アズノール 軟膏 効果。 おむつかぶれに処方される「亜鉛化軟膏」と「アズノール軟膏」の違いは?どう使い分ける?

アズノール軟膏と同じような市販薬はあるのか

アズノール 軟膏 効果

アズノール軟膏は市販されている? アズノール軟膏は、非ステロイド抗炎症薬というもので、ステロイド薬は配合されていません。 ステロイドというものは、炎症を抑える成分としてよく配合されていますが、アズノール軟膏には入っていないんですね。 「ステロイドは副作用が怖いからあまり使いたくない!」という方は、アズノール軟膏を使用するといいですね。 しかし、アズノール軟膏は処方箋で、一般には市販されていません。 ステロイドが含まれていないので、皮膚のかぶれを引き起こしにくいという特徴があるのですが、ドラッグストアなどでは購入することができません。 しっかりと病院で医師と相談して処方してもらうようにしましょう。 アズノール軟膏は、どうしてもステロイドを使いたくない、という方に処方されることが多い薬となっています。 よって、かぶれなどを引き起こしにくいとされていますが、その分、効果もステロイド薬と比べて抑えられてしまいます。 つまり、 軽い湿疹や帯状疱疹、赤ちゃんのおむつかぶれ、または皮膚が弱い部分(唇、顔、陰部など)に使われることが多くなっています。 赤ちゃんのおむつかぶれへの効能 赤ちゃんのおむつかぶれには、アズノール軟膏が使用されることが多くなっています。 赤ちゃんの皮膚は大人と比べて弱いので、できるだけ安全なものを使いたいですもんね。 お母さんやお父さんも赤ちゃんにステロイド薬を使いたくないと思います。 よって、おむつかぶれにはアズノール軟膏がよく処方されています。 唇への効能 アズノール軟膏は、皮膚が薄い唇にも使用することができます。 主成分は、植物から抽出した「 アズレン」という成分ですので、安全に使うことができるのです。 よって、口唇ヘルペスにも使うことができる薬となっています。 ヘルペスはステロイドと相性が悪いので、非ステロイド抗炎症薬であるアズノール軟膏が使われることが多いのです。 顔への使用について 顔に湿疹などができてしまった場合も使うことが出来ます。 しかし、安全な薬だからといって必要以上にたくさん塗るのは控えるようにしましょう。 もし、アズノール軟膏を塗りすぎて、かぶれてしまったらそれはステロイド薬を使って治すしかありません。 特に、赤ちゃんの場合はかぶれやすいので、使うときはしっかり用法・用量を守るようにしましょうね。 やけどへの使用 アズノール軟膏は、湿疹だけでなくやけどにも使われます。 炎症を抑える効果があるので、やけどでジュクジュクした部分にも効果があるのです。 やけどをしてしまった患部にアズノール軟膏を塗り、その上にガーゼなどを当てて処置する方法が多いです。 しかし、これはやけどをした部分や程度によって変わってきますので、医師と相談して処置の仕方を決めるようにしましょう。 まとめ アズノール軟膏は、非ステロイド抗炎症薬として幅広い使われ方をしていることが分かりましたね。 しかし、ステロイド薬に比べて作用が弱くなってしまうので、1~2週間ほどで治りそうな軽い湿疹やけどに使用されることが多いです。 症状がひどい場合は、ステロイド薬をしっかり使って治すようにすることをおすすめします!.

次の

【保存版】高齢者によく処方される5つの軟膏薬 介護施設・在宅

アズノール 軟膏 効果

症状別の効果 やけどへの効果 アズノールには抗炎症作用が主な効能ですので火傷の治療に効果があります。 効き目は穏やかですが長期間の使用が可能であり、炎症を鎮めながら皮膚の再生能力を助けてくれます。 おむつかぶれへの効果 アズノールは効果が穏やかであると共に副作用も少なく安全性が高い事から赤ちゃんの皮膚トラブルにおいても処方されることが多いお薬です。 比較的軽症のおむつかぶれに用いられ、消炎作用と保湿効果で治癒を早めます。 あせもへの効果 アズノールには抗炎症作用と共に抗アレルギー作用がありますのであせものように痒みを伴うような症状の時にも効果があります。 ステロイド剤のような即効性はありませんが、長期間の使用が可能なお薬ですので、じっくり時間をかけて治していきます。 おむつかぶれに関してもそうですが、アズノール軟膏の効き目を良くするためには患部が清潔な状態にして使用するようにしましょう。 乳児湿疹への効果 アズノールは乳児湿疹に対しも効果があり安心して使えるお薬です。 抗炎症作用と抗アレルギー作用や皮膚を保湿して保護する働きがありますので、アズノールを塗り続ける事で治癒が目指せます。 小さな子供さんの皮膚トラブルは早めに気づいて治療を始める事で穏やかな効き目のアズノールで充分に対処できます。 ニキビへの効果 アズノールの主成分である「ジメチルイソプロピルアズレン」は植物由来の抗炎症作用があり、これが赤ニキビやニキビ跡の赤みを抑える効果があります。 アズノールは非ステロイド系ですので子供や赤ちゃんのニキビの治療にも用いられます。 口内炎への効果 口内炎痛みを軽減するには炎症を抑える必要がありますので抗炎症作用のあるアズノールは口内炎にも効果があると言えます。 ただし、口の中に使う時には「アズレン」を配合したうがい薬が用いられる事が多いようです。 スポンサードリンク 副作用について アズノールは副作用が少ない薬ですが、稀に皮膚炎悪化、毛嚢炎、ニキビ、おできといった副作用が報告されています。 これらの副作用は全体の1%未満と言われていますが、もし症状が出た時には医師に相談するようにしましょう。 顔に塗る際の注意点 アズノールは副作用が少ない外用薬ですので顔に塗っても安全性の高いお薬です。 しかし、顔はまぶたや唇などデリケートな部分も多くありますので、いきなり大量に塗るのは避け少量から試してみるようにし、段階を踏んで塗っていくようにする事が大切です。 まとめ アズノールは効き目が穏やかでありながら、患部を保護し炎症を和らげる効果がしっかりと備わった外用薬です。 症状などにあわせて正しく使用し早い治癒を目指し、気になる症状が現れた時には医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

次の

アズノール軟膏は市販されてる?幅広い効能を大特集!

アズノール 軟膏 効果

PV数ランキング• 8,417pv ネリゾナ軟膏の効果としては、皮膚の炎症、湿疹等に対しての改善です。 ステロイドのため、長期的に利用すると利用箇所、全身に副作用が発生します。 副作用とし... 5,887pv 率直に申しますと「プレドニゾロン」は市販でも購入できます。 種類にもよりますが、自己責任で個人輸入代行(通販)も可能となっています。 ステロイドの一種であるプレ... 5,621pv メサデルム軟膏は、岡山大鵬薬品株式会社様が開発されたステロイドです。 ステロイドの強さとしては、5段階中3番目です。 こちらもなかなか人気のステロイ... 5,269pv アズノール軟膏とは、日本新薬株式会社様が開発した火傷や湿疹などの「皮膚」の傷を修復することを目的としてつくられた軟膏です。 専門的に言いますと「抗炎症作用... 4,023pv マイザー軟膏とは、田辺三菱製薬株式会社様が開発されたステロイド薬です。

次の