お悔やみ 申し上げ ます の 意味。 「お悔やみ申し上げます」の意味・使い方|例文・返信・英語表現も解説

「お悔やみ申し上げます」の意味とは?使い方や類語、英語表現を解説

お悔やみ 申し上げ ます の 意味

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 皆さんは「お悔やみ申し上げます」という言葉の意味をご存知でしょうか。 親戚や友人などにご不幸があった時、よくお悔やみ申し上げますと言いますが、正確にはどのような意味があるのでしょうか。 似た言葉に「ご愁傷様です」「ご冥福をお祈りいたします」などもありますが、意味や使い方に違いはあるのでしょうか。 お悔やみ申し上げますは、いつ・どのような場面で使うものなのか、メールやラインで使ってよいのか、上司に対して使っても問題ないのかなどよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。 お悔やみ申し上げますを使うときの注意点・文例なども知りたいところですね。 そこで今回「終活ねっと」では、 お悔やみ申し上げますという言葉について、以下の事項をご紹介していきます。 ご家族にご不幸があった方には、お悔やみ申し上げますと言いますね。 お悔やみ申し上げますとは、どういうことなのでしょうか。 ここではまず、 お悔やみ申し上げますの意味と、同じようによく使う「ご愁傷様です」の違いをご説明します。 お悔やみ申し上げますの意味 辞書で調べると、お悔やみとは「人の死を弔うこと」、また「弔うことば」とあります。 ですから、「お悔やみ申し上げます」は 人の死について弔いの言葉を言わせていただきますということになります。 その言葉を述べる方のお気持ちも含めて考えると 人の死を悲しみ、弔いの言葉を申し上げますというのがより正確な意味でしょう。 お悔やみ申し上げますとご愁傷様ですの違い 「お悔やみ申し上げます」と同じくらいよく使われるのが、「ご愁傷様」です。 ご愁傷様ですは、お悔やみ申し上げますと何が違うのでしょうか。 愁傷は、心の傷をうれい嘆き悲しむことです。 ご愁傷様という場合は、相手の傷づいた気持ちを思い、気の毒に思います、という意味です。 「ご愁傷様」は、 ご遺族に対する同情や慰めの気持ちを表すお悔やみの言葉です。 ご愁傷様はお悔やみだけでなく、別の日常的な使われ方もあります。 友人などに対して「お気の毒に」「残念」という意味の慰めや同情の言葉としても使います。 注意したいのは、他人に対して 茶化したリ・皮肉の意味合いで使うこともあることです。 相手によっては失礼と思うかもしれませんので、 相手の気持ちやその場の雰囲気を考えて、言い方にも注意した方がよいです。 ご愁傷様の意味についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 お悔やみ申し上げますの使い方・文例についてご説明します。 いつ・どのような場面で・どのように使うのか、具体的に見ていきます。 お悔やみ申し上げますはいつ言う? お悔やみ申し上げますは、いつ言うものなのでしょうか。 お悔やみ申し上げますは、 ご遺族に最初に伝える言葉です。 ご自宅に弔問に伺うこともありますし、葬儀場でご遺族にお会いすることもあります。 ご遺族にお会いしたときは、まず「お悔やみ申し上げます」と言葉をかけましょう。 ご遺族と親しい関係であれば電話で訃報を知らされることもありますが、その場合は すぐにお悔やみの言葉を伝えましょう。 お悔やみ申し上げますは幅広く使える お悔やみ申し上げますは 幅広く使える言葉です。 例えばお通夜や告別式に参列する際は、受付で記帳をして香典をお渡しするのが通例です。 その際受付の方に「この度はお悔やみ申し上げます」と一言添えるのがマナーです。 また訃報を受けて取り急ぎメールをするとき、弔電やお悔やみの手紙を送るときにも使います。 さらに通夜振る舞いの席、ご家族を亡くした方が葬儀後初めて出社したときなど、 お悔やみ申し上げますと伝える場面は多いです。 お悔やみの言葉についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 (弔電などの場合) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 お悔やみ申し上げますに対する返事 お悔やみ申し上げますと言われたときは、どのように返事をすればよいのでしょうか。 その際は、 ありがとうございますと一言返すだけでよく、それ以上の言葉は本来必要ありません。 ありがとうございますと軽く頭を下げるだけでよいのですが、その時の状況に応じて文例のように短い言葉を一言加えることもあります。 いずれにしても 殊更きちんとした挨拶が必要な場面ではありません。 お辛いときは黙礼を返すだけでも失礼にはなりません。 お悔やみ申し上げますと同様の意味のお悔やみの言葉は、いろいろあります。 お悔やみ申し上げますの類語とその使い方について、詳しくご説明します。 ご愁傷様です 「ご愁傷様です」は既にご説明したとおり、ご遺族に対する同情や慰めの気持ちを表わします。 相手の方の気持ちをうれうお悔やみの言葉でよく用いられます。 「ご」と「様」を使い敬意を示す表現になっていますが、 ご愁傷さまでございますと言うとさらに丁寧になります。 敬語表現ですから、 目上の方に対して使うのにふさわしい言葉です。 一方で身内には違和感がありますので、使わない方がよいです。 ご冥福をお祈りいたします ご冥福をお祈りいたしますもよく使われます。 冥福は仏教の言葉で、「冥」は冥土(めいど)、つまり死後の世界です。 「冥福」は故人の死後の幸せのことで、「ご冥福をお祈りいたします」は死後の幸福を祈りますという意味になります。 つまり、この言葉は遺族に対する言葉ではなく、 故人に対して使う言葉になります。 本来、ご遺族に対して述べるお悔やみの言葉としては適当でない、という方もおられます。 心中お察します 心中お察ししますは相手の気持ちを思いやるときに使う言葉です。 大切な方を亡くした方のお気持ちは複雑です。 悲しみや辛さは人によって違いますので、 お気持ちはよくわかりますなどと軽々しく言うことは控えた方がよいです。 どう言葉をかけたらよいものかと悩むこともあると思いますが、そのような場合は婉曲に「心中お察しします」という言い方も無難でよいです。 お力落とされません様に 身内の方を亡くしたばかりのご遺族を励まし元気づけるつもりでも、直接的に「元気出して」「頑張って」などと言うのは避けましょう。 このような場合には お力落とされません様にとの言葉をかけることも多いです。 落ち込んでいる方を気遣って お力落としでしょうが、どうかご自愛下さいということもあります。 宗教で使い分ける よく使われる「冥福」「成仏」「供養」などは仏教用語で、他の宗教では使いません。 お悔やみの言葉は、 宗教により使い分ける必要があります。 神道やキリスト教でよく使われるお悔やみの言葉は、次のとおりです。 お悔やみの言葉を伝える方法は、どのようにしたらよいのでしょうか。 直接会って伝える・電話で言う・メールで送る・手紙を出す・などが考えられますね。 もちろん、できれば直接お伺いしてお伝えするのが一番よい方法です。 しかし、すぐに伺えないことも多いと思います。 そのような場合にどうしたらよいか、 メールやラインで伝えても問題ないのか、お悔やみの言葉の例文も含めて詳しく見ていきましょう。 メールやラインでも平気? メールやラインでお悔やみを伝えてもよいのかと悩まれることもあると思います。 お悔やみは直接伝えたいところですが、 相手との関係によってはメールで伝えても構いません。 ただメールはお悔やみの伝え方としては 略式になりますので、相手によってはメールは控えた方がよいです。 関係性が深い友人や上司は可能 例えば普段から関係性の深い友人や会社の同僚・上司の方の訃報を受けたときなどは、 お悔やみの言葉をすぐにメールで送ってもよいです。 仕事の関係の取引先担当者などに対してもメールでお伝えして構いません。 上記のような関係でない方には、メールでのお悔やみは避けた方がよいです。 上司に送るお悔やみメールについてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 件名にお悔やみ申し上げますを入れよう メールでお悔やみを伝えるときは、 必ず件名をつけましょう。 件名は単純に「お悔やみ申し上げます(氏名)」でよいです。 頂いたメールに対する返信の際も「re. (返信)」とするのではなく、きちんと件名(お悔やみ申し上げます)と書きましょう。 そして、 自分の氏名を件名に書き添えておくことも忘れないようにしましょう。 メールは、誰から何のメールがきたのかすぐ分かるようにしておくことが肝要です。 メールの文例 それでは「お悔やみ申し上げます」のメールの文例をご紹介します。 メールでのお悔やみは多くの場合、略式です。 長々書く必要はありませんが、親しい関係でもあまり 砕け過ぎずに失礼のないように書きましょう。 以下は、親しい友人と上司あての文例です。 メールへの返信 訃報をご遺族からメールで知らされたときは、 メールで返信しても構いません。 大変な状況の中でご連絡を頂いたわけですから、むしろすぐにメールで返信した方がよいです。 メールで訃報を知らせてきたということは、ご遺族と親しい関係にあるなどメールでの返信も構わない関係にあると考えてよいでしょう。 メールへの返信では、お悔やみの言葉とともに、 知らせてくれたことに対する謝辞も伝えましょう。 弔問に伺うのであればその希望を伝え、差し支えないかご遺族の意向を確認します。 また 葬儀日程などもお尋ねして、参列の可否をお伝えした方がよいです。 メールやラインは正式なお悔やみではありませんので、顔を合わせたときにきちんとお悔やみの言葉を述べましょう。 正式なお悔みは手紙や電報 現在ではメールやラインでの対応も増えていますが、やはりまだ略式の対応と言わざるを得ません。 また電話はよほど親しい関係のとき以外は、 基本的に避けるべきです。 お悔みはご遺族に直接述べるのが望ましいのですが、どうしても弔問できない場合もあります。 そのような時は、 お悔やみの手紙で弔意を伝えるとよいです。 また葬儀に間に合うようにお悔やみを伝えたいときは、 弔電を打つ方法もあります。 手紙や電報は直接お会いしてお悔やみを述べることに比べれば略式になりますが、メールやラインよりはきちんとした丁寧な対応です。 下記の記事では、葬儀でのお悔やみの言葉について、メールや手紙での使い方・例文なども含めて詳しくご紹介していますので、ぜひこちらの記事もご覧ください。 ここで お悔やみ申し上げますの注意点をまとめておきましょう。 お悔やみ申し上げますという時に、避けるべきこと、言い方などを具体的にご説明します。 死亡原因は聞かない まず大事なことは、 死亡原因は聞かないことです。 いくら親しい間柄でも控えましょう。 死因に触れるのは辛いというご遺族は少なくありません。 ご遺族の方から話し始めたのであれば別ですが、 こちらから聞くのはNGです。 出来るだけ低く落ち着いた声 お悔やみの言葉は、 できるだけ低く落ち着いた声にしましょう。 悲しみの中にあるご遺族の気持ちに寄り添うように、 控えめに静かに述べることが大事です。 忌み言葉は避ける お悔やみの言葉では使ってはいけない忌み言葉があります。 例えば、以下のような 重ね言葉・繰り返し言葉・生死を表す言葉・不吉な言葉です。 これらの言葉は避けましょう。 お悔やみ申し上げますは、人の死を悲しみ弔いの言葉を申し上げるという意味である。 ご愁傷様は、遺族に対する同情や慰めの気持ちを表す。 お悔やみ申し上げますは、遺族に会ったときに最初に伝える言葉である。 他にも遺族に対する電話やメール・弔電、それに式場の受付などで幅広く使える。 お悔やみ申し上げますは、それだけで十分だが簡単な言葉を加えることもある。 お悔やみ申し上げますに対する返事は、ありがとうごさいますだけでよい。 お悔やみ申し上げますの類語は、ご愁傷様です・ご冥福をお祈りいたします・心中お察します・お力落とされません様に、などがある。 お悔やみ申し上げますは、宗教によって使わないこともある。 お悔やみは、関係性が深い友人や上司にはメールで送ってもよい。 メールでお悔やみを伝えるときは、必ず件名をつけて名前を書く。 電話でお悔やみを述べるときは、相手の気持ちを思いやり手短にする。 お悔やみ申し上げますの注意点として、死亡原因は聞かない・忌み言葉は避ける・故人と遺族の両者を悼む言葉をかけるなどがある。 お悔やみ申し上げますの英語表現は、I'm so sorry for your loss. などがある。 お悔やみを申し上げますについて、使い方や文例、注意点を含めて解説してきました。 訃報の連絡を受けたときや葬儀・法事に参列される際に、参考にして頂ければ幸いです。 下記の記事では、香典に関するマナーについて、相場・書き方なども含めて詳しくご紹介していますので、ぜひこちらの記事もご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

【ご愁傷さまです/お悔やみ申し上げます】意味や使い方と返答は?

お悔やみ 申し上げ ます の 意味

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 皆さんは「お悔やみ申し上げます」という言葉の意味をご存知でしょうか。 親戚や友人などにご不幸があった時、よくお悔やみ申し上げますと言いますが、正確にはどのような意味があるのでしょうか。 似た言葉に「ご愁傷様です」「ご冥福をお祈りいたします」などもありますが、意味や使い方に違いはあるのでしょうか。 お悔やみ申し上げますは、いつ・どのような場面で使うものなのか、メールやラインで使ってよいのか、上司に対して使っても問題ないのかなどよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。 お悔やみ申し上げますを使うときの注意点・文例なども知りたいところですね。 そこで今回「終活ねっと」では、 お悔やみ申し上げますという言葉について、以下の事項をご紹介していきます。 ご家族にご不幸があった方には、お悔やみ申し上げますと言いますね。 お悔やみ申し上げますとは、どういうことなのでしょうか。 ここではまず、 お悔やみ申し上げますの意味と、同じようによく使う「ご愁傷様です」の違いをご説明します。 お悔やみ申し上げますの意味 辞書で調べると、お悔やみとは「人の死を弔うこと」、また「弔うことば」とあります。 ですから、「お悔やみ申し上げます」は 人の死について弔いの言葉を言わせていただきますということになります。 その言葉を述べる方のお気持ちも含めて考えると 人の死を悲しみ、弔いの言葉を申し上げますというのがより正確な意味でしょう。 お悔やみ申し上げますとご愁傷様ですの違い 「お悔やみ申し上げます」と同じくらいよく使われるのが、「ご愁傷様」です。 ご愁傷様ですは、お悔やみ申し上げますと何が違うのでしょうか。 愁傷は、心の傷をうれい嘆き悲しむことです。 ご愁傷様という場合は、相手の傷づいた気持ちを思い、気の毒に思います、という意味です。 「ご愁傷様」は、 ご遺族に対する同情や慰めの気持ちを表すお悔やみの言葉です。 ご愁傷様はお悔やみだけでなく、別の日常的な使われ方もあります。 友人などに対して「お気の毒に」「残念」という意味の慰めや同情の言葉としても使います。 注意したいのは、他人に対して 茶化したリ・皮肉の意味合いで使うこともあることです。 相手によっては失礼と思うかもしれませんので、 相手の気持ちやその場の雰囲気を考えて、言い方にも注意した方がよいです。 ご愁傷様の意味についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 お悔やみ申し上げますの使い方・文例についてご説明します。 いつ・どのような場面で・どのように使うのか、具体的に見ていきます。 お悔やみ申し上げますはいつ言う? お悔やみ申し上げますは、いつ言うものなのでしょうか。 お悔やみ申し上げますは、 ご遺族に最初に伝える言葉です。 ご自宅に弔問に伺うこともありますし、葬儀場でご遺族にお会いすることもあります。 ご遺族にお会いしたときは、まず「お悔やみ申し上げます」と言葉をかけましょう。 ご遺族と親しい関係であれば電話で訃報を知らされることもありますが、その場合は すぐにお悔やみの言葉を伝えましょう。 お悔やみ申し上げますは幅広く使える お悔やみ申し上げますは 幅広く使える言葉です。 例えばお通夜や告別式に参列する際は、受付で記帳をして香典をお渡しするのが通例です。 その際受付の方に「この度はお悔やみ申し上げます」と一言添えるのがマナーです。 また訃報を受けて取り急ぎメールをするとき、弔電やお悔やみの手紙を送るときにも使います。 さらに通夜振る舞いの席、ご家族を亡くした方が葬儀後初めて出社したときなど、 お悔やみ申し上げますと伝える場面は多いです。 お悔やみの言葉についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 (弔電などの場合) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 お悔やみ申し上げますに対する返事 お悔やみ申し上げますと言われたときは、どのように返事をすればよいのでしょうか。 その際は、 ありがとうございますと一言返すだけでよく、それ以上の言葉は本来必要ありません。 ありがとうございますと軽く頭を下げるだけでよいのですが、その時の状況に応じて文例のように短い言葉を一言加えることもあります。 いずれにしても 殊更きちんとした挨拶が必要な場面ではありません。 お辛いときは黙礼を返すだけでも失礼にはなりません。 お悔やみ申し上げますと同様の意味のお悔やみの言葉は、いろいろあります。 お悔やみ申し上げますの類語とその使い方について、詳しくご説明します。 ご愁傷様です 「ご愁傷様です」は既にご説明したとおり、ご遺族に対する同情や慰めの気持ちを表わします。 相手の方の気持ちをうれうお悔やみの言葉でよく用いられます。 「ご」と「様」を使い敬意を示す表現になっていますが、 ご愁傷さまでございますと言うとさらに丁寧になります。 敬語表現ですから、 目上の方に対して使うのにふさわしい言葉です。 一方で身内には違和感がありますので、使わない方がよいです。 ご冥福をお祈りいたします ご冥福をお祈りいたしますもよく使われます。 冥福は仏教の言葉で、「冥」は冥土(めいど)、つまり死後の世界です。 「冥福」は故人の死後の幸せのことで、「ご冥福をお祈りいたします」は死後の幸福を祈りますという意味になります。 つまり、この言葉は遺族に対する言葉ではなく、 故人に対して使う言葉になります。 本来、ご遺族に対して述べるお悔やみの言葉としては適当でない、という方もおられます。 心中お察します 心中お察ししますは相手の気持ちを思いやるときに使う言葉です。 大切な方を亡くした方のお気持ちは複雑です。 悲しみや辛さは人によって違いますので、 お気持ちはよくわかりますなどと軽々しく言うことは控えた方がよいです。 どう言葉をかけたらよいものかと悩むこともあると思いますが、そのような場合は婉曲に「心中お察しします」という言い方も無難でよいです。 お力落とされません様に 身内の方を亡くしたばかりのご遺族を励まし元気づけるつもりでも、直接的に「元気出して」「頑張って」などと言うのは避けましょう。 このような場合には お力落とされません様にとの言葉をかけることも多いです。 落ち込んでいる方を気遣って お力落としでしょうが、どうかご自愛下さいということもあります。 宗教で使い分ける よく使われる「冥福」「成仏」「供養」などは仏教用語で、他の宗教では使いません。 お悔やみの言葉は、 宗教により使い分ける必要があります。 神道やキリスト教でよく使われるお悔やみの言葉は、次のとおりです。 お悔やみの言葉を伝える方法は、どのようにしたらよいのでしょうか。 直接会って伝える・電話で言う・メールで送る・手紙を出す・などが考えられますね。 もちろん、できれば直接お伺いしてお伝えするのが一番よい方法です。 しかし、すぐに伺えないことも多いと思います。 そのような場合にどうしたらよいか、 メールやラインで伝えても問題ないのか、お悔やみの言葉の例文も含めて詳しく見ていきましょう。 メールやラインでも平気? メールやラインでお悔やみを伝えてもよいのかと悩まれることもあると思います。 お悔やみは直接伝えたいところですが、 相手との関係によってはメールで伝えても構いません。 ただメールはお悔やみの伝え方としては 略式になりますので、相手によってはメールは控えた方がよいです。 関係性が深い友人や上司は可能 例えば普段から関係性の深い友人や会社の同僚・上司の方の訃報を受けたときなどは、 お悔やみの言葉をすぐにメールで送ってもよいです。 仕事の関係の取引先担当者などに対してもメールでお伝えして構いません。 上記のような関係でない方には、メールでのお悔やみは避けた方がよいです。 上司に送るお悔やみメールについてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 件名にお悔やみ申し上げますを入れよう メールでお悔やみを伝えるときは、 必ず件名をつけましょう。 件名は単純に「お悔やみ申し上げます(氏名)」でよいです。 頂いたメールに対する返信の際も「re. (返信)」とするのではなく、きちんと件名(お悔やみ申し上げます)と書きましょう。 そして、 自分の氏名を件名に書き添えておくことも忘れないようにしましょう。 メールは、誰から何のメールがきたのかすぐ分かるようにしておくことが肝要です。 メールの文例 それでは「お悔やみ申し上げます」のメールの文例をご紹介します。 メールでのお悔やみは多くの場合、略式です。 長々書く必要はありませんが、親しい関係でもあまり 砕け過ぎずに失礼のないように書きましょう。 以下は、親しい友人と上司あての文例です。 メールへの返信 訃報をご遺族からメールで知らされたときは、 メールで返信しても構いません。 大変な状況の中でご連絡を頂いたわけですから、むしろすぐにメールで返信した方がよいです。 メールで訃報を知らせてきたということは、ご遺族と親しい関係にあるなどメールでの返信も構わない関係にあると考えてよいでしょう。 メールへの返信では、お悔やみの言葉とともに、 知らせてくれたことに対する謝辞も伝えましょう。 弔問に伺うのであればその希望を伝え、差し支えないかご遺族の意向を確認します。 また 葬儀日程などもお尋ねして、参列の可否をお伝えした方がよいです。 メールやラインは正式なお悔やみではありませんので、顔を合わせたときにきちんとお悔やみの言葉を述べましょう。 正式なお悔みは手紙や電報 現在ではメールやラインでの対応も増えていますが、やはりまだ略式の対応と言わざるを得ません。 また電話はよほど親しい関係のとき以外は、 基本的に避けるべきです。 お悔みはご遺族に直接述べるのが望ましいのですが、どうしても弔問できない場合もあります。 そのような時は、 お悔やみの手紙で弔意を伝えるとよいです。 また葬儀に間に合うようにお悔やみを伝えたいときは、 弔電を打つ方法もあります。 手紙や電報は直接お会いしてお悔やみを述べることに比べれば略式になりますが、メールやラインよりはきちんとした丁寧な対応です。 下記の記事では、葬儀でのお悔やみの言葉について、メールや手紙での使い方・例文なども含めて詳しくご紹介していますので、ぜひこちらの記事もご覧ください。 ここで お悔やみ申し上げますの注意点をまとめておきましょう。 お悔やみ申し上げますという時に、避けるべきこと、言い方などを具体的にご説明します。 死亡原因は聞かない まず大事なことは、 死亡原因は聞かないことです。 いくら親しい間柄でも控えましょう。 死因に触れるのは辛いというご遺族は少なくありません。 ご遺族の方から話し始めたのであれば別ですが、 こちらから聞くのはNGです。 出来るだけ低く落ち着いた声 お悔やみの言葉は、 できるだけ低く落ち着いた声にしましょう。 悲しみの中にあるご遺族の気持ちに寄り添うように、 控えめに静かに述べることが大事です。 忌み言葉は避ける お悔やみの言葉では使ってはいけない忌み言葉があります。 例えば、以下のような 重ね言葉・繰り返し言葉・生死を表す言葉・不吉な言葉です。 これらの言葉は避けましょう。 お悔やみ申し上げますは、人の死を悲しみ弔いの言葉を申し上げるという意味である。 ご愁傷様は、遺族に対する同情や慰めの気持ちを表す。 お悔やみ申し上げますは、遺族に会ったときに最初に伝える言葉である。 他にも遺族に対する電話やメール・弔電、それに式場の受付などで幅広く使える。 お悔やみ申し上げますは、それだけで十分だが簡単な言葉を加えることもある。 お悔やみ申し上げますに対する返事は、ありがとうごさいますだけでよい。 お悔やみ申し上げますの類語は、ご愁傷様です・ご冥福をお祈りいたします・心中お察します・お力落とされません様に、などがある。 お悔やみ申し上げますは、宗教によって使わないこともある。 お悔やみは、関係性が深い友人や上司にはメールで送ってもよい。 メールでお悔やみを伝えるときは、必ず件名をつけて名前を書く。 電話でお悔やみを述べるときは、相手の気持ちを思いやり手短にする。 お悔やみ申し上げますの注意点として、死亡原因は聞かない・忌み言葉は避ける・故人と遺族の両者を悼む言葉をかけるなどがある。 お悔やみ申し上げますの英語表現は、I'm so sorry for your loss. などがある。 お悔やみを申し上げますについて、使い方や文例、注意点を含めて解説してきました。 訃報の連絡を受けたときや葬儀・法事に参列される際に、参考にして頂ければ幸いです。 下記の記事では、香典に関するマナーについて、相場・書き方なども含めて詳しくご紹介していますので、ぜひこちらの記事もご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

「お悔やみ申し上げます」の意味は?メール・手紙での使い方の例文

お悔やみ 申し上げ ます の 意味

弔電やメールでは• 「ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます」• 「突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます」 がよく使われます。 弔電ではその他に• 心から(故人の名前)様のご冥福をお祈りいたします もよく使われます。 哀悼(あいとう):人の死を悲しみいたむこと。 冥福(めいふく):死後の幸福。 スポンサーリンク 返答(返事)や返し方は? 身内が亡くなった時に「この度はご愁傷さまです」と声をかけられたら、返す言葉はどうしたら良いのでしょうか? よく使われる返答(返事)や返し方は• 恐れ入ります• 痛み入ります• ありがとうございます• 黙礼(もくれい) があります。 状況に応じて使い分けるには、意味を知っていたほうがいいので、ご紹介します。 恐れ入ります 一番ぶなんな返事が「恐れ入ります」になりますが、普段使い慣れないので頭の中で練習が必要かもしれません。 「恐れ入ります」とは、「恐縮です」とほぼ同じ意味の言葉ですので 目上の人に感謝の気持ちを表すのに最適です。 痛み入ります 「恐れ入ります」に近く「ご愁傷さま」の返事に適していますが、これはこれで普段では全く使わないことから、実際の場面で返事に使用するにはハードルが高いのも事実です。 (庶民感覚) 相手の親切に恐縮し、感謝を表すのに適しています。 目上の人に対して使う言葉です。 ありがとうございます 「ありがとうございます」なら普段から使う言葉ですので、練習も必要ありませんし、ハードルも低いです。 ですが、普段から使う言葉だからこそ、「ご愁傷さまです」に対しての返事としては、どこか物足りなさを感じてしまうかもしれません。 その場の雰囲気や状況(目上の方)に応じて言葉を足しましょう。 「ごていねいに、ありがとうございます」• 「お心遣い(づかい)ありがとうございます」 このようにすると、「ありがとうございます」だけよりも、ていねいな表現になります。 黙礼(もくれい) 「ご愁傷さま」と声をかけられても、身内の人が亡くなって言葉を選んで返すことも出来ないくらいな気持ちな場合、お辞儀だけで言葉を出さない黙礼でも失礼にはなりません。 その他にも、慣れてない言葉を選んで返事を返すのが難しいと感じるなら、黙礼が最適です。

次の