分より年下・・・再従弟、再従妹 はとこが複数人いる場合は以下のようになります。 いずれも読み方は「はとこ」です。 自分から見て男性同士のはとこ・・・再従兄弟 自分から見て女性同士のはとこ・・・再従姉妹 父方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従堂兄 父方の、自分から見て年上の女性のはとこ・・・従堂姉 父方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従堂弟 父方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従堂妹 父方の、男性同士のはとこ・・・従堂兄弟 父方の、女性同士のはとこ・・・従堂姉妹 父方の、男女同士のはとこ・・・従堂兄妹 母方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従表兄 母方の、自分から見て年長の女性のはとこ・・・従表姉 母方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従表弟 母方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従表妹 母方の、男性同士のはとこ・・・従表兄弟 母方の、女性同士のはとこ・・・従表姉妹 母方の、男女同士のはとこ・・・従表兄妹 はとこの次は? はとこの次は 「三従兄弟姉妹(みいとこ)」で、八親等の親族で、自分の両親のはとこの子、自分の高祖父母の玄孫にあたります。 更に 「よ(四)いとこ」「いつ(五)いとこ」「む(六)いとこ」と続くそうですが、民法で親族は「六親等内の血族、配偶者、三親等内の姻族」と定められていますので、六親等の「はとこ」までを親族として考えると良いようです。 いとこのいとことは? 「いとこのいとこ」は、自分とは血のつながりはなくなり、六親等を超えてしまうため親族とは考えず、特に呼び方もないようです。 叔父叔母の子は、自分とは「いとこ」になります。 その「いとこ」からみて「いとこ」ということは、自分の叔父叔母の兄弟姉妹の子・・・ということになるのですが、ここでは、自分の父親と叔父が兄弟として考えてみましょう。 叔父の配偶者である叔母は、自分とは血のつながりはなく、その叔母の兄弟姉妹の子が「いとこのいとこ」にあたります。 「いとこ」や「はとこ」は結婚できる? 民法では、「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない」と、近親者の婚姻を禁止しています。 直系血族とは、両親、祖父母、子、孫など、自分から直線的なつながりがある人のことで、傍系血族とは、兄弟姉妹、いとこ、叔父叔母などの、自分から横につながりがある人のことです。 以上のことから、 いとこは四親等の傍系血族、はとこは六親等の傍系血族なので、結婚することが可能です。 いとこやはとこを漢字表記するとびっくりするくらい種類があるんですね。 昔は兄弟姉妹の数が多かったため、いとこやはとこの数も当然多く、自分との関係を表すために、読み方は同じでも漢字表記の数も多くなったそうですよ。 自分と親戚がどういう関係にあるのか、家系図を書きながら確認していくとわかりやすいかもしれませんね。 関連: 関連: -.

次の