江原 道 ファンデーション 色。 江原道グロスフィルムファンデーションの口コミ&レビュー公開!保湿力やカバー力はある?

江原道のファンデーションレビュー♡口コミが気になる方必見!2種類比較も

江原 道 ファンデーション 色

色白さんのタイプとカラーは? 出典: 色白といっても、もちろん人によって色味は違います。 イエローベースのお肌とブルーベースのお肌で違いがあるのはご存知かもしれませんが、皆さんはご自身がどちらのタイプか分かりますか? これが分かることで、「明るい色のファンデーションを選んだのに、なんか浮いてる…」となってしまうのを防げますよ。 ベースの色味を見分けるもっとも簡単な方法を以下に並べます。 白く浮くのを防ぐには 腕の血管の色を見てみましょう。 おなじ青でも、本当に青色なのか、それとも緑色っぽくありませんか?真っ青のひとはブルーベース、緑色がかっている人はイエローベースです。 自分だけじゃ分からない!という人はお友達と見比べてみるなどしてみましょう。 (筆者はこれをやるまで自分がどちらかわかりませんでした) ただ、ブルーベースの色白さんはご注意。 そのままブルーベース向けのファンデーションを使うことで、青白さが浮き立って顔色が悪く見えてしまうことも…どのようなファンデーションを選ぶかは後述いたします。 色白向けファンデーション、夏の選び方&仕上げ方! 注意してほしい!ファンデーション選びのポイント 皮膚が薄いことでメラニン色素の生成が人より少なく色白に仕あがっている方が多いとされているため、乾燥肌の方が多いです。 水分を持ってくれている時間が短くすぐに蒸発してしまうんですね。 そのため色白さんには保湿成分や保護の力が強いファンデーションをおすすめします。 また上記の理由から、ほんのちょっとの量でもしっかりメイクに見えるのが色白の特徴です。 自分となじむ肌色を選んでも白浮きしやすいのはこの厚塗りに見える仕上がりのせいかも…。 この悩みはコントロールカラーの下地を選ぶ、パウダーを変えるなど複合技で調整していきましょう! 暑い夏は色白さんの顔色が悪く見えてしまいかねない、たいへんな季節でもあります。 冬とは違ったメイクの仕上げ方を身つけ「顔色ばっちり、でも焼けない!」な無敵の色白を目指しましょう。 夏こそ伸びの良いリキッドファンデーションで、自然な仕上がりに 乾燥しがちな冬にリキッドを使用する女性も多いですが、夏はパウダーを使用するという女性。 筆者は夏こそリキッドファンデーションをおすすめします。 夏はアイメイクやファッションが華やかになります。 また洋服は薄着な分、大きめのアクセサリーがきれいに見えますよね。 屋外レジャーも多くなるので、お肌は健康的なナチュラル仕上げにするとバランスが良くなります。 逆に、ここでお肌までしっかりメイクに仕上げるとちょっと足し算が行き過ぎてしまいます。 ぜひ伸びの良いリキッドファンデーションを選ぶことで、もとの肌に馴染ませたメイクを仕上げましょう。 下地、もしくはパウダーで色味を調整 前述のとおり、色白さんはただファンデーションを塗るだけで白浮きしやすく厚塗りに見えてしまいがち。 顔色をよく見せるため、グリーン系のコントロールカラーやCCクリームなどで肌のくすみやムラの目立ちをおさえてしまいましょう。 また、ファンデーションをうすく伸ばしたあとにピンク系のパウダーで仕上げを整えるのもおすすめです。 のせすぎは厚塗りの原因にもなりますが、化粧くずれを防いでくれますしピンク系を使用することによって顔色をよりよく見せてくれます。 色白向けファンデーション、冬の選び方&仕上げ方! 出典: 冬のファンデーション選ぶは保湿成分がポイント 空気が乾燥する冬も、ファンデーション選びには注意しなくてはいけません。 つまりファンデーションは季節や湿度、温度によって変える必要がある、ということ。 冬は肌の水分が補えきれず、肌トラブルになってしまうことも。 ファンデーションにも保湿成分などが配合されたものがあるので、購入するときはどんな成分が含まれているのかをよく見てからにしましょう。 油分が多めのクリームファンデーションがおすすめ 冬は水分だけではなく油分も失われがち。 乾燥して粉をふきがちなこともありますよね。 やっぱり乾燥しているときは、パウダータイプよりクリームタイプなどのファンデーションがいいでしょう。 クリームタイプには油分が多めに含まれています。 とにかく乾燥が大敵! 化粧品選びでメイク崩れなどはかなり防ぐことができますよ。 なぜかというと、とっても伸びが良いからなんです。 少量で顔全体に伸ばすことができます。 薄付きで、素肌感のある仕上がり。 101番は結構黄みが強いと感じたので、ピンクっぽい肌に見せてくれる201番を使用しています。 一番RMKのファンデーションのすごさを実感できるのは、夕方。 本当に崩れにくくて、毎回感動しています。 人生ベストコスメ ベストコスメ ベスコス RMK アールエムケー デパコス ベースメイク ファンデーション ファンデ リキッドファンデ 素肌感 薄づき ピンク 崩れにくい リクイドファンデーション 3年以上リピ リピート リピコスメ ヘビロテ マスクの日の鉄壁ファンデ プチプラで選ぶなら「セザンヌ」がおすすめ 「この価格でこの品質!?」と驚いてしまいがちなプチプラコスメブランド、セザンヌ。 ただし、どんなテクスチャを選んでも伸びの良さと透明感重視かどうかをチェックしていただきたいです。 色白肌にマット感のあるファンデーションを塗ってしまうと厚塗りに見えやすい肌がより厚塗りに見えてしまいます。 ナチュラルメイクをしない人でもナチュラル向けのファンデーションで充分です。 また、肌感はパウダーで整えるとバランスをとりやすくて良いでしょう。 色白さんのベースメイク方法! それでは筆者のベースメイクを中心に、仕上げ方をご紹介していきます。 まず洗顔後、しつこいくらい化粧水乳液を入れ込み何度でも時間の許す限り塗りこんで充分に保湿をします。 色白さんにはここが一番大切かもしれません。 透明感を出すためには、保湿は必要不可欠です。 充分に保湿をしたら乾ききらないうちにベースを塗ります。 春夏はナチュラルメイクを心掛けているので日焼け止め成分が入ったshu uemuraのナチュラルベースを使用していますが、夏本番はTHREEのグリーンコントロールカラーを使用するつもりです。 ベースはとにかく少量ずつを顔全体に点々とつけ、ムラをなくすため素早く手で伸ばしていきます。 ゆっくり丁寧に塗ろうとするほどムラが出てしまうので、両手指を3本ずつほど使用してぱぱぱっと伸ばしましょう。 ベースを塗ったら、ファンデーションの前にコンシーラーで気になる部分を隠します。 筆者は目の下にクマ、というより青い血管が思いっきり見えてしまっているので青クマ用コンシーラーを塗って伸ばします。 ファンデーションより先にコンシーラーをつけることで、自然に隠すことができますよ。 コンシーラーまで塗ったらファンデーションです。 筆者は現在リキッドを使用しているためその方法を記載しながら皆さんにおすすめの方法を書いていきます。 1プッシュを押し切らないくらい(半分ちょっとで充分です!)を手の甲にのせます。 手の甲に出したリキッドはスポンジをぽんぽんと伸ばすように数回押してファンデーションをとってください。 そしたらスポンジをお顔にもぽんぽんと軽く&素早く全体に触れるようにつけて塗っていきます。 全体に行き渡ったら伸ばしていき、鼻まわりなど細かいところはスポンジの細かいほう(画像先端部分)を使って行き届かせます。 ファンデーションを塗ったら最後はパウダー。 乾燥肌だからパウダーを使用しないという方もいらっしゃるかもしれませんが、さっとでも塗ると肌の見た目が良くなります。 筆者はチーク+白粉の日と、顔色を良く見せたい日はピンク系のパウダーに変更しています。 また、パウダーもパフでしっかりつける日と、ブラシで軽くのせるだけにしてよりナチュラルに仕上げたりと使い分けています。 パフとブラシを交換して使用したりもします。 ステージパフォーマー ブロックブースター ファンデーションのお悩み別注目ポイントはこれ! 出典: 良いイメージしかない色白ですが、悩みはやはり尽きません。 人それぞれ、肌それぞれにメイクの悩みがあるように、色白ならではの気になる部分があるんです。 なるべく違和感のないベースメイクにするには、コントロールカラーやCCクリームなどでくすみをカバーしましょう。 どこから見ても綺麗になれるパウダーが配合されているファンデーションもおすすめです。 カラーは自分の肌色と首の色に合わせてチョイスしてくださいね。 厚塗り感を出したくない! ファンデーションを使うとどうしても厚塗り感が出てしまうのがお悩みの色白さんは、ファンデーションの塗り方が間違っているかもしれません。 自分の肌色に合うファンデーションカラーは、顔周りに実際にファンデーション塗ってみると良いでしょう。 顔の赤っぽさが気になる場合は、グリーン系統のコントロールカラーが仕上がりの良さを叶えてくれます。 to buyインフルエンサーおすすめの色白向けファンデーションをご紹介! 資生堂から発売され、去年のベストコスメアワード新人賞に輝いた「HAKU 美白美容液ファンデ」です。 「思い出ジワを作らないで自分らしく」を目指す美白ブランドの「HAKU」のシリーズ商品です。 こちらは、ファンデーションかつ美白美容液という今までになかった概念の化粧品となっています。 「4MSK」と呼ばれる美容液成分、「Vカット複合体」と呼ばれる整肌成分とSヒアルロン酸を複合することで、ファンデしながらシミやそばかすが気にならない肌にしてくれます。 ファンデしながらシミが目立たない肌に 使い方も簡単で、スキンケアで肌を整えたあと、パール粒1個分を顔の5ヶ所にのせてなじませるだけでOK。 色調は4つ種類があるので、自分の肌にあった色を探すことができます。 スキンケアしながらお肌を綺麗に見せる、新常識の美白美容液ファンデをぜひお試しください。 【パウダー編】色白向けファンデーションおすすめ人気ランキングTOP8 先にパウダーファンデーションのランキングを発表します。 筆者も秋冬はこちらを使用します。 そんなお悩みを持っている方におすすめしたいのが、マキアージュのドラマティックパウダリーUVです。 美容液とパウダーをムースのようなテクスチャーにして作られたこちらの商品。 ふわっとした付け心地なのに、長い時間潤いを保ってくれる優れものです。 パウダーファンデーションは手放せないけど乾燥するのがお悩みな色白さんは、ぜひこちらの商品を試してみてくださいね。 メイクの上からはもちろん、素肌にもそのまま使えてしまう優れものです。 肌に優しい素材でできているので、荒れにくく、1日つけていても大丈夫と評判です。 つけている感じがあまりなく、軽くて自然なつけ心地なので、パウダーが苦手な人やつけたことがない初心者さんにもおすすめ。 8月半ばからほぼ毎日使用して、半年以上もちました。 まずレフィル 定価1,728円 を購入して、気に入ったのでケース 定価648円 を揃えました。 ケイトは、全国の薬局でお得に購入できるので、良いですね。 「おしろい以上ハイカバーファンデーション未満のカバー力で、ピンクにもイエローにも偏っていないかなり明るめのベージュであり、ある程度粒子が細かく、薬局で購入できるパウダリーファンデーション」という私の欲望をすべて叶えてくれた一品です。 付属のパフで取らずに、ブラシで薄く何度も重ねる使い方がお気に入り。 ブラシはもちろん、資生堂のダイヤブラシを使います。 平らにカットされているので、広く均一に伸ばせます。 注意点は、粉が少し固いので、パフで厚めに塗るとテカりやすいこと。 ひと撫でして伸ばす、ひと撫でして伸ばすを繰り返せばOKです。 多めに取って、広げる使い方は向いていません メイクもちは、際立って良くはありませんが、悪くもありません。 崩れ方がきれいなことが嬉しい。 肌のために、リキッドからパウダリーファンデーションに移行しつつあるので、このタイミングで良い商品に出会えて良かったです。 リピートします。 中でもオススメは、ラベンダー。 くすみを飛ばして、透明感が続くクリアフェイスパウダーで、テカリ知らずな肌にもしてくれます。 お直し用に購入する人も多く、SNSや雑誌でも取り上げられて、一時期完売してしまった幻のアイテムとすら言われているパウダー。 【リキッド編】色白向けファンデーションおすすめ人気ランキングTOP5 それではリキッド編のランキングをご紹介します。 今の季節にはぴったりですよ。 くすみなどの気になる部分をしっかり隠せるのに、厚塗り感が出にくいので色白さんに特におすすめなんです。 ロングラスティングパウダー入りのこちらの商品なら、長い時間キレイなままでいられます。 朝から晩までずっと保てるキープ力にも優れている商品。 ツヤのある仕上がりになり、みずみずしいベースメイクがしたい方にピッタリです。 ネックなのは価格帯。 気軽に購入しやすい金額ではないのですが、実力は折り紙付き。 プロも絶賛するほどの威力、ぜひあなたのお肌でも実感してみてはいかがでしょうか。 こちらはリキッドといってもプッシュ型ではなく、美容液のように瓶から液体状のファンデーションを手の甲に滴らせてからスポンジで使用します。 乾燥肌向けに美容オイルが配合されていて、伸びもよくナチュラルメイクに仕上げつつカバー力も保持してくれます。 筆者は季節の変わり目などにこちらを使用することがあります。 イエローベースさんは784を、ブルーベースさんや顔色を良く見せたい方は584がおすすめです。 美容液のような形。 今は、あえて一段暗い584を使用して日差しに負けない顔色を作り出しています。 ファンデーションとしての機能だけでなく、美容液やUVカット機能、乳液や下地などの機能まで果たしてくれる優秀さが光ります。 これ1個でベースメイクが完成するお手軽さは見逃せないポイントですよね。 色白さんにこちらの商品をオススメしたい理由は、保湿力とカバー力の2点。 美容液がたっぷりと含まれているので乾燥せずに使いやすいんです。 色白さんに多くなりがちな赤みも、しっかり隠してくれますよ。 とても肌が白い方でもマッチするカラーバリエーションがあり、違和感のないメイクをするのに最適なブランドです。 ベルベットマットスキンティントは、まるで何もつけていないかのような使用感が特徴的。 お肌への密着感に優れていますが、オイルフリー処方になっていてベタつき感などは一切ありません。 ふわっとした感触でつけられるクリームファンデーションです。 顔全体にムラのないベースメイクが簡単にできるのも、NARSのベルベットマットスキンティントの嬉しいポイント。 サッと塗るだけでも高クオリティなベースメイクが完成します。 オイルフリーやノンコメドジェニックな点など、脂性肌さんの方にもおすすめしたい商品です。 塗るだけでうるっとした質感の美肌に仕上げてくれます。 色白さんに嬉しい高純白ブライトニングパウダーの光の力で、もう白浮きは気になりません。 凹凸クリアコンプレックスTやシミブライトメーク処方などなど、お肌の悩みを一挙解決してくれるスグレモノ。 化粧下地や日焼け止め、コンシーラーなどの役割もあるマルチに使いやすい1本です。 初めてのクリームファンデーションにも最適ですよ。 カサつき感が気になった時には、スックのクリームファンデーションがおすすめなんです。 理由は、豪華な保湿成分のバランス。 植物性の美容エキスを使った潤い感たっぷりのクリームファンデーションで、艶感のある仕上がりに。 長時間つけていても乾燥が気にならないキープ力の高さも見逃せません。 また、UVカット機能も、こちらの商品の使いやすさを上げてくれています。 しかし、価格帯がかなりお高めなのが難点……。 自分へのご褒美や、プレゼントとして貰いたい逸品です。 1度使用したら手放せなくなるほどの質の良さがありますよ。 話題になっている理由は、仕上がりの良さや使い心地、キープ力などなど、全体的に非の打ちどころのない優秀さでしょう。 色白さんが気になるくすみを抑えてくれるカバー力の高さに、ヒアルロン酸Naなどの保湿成分での乾燥対策、うるっとした艶肌をキープしてくれる力もあります。 小さなサイズで少量しか入っていなさそうな中身ですが、とことん伸びが良く、なかなか使い終わらないコスパの良さも。 どんな商品が良いか迷ってしまう方は、インテグレート グレイシィ モイストクリーム ファンデーションを選んでみてくださいね。 ファンデーションの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、ファンデーションの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 自分に合ったメイクで美肌をゲット! 出典: 色白肌は憧れられることが多くプチ自慢になる反面、苦労もたくさんありますよね。 色白だからといって病的に見えたらせっかくの長所も台無しですから、自分の肌をきれいに見せることは絶対に諦めたくない。 筆者はそんな想いから、こちらに記載したファンデーションはすべて試してきました。 また、もしよかったら白さにこだわるだけではなくワントーン暗めの色も試してみてください。 パウダーで調整することで馴染みも良くなり、健康的な印象を出せますよ。 これは色白さんの特権だと筆者は思っています。 運命のファンデーションとの出会いを楽しんで、皆さんにとってメイクがより楽しいものとなってもらえると嬉しいです。

次の

辛口レビュー!江原道(Koh Gen Do)化粧品 ハイビジョンメイク体験

江原 道 ファンデーション 色

綺麗に仕上がるので映画やテレビの撮影で使われるほど• 某コスメサイトなどで評価が高く人気のファンデ• カバー力があって崩れにくい本気で綺麗に仕上がる• 20代など若い世代はもちろん40代50代女性からも支持されている 他のファンデにはあまりない特徴やメリットがあって口コミでもかなり評判がいいんです!! 特に評価されているのが カバー力と仕上がりの良さ。 映画などの撮影に使われるほどのカバー力と仕上がり!と若い世代はもちろん40代以上の大人世代からも人気があります。 一般的にファンデーションってトライアルなどはないことが多いですが、 江原道のファンデはトライアルがあるんです!! しかもファンデの色を見れるカラーチャートも入っています。 このページの目次 CLOSE• さて、当サイトでは人気の江原道のファンデーションについて紹介していくサイトです。 実際に使った口コミやトライアルセットのこと、色選びなどのことについても紹介していきます。 人気の江原道、例えば江原道ファンデについて調べているとちょっと気になることもあるんです。 そのあたりについてもまとめていきたいと思います。 江原道ファンデで気になること• 江原道のファンデ、種類が豊富で選び方が分からない• タッチアップできる場所がないんだけど・・• 色選びの方法は何かあるの?• 江原道ってどこのファンデ?日本製?• 江原道のファンデーションが危険?というのは、ヤフーの検索に出てきまして・・・ なんだこれ??危険なの?何かあったの??と思ったんです。 なので何か問題があったのかな?と思いました。 そこで、かなりしつこく検索してみたんですが、、、 危険になるような問題点は見つかりませんでした。 それならなぜ「江原道ファンデーション」で検索すると「危険」という言葉が一緒に出てくるのか。 こういうことってネット検索だと時々あります。 特にスキンケア系の化粧品だと特に見かけることがあって、• 商品名+危険• 商品名+危ない• 商品名+効果なし とかあるんですよね。 (見たことある方もいらっしゃるかもしれないですね) こういったマイナスな言葉と一緒に検索されている理由はそれぞれで異なってると思いますが、 例えば、似たような化粧品が自主回収になったからこちらの商品も気になって検索した、なんてこともあるかと思いますし風評被害的な?のもあるのではと思います。 何かの理由で誰かがたまたま「危険」などの言葉で検索した結果、ヤフーの検索のところに残ってしまった。 それを見た他の人も気になってそこをクリックしてしまう。 それが続くと、 ずっとその言葉が残り続けることになるんですよね。 なので江原道のファンデの場合もそうやって残ってしまったのではないか、と推察します。 ちなみに、 江原道ファンデ、使ってますが特に問題ありません。 ただ、上でも触れましたが、スキンケア系の化粧品では多いんですが、ファンデとかではちょっと珍しいんです。 だから何か他に理由があったのかな?と検索しましたが、特に問題的なものはみつからず。。 ネットだとかなり昔やかなり細かいニュースもどこかしらに残っていることが多いのですが、見つからないということは 特に問題はないと思います。 もし、また何か危険なような問題が出たらこちらでも紹介しようと思います。 そして・・江原道のファンデ、私も使っていますが・・特に問題はないので大丈夫かなと思っています。 それでも何か気づくことがあればそれも紹介していきたいと思います。 危険は特にはないと思うのですが、 そもそも化粧品が合うかどうかは、個人差がとても大きいです。 成分にこだわったオーガニックコスメでも敏感肌用コスメでも合わない人には合わない可能性はあります。 合うかどうかは実際に使ってみないとわからないんですよね。。 一般的にファンデーションや下地にはトライアルってないことがほとんどなんですが、江原道のファンデーションはトライアルがあります! お値段も安いですし(結構しっかり使えます) 使い心地はもちろん色のチェックなどもできます。 この人気、最近のちょろっとした人気ではないんです。 少なくとも私がパソコンをはじめてから20年近くなると思うのですが、その頃から 江原道のファンデは肌がきれいに仕上がる!と口コミで評判でした。 そして現在もやはり「江原道のファンデ」はとても評判がいいのです。 もちろんずっと同じファンデではなく新しい商品も発売されていますが、評判がいいファンデがとても多いんですね。 かなり長い間、評判がよく支持されているというのは・・スゴイですよね。 そして今現在話題の江原道のファンデーションについても紹介していきたいと思いますよ^^ 江原道のファンデーションは色選びが難しい? 江原道のファンデを選ぶとき、色選びが難しい!なんて口コミをたまに見かけます。 その理由は、カラーバリエーションが豊富だから。 だと思います。 実際使ってみると、例えば少しでも色がずれるとすごく色浮きしたり、おかしな仕上がりになる、ということはないのですが、 やはりバリエーションが豊富なら「ちゃんと自分の肌に合った色を選びたい」という気持ちになりますよね! 色が豊富だと実はお店で購入するときも結構迷います。 店頭でBAさんにアドバイスをもらっても、BAさんによってはやたらと白っぽいのを推す人もいますし、ワントーン暗めを推してくる人もいます。 強く推されると、ちょっと微妙だなーと思っても押し切られてしまって、実際に自分でメイクするときに「やっぱりあっちにすればよかった・・」となることも。 照明など環境面もお店と自宅だと違いますしね。 その点、江原道のお試しにはカラーチャートがついてくるので、自宅でじっくり色が合うかどうかチェックすることができます。 夏に日焼けしちゃってファンデーションの色を変えたい• 美白がうまくいってファンデの色をワントーン明るくしたい なんてときにもこれ持ってると合う色を見つけやすくてとてもいいと思いますよ^^ 江原道の取扱店がない?タッチアップできるところが少ない? 江原道のファンデーションを実際に試してみたい!という人も多いのではないでしょうか。 ネットの口コミでも「お店がない」「そもそも取扱店が近くにない」「タッチアップできる場所が少ない」「どこにあるかわからない」「現品しか置いてない」なんて声も・・ 確かに、大手のメーカーさんと比べると取扱店は少ない印象です。 直営店もありますが、近くになければなかなか試すことができないですよね。 またお店においてあっても店頭にサンプルが置いてなければ色どころか質感もわかりません。 それを考えるとサンプルを自宅でじっくり使えるのはとてもいいんじゃないかなと思いますよ。 トライアルには現在、人気のパウダーファンデーションに化粧下地、そしてこちらも人気のリキッドファンデもパウチではありますが入ってます。 色を見れるカラーチャートも入ってますし、江原道のファンデを実際に試してみたい!色が合うか見たい!という人には本当にいいですよ。 江原道の人気のファンデーション 江原道のファンデーション、人気です。 いくつか種類があるので紹介したいと思います。 モイスチャーファンデーション 江原道のクリームファンデと言えばこちら。 モイスチャーファンデーションです。 クリームタイプなので保湿力は抜群。 モイスチャーファンデーションの素晴らしい所は伸びがいいというか、均一に伸びるところです。 伸びのいいリキッド&クリームファンデは伸びが良すぎてムラになるというかうす付きのところと厚くなってしまうところとできやすいですが、 江原道のファンデはそういうことが少ないのがいいですね。 保湿力がホントにしっかりしているので、乾燥肌の人にもおすすめです。 クリームファンデだけあってカバー力もしっかりです。 ただ、パウダー(グロスフィルムファンデーション)やリキッド(アクアファンデーション」と比べるとちょっと重い感じはあります。 アクアファンデーション 江原道のリキッドファンデ、アクアファンデーションです。 こちらも非常に人気があって美容雑誌などでもよく見かけました。 リキッドファンデですが、みずみずしくツヤがあります。 素肌っぽさが出て「素肌が綺麗な人」という印象に。 うす付きができるんですが、やっぱりムラになりにくく、綺麗に仕上がります(その辺はやはり江原道) クリームファンデと比べると軽く、つけ心地の良さも素肌っぽさが出ますね。 江原道ファンデーションの口コミレビューは後日紹介していきたいと思います^^ 江原道の歴史 江原道はもう20年位前から評判いいよなぁ〜なんて思っていましたが、 どうやら江原道というブランドは1986年に創業されています。 江原道を創業したのは江原春義という方。 妻の早乙女愛さんは女優で二人で自然化粧品ブランドとして江原道を立ち上げたんですね。 ネットでの情報によればその後、他の会社が江原道を続けるなどしており、今の会社とは異なるようですが、 そういった背景もあって映画やテレビなどの撮影でも使えるような綺麗な仕上がりのファンデーションが作られたのかも、と思いますね。 江原道って韓国のメーカーなの? 江原道のことを検索していると「韓国企業なの?」と言った疑問が見られます。 実は私も最初、そうなのかな?と思ったんです。 私もそうですが、どうやら江原道を韓国のメーカーなのでは?と思った人は理由があって、• 江原道という名前• 韓国コスメも優秀コスメが多い という部分があるようです。 説明していきますね。 江原道という名前 江原道は「江原道」と書きます。 読み方は「こうげんどう」なんですが、 韓国にも有名な「江原道」という場所がありますよね。 こちらは「カンウォンド」と読むそうですが、字は同じ、ということで、そこにちなんだメーカーなのかな?と。 調べてみましたが、化粧品メーカーの江原道は韓国のメーカーという訳ではなさそうです。 創業した方が「江原」という苗字なので、それが関係あるのでは?と思っています。 ただ、江原道も買収?されたりして代表などが何度か変わったりしているようですので、もしかしたらその過程で関係が全くない訳ではないかも?しれませんが・・ とりあえずのところ、特に韓国メーカーということではないようですよ。 韓国コスメも優秀コスメが多い 近年、韓国コスメも日本国内での流通もとても増えていますよね。 (最近は若い世代に大人気だったりしてます) 珍しい化粧品や優秀なコスメもあったりするので、韓国っぽい名前(というか韓国にある地名)がついた化粧品ってもしかして!?と思う気がするのは納得です。 実際私もそれもあって江原道って韓国コスメだったりするのかな?と最初思いましたから。 上でも書きましたが、 とりあえず江原道は韓国のコスメメーカーではないようですよ。 韓国コスメが好き!という方もいると思いますが、肌に合わないという方もいらっしゃいますよね。 私もスキンケアは合わなくて荒れたりするのでほとんど使いません。 江原道もいいファンデではあるけれど、韓国コスメで肌に合わなかったら使えないな〜と思ってましたが、そんなことはなかったので大丈夫かなと思います。 ただ、、化粧品はどんなものでも合うかどうかは個人差が大きいです。 韓国コスメでも他の外国のコスメでも日本製のコスメでも、プチプラコスメでも高級ブランドのものであっても 合うかどうかはどうしても個人差が大きくて使ってみないと分からないんですよね。 スキンケアと違ってファンデや下地などのベースメイクものは使用感や色の好みも千差万別。 気に入るかどうか、合うかどうかは使ってみないとどうしても分かりません。 一般的にファンデーションなどのメイクアップものはトライアルなどはないことが多いですが江原道はトライアルがあります! 人気のファンデに化粧下地もセットになっているので自宅でじっくり試せますよ。 肌に合うかどうか、色選びについても、江原道ファンデが気になる人は是非使ってみて下さいね^^ 江原道ファンデについてまとめ 江原道のファンデーションは江原義春さんと彼の妻である女優の早乙女愛さんが作ったブランドです。 やはり女優さんが作ったというところも大きいのでしょうか、仕上がりがとてもよく、綺麗に仕上がると以前から話題のファンデーションでした。 その実力は折り紙付きで、江原道のファンデは映画などの撮影でもよく使われているそうです。 私が江原道のファンデを知ったのが10年以上前になりますが、その頃からそういった感じで評判が良く、それが今もまだ続いているというのは本当にすごいと思います。 なぜなら化粧品研究は複数のメーカーで旺盛に行われていて年々新しい化粧品がどんどんと登場してきているからです。 化粧品の研究というと、シワ対策クリーム(レチノールクリーム)や美白・シミ消しクリームといった悩みにアプローチすることを考えて作られた基礎化粧品に意識がいきがちですが、ファンデーションや化粧下地、コンシーラーなどのベースメイクのアイテムもかなり進化しています。 ファンデに限ってみても、クッションファンデやスフレファンデ、クリームファンデなど10年、20年前にはなかったような形状のファンデが出てきていますよね。 機能面では崩れにくい、乾燥しない、紫外線対策はばっちりなのに肌に優しい、カバー力が高いなどこちらもかなり様々な機能がついたファンデがとても多いです。 そういった、年々新しくなる化粧品が多い中で、ずっと人気の評判の高いファンデでいるということは本当にスゴイことだと思います。 それだけ研究もされたりしているんだと思いますよ。 そんな人気&実力ともにある江原道のファンデーション、トライアルで試せるのはかなりお得です! 是非試してみて下さいね。 江原道 ファンデーション 口コミ 危険 色選び お試し 江原道 ファンデーション 口コミ 危険 色選び お試し 江原道 ファンデーション 口コミ 危険 色選び お試し 江原道 ファンデーション 口コミ 危険 色選び お試し 江原道 ファンデーション 口コミ 危険 色選び お試し 江原道 ファンデーション 口コミ 危険 色選び お試し 江原道 ファンデーション 口コミ 危険 色選び お試し 江原道 ファンデーション 口コミ 危険 色選び お試し 江原道 ファンデーション 口コミ 危険 色選び お試し 江原道 ファンデーション 口コミ 危険 色選び お試し 江原道 ファンデーション 口コミ 危険 色選び お試し.

次の

美容ライターの江原道ハイビジョンメイク口コミと評判

江原 道 ファンデーション 色

江原道 Koh Gen Do 化粧品 ハイビジョンメイクトライアルセットが届きました! 映画女優さんが手放せないという、江原道 Koh Gen Do 化粧品のハイビジョンメイクトライアルセットが届きました!この朱赤が、すでに高級なオーラを醸し出しています。 でも激安トライアルです。 開封してみると、黒いリボン柄の缶ケース。 この中には、一番上の写真の中身(モイスチャーファンデーション3色・フェイスパウダー・専用パフ)が入っていました。 缶ケースのほかには、ベースのカラーサンプル3色、ファンデーション2色、アクアファンデーション3色、メイク手順解説CD、カタログパンフなどがありました。 いろいろいっぱい入っていたので、江原道化粧品の手順がまったくわからず、まずはCDから観てみよう、と付属CDを再生。 まず、この江原道 Koh Gen Do トライアルキットの中で特筆すべきは、このメイク手順解説CD!最初に二度見しました。 なにせ、映画やTVの女優さんのプロフェッショナルなメイク手順が丸わかりなワケですから、ここは要とばかり、真剣に食い入るように観ました。 なるほど納得です。 手慣れた自分のメイク手順が、いかに間違っていたかを実感。 やっぱりメイク理論は、一般人といえども、きっちり踏んでおかなくてはならないと感じます。 CDのモデルさんは、ピンク寄りの色白肌で、私は黄味寄り肌、と落差はありますが、私の好みは明るめ肌ですので、あえて白味系(下2サンプル)をチョイス。 個人的な肌悩みは、目のまわりの血色の悪さ、小鼻サイドの毛穴、夕方になると速攻でメイク崩れを起こす肌質などなど。 Tゾーンだけ脂性、Uゾーンは乾燥する混合肌なので、わりとよくあるタイプの肌悩みだと思います。 上のカラーベースは、グリーンとイエローのサンプル色。 ご存じのとおり、血色コントロールに使います。 まずは、江原道カラーベースのパールホワイトを手の甲に出してみます。 かなり白い!テクスチャは、どちらかというと硬め。 しっかりしたテクスチャです。 (こんなに白いと、白浮きしそう…)とちょっと心配になりながら、CDの解説どおりに「点」で肌に乗せていきます。 その点と点とをなじませるように繋げて、お肌に密着させていくと、意外にも、地肌の地色を残しつつ、ムラなくワントーン(2トーンかも)UPの肌に!これには正直、びっくりしました。 パール感があるので、いきなり下地の段階で、ハイライト効果も狙えます。 このパールホワイトは、意外にもどんな肌色にもなじむのだそうで、つまり、自分の肌色を活かした下地メイクができる、ということらしいです。 上の写真が、点在させたパールホワイトをつなげている最中です。 まだ初期段階で、すごく白く見えますが、この後丁寧に、顔全体に伸ばし終えると、ナチュラルな色味に見事に変化してくれます。 それにしても・・・この密着感は、かなりすごい。 もうこれひとつで江原道メイクが完成してしまうのでは?というレベルで、完成度&満足度が高いです。 硬めテクスチャを使うと、どうしても毛穴の塞がったような息苦しさを感じるものですが、江原道のベースは、むしろ肌に心地よい感じでした。 すごく不思議です。 これだけ肌の守りをがっちり固めてくれながら、なぜこんなに軽さが出るのか・・・。 長時間メイクしっぱなしの女優さんに好評な理由は、あんがいこの辺にあるのかもしれません。 ここでも、もっとも明るいアイボリー色をチョイス。 ほか2色は、ナチュラルとオークル。 この順に、明度が低くなっていきます。 このテクスチャはクリーミーで、自分のお肌の色に合わせて混ぜてもOKなのだそう。 また、オークルはシャドウとしての使用もOK。 小顔メイクのシャドウ使いも、CDのほうで解説されていましたので、ご覧下さいね。 とっても参考になります。 女優さんもこういう感じで、メイクさんに小顔をつくってもらっているのでしょうか。 同じく江原道ファンデーションを手の甲に取り、点々と顔の高い部分に乗せていき、指の腹でつなげて伸ばしていきます。 すでにベースでムラのない肌質ができあがっているので、綺麗にファンデーションが付いてくれます。 目の周りのクマやくすみも消してくれる優秀なファンデーション。 また、唇の真下には影ができやすいので、ここにも点でファンデーションを置き、ていねいに伸ばします(と解説CDで説明がありました)。 目のまわりはとくに皮膚が薄いので、伸ばす時にこすらないように、優しく叩くようにして広げていきます。 肌悩みである小鼻横の毛穴には、一方向だけではなく、四方から毛穴を埋めるように滑らせます。 これで、どの角度からみても、毛穴がわからなくなるそうです。 江原道化粧品に限らず、すべての化粧品にいえることですが、一度に多量のテクスチャを肌に乗せるのは、いけないことなのだそうです。 あくまでも、薄く、何度も重ねていく、という手法がキホンなのだそう(いままでまったくできてなかったかも・・・)。 さすが江原道化粧品、毛穴もなんのそのの、スクリーン仕様の化粧品です。 こちらもまた、もっとも明るい色味を使用。 どれだけ明るめ肌を目指すんでしょうか自分(笑)。 白いサンプルが今回使用のホワイト系と、銀色サンプルのうちのひとつ、ピンク系です(残る一つはオークル系)。 すべて、<ハイビジョン対応>と明記してあります。 我々一般人はハイビジョンに写ることはなさそうですが、カメラ接写ということはあり得ますので、この部分は大切です(笑)。 同じく、手の甲に出してみると・・・あれ?今回は、流れるような水分たっぷりテクスチャです。 手の甲のキメの隙間に流れていくような感触(写真から伝わるでしょうか?)。 たいていは逆です。 「どうして、この段階にきて水分補給?」という疑問がありましたが、どうやらこの海洋深層水の水分で、メイクしたてのツヤ感をキープするのだとか。 そうして出来上がったのが、右のお肌。 「大人のツヤ感」「クリアな透明感」の演出効果があるとのことでしたが、たしかに下地の時点(STEP.0)での素肌の色や質感とは、格段に差があります。 私はこの時点でかなり満足してしまったので、このままでもOKなのでは?などと思ったほどです。 でも、このままではさすがに水分過多な肌状態。 残る2ステップのお粉系ファンデーションで、一日中崩れ知らずのメイク肌をキープしなくては! というわけで、以下に江原道化粧品レビューは続きます。 またもやベージュの明るめ色をチョイスする私。 心なしか、スポンジの質感までかなりよさそうに思えました。 真逆の事態が、この江原道トリプルファンデーションでは起こせるようです。 というのも、光の3大効果(それで名前がトリプルなんですね)により、そのように見せることができるという神業なファンデーションなのだそうです。 スポンジの半分くらいにファンデーションを取り、また点々と肌に乗せてから、スポンジの面ですべらせてなじませます。 空気感も出せるファンデーションということで、何度か頬の一番高い部分にすべらせました。 確かに・・・。 濃く厚塗りしたような気にはなりません。 重ね塗りを繰り返すと、平面的なオバ肌になってしまうはずが、なぜかそうなりませんでした。 うーん、不思議です。 どういう仕組みになっているのか・・・。 もともと、色味自体は少なめのファンデーションのようです。 色よりも質感重視、といった感じのテクスチャでした。 次に最後の段階、フェイスパウダーです! STEP.4 江原道フェイスパウダー ついに最終ステップ、江原道フェイスパウダー。 粒子が非常に細かいです。 うっかり息でも吹きかけようものなら、舞い上がってしまいそうな軽さ。 完全な白色ですが、たぶん色味はまったくないのでしょう。 STEP.2の江原道アクアファンデーションの時点で、水分がしっかりとお肌に乗っているため、お粉で水分吸着、といったバランスではないか?などと勝手に思っています。 ふんわり仕上げにお粉は欠かせません。 質感は大事ですね。 手のひらサイズの専用パフがふわふわで、とても気持ちいいです。 お粉、というとパサつき感が気になりますが、江原道のフェイスパウダーには、保湿のためのヒアルロン酸&天然シルクが配合されているということで、お粉なのにしっとり感もキープ、という高度な合わせ技をやってのけてくれるそうです。 これで、江原道ベースメイクの完成です! さすがに江原道化粧品。 この肌の質感はほかの化粧品にはなかなか出せない感じです。 ちなみに、「首と顔の境目にもフェイスパウダーをなじませるように」という教え(CD指導)のためか、いきなり顔だけ色違い、という感じにはなりませんでした。 自然なツヤ感と立体感、とっても気に入りました。 毛穴が呼吸できていない、という感覚はまったくなく、素肌のときと変わりなくいられる、というのが心地よいです。 女優さんというのは、始終撮影の間、ドーランのような濃いメイクをつけっぱなし、というイメージだったのですが、この江原道化粧品なら、長時間の撮影にも耐えられるでしょうし、メイク直しの回数も厚塗りの恐れも減るのでしょうね。 女優さんが江原道化粧品を手放せないワケが、本当によく分かりました。 比べ物になりません。 余談ですが・・・江原道化粧品を使用して一日経過!はたして汗をかいた後の崩れ具合は? 2時間ほど直射日光のあたる場所にお出かけして、帰宅直後のショット。 女優さんも滝のような汗をかきつつ炎天下で過酷な撮影を続けるとのことでしたが、江原道化粧品の底力やいかに? 実は、メイク直しツールは一切持たずに出かけました。 汗がにじむくらいの陽気。 もちろん、あぶら取り紙もナシ。 でもこのとおり、アゴ下もテカリなし。 首筋やデコルテにもパウダーをはたいて出かけたためか、顔以外の部分もテカリ0です。 それにしても、すごい時代です。 一般人に、女優さん御用達化粧品が解禁される時代。 生まれながらにして、美肌の女優さんもいらっしゃいますが、もちろん肌悩みの多い女優さんだってたくさんいらっしゃるワケです。 そのあたりは、一般人の肌悩みとなんら変わりはありません。 しかも時代はハイビジョン。 映画の近接撮影だってあります。 毛穴ひとつない陶器肌を作る必要があります。 そのパーフェクトで崩れない陶器肌を作るのが、江原道化粧品だったんですね。 すでに1980年代から、いろんな映画や女優さんの美肌を、陰ながら支えてきた江原道化粧品。 スゴイ筈ですね。

次の