パメラ イェーガー。 2017年08月 : とにかくいろいろ語るブログ

【ドラプロ】パメラが転ぶと、とんでも演出が!?

パメラ イェーガー

かつては忍びの主流と呼ばれるも滅んだ一族の生き残り。 金色の右目と銀色の左目を身体的な特徴としており、当初は右目に1つしか能力をストックできなかったが、後に左目が覚醒を果たし、激しい消耗と引き換えに「魔門流儀」として2つ同時に再現可能となる。 そして、弾正の抹殺に伴い封印が解かれ、対象を右目から取り込むことでその相手に変化する「真・魔門」の能力を取り戻す。 対魔忍・魔族・米連のいずれにも従属せず第4の勢力となって頂点に立つためには、卑怯な戦法も無様な命乞いも囮になることも必要ならばためらわず、様々な身分を偽ったり、ゆきかぜやアサギなどの敵対者に化けて敵地に潜入したりもする。 巨根かつ精力絶倫で、自らが得意だと自負するほどの性技とあらゆる手段を用い凌辱して懐柔させる情け容赦のない性格をしている。 一方で、執事の時子とは誰よりも深い信頼関係で結ばれており、その時子に危険が迫った時は身を挺することもいとわない。 「ふうま 小太郎」という本名は、「頂上決戦 闇に足掻く者」終盤にて初めて呼ばれており 、それまでは「お館様」や「ふうまの頭領」など、様々な呼称で呼ばれている。 一人称は「俺」。 ふうま 時子(ふうま ときこ) 声 - 小太郎の異母姉 で、彼を「お館様」と呼び常に従順に付き従う。 母は弾正の愛人であり、生まれてすぐにふうま家当主の執事の家に養子に出された。 「ふうま七衆」の一人に名を連ねてからは魔性の力に覚醒し、()状の文様が額に浮かぶようになった。 魔性の力に目覚めたことで得た邪眼「千鬼夜行」では、空中からくないをだすことができる。 また、魔性の力に目覚めた結果、小太郎への独占欲が強くなっている。 普段はストレートのロングヘアだが、対魔忍として活動する際はにする。 桐生 美琴(きりゅう みこと) 声 - 桐生佐馬斗の姉で、同じく魔科医。 対魔忍に協力していた が、小太郎に敗れて手篭めにされてからは、ふうま一族のために魔界医術の腕を振る舞っている。 ふうま七衆 小太郎の配下となる七人の女性幹部達。 弾正のふうま八将とは異なり、若いさくらたちがお遊びで名乗っているだけである。 ラークシャシャ 声 - 星もえる 鬼族の女性。 のちにふうま七衆の一員となり、時には護衛として小太郎に同行する。 リーナ 声 - 烏丸そら ノマドの騎士軍に所属していた少女。 初登場時は貧弱だったものの、小太郎を倒すべく努力を重ね、嵐騎の二つ名を授けられるほどの実力を得た。 その後、紆余曲折の末にふうま七衆の一員となる。 頭は悪いが、一途なところがある。 また、魔界騎士時代に自らを律する厳しい生活を送ってきた反動で、ふうま七衆の一員となって以降は堕落した生活を送っている。 アルベルタ 声 - 下級魔族ダークエルフの女性。 バロネス・メイジーによって兄を食屍鬼に変えられた過去を持ち、メイジーの敵討ちを代行してくれると約束した小太郎に忠誠を誓っている。 小太郎の愛人である一方、工作員としての顔を持ち、情報収集のために娼館に勤務している。 ミシェア・シルキース 声 - 米連の超能力兵士。 若いさくら(井河さくら) 別次元における若いころのさくら。 五車学園の1年生で、アサギと1歳しか離れていない。 若い紫と同様にブレインフレーヤーによって別次元から拐われてきたが、諸事情で帰れなくなった。 もしも五車にいる大人の自分・姉・紫に出会ったらを招くかもしれないため、帰る手段の調査の代行や衣食住の世話をしてくれる契約を小太郎と結び、闇のリゾート都市「アマハラ」にあるホテルで人目を避けて暮らすになり、同時に小太郎の影の中に潜む懐刀として「ふうま七衆」の一人に名を連ねる。 その際、若い紫からは順番が後だからということで泥棒ネコ呼ばわりされている。 若い紫(八津紫) 別次元における若い頃の紫。 ブレインフレーヤーによって別次元から拐われ監禁されていたところ、まだ一匹狼だったラークシャシャから小太郎を助けたことで知り合った。 記憶喪失の小太郎と出会った際は、彼の口癖が「やれやれだ。 」ということから、彼のことを「やれ男(おとこ )」と呼んでおり、若いさくらにあだ名の由来を勘ぐられた際は「(敵に)ヤラれそうだったからヤラれ男、つまりヤレ男と呼んだんだ」と言い訳している。 小太郎との共闘の中で、裏切り者のふうま一族ではないかと薄々気付いていたものの、惹かれる気持ちが勝り、最終的に元の世界に戻るまでの束の間ながら相思相愛の仲になった。 その後自力で新たなブレインフレーヤーを捕らえアサギの許可を得て若いさくらの目付役を名目上に次元を超え、クローンアサギとの初戦で窮地に陥っていた小太郎の前に現れ再会を果たしてからは、小太郎と肉体関係を結んだ。 その際、自分は先だったから正妻だと主張してふうまの組織に加わり、さくらと共に「ふうま七衆」の一人に名を連ねる。 レーベ・サフリー 声 - 大鎌使いの戦闘狂。 当初は米連に売り込み、兵士として活動していたが、あらゆる勢力を敵に回すふうまに惹かれ、鞍替えした経緯を持つ。 戦闘だけでなく、男を犯すことも好む。 ルネ 声 - ロボット研究者。 当初は米連についており、複数回にわたって友人のセシリア・チェロ救出を試みた末 、資金難から小太郎の軍門に降る。 パメラ・イェーガー 声 - 瀕死の兵士の四肢をアンドロイド化する形で、ルネが開発したテスト兵器。 天宮紫水 声 - あかしゆき 元ふうま一族の下忍。 知識欲が強く、図書室でたくさん本が読めるからという理由で、五車学園に通っている。 自然に存在する波動のエネルギーをガーディアンとして実体化して操る忍法「波遁の術」を持つ。 A-66・ルーナ 声 - 魔希子 特殊兵器アルテミスを制御する存在として、人工的に作られた少女。 セシリア・チェロ 声 - 米連が遺伝子操作で生み出した強化人間の少女。 複数の兵器を転送・操縦することを可能とする一方、能力の発動にはカロリーを大幅に消費するため、常にお菓子を食べ歩いている。 ミナサキ 声 - 葉月まぁち ヤタガラス族の少女。 他のヤタガラス族同様、一度でも会ったことのある者の位置を関知する能力を持っている。 リリム 声 - ミナサキの悪友であるサキュバス。 他人の夢の中に入って改変したり精気を奪う能力を持つ。 小太郎に敗れて以降、ミナサキと共に何かと彼にやっかいごとを持ち込んでくる。 ハツカゼ 「魔界美食紀行」にて、小太郎と会ったヤタガラスの少女。 「魔界美食紀行」の終盤で小太郎についてくる形で地上入りを果たし、リリムとハツカゼの妹分となる。 この時点ではまだ子どもだったため、頭部がカラスのままであり、しゃべることができなかった。 その後、「鉄華院カヲルの逆襲~後編~」にて、急成長を遂げ、ハツカゼと名乗る。 姉貴分二人の影響で「むふんむふん」と偉ぶった態度をとる一方、二人ほど悪知恵が働くわけでは無く、基本的には素直な性格をしている。 また、頭部がカラスである子どもの姿に戻ることもでき、その際はタンパク質をも溶かす猛毒を出すくちばしが武器となる。 アンジェ 声 - 米連出身の強化人間の少女。 「Tentacle Storm~魔科医の依頼~」にて小太郎らに捕らえられ、彼の軍門に降る。 アスタロト 声 - 獄炎のアスタロトの異名を持つ上位魔族で、魔界にある灼熱の大地を治めている。 自分より強い男を捜して人間界を訪れており、小太郎をペットとして気に入っている。 登場する度に衣装が替わっており、「獄炎の女王と囚われ猫」ではお月見パーティー中の部下から奪ってきたバニーガールの衣装を着ていた。 ふうま弾正一味 ふうま 弾正(ふうま だんじょう) 小太郎および時子の父親。 また目を合わせずとも傲眼の1つを飛ばして埋め込み、何らかの精神的な弱みを虜にできさえすれば、同じように支配することもできる。 その後、クローンアサギを利用したり淫魔の王と同盟を結ぶなど準備を進め、自身の不在中に当主として台頭した息子も含めて地獄に堕とすべく表舞台に現れる。 その後時子を拉致すると、時子に化けさせたを息子の元に送りスパイさせ、儀助に命じて性的調教を行わせる。 最終的には神村舞華の爆炎の能力によって頭部を爆砕され死亡し、息子にも隠していた魔門の封印が解除されることとなった。 ふうま 儀助(ふうま ぎすけ) 弾正の従者兼直属の拷問師。 ふうま姓を名乗っているものの、実際は下忍の出身である。 幼少時より、時子に思いを寄せていたものの、自らの容姿と小太郎に対するコンプレックスから、愛憎へと変化する。 かつて小太郎がまだ弾正に従っていたころから時子を我が物にしようと狙っており、弾正によって拉致された時子に多大なトラウマを与える性的調教を施したが、最終的には救出しにきた小太郎に鉄拳制裁された。 ふうま 災禍 声 - 弾正の秘書。 目を合わせた相手の現実認識能力を改変する邪眼を持つ。 ふうま天音 声:一之瀬さくら 弾正の執事。 物理エネルギーを吸収・放出することができる「邪眼・動転輪」を持つが故に、家族から恐れられていた。 一方で、親戚に当たる弾正には気に入られており、彼に対する忠誠心の強さにもつながっている。 その他ふうま一族関係者 心願寺龍 声 - 紫乃 心願寺家の一員で、「五車の森の龍と猟兵」の際には小太郎たちの案内役を務めた。 ふうま一族を抜け、対魔忍についた後は、傭兵として活動している。 愛刀・十六馬首を武器とするほか、金属を自在に変化させる能力を持つ。 鉄華院カヲル 声 - ふうま八将の一つである二車家の下忍者・鉄華院家の当主であると同時に、二車家の当主代行を務める女性の対魔忍。 罪悪感の大きさに比例して重量が増す鎖を生み出す鎖遁の術を使う。 アミダハラ アンネローゼ・ヴァジュラ 声 - 宮森ゆう 関西にある廃棄都市アミダハラに住む魔女で、ミチコ=フルーレティを使い魔として従えている。 ノイ・イーズレーン アミダハラの顔役である老婆。 小太郎側とアサギ側の仲介役として時子から慕われるなど、友好関係を結ぶ。 李 美鳳(リー・メイフォン) アミダハラを拠点に活動する殺し屋で、縄標を得物とする。 ノイの依頼から請けた魔界の海の魔獣「ジェリー」絡みの仕事で紹介され共闘する。 実は甲河朧の実妹 にあたる元対魔忍 であり、この名前もである。 また、その姉のかつての肉体から生じた朧からは、殺意を向けられている。 アイシュワリヤ・レイ 魔界出身の占い師で、アンネローゼの仲間。 姉にアヌーシュカ・ライ(声 - )がいる。 対魔忍 井河アサギ 声 - 五車学園の校長を務める対魔忍で、対魔忍の中でも最強と名高い。 弾正が当主だったころのふうま一族を凋落に追い込んだ過去があるため浅からぬ遺恨を残しているが、その息子の小太郎とは初対面の共闘以降「敵の敵は味方」のような距離を保っている。 時子の媚薬チョコ騒動では朧を退け横取りするも、小太郎にチョコを誤飲させられ撤退した。 さくら失踪中に偽情報を流し再度拘束を狙うが、天宮紫水の介入で失敗し仮面の対魔忍との同盟も解消した。 一方、小太郎の仲間になっている若いさくらと若い紫にとっての元の世界=別次元のアサギは2人の時空超えをさほど問題視せず容認しており、小太郎から「ずいぶん違う性格をしている」のように評されている。 またさくらと1歳しか離れていない。 井河さくら(大人のさくら) 声 - 黒岩心々 アサギの妹。 八津紫(大人の紫) さくらの相棒。 エドウィン・ブラックによって強制的に魔族に覚醒させられ暴走していたところを助けられて以来、小太郎と面識を持つ。 桐生美琴がふうまに組する契機になった強化人間のアンジェ率いる米連部隊の襲撃では防戦した。 兄に同じく対魔忍の八津九郎がいるほか、妹の愛子(声 - )は対魔忍を辞し、東京のスラム街で便利屋をしている。 桐生 佐馬斗(きりゅう さばと) 五車学園で腕を振るう魔科医。 一方で、小太郎側についている姉・美琴には頭が上がらず、度々命令(脅迫)されて小太郎に協力している。 また、紫を偏愛しており、彼女の手作りチョコを強奪してもらうなど、小太郎には個人的な依頼をしている。 また、姉への恐怖心を克服すべく、自分の脳を改造して姉に関する記憶を消そうとすることもあった。 クローンアサギ 声 - なかせひな 井河アサギのクローンの一体で、『対魔忍アサギ外伝 the Nightmare』に登場した個体とは別人。 本来のアサギよりも若々しさを残しており、両腕と両脚が義肢で、黒紫色のだけを纏い、左上腕と右太股にを装備している。 小太郎と弾正の対決の際、その場にいたアスカとの対決の末、、四肢と左目は失うも生存しており、密かに回収され美琴の元で治療が続けられていた。 さらに、小太郎と友好関係を築き、身体のと引き換えに美琴の研究に協力するようになる。 水城 ゆきかぜ 声 - 対魔忍のエースの1人。 「対魔忍だって夏祭り」にて、五車町で催された(という体の戦闘訓練)で教官の一人を務めた。 野望のため動き出して間もない小太郎と篠原まりの戦いに加勢で現れた。 高坂 静流 声 - 花南、蝉時雨(「【鏡花水月】高坂 静流」の前期 ) 同胞に命を狙われ亡命を希望しにきたブレインフレーヤー「アルサール」、別次元の花嫁姿の若いさくら・仮面の対魔忍、本来の若いさくら・仮面の対魔忍などによる異空暴走事件の直前に、リリムによって見せられていた夢の中における五車学園の教諭として初登場。 前園 桃子 Chapter1にて登場。 扇堂 なずな Chapter4にて登場した対魔忍。 四篠 如月 声:中野志乃 チャプター8にて登場。 身体を硬化させる忍法を使う対魔忍。 殺人を好んでおらず、薙刀の技を棒で使う。 非常に義理深い性格をしている。 宵町 朱莉 声:あかしゆき 自分と同一の分身を生み出す忍法「肢体分身」を使う対魔忍。 「魔笛と増える対魔忍」では新たな力に目覚め、異なる人格を持つ三体の小さな分身を生み出し、使役する「朱莉三将軍」を用いる。 なお、朱莉本人は間抜けである。 九十九里 紫音 他者を操る笛を武器とする対魔忍。 甲斐原 菜央 声: 五車学園の生徒 木遁の術を使い、その一環として植物の種に対魔粒子を注入してマンドラゴラにして使役する。 周囲からはカイワレというあだ名がつけられている。 杉山愛美 木遁の術を使う対魔忍。 「逢魔時の逃走」では菜央から野菜を安く買おうとしていた。 詩嶋麦 声:手塚りょうこ 対魔忍粒子を鎧として身体にまとう忍法を使う対魔忍。 なかなか忍法を使えず苦労していたが、窮地に陥った際に忍法に目覚めたという経緯を持つ。 正義のヒーローに憧れているが、敵の挑発にのりやすい。 由利 翡翠 声:紅月奏美 相手から力を吸い取る「合食の術」を使う対魔忍。 吸い取った力は魔科医によって身体に刻まれた魔紋に蓄えることができる。 大島雫 声 - 水瀬優奈 肉体強化を使う対魔忍。 上原 燐 声:中野志乃 五車学園で臨時講師として野外線を受け持つ対魔忍。 珠方院 沙夜花 声:沢代りず 対魔忍の少女。 自分を傷つけた相手の感情を吸い取る忍法「心はぶりの呪花」を有しており、これを地元の有力者によって悪用され、長期間虐待を受けていた。 このため、心身共に傷を負っていた。 身近に接した虐待者以外の異性である田中先生こと小太郎に対し、自分でも理解できない感情を抱いている。 黒田巴 声:青葉りんご 対魔忍の名家の令嬢。 近接戦闘の名手であり、戦闘教官の蓮魔零子に憧れている。 零子がふたなり改造を受けた後も慕い続けており、「鋼鉄の死神とフタナリ教官」のエピローグでは小太郎にふたなり改造を受けている。 蓮魔零子 五車学園に戦闘教官として勤務する対魔忍。 小太郎の手によりふたなり改造を受けている。 白瀬 楪 声 - 五車町在住の対魔忍で、紫の手作りチョコ騒動の際に、紫から援軍として呼ばれた。 他人とのコミュニケーションが苦手で、高圧的になってしまうことに悩んでいる。 葛 黒百合 声 - 鈴音華月 紫の顔見知りの対魔忍で、紫の手作りチョコ騒動の際に、紫から援軍として呼ばれた 雨垂 ナツメ 声 - 疾風はる 房術を使う対魔忍。 「ダブル・パワープレイ」ではノマド関係者の暗殺のため、高級料亭に潜入していた。 眞田 焔 声 - 疾風はる 火遁衆の3番隊の筆頭を務める対魔忍。 愛用の槍には噴射口がついており、火遁による推進力で飛び回ることが出来る。 味方を巻き込むことを厭わないほど好戦的な性格をしている。 米連のノエル・ルノアールとは合同演習を通じて親しくなった。 神村 舞華 声 - 佐倉もも花 最強の火遁使いとして知られる対魔忍。 ヤンキー気質だが、正義感が強い。 また、ギャルに憧れている。 隼人学園の教諭である東は姉にあたる。 柳六穂 声 - 瀬名ゆず希 体内で毒を生成する「血流毒化」を使う対魔忍。 彼女の家系は、触れた相手を誤って殺してしまうことから、代々近親婚が繰り返されており、それが本人の鬱屈した性格形成にもつながっている。 美戸理珠奈 声 - 雨津さえ 自らの周囲の音を消す「無音域」を使う対魔忍。 カーラ・クロムウェルおよびその関係者 カーラ・クロムウェル 声 - 「女王」と呼ばれる純血種の吸血鬼。 魔族と人間が共存する世界の実現を目指すであり、眷族ながら正反対のエドウィン・ブラックとは対立関係にある。 上原 北絵(うえはら きたえ) 対吸血鬼ハンター育成機関・私立隼人学園の理事長であり、対吸血鬼用の術者。 一方で、カーラとは以前から懇意の間柄で理解者でもある。 神村 東(かみむら あずま) 声 - カーラの盟友。 隼人学園の教諭で対魔の「鬼切」を得物とする吸血鬼ハンター。 妹の舞華は対魔忍である。 マリカ・クリシュナ 声 - カーラ王家に代々仕えてきた腹心かつ、「死神」と呼ばれる暗殺騎士団の実力者で状の得物の使い手。 ノマド エドウィン・ブラック 多国籍企業ノマドの代表を務める吸血鬼。 朧 声 - 児玉さとみ ノマドの大幹部で、ブラックの側近。 ブラックによって吸血鬼となった経緯を持つ。 フュルストによるさくら誘拐事件では、小太郎にフュルスト打倒の鍵となる「魔女の涙」の情報を教えるなど協力したが、奪還時の陽動作戦兼行き掛けの駄賃で強襲されセラステスと紫の相手をした。 イングリッド 声 - 榊木春乃 ノマドの大幹部かつブラック腹心の秘書。 魔剣ダークフレイムを得物とするほか、光学迷彩能力を有している。 スネークレディ 声 - 佐倉もも花 エドウィン・ブラックの友人。 ナーガ族の族長だが、NEOカオス・アリーナの選手兼プロモーターとして活動している。 量産型沙耶 『アサギ2』に登場した人工魔族・沙耶のプロトタイプが脱走して野生化した存在。 なお、「対魔忍だって夏祭り!」に登場した沙耶NEOとは別人である。 フュルスト ノマドの幹部の一人で、朧とは対立している。 フェリシア 声 - 木多野あり エドウィン・ブラックの娘で、紅の妹。 バレンティア 声 - 疾風はる ブラックの部下のダークエルフで、一次は鉄華院カヲルに協力していた。 ノマドの高級娼館の経営者でもあると同時に娼婦でもあり、情報通としての顔を持つ。 二つの呪文を複合することを得意とする。 また、サディストで、調教を好む。 ロージィ・ザ・ファントム 声 - 青葉りんご メス豚娼館の店長。 怪盗を自称する一方、強姦目的で人身売買組織から奴隷の女性を盗んでいる。 米連関係者 ブルーラビット 声 - 柄あゆり 米連の軍人で、魔薬「DMMA」を取り扱う。 ジェリー 声 - 佐倉もも花 アミダハラを荒らした魔法生物。 相手を麻痺させる触手を使う。 ジェーン・ブラッドロー Chapter2にて登場。 米連の新型兵器ウィンド・アサルト・システムの適性者 リック・ミリアード Chapter5にて登場した米連の軍人。 ムーンウルフ 声 - Chapter7にて登場。 狙撃を得意とする米連の暗殺者。 あらゆる見抜く右目を持ち、「月に踊る狼」の異名で知られている。 オリガ=アレクセエヴナ=パヴロヴァ Chapter10にて登場した、米連の軍人。 透過能力を有している。 セドナ・アルストナ 声 - 早瀬ゃょぃ 米連の暗殺部隊の隊員。 ユフィ&ソフィ 声 - 有賀桃(ユフィ) &三十三七(ソフィ) 米連が生み出した人造魔族の双子の姉妹。 様々な魔族を掛け合わせて作られたものの、鬼族の性質が色濃く出ている。 姉のユフィは目が見えないため、常に目を閉じており、回復と防御を主とする一方、妹のソフィは戦闘を得意とする。 二人ともわがままだが、小太郎になついて以降は破壊活動や戦闘を行っていない。 イーオ・オライオン 声 - サテライト(軍事衛星)の異名を持つ女スパイ。 イーリス・ウィザード14 声 - 花南 ウィザード計画によって製造された鬼族のサイボーグ。 KINGS-3テスラ 声 - 鶴屋春人 米連の特務機関"G"が開発したサイボーグ・KINGSナンバーの一人。 実体のない四肢に代わり、強力な磁力によって引き寄せた金属を巨大な手足として操る。 なお、彼女以外のKINGSナンバーのサイボーグ11体はレアリティNのカードとして登場している。 ノエル・ルノアール 声 - 佐倉もも花 米連の南方軍特殊作戦部隊の指揮官。 ずば抜けた指揮能力で中将に上り詰めた経緯を持つ。 雪那・グレイス 声 - 有賀桃 肉親を魔族に殺された米連の少女。 研究者だった父の残した兵器・ムジョルニアを得物とする。 クレシア・オルテンシア 声 -鶴屋春人 米連の軍人。 ふうま八将の一つである心願寺家の一員で、かつては対魔忍としてふうま一族の長を務めていた。 対魔忍を辞した後は従者の槇島あやめとともに実父にして宿敵のブラックを追っている。 「ヨミハラ動乱」にて、ふうま弾正の策によってブラックの細胞を埋め込まれた小太郎を狙う。 吸血鬼の血を引いているため若々しい容姿をしているが、実際は弾正と同世代の人物である。 「元気ウサギたち、疾走する!」の時点では米連に渡っている。 槇島あやめ 声 - 伊東サラ 紅の従者。 紅の眷属の吸血鬼となり、主と共に対魔忍を辞した。 「元気ウサギたち、疾走する!」の時点では、主と共に米連に渡っている。 レッドライン 声 - 蘭時生 米連の兵士。 小太郎による調教を逃れ、報復を図っている。 キア・マリーク 声 - 星もえる 米連の科学者。 カヲルに協力し、一週間で死に至るウイルスを提供した。 ウイルス以外にも、自作のスーツ型の兵器「ナノアサルトドレス」を着用している。 防衛科学研究室(DSO) 仮面の対魔忍 声 - 児玉さとみ 米連の防衛科学研究室(DSO)の日本支部代表を務める女性。 沙耶NEOを連れ戻すために小太郎とトミハラで共闘して以来、様々な出来事を通じて小太郎と度々顔を合わせるようになる。 正体は甲河一族の生き残りである甲河 朧であり、ノマドの朧の肉体の本来の持ち主である。 他者の肉体を乗っ取る忍法「空蝉の術」で生きながらえてきたが、忍法のデメリットである「魂の寿命」については、遠からず尽きるかもしれないと自覚している。 甲河アスカ 声 - 仮面の対魔忍の部下である、元対魔忍の女サイボーグ。 光学迷彩をはじめとする装備に加え、風遁の術を用いた空中戦を得意とする。 仮面の対魔忍同様甲河一族の生き残りであり、両親を亡くした後はアサギによって育てられた。 小太郎と弾正の決戦ではクローンアサギと戦い、対魔ブレードを折られアンドロイド・レッグを斬り飛ばされるも対魔超粒子砲によって瀕死に追い込み勝利した。 弾正の死後は、同時多角兵装を装備して、監視下から逃れた小太郎を追うが、リリスを利用した守護魔法に最大攻撃を防がれ形勢不利となり断念した。 沙耶NEO(さやネオ) 声 - 川瀬ゆづき 米連がうみだした人工魔族。 元となった『アサギ2』での沙耶とは似ているものの、クモ型怪物への変身能力は持たないなど、別の存在である。 また、登場人物を責めるのに使う触手も機械式になっている。 瞳の色は赤だが魔力を下げられると金色(黄色)に変わる。 近距離に限るが強制的に無力化できる特別なリモコンも開発されている。 二度にわたって仮面の対魔忍の管理下から脱走しており、そのたびに連れ戻されている。 その他 吸血鬼のアサギ 声 - 中瀬ひな 別世界におけるアサギ。 元の世界ではエドウィン・ブラックとともに吸血鬼の始祖として君臨している。 賢者の石と米連が開発した制御装置を組み合わせて小太郎達のいる世界を訪れ、その世界のアサギたちと対峙するが、装置の弱体化に伴い撤退する。 志木 麗佳(しき れいか) 声 - 陰陽騎士・柳生 トワコ(声 - 瀬名ゆず希)に仕える女執事。 時子とは幼馴染であり、時々、時子の助っ人として登場する。 ギニヨル=ファウスト 声 - 白瀬ほなみ 500年以上前に、魔術師ファウストが作り上げた7体のゴーレムのうちの一つ。 他者を人形に変える能力を有しており、世界をかわいいもので満たすべく、異世界から訪れた。 犬神・ヌイ 声 - 榎津まお 神として畏怖されている、山犬の妖怪。 過去に対魔忍の祖先となる人物に首輪をはめられる形で封印された後、不完全な状態で現代によみがえったため、幼い姿をしている。 その後、戌年の正月を迎え、力の一部が解放される。 シュヴァリエ 声 - 紅月奏美 魔界の子爵。 政争への関心がなく、錬金術の研究に没頭している。 難解な言葉遣いや、自分の名前を一人称とするなど奇抜な言動が目立つが、性格は理知的である。 ワイト 声 - 宮森ゆう 死霊(レイス)族の長「屍の王」の配下である死霊騎士(レヴァナント)で、「黄夜叉」の異名を持つ。 対象の記憶を読み取り、成り済ますことにたけているほか、死霊騎士共通の能力として、死霊を使役することができる。 クラクル 声 - 藤井ねここ ヨミハラ在住の猫の獣人。 気ままな性格で、小太郎のアジトにも出入りしている。 彼女の細胞を元に生み出された存在として、カノン(声 - 宮森ゆう)がいる。 リリス 声 - 大魔女を祖母に持つ、高位魔族の少女。 強大な魔力を持つものの、十分に使いこなせていない。 小太郎に対して警戒心をいだいているものの、脳天気かつ世間知らずなところがあり、度々ひどい目に遭っている。 巨乳の持ち主であり、アンジェからはおっぱい魔女と呼ばれている 水城 不知火 声 - ももぞの薫 ゆきかぜの母で、かつては実力のある対魔忍として知られていた。 対魔忍の間ではすでに任務中に戦死したと周知されていたが 、実際は政治家・矢崎の奴隷娼婦となっており 、「堕ちし幻影の不知火」では、矢崎のバックについている淫魔の王の刺客として登場した。 御堂遥 声 - 榎津まお 思念体の魔族によって憑依・融合された少女。 平穏な生活を望んでおり、人間としての立場を保って生活している。 ラクア 声 - 赤司弓妃 Chapter6にて登場した蜘蛛の魔族。 特定の組織に属すること無く、自らの好きなように生きてきた一方、オークなど一部の種族を見下している。 レイニ・クウィート Chapter9にて登場した魔族。 黄泉秋津 声 - 木多野あり 魔界の忍び・魎魔忍の少女。 グラン 秋津の相棒であるゴーレム。 カオスオーダー 錬金術師が生み出した暗黒物質で、混沌を追い求めている。 一方で、失敗作と言われると落ち込む。 魅龍 トミハラの支配者 である魔女。 連翹あざみ 魅龍の部下である 対魔忍。 髪型はイングリッドの没デザインを元にしている ほか、対魔忍スーツは朧のものをモチーフとしていると同時に、黒百合と対にするためサイドを露出させたデザインとなっている。 また、使用しているクナイのデザインは、美鳳の縄標と似ている。 なお、口元を襟巻き隠している場面が多いが、任務上問題が無いと判断した場合は襟巻きを外している。 ニルニア 声 - 朝香ナツ Chapter3にて登場。 永い眠りの末にアンデッドへと転じた古代の戦士。 アンデッド化した際に痛覚を喪失した一方、性的な感覚は残っている。 森乃 由子(もりの ゆうこ) 声 - 東坂北野学園の教諭。 その正体は「大洋の魔女」の異名を持つ魔女。 双葉・リリー・ラムセス 声 - 青葉りんご 東坂北野学園の2年生で、由子の弟子でもある。 複数のシナリオに登場しているが、いずれも別の次元から来た別人であり、連続性はない。 カテジナ 声 - かかわった男が次々と死んでいく性質を持つ魔女。 ロスヴァイセ 声 - 烏丸そら 高位の鬼族・鬼神乙女<ワルキューレ>の一人で、献身的な性格をしている。 女性しか存在しない鬼神乙女は、自分より強い男としか結婚できず、子を成すことも出来ない。 種族共通の特徴として、全身スーツを着たような姿をしているが、実際はこの姿が全裸であり、性器は任意に応じて露出する仕組みとなっている。 同族にブリュンヒルド(声 - 中野志乃 )がいる。 メルシー 声 - 中家志穂 ケットシーの娼婦。 元々は飼い猫であり、メルシーという名前も飼い主の今際の言葉からとられた。 相手を発動させる能力を持ち、能力はハートマークとして表現されている。 黄龍 声 - 榎津まお 中華連合系の麻薬組織・12天使のリーダー。 TG Smart 2014年11月20日. 2014年11月20日閲覧。 /、17頁。 2014年6月5日. 2015年6月30日閲覧。 2014年12月24日閲覧。 笹山逸刀斎 2014年10月27日. Twitter. 2015年6月17日閲覧。 笹山逸刀斎 2014年7月28日. 2014年12月24日閲覧。 ツイート. Archived from on 2016年3月9日. Retrieved 2019年9月2日 — via. 「運営からのお知らせ『【お知らせ】110万人突破記念キャンペーンのお知らせ』」2017年1月31日16時10分。 2017年9月29日閲覧。 2017年9月22日閲覧。 TGSmart. エンターブレイン 2019年5月16日. 2019年5月31日閲覧。 TGSmart 2014年11月12日. 2019年6月2日閲覧。 TGSmart 2018年1月19日. 2019年6月23日閲覧。 TGSmart 2014年11月5日. 2019年6月2日閲覧。 TGSmart 2017年11月17日. 2019年6月23日閲覧。 TGSmart 2018年3月23日. 2019年5月31日閲覧。 TGSmart 2014年11月21日. 2019年5月31日閲覧。 TGSmart 2015年8月14日. 2019年6月5日閲覧。 こめつぶ 2016年5月31日. Twitter. 2016年6月4日閲覧。 TGSmart 2017年3月3日. 2019年6月23日閲覧。 TGSmart. エンターブレイン 2015年12月20日. 2019年5月30日閲覧。 そのだまさき 2018年9月19日. 2019年9月2日閲覧。 2019年9月2日時点のよりアーカイブ。 2019年9月2日閲覧。 TGSmart 2017年8月11日. 2019年5月31日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 sasalilith 2015年1月8日. ツイート. Retrieved 2019年8月8日 — via. 2019年7月15日閲覧。 2019年7月15日閲覧。 2019年7月15日閲覧。 「 natsumatsurisp」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません• 2019年7月15日閲覧。 2019年7月15日閲覧。 2019年7月15日時点のよりアーカイブ。 2019年7月15日閲覧。 2019年7月15日閲覧。 2019年8月11日閲覧。 2019年8月11日閲覧。 2019年7月15日閲覧。 2019年7月15日閲覧。 2019年7月15日閲覧。 2019年7月15日閲覧。 2019年8月21日閲覧。 2019年9月2日閲覧。 2019年7月15日閲覧。 2019年7月15日閲覧。 2019年8月21日時点のよりアーカイブ。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年8月24日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年8月25日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 TGSmart 2015年10月2日. 2019年6月23日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月2日閲覧。 2019年8月11日閲覧。 2019年8月21日閲覧。 2019年8月21日閲覧。 2019年8月21日閲覧。 2019年8月31日閲覧。 2019年8月31日閲覧。 2019年8月31日閲覧。 2019年8月31日閲覧。 2019年8月31日閲覧。 2019年8月25日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年8月31日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月2日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月5日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 引用エラー: 無効な タグです。 「 TGSmart20180216」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません• 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年6月23日閲覧。 TGSmart 2018年4月27日. 2019年6月23日閲覧。 2019年9月1日時点のよりアーカイブ。 2019年9月1日閲覧。 TGSmart. エンターブレイン 2018年5月18日. 2019年12月7日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2016年11月25日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月2日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年8月25日閲覧。 2019年9月2日閲覧。 2019年9月2日閲覧。 2019年8月31日閲覧。 2019年8月31日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 TGSmart 2017年6月9日. 2019年7月2日時点のよりアーカイブ。 2019年6月2日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月3日閲覧。 2019-08-30閲覧。 2019年9月1日閲覧。 TGSmart 2017年9月8日. 2019年6月2日時点のよりアーカイブ。 2019年6月2日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月5日閲覧。 2019年9月1日時点のよりアーカイブ。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月9日時点のよりアーカイブ。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月8日閲覧。 2019年9月7日閲覧。 2019年8月31日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月2日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年5月31日閲覧。 2019年9月3日閲覧。 2019年9月3日閲覧。 2019年8月30日閲覧。 2019年9月3日時点のよりアーカイブ。 2019年9月3日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月7日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2019年8月24日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 2019年8月25日閲覧。 2019年8月31日閲覧。 2019年8月31日閲覧。 笹山逸刀斎 2014年8月22日. 2014年12月25日閲覧。 レイドイベント「吸血女帝の襲撃 廃棄都市アミダハラの死闘2」エピローグ。 ツイート. Retrieved 2014年11月17日 — via. 2014年10月27日閲覧。 タワーイベント「クローンアサギ再び」 a Stage-90。 b プロローグ。 ツイート. Retrieved 2015年8月9日 — via. レイドイベント「運び屋を追え!! 廃棄都市アミダハラの死闘」プロローグ。 『決戦アリーナ』報酬対魔忍EX-URカード「【麗しのバニー対魔忍】八津 紫」調教後の台詞再生。 2019年9月7日閲覧。 2019年7月15日閲覧。 TGSmart 2018年11月2日. 2019年7月8日閲覧。 ツイート. Retrieved 2019年9月20日 — via. ツイート. Retrieved 2019年9月2日 — via. 、2巻111頁。 タワーイベント「ペットが逃げて困っています。 魔性の誘い」エピローグ。 Twitter. 2015年7月1日閲覧。 2019年7月27日閲覧。 2019年9月7日閲覧。 2019年9月1日閲覧。 Gzブレイン 2017年9月15日. 2019年9月20日閲覧。 2019年9月6日閲覧。 2017年9月18日閲覧。 リリスラジオ第14回目26分53秒ごろにEDENが言及。 タワーイベント「レッドライン 死者たちの鎮魂歌」。 TGSmart. KADOKAWA 2018年4月17日. 2019年12月6日閲覧。 そのだまさき 2018年9月13日. 2019年9月3日閲覧。 報酬米連SRカード「【仮面の対魔忍】甲河 朧」調教後の台詞。 ゴブリンX 2015年9月18日. TGSmart. 2019年6月23日閲覧。 常設カード・魔族UR「沙耶NEO」Hシーン2を見る。 2019年9月7日閲覧。 ワールドレイドイベント「堕ちし幻影の不知火」プロローグ。 TGSmart. Gzブレイン 2015年10月9日. 2019年9月8日閲覧。 TGSmart 2016年4月8日. 2019年6月5日閲覧。

次の

禍々しき黒衣の騎士その2

パメラ イェーガー

レベル27で開放• レベルMAXで開放• 「米連決戦兵器プロトタイプ、パメラ・イェーガー。 主に助力し、命令を遵守する、人型ロボット。 ただ、それのみ……」• 「性的快楽を最優せーん。 スキル互換• 寸評 に接触するため五車町に出向いていたふうまを突如襲撃。 音を感知した死角からの攻撃でふうまを追い詰めるが、そこに佐馬斗からの「魔種」のレシピを受け取りに行っていた が戻ってきたことで形勢が逆転。 近くの茂みに潜んでいたルネの元に戻ってしまい、パメラのテスト用のターゲットとしてふうまを襲わせていたことがバレる。 折しも、から「アジトが襲撃されている」という報告を受けていたふうまは、 ルネの(の掌)に乗って急いでアジトに戻るのだが……(に続く)。 その後もルネとともにしばしばシナリオに登場しているが、戦闘用の兵器と言うよりは ルネの身の回りを世話するお手伝いさんのような扱いになっている。 また「人間としての理性はほとんど残っていない」という設定の割には普通に人間的かつ常識的な言動を見せており、 頭が残念なルネを諌めたりしている(ただし聞き入れられることは ない)。 尚、メンテナンスが非常に難しく、ルネ以外の米連科学者達は整備マニュアルが有っても整備が出来ない。 それ故、ルネのふうま陣営への移籍に伴って、自らも組織入りを申し出た。 ふうま君に捕獲され、パメラの思考プログラムを米連製の慰安任務用プログラムに書き換えられるという、洗脳シチュの一種。 シーン1はまだしも、 シーン2は 超外道な内容なので、苦手な人は要注意。 思考崩壊・電撃責めでハート目化し、メス豚に落とされるシーン1から、 度重なる拷問、凌辱、投薬、システム改竄が行われ、不可能と思われていた妊娠、出産すら経験したことで心も体も壊れてしまい、 ダンボール箱に梱包されて最後の狂宴が行われた後、米連に送り返されるシーン2という流れ。 アンドロイドという設定とはいえ、パメラが完全に「物」扱いされて捨てられる、本作でも屈指の外道展開である。 というかよく審査通ったな、これ……。

次の

禍々しき黒衣の騎士その1

パメラ イェーガー

通常レイドボスAがエンカウント• フィーバータイム中はレアレイドボスが出現• 通常レイドボスBがエンカウント• フィーバータイム中はが出現• 通常レイドボスCがエンカウント、低確率でアナザーレイドボスも出現• フィーバータイム中はアナザーレイドボスが出現• 特攻カードは限定レイドボスの特殊能力(スキル)を受け付けない。 特効カードの攻撃力アップ効果は リーダーor 攻撃デッキに組み込んだ時のみ有効。 防御デッキまたはヘルプ 他のプレイヤーのリーダー では効果がない。 攻撃力倍増効果と限定レイドボス特殊能力(スキル)防御効果があるのは 特攻カード自身のみ。 デッキ全体には適用されない。 調教で同一カードを合成しても特攻倍率は上昇しない。 特効カードの効果込みのデッキ攻撃力はイベントページトップの『このイベントでの攻撃力』で知ることが出来る。 限定レイドボス戦闘前、弱・通常・全力攻撃の選択時に画面左に表示される『予想ダメージ』も特攻効果を含んだ数字になっている。 マテリアルアップ効果はワールドレイドボスの場合「ワールドレイドダメージ報酬」獲得時、ワールドレイドボス以外の場合はLA獲得時に発動。 マテリアルアップ効果は選択デッキであれば、特攻カードを攻撃デッキ、防御デッキ、リーダーのどこにセットしても効果があります。 非選択デッキにセットした場合やデッキにセットしない場合はマテリアルアップ効果はありません。 ヘルプに特攻カードを指定した場合、マテリアルアップ効果は適用されません。 特攻カードのレベル・スキルレベルはマテリアルアップ効果に影響しません。 選択デッキに同じカードを複数枚セットしても、マテリアルアップ効果は1枚分しかありません。 選択デッキに3種類の特効カードから複数枚セットした場合、各値を掛けた値が最終的な増加率となります。 例:特効URと特効HRのカードを選択デッキにセットした場合:1. 例:特効URと特効HRと特効Rを選択デッキにセットした場合:1. 1=1. 例:特効URを二枚以上デッキにセットした場合:1. 5(1枚時と変化なし) マテリアル早見表.

次の