プラス アルファ 言い換え。 ナポレオン・ヒルの教え|1マイル余分に進むプラスアルファの成功哲学とは?

上乗せの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

プラス アルファ 言い換え

「有名な話」と言っても、検索で色々調べる限り、「らしい」という言い方ばかりで、確信を持って、そう書いてあるページはないのですし、紋切り型の説明しかありません。 どうも呉智英が、そんなことを本に書いているようで、そこからみなさま「引用」しているふしがあります。 rim. html しかし、原文で、どれだけ説得力あることが記されていたのか、何か実証的な根拠があってそう言っていたのか、例えば、上のURLのページでは、こう記しています: >呉智英センセイによれば、「プラス・アルファ」は「プラスx」の読み違えから生じたものなんだそうな。 これは、客観的にそうだという根拠を示されて、納得した書き方には思えません。 「呉智英が、こんなことを言っており、それに従えば……」という風に読め、そう言っているというだけで、納得しているように思えません。 すると、元の根拠は、何かの推理の類で、歴史的に根拠ある事実を提示して、そういうことが主張されていたのではないのではないかという推測になります。 アメリカの野球で、「x」のマークを書いていたのかどうか分かりませんが、これは書いていた可能性が高いです(分かりません、というのは、調べてみましたが、捜すことができなかったのです)。 他方、日本の野球では、「A」と書いていたとされています。 これは、複数のページで確信的に言っていますから、多分、事実なのでしょう。 それが、最近は、「x」に変わったのか、それは知りませんが、とまれ、「A」と書いていたというのは確かなようです。 1 の方の言われている、あるいは参照されているページの主張なのですが、これは、どうもおかしいのではないかと思います。 しかし、その逆は難しいと思います。 日本人でもそうでしょう。 日本で「A」と書いていたというのは事実のようですから、これは何故かを考えた方がよいでしょう。 大文字になるというのもおかしいです。 野球だと「5x-4」または「5A-4」と書くようです。 この後の昔の「A」は、これを見ると、自然に思うのは、Aceの「A」でしょうし、Bに対しAの意味で、こちらが「優勝・一番」の意味だと思うのが自然だと思います。 また、「プラス・エックス」というのは、「プラス・アルファ」とはニュアンスが違います。 「プラス・エックス」は、「X」は「未知数・未知のもの」の意味で、「プラスX」は、何が加わるか分からないのです。 加わるものが、よいものか、悪いものか、どちらの場合も、「プラスX」のはずです。 寧ろ、未知故に、不気味さとか、ネガティヴなニュアンスがあります。 しかし、「プラスアルファ」の場合、普通、「より良いプラス」です。 更に何か付け加わるのですが、悪い場合もありますが、大体、よい意味で、「更にそれ以上」の意味のような感じです。 「プラスX」と「プラスアルファ」は日本語としても意味・ニュアンスが違っているというべきです。 プラスXのXは何が加わるか分からないに対し、アルファは大体、得なことの場合が多いように思います。 野球の「x」は、「プラスx」の意味で付けているかどうか、あやしいです。 無論、確認できませんが、「試合終了」とか「こちらが勝ち」の意味のような感じがします。 それは、日本で、「5A-4」としていた時の「A」が、こちらが「勝ち」、こちらが「A」の意味に通じると思います。 日本語で、「プラス・ワン」という言い方があります。 これも、どうも調べましたが、英語で、plus one とは言わないようです。 また、「プラスワン」は、もう一つ付け加えるという意味以外に、「更にプラス」という感じで、「プラスアルファ」と似たような意味になります。 ポジティヴであるのも同様です。 ネガティヴの場合は、「マイナス・ワン」というでしょう。 「プラスワン」は、一つ加わるという意味以外に、「特定したプラスがある」という意味で、「プラスアルファ」は、「不特定の、何か分からないがプラスがある」という使い分けではないでしょうか。 野球と関係なく、日本で「アルファ」は、機械や装置の名前に付けるようですが、この用法は、Alpha Romeo 社というイタリアの会社があり、この alpha は、会社の元々の名前の頭文字から作ったのですが、確か alpha でなかったはずです。 つまり、似ているので、alpha にしたので、alpha は、「ナンバーワン」の意味を英語などでは持っています。 推定ですが、「アルファを付ける」というので、「現状の格上げ」ということを意味させたのではなかとも思います。 「プラス・ワン」と、どちらが先か分かりませんが、対で考えると、英語的には、「プラス・ワン」も「プラス・アルファ」も似た感じですが、日本語の語感だと、「プラス・ワン」が「一つ加える」なら、「最高を加える」=「プラス・アルファ」という発想だたのかも知れません。 また、確認できませんが、英語で、「plus A」というのがあるかも知れません。 これを、「プラスA」と書いていて、読む時、「プラス・エー」では面白くないので、「A」を alpha とも英語でも読むので、「プラス・アルファ」と読んで、これが「何か更に付け加わる・付け加える」の意味で、「プラス・アルファ」になったのではないかと推測できます。 野球が起源だというのは、上に書いたように、どうも説得力がありません。 そういう可能性も否定しませんが、自然的に和製日本語で「プラスワン」や「プラスアルファ」が出来てきて、その語源解釈として、野球にこじつけているような感じがします。 また、野球起源で、そういう表現が始まったとしても、独立に、「プラスアルファ」の造語があり、定着したのだとも想定できます。 語源の不明確な語の場合、確実にそうだと云えるのは、出典が一個(か数個)しかなく、そこから、すべて影響して多数の典拠ができたという場合です。 この場合、多数の典拠ができた後は、それ以降の言葉は、起源が確認できなくても、多数の典拠を元に社会に流布して、その影響だと考えるのは自然です。 「プラスアルファ」の場合、野球での起源説は、あまりに不自然であり、どうも、一人の人物だけが唱えている説のようで、それに対し、「アルファ」と「プラス」の語感・意味から、日本人が、造語したと考えるのが自然だと思います。 以下のように、反対のことを言っている人もいます。 infoweb. 「有名な話」と言っても、検索で色々調べる限り、「らしい」という言い方ばかりで、確信を持って、そう書いてあるページはないのですし、紋切り型の説明しかありません。 どうも呉智英が、そんなことを本に書いているようで、そこからみなさま「引用」しているふしがあります。 A ベストアンサー その解釈でいいと思います。 この「プラスアルファ」という言い回しには、主観的なニュアンスが付きまといます。 「本給にプラスアルファの手当てがつく」といった場合、【基本の給料にいくらかの資金がもらえる】の「いくらかの額」というのは、賃金規定などで明示的に決まっているものではなく、勤めている会社の業績がそこそこ上向きになってきたので、慰労の意味を込めて多少の金銭を追加して支払う、というように自分なら解釈します。 他の例文では「言われたことだけではなく、プラスアルファの仕事をしなさい」という場合、何をどの程度やったらいいのかというのは言われた当人が考えて自発的にやりなさい、というニュアンスです。 このように、「プラスアルファ」には、「気は心」的な曖昧さを伴っていると思います。 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...

次の

上乗せの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

プラス アルファ 言い換え

ニーズを理解し分かりやすく伝えられる人• 先を読む力のある人• 頭の回転が早い人• 発想がどんどん出てくる人• なかでも「頭の回転が早い人」や「発想がどんどん出てくる人」などは、話し合いの中で中心的な役割を担うことが多くなるでしょう。 この記事では、提案力をアピールするコツと注意点についてご紹介していきます。 就活では、自己PRを求められる機会が多くあります。 苦手な人は、そのたびに苦悩するのではないでしょうか?その自己PRで、「提案力」をアピールする人もいます。 「提案力」自体は、自己PRでもとても効果的なものでしょう。 仕事をする上では、多くの場面で提案力が求められるからです。 社会人になれば、クライアントや上司、他部門など、さまざまな場面で提案力が求められるでしょう。 面接における自己PRでも、「あなた自身を提案する」という意味で、提案力が求められているといえるかもしれません。 ただ「提案力があります」ではアピールにはならない 面接の自己PRで提案力をアピールする際にありがちなのが、「私には提案力があります」とだけアピールするケースです。 これだけでは何のアピールにもならないでしょう。 もし面接の自己PRで提案力をアピールしたいのなら、いくつかのポイントをおさえておくべきです。 せっかく面接官に直接自分の強みをアピールするチャンスなのに、効果的に伝えられなかったら効果は半減してしまいます。 それは、内定がもらえるかどうかにも大きく響いてしまうでしょう。 面接の自己PRで「提案力」を上手にアピールするにはコツがある 提案力が自己アピールに効果的なのはわかりました。 では、面接の自己PRで「提案力」を上手にアピールするためにはどうすれば良いのでしょうか。 コツがあるのでそれぞれみていきましょう。 就活の成功率を高めるためにも、小さなところから順を追って対策して下さい。 ・何をやってきたのか ・何がやれるのか 自己PRで提案力をアピールするのであれば、この2つの部分について考えを深めてみてください。 もしかすると、その過程で自分の強みが発見できるかもしれません。 提案力があるというのを分かりやすく相手に伝えるためにも、まず結論から述べて下さい。 エピソードを先に長々と話してしまうと、面接官は質問の答えがどこにあるのか探しながら聞かなくてはいけませんよね。 そうすると悪い印象を与えてしまうでしょう。 提案力を自己PRしたいのなら、絶対に結論から話し始めるように意識して下さい。 自己分析ツールを活用して、自分の長所を正しく理解しよう 効果的な自己PRをするには、 自己分析を通じて、「あなた自身の強み」を正しく理解する必要があります。 ただ、自己分析をやるのも結構大変です。 そんな時は、自己分析ツールを活用してみましょう。 My analyticsを活用して、あなたの本当の強みを発見し、企業の選考を突破しましょう。 面接の自己PRで提案力をアピールする際の注意点 自己PRにおいて、「提案力」がアピールできれば効果的だと述べましたが、全てのケースにおいてそうであるわけではありません。 中には、「提案力」をアピールしても面接官の心に響かないケースもあるのです。 そのような注意点も知っておかなければ、いかに効果的なアピール方法を知っていても意味がありません。 以下で、自己PRで提案力をアピールする際の注意点について見ていきましょう。 面接担当者は、20代の社会人に「提案力」や「企画力」といったある程度の技量を持っていないとできないスキルを求めてはいない可能性が高いです。 その会社で本当に提案力が求められているのか、どう活かせるのか、きちんと見極めましょう。 自分なりにある状況を設定して提案書を作るくらいの提案力を見せるのも、自己PRとしてアピールするひとつの手段です。 「提案力があります!」とアピールした後に、「ではなにか提案して下さい」と言われて、結局何も出なかったなんて結果になれば、説得力はなくなっていまいます。 面接で提案力を自己PRするなら本当にその能力が必要か見極めてエピソードを交えてアピールすると良い 面接の自己PRで「提案力」をアピールする方法についてみてきました。 基本的に、提案力は持っていれば就活が有利になるスキルですので、積極的にアピールしていきましょう。 しかし、場合によっては提案力を求められていないケースもあります。 自己PRする際には状況について十分注意して下さい。 効果的な自己PRができれば、内定獲得も目の前です。

次の

ナポレオン・ヒルの教え|1マイル余分に進むプラスアルファの成功哲学とは?

プラス アルファ 言い換え

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です とはいえ、私は「四面楚歌」やら「捲土重来(けんどちょうらい)」などという故事成語や、「他山の石」などのことわざを正確に知っていたり、使えたりすることが大事だとは思わない。 また、日常的に使わないような難読漢字の読みを知っていたり、「憂鬱」という字を書けたりしたところで、たいして意味があるとも思わない。 そのような言葉を知っていても、実際に日常生活で使う機会はないし、そんな言葉を使ったら、むしろ場違いになってしまうだろう。 それを知っていたからといって、ちょっとした蘊蓄(うんちく)を語り、物知りを気取れるだけであって、それ以上の意味はない。 読み取りができるようになるとも思わない。 文章を読み取れない人は、一つ一つの言葉の辞書に出てくるような意味が理解できないのではない。 むしろ、その連なりを理解できない。 言葉のつながりを身をもって理解することができず、それが頭に入らない。 だから、言葉の辞書的な意味を覚えることが問題ではない。 言葉を自分のものにすること、使えるようにすることが問題なのだ。

次の