お正月 玄関。 正月飾り 玄関のドアへの付け方。位置はどこがベスト?風水的にはダメ?

お正月のインテリアを紹介!雑貨で玄関を飾り付けをしよう!

お正月 玄関

Contents• 正月飾りの種類とその意味 さてさて・・・正月飾りといっても、 玄関飾りに始まって、床の間や座敷、水場に置くものなどいろいろなものがあります。 年神様は、1年の幸せと実りをもたらすため、 「高い山から降りてくる」と考えられている 新年の神様の事です。 正月飾りの門松は、 その名の通り、 門=門や玄関に 松を飾るのですが、 正月にはこの松を 依白(よりしろ)として、 「年神様」が降りて来られると言われています。 ワシを迎えてくれる準備ができておるな」 と認識され、家々を回られるんだ・・・・ と思うと・・・。 ningyo-kyokai. html 羽子板、破魔弓も、ともに古くは室町時代の行事であった 新春の 年占いや厄払いがその始まりと言われています。 お正月に女の子が羽をつき、その年の 厄払いをしたのが羽子板 そして、男の子が弓矢で的を射て、 年占いをしたものが 後の破魔弓になりました。 破魔弓は、その年の年明けに、破魔矢を 凶の方角に向けて祀ります。 正月飾り:略式でも大丈夫! 地域によって、 様々な形式があるので、 まとめて書けません。 >人<; 近年は、住宅事情や様々な問題もあって 玄関先に 「どどーーーーーん!!」と飾られた 門松・しめ縄は あまり見かけなくなりました。 それでも、ご商売をされているご家庭とかは、 今でも、しっかりとした正月飾りを準備されているところもありますよね。

次の

正月飾り 玄関のドアへの付け方。位置はどこがベスト?風水的にはダメ?

お正月 玄関

玄関に飾ってもよい正月飾りの種類 玄関に飾って、お正月を晴々と迎えたいところです。 地域によっては変わる部分もありますが、一般的な知識として知っておくと便利ですよね。 玄関に飾って良いとされる正月飾りがこちらになります。 疑問!正月飾りを玄関に飾る理由とは 正月飾りは年の始めに、 歳神様を家にお迎えするために飾りつけをします。 歳神様は地域によっても呼び名が変わり、年神様・歳徳様・正月様と呼ばれています。 この神様は 1年の幸せと実りをもたらす、「 新年の神様」です。 玄関に正月飾りを飾る理由はその飾りを 目印に歳神様が降りてくるとされているからなのです。 門松・松飾の意味と飾る場所 門松や松飾は1対になっています。 この飾りは主に松や竹、梅で構成されており、 最近では見た目の良さから椿をあしらったものなど、さまざまなタイプの門松や松飾が流通していますね。 門松・松飾を正月に飾る風習が定着したのは、平安時代末期ごろです。 松の木の梢に神が宿ると信じられており、そこに歳神様を迎えて祀るという意味合いがあります。 使用される松竹梅、それぞれに意味があります。 松は1年中枯れない常緑樹で 神が宿る木。 竹はグングンと伸びる成長の速さから 生命の象徴。 梅は年の始まりが 喜ばしいことであるとされています。 【飾る場所】 玄関や門の両脇に配置して飾ります。 注連縄・注連縄飾りの意味と飾る場所 漢字で書くと、一見何の飾りなのかわかりませんが「 しめ縄」と読みます。 注連縄の「 しめ」は 神がいる場所を表しており、 しめ縄を張った境から 内側が 神様を祀る神聖な場所であることを意味しています。 災厄がもたらされても、しめ縄を境にして、 神聖な場所に災厄が入り込むことを食い止める役目を果たすとされています。 日本神話では・・・ 『弟の悪行に天照大神がお怒りになって天岩戸に閉じ籠ってしまったために、 闇となった世の中では、悪い神様が出てきて悪さをするようになっていました。 あの手この手で天照大神が天岩戸から御出でになるように策を講じたところ、 天照大神が御出でになられたのです。 再び天照大神が天岩戸に籠ってしまわないようにする為に、 しめ縄で戸を塞いだのです。 』 こちらは有名な話で語り継がれていますよね。 しめ縄には清浄な場所と現世(仏教では不浄とされます)の境界線を示す役割があるのです。 東日本は「 玉飾り」、西日本では「 ごぼう注連縄」が 玄関向きとされています。 ごぼう注連縄は太いほうが右側に来るように飾り付けるのが一般的です。 伊勢神宮やその周辺では逆向きに飾り付ける風習があるそうですよ。 【飾る場所】 玄関ドアの中央に飾ります。 鏡餅の意味 昔の鏡が丸くて平たいものであったことから名前が由来しており、 鏡餅はお餅を重ねて飾ることから「 1年を重ねてめでたく飾る」や「 家庭円満」を意味しています。 地域によって玄関に飾らない地域もあるようですが、旧家では玄関の隣にある土間にある内玄関には、 神棚があるのが一般的で、鏡餅をお供えしているのが普通でした。 この風習からも、 玄関に鏡餅を飾っても非礼には一切当たりませんのでご安心くださいね。 歳神様や火の神様、水の神様などすべての神様へのお供え物ですので、 床の間だけではなく各お部屋に飾りつけてよいとされていますので柔軟に対応したいところです。 実は飾り付ける鏡餅の大きさは 一番大きくするのが玄関です。 玄関>仏壇・神棚>台所・トイレ・各部屋の順に鏡餅の大きさが変わるので注意しましょう。 【飾る場所】 玄関内側のスペースに飾ります。 輪〆飾り・輪飾りの意味 輪〆飾り・輪飾りは他に「 輪じめ」とも呼ばれています。 注連縄を簡略化したものにあたります。 輪じめは「 和(輪)で1年を締める」意味も持っています。 注連縄がない場合には、 輪〆飾りや輪飾りを玄関に飾りつけをします。 他にも 水の神様がおられる、風呂・トイレ・水道・水道管などの水回り、 火の神様がおられる台所や各部屋の入口に飾り付けます。 【飾る場所】 玄関のドアノブなどかかる場所に飾り付けます。 スポンサーリンク 正月飾りのよく見る素材にも意味がある 正月飾りで使われている素材にも意味があるのをご存知ですか? この意味を知ることによって、何気なく飾り付けていた正月飾りやお正月への思いが変わってくるのではないでしょうか。 橙は実が熟しても落ちることがないので、縁起が良く代々(橙)栄えるから「子孫繁栄」を意味します。 鏡餅に使う際に柿を串に刺しますが、両端に2個ずつ、中央に6個で「外はニコニコ(2個2個)中はむつまじく(6個)」や、 両端が1個ずつ、中央に5個で「一人、一人が(1個1個)、しあわせに(5個)」という意味があります。 縁起を担いでいるのですね。 清らかな心であることです。 作り方に幾通りかの流派があるようですが、名前の由来は紙がし垂れていることかからこのように呼ばれています。 紙垂は神の降臨する場の神聖・清浄を意味します。 南天は魔除けを意味します。 喪中の正月飾りはどうするの? 喪中の正月飾りについての一般的な考え方についてご紹介します。 喪中は鏡餅を除く、正月飾りやおせちは一切行わないのが主流です。 しかしながら、お正月は本来、歳神様を祀る行事であるので歳神様へのお供えとして鏡餅だけをお供えします。 忌中の場合には正月飾りは一切執り行いません。 これについては地域柄もありますので、 年長者に聞くなどしてその地域の風習に従うことが望ましいでしょう。 玄関の正月飾りの飾る期間は?処分は? 玄関に正月飾りを飾る期間は 12月28日~1月7日までとされています。 日付にも意味があります。 29日は「 二重苦」で 語呂が悪く、30日は「 旧暦の31日にあたる」ため 縁起が悪いとされています。 31日は「 一夜飾り」と呼ばれ 葬儀の時の飾り方で縁起が良くないとされています。 1月7日まで玄関に正月飾りを飾るのは7日が「 七草粥」の日で 1年の邪気払いをする日に当たります。 邪気を取り払ってから、正月飾りを外すのがよいとされています。 お正月が終わったからとさっさと外してしまわず、伝統に則った趣を大切にしたいものですね。 処分はどんど焼きや自宅で清めて焼却する方法、手順に則り清めてから正月飾りだけでゴミに出す方法があります。 まとめ 正月飾りの種類と意味についてご紹介してきました。 その意味を噛みしめながら、正しい飾りつけで、 気持ちよく歳神様をお迎えして気持ちの良いスタートをしたいところですね。 2017年もより良い一年になられますようにお祈り申し上げます。

次の

正月飾りで玄関には何を飾る?いつからいつまで飾る?処分方法は?

お正月 玄関

Contents• 正月飾りの種類とその意味 さてさて・・・正月飾りといっても、 玄関飾りに始まって、床の間や座敷、水場に置くものなどいろいろなものがあります。 年神様は、1年の幸せと実りをもたらすため、 「高い山から降りてくる」と考えられている 新年の神様の事です。 正月飾りの門松は、 その名の通り、 門=門や玄関に 松を飾るのですが、 正月にはこの松を 依白(よりしろ)として、 「年神様」が降りて来られると言われています。 ワシを迎えてくれる準備ができておるな」 と認識され、家々を回られるんだ・・・・ と思うと・・・。 ningyo-kyokai. html 羽子板、破魔弓も、ともに古くは室町時代の行事であった 新春の 年占いや厄払いがその始まりと言われています。 お正月に女の子が羽をつき、その年の 厄払いをしたのが羽子板 そして、男の子が弓矢で的を射て、 年占いをしたものが 後の破魔弓になりました。 破魔弓は、その年の年明けに、破魔矢を 凶の方角に向けて祀ります。 正月飾り:略式でも大丈夫! 地域によって、 様々な形式があるので、 まとめて書けません。 >人<; 近年は、住宅事情や様々な問題もあって 玄関先に 「どどーーーーーん!!」と飾られた 門松・しめ縄は あまり見かけなくなりました。 それでも、ご商売をされているご家庭とかは、 今でも、しっかりとした正月飾りを準備されているところもありますよね。

次の