乃木坂工事中3期生。 乃木坂工事中 3期生PR大作戦 まとめ!【1週目】

【乃木坂46まとめ】設楽工事中、3期生の出演無し

乃木坂工事中3期生

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。 その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。 第52回となる今回の観測期間は2月3日(月)〜2月9日(日)。 バレンタインデーも間近に迫ったこの時季。 2月9日(日)の『乃木坂工事中』(テレビ東京)では恒例企画「妄想恋愛グランプリ2020」がオンエア。 夜のオフィスを舞台に、OL役の田村は先輩男性社員役の白石麻衣に対していじらしいほどの乙女心を見せます。 劣等感にさいなまれ自分を責める田村の口を白石がそっと人差し指でふさいだ場面は、まさに胸キュン映画の1シーンを見ているかのよう! 憧れの先輩に接近してうろたえる表情や上目遣いで先輩を見つめる表情など、田村の恋する演技も絶品だなと思いました。 2月3日(月)放送回の家電量販店ロケでも、カメラ売場での即席撮影会でMC・さらば青春の光から「キメ顔をしてほしい」とイジられ、露骨に不機嫌そうな表情をしながら「本当に言ってます!? 」と拒否反応(でも結局最後はカメラに向かってばっちりキメてプロ根性を見せていました)。 さて話は変わって、ラストアイドルの8thシングル表題曲選抜メンバーオーディションバトルがついにスタート。 2月5日(水)の『ラストアイドル「ラスアイ、よろしく!」』(テレビ朝日)ではダンス審査や歌唱審査の模様が放送されました。 18人の枠を巡って41人がしのぎを削る今回のバトル。 町田穂花や畑美紗起、米田みいなといった2期/2期アンダーメンバーが審査で好感触を得る中、これまで中心人物としてラストアイドルファミリーを牽引してきた1期生・阿部菜々実が歌唱審査でつまずくなど波乱の予感!? もしかすると今回のバトルでグループ内の勢力図が大きく変動する可能性もあり、今後の展開から目が離せません。 また、指原莉乃プロデュースのアイドルグループ・=LOVEが地上波バラエティ番組にガッツリ登場したのも先週の大きな出来事でした。 2月4日(火)放送『深夜に発見!新Shock感 ~一度おためしください~』(テレビ東京)に出演した=LOVEは、ピン芸人・R藤本からバラエティ修行を受けることに。 さらに大谷映美里、佐々木舞香、野口衣織、諸橋沙夏の4人はロケにも挑戦。 佐々木はDIYで卓上ラック作りに挑み、火花を散らしながら鉄を切って、曲げて、溶接までやってのけて「ライブに出るより緊張する!」とハイテンション! 昨年念願のオリコン週間シングルチャート1位を獲得した彼女たち。 番組の最後には目標として「今年は日本武道館に立てたら」と力強く宣言。 勢いに乗る=LOVEの姿を地上波で見る機会はこれから増えていくのではないでしょうか? 最後に、2月5日(水)放送『青春高校3年C組』(テレビ東京)では新たな展開が。 なんと、本来ドラマを放送する予定だった4月クールの深夜30分枠を青春高校が埋めることに! 女子アイドル部の齋藤有紗や川谷花音など壊滅的な演技力を持つ生徒を抱え、放送開始まで時間もない状況で果たして実現するのかという不安の声も聞かれますが、個人的には、青春高校が定期公演で演じていた教室コントがとても面白かったので、それをアップデートしたものを地上波で見てみたいという思いがあります。 の番組を簡単な内容とともにご紹介。 4期生が手作りチョコで妄想告白。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

乃木坂の3期生の大園桃子さんなのですが・・・ダメですよね?乃木坂工事中の...

乃木坂工事中3期生

いろいろやっても編集でカットされてこともあるのがテレビ。 今回の堀プレゼンは、 撮れ高が良かったところがあそこだったってことでしょう。 ファンやオタクが変に騒いだら無駄に久保ちゃんに 気を遣わせてしまうしホーリーも気の毒なので、 よっぽどの問題じゃなければ頭空っぽにして純粋に楽しんだ方が メンバーもスタッフも喜ぶんじゃないですかね。 3期生だけで画を持たせるだけの余裕はまだないと思うし、 先輩たちが乱入したり黒幕になってツッコミどころを増やすのは アリだと思います。 ホーリーは場をかき回してカオスにする天才なので、 持ち前のインチキプロモーターキャラで見せ場を作ったのは 結果的に良かったんじゃないでしょうか。 久保ちゃんは生ちゃん級の歌唱力とか、 楽天のチアダンスで6年間鍛えたダンスとか、 プリンシパル2幕最多出演の演技力とか、 そういう秀でた特技を1つでも披露させてもらえば また違った展開になってたんでしょうけど、 あの微妙なトロンボーンの演奏だけだと久保ちゃんがあまり 目だった特技の無い子だと思われかねないし、 設楽さんも拾うのは難しかったと思うので、 ホーリーの「縦笛ピーヒャラ」はあれで正解だったと思いますよ。 それをファンから叩かれるのはちょっと可哀想ですね。 みんな3期生の印象を強めるために一生懸命だったと思いますし。 そもそもあのプレゼンはホーリー乱入と設楽さんの悪ふざけが なかったらバナナマンもイジリ辛かったろうし、 結果として3期生の印象も強まり絵的にも面白かったので 個人的にはけっこう楽しめましたけどね。 プレゼンは確かに3期生の紹介企画ではあるけれど、 同時にバラエティーでもあるので。

次の

乃木坂工事中 3期生PR大作戦 まとめ!【1週目】

乃木坂工事中3期生

いろいろやっても編集でカットされてこともあるのがテレビ。 今回の堀プレゼンは、 撮れ高が良かったところがあそこだったってことでしょう。 ファンやオタクが変に騒いだら無駄に久保ちゃんに 気を遣わせてしまうしホーリーも気の毒なので、 よっぽどの問題じゃなければ頭空っぽにして純粋に楽しんだ方が メンバーもスタッフも喜ぶんじゃないですかね。 3期生だけで画を持たせるだけの余裕はまだないと思うし、 先輩たちが乱入したり黒幕になってツッコミどころを増やすのは アリだと思います。 ホーリーは場をかき回してカオスにする天才なので、 持ち前のインチキプロモーターキャラで見せ場を作ったのは 結果的に良かったんじゃないでしょうか。 久保ちゃんは生ちゃん級の歌唱力とか、 楽天のチアダンスで6年間鍛えたダンスとか、 プリンシパル2幕最多出演の演技力とか、 そういう秀でた特技を1つでも披露させてもらえば また違った展開になってたんでしょうけど、 あの微妙なトロンボーンの演奏だけだと久保ちゃんがあまり 目だった特技の無い子だと思われかねないし、 設楽さんも拾うのは難しかったと思うので、 ホーリーの「縦笛ピーヒャラ」はあれで正解だったと思いますよ。 それをファンから叩かれるのはちょっと可哀想ですね。 みんな3期生の印象を強めるために一生懸命だったと思いますし。 そもそもあのプレゼンはホーリー乱入と設楽さんの悪ふざけが なかったらバナナマンもイジリ辛かったろうし、 結果として3期生の印象も強まり絵的にも面白かったので 個人的にはけっこう楽しめましたけどね。 プレゼンは確かに3期生の紹介企画ではあるけれど、 同時にバラエティーでもあるので。

次の