ゴール キック 新 ルール。 新年度から8人制にも本格適用! 新ルールをおさらいしよう!! <前編>

【2019年度版】ゴールキックに関するルールのまとめ

ゴール キック 新 ルール

ポーランドで開催中のU-20ワールドカップでは、世界中の大会に先駆けて2019-20シーズン向けの新競技規則が適用されている。 新ルールではゴールキックの手続きも変更され、攻撃側の選手 ボール保持側 はPA内でボールを受けることが可能になった。 では、果たしてどれだけ多くのチームがルール変更を生かしているのか。 国際映像を通して調べてみた。 サッカーのルールを定める国際サッカー評議会は今年3月、欧州スケジュールの19-20シーズンに向けた競技規則の改訂を決議し、大幅なルール変更を発表した。 ゴールキックとペナルティエリア内でのFKはこれまで、攻撃側選手がエリア内でボールを受けると蹴り直しになっていたが、新たなルールではこれが認められるようになった。 変更の主な狙いは時間稼ぎを防ぐことだ。 しかし、守備側 ボール非保持側 の選手はこれまで同様エリア内に入ることが許されないため、攻撃側の選手はフリーでボールを受けやすくなる。 一方、エリア内でボールをつなぐ場合は一つのミスが致命傷となるため、リスクも伴う選択となりそうだ。 今回はいち早く新ルールが導入されているU-20W杯で、このルール変更がどのように活かされているかを調べた。 国際映像は全試合放送中の『J SPORTSオンデマンド』を使用。 もっとも、国際映像ではゴールキックのシーンにリプレーが重なる場合が多いため、全てのケースを確認することはできず、例に出した国はあくまでも一例だ。 U-20W杯のゴールキックでは、大きく分けて以下の4パターンが見られた。 おそらく競技規則の改訂前から、GKをポゼッションの起点として位置づけていないチームであろう。 むしろ開幕2連勝を果たしたアルゼンチンは、徹底してエースFWアドルフォ・ガイチにロングボールを放り込んでおり、GL第2節のポルトガル戦ではその戦術が奏功。 ガイチが競り勝ったところから右サイドを崩し、試合を優位に進める先制点が生まれた。 本来であれば自陣からボールをつなぐ戦術を取っているチームも、試合終盤になるとロングキックを蹴っていく傾向が目立った。 また、相手のプレッシングに合わせ、ロングボールを使わざるを得ない場面も見られた。 センターバック2枚がGKの両斜め前に広がり、エリア内でパスを待つ。 これは4バックを採用しているチームに多く見られ、GK若原智哉からDF瀬古歩夢やDF小林友希につなぐU-20日本代表をはじめ、カタールやサウジアラビア、ポルトガルなどが該当した。 もっとも、アンカーの選手もエリア内に入ってくることがあるメキシコ、片方のセンターバックだけエリア外に出ることがあるポーランドやホンジュラスなど、発展形もいくつか見られた。 また3バックを採用するウクライナ、ノルウェーもこの形。 その場合はストッパー2人がエリア内に入り、リベロはエリア外に出て縦パスを待つ。 共通点はいずれも3-1-4-2のシステムを採用していること。 リベロの選手がGKの至近距離に位置取り、エリア内を起点に前後左右へとボールを散らしていく仕組みだ。 もっともイタリアはストッパー2人までエリア内に入り、GKの前方左右に3つのパスコースをつくるという場面もあった。 確認できた限りではコロンビア、フランスの2か国だ。 大きく幅を取ってエリアの左右に両センターバックが待つこともあれば、相手のプレスがない場合は大きく前に出てパスを引き出すこともあった。 その一方で、GL第3節や決勝トーナメントでは互いの戦術を踏まえた対応も進むとみられ、これまでと異なる形を採用するチームや、これまでなかった形にトライするチームもあるかもしれない。 欧州では来季、Jリーグでは8月から導入される新競技規則だが、今後のゴールキックの変化を見極める上でもU-20W杯の事例は重要になりそうだ。

次の

サッカー競技規則改正。FKの壁に関する新ルールの影響はけっこうデカい|Jリーグ他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ゴール キック 新 ルール

例年では後半戦に差し掛かる8月ごろから適用されるが、新型コロナウイルスによる公式戦中断の影響もあり、前倒しで採用されることになった。 主な改正ポイントに加えて、今季のみ暫定的に採用される交代枠の増加などの特別ルールもさらっておきたい。 (文:加藤健一) ————————————————- ハンドの反則を適用する際に、これまでは「腕をどこまでとするか」が抽象的だった。 VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が主要大会で導入されて映像によるチェックが可能になったこともあり、その境界線がどこなのかは度々議論を呼んでいた。 偶発的に腕にボールが当たった場合でも、それが直接得点となる、腕に当たった直後に得点となった場合は反則となるが、「直後」がどこまでに当たるのかが問題となっていた。 実際の現場でも、「直後」と言えないようなゴールのいくつか前のプレーで適用されることがあった。 そこで、今回の改正では「直後」の基準が明確化。 腕に当たったボールが直接ゴールになるか、その本人か味方選手がそのままゴールに入れた場合はゴールが認められない(ハンドの反則がとられる)。 一方で、「直後」でなければ反則にはならない。 つまり、腕に当たった後にドリブルやパスなどでボールがある程度の距離を移動していれば、その後のゴールは認められる。 ただし、これは偶発的に当たった場合のみに適用されるもので、意図的に腕を使った場合はもちろんハンドとなる。 PKでの罰則が整理 ペナルティーキック(PK)では、相手選手がキックするまで、GKは少なくとも片方の足がゴールラインかその上方になければならない。 ラインの後方でも前方あっても、キックする前に動いてしまった場合は反則となり、警告が提示されていた。 しかし、昨夏から導入されたこのルールで警告を受けるGKも多く、昨年の女子ワールドカップでは決勝トーナメントから警告を与える規則を一時的に廃止。 今回の改正では罰則が整理された。 上記のようなGKによる反則があった際、ゴールに入らなかったり、クロスバーやゴールポストに跳ね返ったりした場合、キッカーがその反則の影響を受けていなければ反則とはならない。 このとき、GKは罰せられず、PKが再び行われることもない。 キックをGKがセーブした場合はPKのやり直しとなるが、1度目は注意のみ、繰り返した場合に警告が提示される。 また、GK以外の守備側の選手がキックの前に侵入してゴールにならなかった場合は、その影響の有無にかかわらずPKはやり直しとなる。 なお、キッカーとGKの両方が同時に反則を犯した場合は、ゴールかどうかにかかわらず、キッカーに警告が与えられることになっている。 また、試合の決着がPK戦に委ねられた場合、試合中(延長戦を含む)に与えられた注意や警告はPK戦に繰り越されない。 つまり、試合中に警告を受けていた選手がPK戦に警告を受けても、2つ目の警告として退場になることはない。 同様に、試合中のPKで注意を受けていたGKがPK戦で注意を受けたとしても、警告ではなく1度目の注意となる。 このとき、現在の競技規則では退場となるべき反則をした選手には警告が与えられることになっている。 本来であればレッドカードに値するプレーでも、アドバンテージや素早いリスタートによって攻撃側は決定機を失っていないため、DOGSOにはあたらないと解釈できる。 以下の4つの条件を満たす場合、反則を犯した選手は退場を命じられる。 プレーの方向(ゴールに向かっているか) 2. 反則とゴールとの距離 3. 守備側競技者の位置と数(GK以外に防げる選手がいるか) 4. ボールをキープできる、またはコントロール出来る可能性 今回の改正により、警告が与えられるプレーにもこの解釈が応用されることになった。 大きなチャンスとなるような攻撃を妨害されたチームにアドバンテージが適用されたり、素早いリスタートが行われたりした場合、警告が提示されるはずだった選手に警告が与えられることはない。 リスタートの妨害への罰則 ドロップボールによりプレーが再開される際、チームを問わず、それに参加する選手以外は4m以上離れなければならない。 これまでは、フリーキックやコーナーキック、スローインの際に規定の距離を取らなかった場合、その選手に警告が与えられていた。 今回の改正でドロップボールでも同じように既定の距離(4m)をとらなかった選手に対して警告が与えられることになる。 VAR運用の微修正 明白な判定の間違いや、見逃された重大な事象があった場合、VARは主審に「どのような判定を下すべきか」を伝えることを禁止されていた。 しかし、「最終の判定は常に主審が行う」という原則があるため、判定に対する助言の内容について言及する必要がなくなり、今回の改正ではこの文章を削除している。 また、主審は「レビューを行う前」と「判定を覆す決定をするとき」にモニターを描くシグナル(TVシグナル)をすることが決められていた。 しかし、VARの助言だけで判定を変更する(オン・フィールド・レビューを必要としない)オフサイドやゴールかどうかの判定の際は2度続けてTVシグナルを行うのは不自然であることから、シグナルは1度で十分ということになった。 公式戦での導入からまだ2年しか経っていないVARについて、今回の規則改正はいずれも判定に関わるものではなく、運用面での微細な修正にとどまっている。 GKのハンドに対する罰則 自陣のペナルティーエリアであっても、GKは味方選手からのパスを手や腕を使ってプレーすることができない。 さらに、ゴールキックなどでプレーが再開された後、敵味方問わず他の選手が触る前にGKが再び触った場合も反則となっている。 今回からこういった反則については懲戒の罰則(警告、退場)の対象となることになった。 そのバンドが相手の大きなチャンスとなる攻撃の妨害や得点機会を阻止となった場合は、警告や退場が宣告される。 例としては、GKがゴールキックでプレーを再開したとき、パスが短くなり相手選手に触られそうになってしまい、GK自らボールを再び触ってしまった場合などが考えられる。 オフサイド オフサイドのポジションにいる攻撃側の選手は、守備側の選手のプレーを妨げる動きをした場合を除き、守備側の選手が意図的にプレーしたボールを拾ってもオフサイドとはならない。 たとえば、攻撃側の選手が出したパスを、守備側の選手がプレーした後で、オフサイドポジションにいた攻撃側の選手が受けた場合が当てはまる。 ただ、これまでは守備側の選手の「意図的なプレー」にハンドが該当するのかが曖昧だった。 しかし、今後はハンドを含めた「不正なプレー」も含まれることとなっている。 通常はハンドの反則があれば、プレーが停止されて直接フリーキックやペナルティーキックが相手側に与えられるが、そのプレーが攻撃のチャンスにつながる場合はファウルと同様にアドバンテージを適用することが可能。 守備側のハンドは意図的なプレーなので、攻撃側のオフサイドは取られず、アドバンテージが適用されれば攻撃側はプレーを続けることも可能となる。 コロナの影響による暫定ルール 新型コロナウイルスの感染拡大により、Jリーグをはじめ日本国内の各種サッカー大会は中断、中止を余儀なくされた。 すでに再開された欧州の主要リーグでは過密日程による選手への影響を減らすための暫定ルールが導入されているが、Jリーグでも採用される暫定的なルールを紹介したい。 試合中の交代は3人から5人まで増やされた。 交代の回数は3回までだが、ハーフタイムは交代の回数に含まれない。 たとえば、3回で5人を交代するには、1回に複数の選手を交代しなければならないことになる。 欧州ではベンチ入り人数を増やしているリーグも多いが、Jリーグでは現行通り7名のままとなっている。 また、選手の体調なども試合へのエントリー条件に加えられた。 試合当日は、GK1名を含む14名以上がエントリー可能であれば、試合を開催できる。 基準人数に満たない場合は、村井満チェアマンの最終判断の下、中止か否かの判断がされることになっている。 YBCルヴァンカップでは「2020年12月31日において満年齢21歳以下の日本国籍選手を1名以上先発に含めなければいけない」というルールがあるが、今シーズンに限りこのルールは適用されない。 また、今年度の同大会では決勝戦のみ90分で試合の決着がつかない場合は延長戦が行われるが、その際は交代人数が1名増やされる。 同時に交代回数も1回追加されるが、後半終了時や延長戦のハーフタイムは交代回数に含まれない。 暫定ルールは2020年12月31日までに終了する大会を限定とした暫定措置。 ワールドカップ予選は翌年以降も続くため、日本代表の公式戦では適用されない。 ただし、来年1月1日に決勝が行われる天皇杯では、リーグと同様に暫定ルールが適用されることが決まっている。 また、今シーズンよりVARがJ1リーグとルヴァンカップのプライムステージ(決勝トーナメント)で導入されていたが、再開後は採用されないことが決まった。 短期間での試合消化が優先されたことで、派遣できる審判員の数に影響が出ることが考慮されている。 未曽有の事態により、サッカーは緊急的なルール改正が行われた。 選手やチームスタッフは難しいコンディショニングや選手起用を強いられるが、審判をはじめとする試合を運営する側も同じように難しい対応に迫られている。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

「サッカーを変える可能性」…ルール改正で新たな戦術生むか、先行実施でも注目のU20W杯

ゴール キック 新 ルール

VARの導入などに影響されて、またもや大きくルールが変更されました。 国際的には2019年6月1日 から適用されています。 Jリーグでは2019年8月2日の第21 節から適用されており、新ルールに慣れてきた人も多いことでしょう。 しかし、草の根でサッカーをする子どもたちの試合では、まだ適用しきれていないのでは? 日本サッカー協会は、U-12となる小学生年代が主に行う8人制サッカーのルール改正適用を「遅くとも2020年4月1日」と定めており、新年度からすべての大会でルール改正が適用されることになります。 競技者としてはまだ新ルールに慣れていないという子どもたちもたくさんいれば、審判員として新ルールに自信がないという監督やコーチ、保護者の人たちも多いことでしょう。 ハンドや交代など多くのルールが改正された今回の新ルールについて、2月に発売したサカイク初のMOOK「」でご紹介いたしましたが、ご覧になっていない方のためにも改めて紹介します。 新年度を迎える前におさらいしておきましょう。 今回の改正で、ある程度が明確になりました。 そのポイントに、以下の2つが挙げられます。 基本的な考え方に変更はありませんが、たとえ意図がなかったとしても、手や腕が肩よりも上がっている不自然な状態、手や腕を大きく広げている不当な状態だった場合に、ボールが当たればハンドと明文化されました。 先に挙げた判断材料は関係なく、手や腕に当たってゴールとなった場合、手や腕に当たった直後のプレーで得点あるいは得点機会を得た場合はすべてハンドとなります。 上記の場合を除き ハンドとならない状況として、当たることが避けられなかった場合が挙げられます。 それは先に挙げた判断材料に沿って判定されますが、主に ボールとの距離がポイントになります。 もうひとつは、スライディングなどで倒れたときに体を支えるための手や腕に当たった場合です。 これも不自然な位置とは考えにくいためハンドにはなりません。 それによって、いくつかのルールが変更になっています。 相手競技者が意図的にとどまってボールを奪おうとした場合は、 ゴールキックのやり直しになりますが、その相手競技者に対して 警告などの罰則はありません。 また、今回の改正でゴールキックでもフリーキックと同様に、 クイックスタートが認められるようになりました。 ゴールキックについてはルール改正後は意図的にペナルティーエリア内にいるかどうかがポイントで、相手競技者がペナルティーエリア内にいたとしても、ボールを蹴ってインプレーにすることができます。 この場合、ペナルティーエリア外へ出る時間がなく、意図せずにとどまっていた相手競技者がボールを奪いに行っても、 ゴールキックはやり直しにはならず、そのままプレーは続行されるので注意が必要です。 主審が認めた場合を除けば、タッチラインであろうとゴールラインであろうと、素早くピッチ外へ出ることを義務づけられました。 ただし、 これは11人制に限ったルールとなります。 8人制の場合、そもそも自由な交代が認められています。 その代わりに、センターライン付近にある交代ゾーンからピッチに出入りすることになっています。 ですから、交代に関するルールは、8人制の場合にはこれまでどおりとなります。 ただし、 GKの交代に関してのみ変更となっています。 ピッチ外の競技者とGKが交代する場合は、アウトオブプレーになったときに主審に知らせ、許可を得たら 退くGKは最も近い境界線からピッチ外へ出なければなりません。 代わってピッチに入ってくるGKは交代ゾーンからピッチへ入ります。 また、ピッチ内にいる選手とGKのポジションを交代する場合は、これまでのルールと同じでアウトオブプレーになったときに主審に知らせ、許可を得て入れ替わります。 今回の改正では、この交代のルールが 11人制と8人制で最も大きな違いとなっています。 また、 ドロップボールが適用される状況も追加されることになりました。 これまで 「審判は石と思え」と言われ、 審判員にボールが当たってもプレーは続行されていましたが、これからはドロップボールとなります。 審判員にボールが当たり決定機になる可能性がある場合、直接ゴールに入ってしまった場合、ボールを保持するチームが替わってしまった場合、この3つのうち、いずれかに当てはまったときに主審はゲームを止めてドロップボールを適用します。 後編でもこの機会に知っておいてほしい新ルールをご紹介しますのでお楽しみに。

次の