肺炎 背中 痛い。 背中の痛みが左側だけに出るのは病気のサインかも?考えられる病気とは?

ストレスが原因?背中の痛み|息苦しい、右側・左側だけ痛い…何科を受診?

肺炎 背中 痛い

スポンサーリンク 部位ごとの痛み方~唇や爪~ 唇や爪が痛むのは、 皮膚や粘膜が青紫色になっているからです。 この現象をチアノーゼといいます。 毛細血管が多くて表皮が薄いなどの唇や爪等に発生し、肺炎では中枢性チアノーゼになります。 このチアノーゼは肺炎のような呼吸器障害に起こり、唇や爪の痛みから感覚異常 ヒリヒリやチクチクとして感覚 になります。 部位ごとの痛み方~首の違和感~ 首の違和感を感じた人は、 クラミジア肺炎の可能性があります。 クラミジア肺炎は、 喉の奥がつっかえる感じやチクチクする感覚 の症状 空咳 が続きます。 更に、咳を沢山していると首に痛みのような違和感を感じるようになります。 肺炎は咳が出やすい病気ですが、熱が出ない肺炎なので、その代わりに空咳が出やすいのです。 空咳が2週間以上続く場合は、クラミジア肺炎が疑われます。 また首に痛みが出る程になってきた場合も、疑った方が良いです。 特に高齢者がかかると、症状が酷くなり首に痛みが出やすいので注意が必要です。 スポンサーリンク 部位ごとの痛み方~肩こり~ 肺炎の 初期症状として肩こりになったり、肩周辺の違和感を感じる場合が多いです。 症状が進行していくと、 発熱等の症状が現れてきます。 肩こりになるのは肺疾患の関連痛から起こり、左の首から肩にかけての辺りに痛みが出てきます。 部位ごとの痛み方~背中の痛み~ 背中が痛む原因は、 深呼吸や咳のし過ぎで起こります。 肺炎は咳が出やすいので、 咳が沢山出ると背中まで痛みを感じるようになります。 症状が悪化して胸に水が貯まったりして増えてくると、呼吸困難になりこのような状態で咳をすると背中が痛みます。 咳を出す時には瞬間的に筋肉は使われ、普段使用しない筋肉を使う事があります。 それが背中の筋肉になり、筋肉痛のような痛みになります。 症状が和らいでくれば、痛みは軽減されます。 スポンサーリンク 喉ではなく胸から出て来る咳の恐怖 肺炎は重度になると、 喉殻ではなく胸の奥から何度も咳が出ます。 こういう状態を 胸膜炎といいます。 ここでは、肺炎と胸膜炎の症状をご覧下さい。 肺炎の症状• 軽度なら風邪と似た症状が出る• 鼻水や咳や発熱等の症状が出る 胸膜炎の症状• 喉ではなく胸から咳が出るため、胸痛を感じる• 深呼吸や咳等で、胸痛が更に増す• 咳と同時に痰も出る• 血痰が出る場合もある• やがて乾いた咳が出て痰が少なくなる• 肺に水が貯まり、放置すると呼吸困難を起こす 肺炎と胸膜炎の症状の違いとして、特に分かりやすい特徴は咳です。 なので、咳が胸から出ているか、喉から出ているかだけでもしっかりチェックするようにしましょう。 ちなみに、胸膜炎は症状が出始めると数日で悪化する場合もあり、深呼吸や咳で胸の痛みが増してきたら医療機関を早めに受診しましょう。 肺炎の痛みの場所まとめ• 肺炎で痛みが出る場所は、 喉と鼻、 唇や爪、 首や肩、 背中や胸!• 部位ごとの痛み方は、それぞれの 肺炎のタイプによって異なる! 肺炎の痛みは、鼻から胸まで無数にあることが分かりました。 異常な痛みがした場合は、自力で治そうとせず、病院へ行きましょう。 それと、僕の記事を読んで、少しでも気になったことがありましたら、コメント頂ければと思います。 今後も健康に関する有力情報を配信していきます。 カテゴリー•

次の

咳をすると背中が痛い!何が原因なの?

肺炎 背中 痛い

肺気胸になったときにおこる症状 まずは、肺気胸が起こったときの初期症状について知っていきましょう。 初期症状を知っておくことで、肺気胸への早期発見、早期対応につながります。 肺気胸の初期症状には、• 息を吸っても吸った感じがしない• 息苦しい• 咳がよく出る• 背中や肩甲骨あたりが痛い というものがあります。 肺気胸は 肺に穴が開いているため、吸った空気が漏れてしまいます。 この2つの症状について詳しく説明していきます。 咳がよく出る 肺気胸は肺に穴が開くと説明してきました。 肺に穴が開くのは大半の場合、突然起こるものですが、激しい咳などにより肺の中の圧力が変化すると、肺に穴があいてしまうこともあります。 息もできないくらいの激しい咳がでると、胸のあたりが苦しくなりますよね。 このときに 肺の中の圧力にも変化が起きてしまい、 咳がきっかけで肺に穴が開いてしまうという場合もあるのです。 長引く咳は、肺気胸の場合もあるため、医療機関にて、肺のレントゲンなど検査をうけるようにしましょう。 背中や肩甲骨あたりが痛い 肺に穴が開いた状態で、痛みを発している際に、 背中や肩甲骨あたりが痛いという場合があります。 これは、肺気胸の痛みが脊髄を通じて脳に伝わる際に、脳で痛みの情報処理が混乱してしまい、 筋肉と内臓の痛みを間違えてしまうのが原因といわれています。 筋肉や骨の痛みは、痛みのある個所を押すと痛みが増加しますが、内臓由来の痛みが起きている場合は、 押しても痛みは増加しないということも報告されています。 背中や肩甲骨が痛いという方は、その部分を適度に押してみて、痛みの状態を確認してみてください。 肺気胸の症状について説明してきました。 これらの症状が起こる仕組みは、肺気胸の病気について学ぶことで、よりイメージがしやすくなります。 次の項では、肺気胸の病気について詳しく説明していきます。 スポンサーリンク 肺気胸ってどんな病気なの?? ご存知の通り、肺気胸とは、突然肺に穴が開いて、空気が漏れてしまう病気です。 肺は、 空気と横隔膜の絶妙なバランスで膨らんだり縮んだりして、酸素を取り込み、二酸化炭素を吐き出すという働きをしています。 しかし、肺に穴が開いてしまうと、空気で肺を満たすことができなくなるので、横隔膜とのバランスが崩れてしまい、膨らんだり縮んだりができにくくなります。 ゴム風船をイメージしてみましょう。 穴が開いていないとき 空気をいれると膨らみ、指を話すと空気が勢いよく外に出る。• 穴が開いているとき ある程度までは膨らむけれども、MAXまで膨らまない。 また、穴が開いているため、指を放しても勢いよく空気は出ていかない。 肺気胸とは、この 穴のあいたゴム風船と同じことが体の中で起きているのです。 そのため、空気を吸っても十分に吸えないし、十分に二酸化炭素を吐き出すこともできないので、息苦しいと感じることがあります。 さらに、肺の呼吸の仕組みが分かる動画があったので、参考にしてみてください! 肺気胸は、片方の肺に突然起こる場合もありますが、まれに両方の肺におこる場合もあります。 片方ならば、健康な肺で呼吸ができますが、両方となってしまうと、呼吸ができないという状態に陥ることもあります。 さらに肺気胸になる原因は、明確にはなっておらず、突然、自然に肺に穴があくというケースが多いとされています。 ここまで、肺気胸の症状や病気について説明してきました。 体の中で唯一の酸素と二酸化炭素の交換をしている肺に 穴が開いてしまうのは、とっても怖いですよね。 肺気胸は安静時におこる場合もあるため、原因が明確にはなっておりません。 しかし、一般的にある特徴の方に多いとも言われています。 次に、肺気胸になりやすい人の特徴について、紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク 肺気胸になりやすい人ってどんな人? ここからは肺気胸になりやすい人の特徴について紹介していきますね。 肺気胸になりやすい人の特徴は• 女性よりも男性に多い• 喫煙者に多い• 10代~20代の人に多い• 背が高く、やせた方に多い などがあげられます。 これは、月経の際に定期的に生まれ変わる 子宮内膜の異常増殖が原因です。 子宮内膜の異常増殖は、子宮内膜症と呼ばれます。 この子宮内膜症が横隔膜に広がることで、 月経の周期に合わせて肺にくっついた子宮内膜が剥がれ落ちることで、肺気胸を起こすことが報告されています。 月経前後で、肺気胸の初期症状がみられる方は、一度、検査を受けることをお勧めします。 スポンサーリンク まとめ 肺気胸の初期症状や背中の痛みなどについて紹介してきました。 肺気胸は、大半が安静にしていて、何の病気も無いように感じるときに突然おこるものです。 私の友人は、授業中に突然、肺気胸を起こしました。 肺気胸は普段の生活でも起こるため、息苦しいなどの異変を感じたら、 速やかに安静にして、医療機関を受診しましょう。 また、子宮内膜症などの別の疾患が原因で肺気胸となる場合もあるため、周期的に繰り返す息苦しさなどがある場合も、その周期をメモし、受診した際に医師に伝えられるようにしましょう。 その結果、今も体には、手術の後が残っているそうです。 体の中で一対しかない肺です。 異変を感じたら、悪化させる前に速やかに医療機関を受診しましょうね。

次の

【日記】肩が痛いと思ったら、肺炎でした。: sak's weblog

肺炎 背中 痛い

いま、肺炎で仕事を一日半くらい休んでいます。 ちょっとだけ経緯を書きます。 木曜日、朝起きた時はいつもと変わらないぐらいだったのですが、少しだけ左肩が痛い気がしました。 寝違いかなあと思いながら、あまり気にしないで仕事を始めたのですが、だんだん左肩が痛くなり、昼過ぎではかなり痛くて仕事が難しいくらいの状況に。 何とかデスクワークをやっつけて、この日は定刻で職場を後にしたのですが、車に乗ったら、びっくり。 シートに背中をつけると痛くてたまりません。 さらに、くしゃみや深呼吸をすると痛みが響きます。 だましだまし車を何とか運転して、家に帰り着きました。 家で、医療関係に務めているかみさんに話を聞いて、とりあえず痛み止めを飲んで次の日まで様子を見ることにしたのですが、お風呂に入っても痛み止め飲んでも痛みが引きません。 ベッドに横になると背中が痛むので、しょうがないのでこの日はソファに座って寝ました。 次の日、少し痛みは和らいだものの、まだ痛みが残っているので、会社に連絡して病院に行くことにしました。 「何もしていないのに左肩に痛み。 くしゃみをすると左わき腹に痛み。 痛みで寝られない」 と申告して診察を受けました。 最初は整形外科に行ったのですが関節には異常なし。 レントゲンを取ったのですが、左の肺の形が健康な形状ではなくて白っぽくなっている個所があるということでそのまま同じ病院の内科へ。 内科でCTと血液検査を取ったところ、左側の肺の下側5分の1くらいが真っ白になっていて、しかも水が少したまっている。 肺炎だとのこと。 ただ、ふつうの肺炎の症状ではないらしく、別の大きな病院に紹介状を書いてもらって移ることになりました。 ここまでが午前中。 もう一度カミさんと会社に連絡して今日は一日休んで検査してもらうことにしました。 別の病院でレントゲンと血液検査を受けたのですが、結果は肺炎からの胸膜炎。 結核や免疫等の影響による病気ではないそうです。 入院するかどうかの結構な病気なんだそうですが、今回はとりあえず、薬をもらっていったん家で養生することに。 月曜日の朝改めて診断を受けることになりました。 さすがにもらった薬(特に痛み止め)は相当効くようで、ようやくベッドで寝ることができました。 帰ってくると、今週末、結構予定が入っていたはずのかみさんが予定を全部キャンセルしてくれて看病してくれるとのこと。 今もカミさんに看病してもらっています。 本当にありがたいです。 今回ばかりは参りました。 とりあえずゆっくり休んで早く治そうと思います。

次の