せんごくおとめ 2 スロ 打ち方。 戦国乙女2 深淵に輝く気高き将星 天井狙い・設定狙い・勝つための立ち回り

戦国乙女2深淵に輝く気高き将星 天井恩恵と狙い目・やめどき

せんごくおとめ 2 スロ 打ち方

9 96. 5 98. 4 100. 1 104. 0 107. 0 110. それ以外の場合、中・右リールの目押しは不要です。 チャンス目に関しては強・弱の概念はなく、成立時には必ずリールフラッシュが発生します。 小役確率 小役確率には一切設定差が付けられていないため、設定判別の際にもカウントは不要です。 コイン持ちは50枚あたり約46Gとよく回る新基準AT機で、設定1のコイン単価は約2. 6円となっていることから、出玉の波はマイルドなスペックと言えます。 擬似ボーナス中であれば、ユウサイチャンス突入も濃厚となるようです。 朝一リセット挙動 朝一リセット時には内部ポイント振り分けが優遇されており、最低でも3,500pt獲得した状態でスタートとなります。 そのため、リセット確定台であれば天下ポイント狙いのボーダーを大幅に優遇することが可能です。 天井狙いボーダーに関しても、平均内部ポイントを推測した上で段階的に優遇していくことはできますね。 設定判別要素 ボーナス初当たり確率は偶数設定かつ高設定ほど優遇されているのに対して、ボーナス合成確率は高設定ほど優遇されています。 (奇数=連チャンで出玉を増やす、偶数=数珠連で出玉を増やす仕様) また、偶数設定かつ高設定ほど、謎の紋章からのボーナス当選率が優遇されています。 後述する鬼神討伐終了画面には高設定確定パターンが存在するため、設定判別に関わらず要チェックです。 終了画面の示唆内容 鬼神討伐終了画面は全6種類となっており、設定によって終了画面選択率が異なります。 ゾーン振り分け・実践値 パチスロ「戦国乙女2-深淵-」は、100の倍数ゲーム数で天下ポイント獲得抽選、200の倍数ゲーム数で高確移行抽選を行っています。 ただし、ゾーン実践値を見る限りでは目立ったゾーンは特に見当たらないため、特にゾーンを意識する必要はないと思います。 ゲーム数でのゾーン狙いは不可能なので、ゾーン狙い感覚で打つとすれば天下ポイント狙いのみとなりますね。 天下ポイント・天下統一モード 天下ポイントは毎ゲーム獲得抽選が行われており、ポイントがMAX(10,000pt)まで貯まると、成功期待度約50%の自力CZ「天下統一モード」に突入します。 天下統一モード中のバトルは勝利すればするほど恩恵が強力に! バトル勝利回数別の恩恵は「1回=乙女ボーナス確定」、「2回=真乙女ボーナスストック」、「3回=真鬼神討伐突入」となっています。 条件は真乙女ボーナス9回以上orユウサイバトル11連以上のどちらかです。 特に何かしらの恩恵があるというワケではないですが、エンディングでは今後の戦国乙女シリーズの展開に関わってくるであろう、重要な出来事が起こります。 0 恩恵 1. 新乙女ボーナス確定 2. 80%継続のユウサイバトル突入 3. 恩恵は80%継続のユウサイバトルと真鬼神討伐突入確定となるため、ボーナス大量ストック&立て続けの引き戻しで出玉を伸ばす大チャンスです!.

次の

パチスロ 戦国乙女2 (深淵) 評価・感想・終了画面・天下ポイント

せんごくおとめ 2 スロ 打ち方

【その1】特殊リプレイからの直撃に注目 通常時はチャンス役成立時にボーナス抽選が行われるが、中でも注目したいのは特殊リプレイからの当選率。 偶数および高設定が優遇されており、設定差も大きいのでチェックしておきたい。 中押し手順で消化すれば特殊リプレイを確実に見抜けるのでオススメは中押し。 内部状態による影響を受けないのでサンプルも集めやすい。 特殊リプレイ以外のボーナス当選率には設定差がなく、当選率に影響を及ぼす内部状態の移行率に設定差が設けられている。 小役成立時の状態移行率は判明していないので設定推測に活用しづらいが、ボーナス後の移行率は設定差が大きめなので傾向を覚えておこう。 初打ちゲーム性指南 【その1】新生強カワ乙女いざ見参!! 大人気シリーズ『パチスロ戦国乙女』の最新作が遂に登場。 システムも一新され、ボーナス 疑似 の連打で出玉を獲得する仕様となっている。 これまでの乙女ファンはもちろんのこと、新たなファン層も開拓するシンプルでアツいゲーム性が特徴だ。 ユウサイバトルといったストック特化ゾーンも搭載されているため一度ボーナスに当選すればチャンスは無限大だ。 チャンス役成立なら必ずポイント獲得となるほか、通常ゲームを100G消化するごとでもポイントを獲得できる。 天下統一モードは最大3回のバトルが発生。 勝利で次戦継続となり、1戦目勝利で赤7、2戦目勝利で白7以上、3戦目勝利で真鬼神討伐をそれぞれストックできる。 基本的に開始時に勝敗はあらかじめ決まっているが、敗北選択時は消化中の成立役にて勝利への書き換え抽選が行われる。 なお、設定変更時は天下ポイントはクリアされ再セットされるが、最低でも3500ポイント以上獲得した状態でスタートとなる。 通常時・小役確率 小役確率は上表の通りで設定差なし。 チャンス目はA 左リールBAR下段からのチャンス目 とB 左リール枠下BAR停止からのチャンス目 の2種類があるが、各種抽選における役割は同じだ。 特殊リプレイは順押しだと通常のリプレイとの区別がつかないが、中押し手順なら判別可能。 ・中リール中段にベルが停止 …ハズレ・ベル 8枚or3枚 残りのリールはテキトー押し。 ・中リール中段にリプレイが停止 …リプレイ・特殊リプレイ・チャンス目 残りのリールはテキトー押し。 中段リプレイ・リプレイ・ベル停止でチャンス目。 リプレイが右上がりに揃えば特殊リプレイ。 ・中リール中段にチェリーが停止 …チェリー 左リールにチェリーを狙い、右リールはテキトー押し。 右リール中段にスイカ停止で強チェリー、非停止なら弱チェリー。 ・中リール中段にスイカが停止 …スイカorチャンス目 残りのリールはテキトー押し。 スイカハズレでチャンス目。 またレバーON時にリールロックが発生した場合はチャンス役以上確定。 ロック2段階は強チェリー・チャンス目なら各種抽選が大幅に優遇される。 ロングフリーズは大量出玉必至だ。 通常時・内部状態移行率 2ページ目 通常時はチャンス役成立時にボーナス抽選が発生。 特殊リプレイ以外からの当選率には設定差がなく、滞在している内部状態が極めて重要となる。 通常A・B滞在時は弱チェリー・スイカではボーナス抽選が行われないため、高確滞在時にチャンス役を引けるかどうかが重要だ。 ただしリールロック2段階からの強チェリー・チャンス目はいかなる状況でもボーナス当選の大チャンスとなる。 特殊リプレイからのボーナス当選率は偶数および高設定が優遇。 中押しで消化すれば特殊リプレイは見抜ける 右上がりに揃う が、基本的に特殊リプレイからのボーナス当選時は「謎の紋章」煽りを経由するので、そこで判別してもいい。 設定差が大きく、内部状態による影響を受けないのでサンプルは集めやすいぞ。

次の

【戦国乙女2~深淵に輝く気高き将星~】天井恩恵・ゾーン・やめどき・狙い目まとめ|イチカツ!

せんごくおとめ 2 スロ 打ち方

天井恩恵解析 【天井ゲーム数】 1. AT(擬似ボーナス)後999G消化 2. 【天井恩恵】 1. 擬似ボーナス当選 2. 天下統一モードに突入(=AT期待度約50%) 天井到達で擬似ボーナス当選 天井ゲーム数は999Gとなっており、恩恵は疑似ボーナス当選が確定するのみ。 また、実戦情報では930~999G以内で謎当たりを確認できたとのことなので、規定ゲーム数消化で何かしらの抽選が行われている可能性もあるかもしれません。 パチスロ「戦国乙女2-深淵-」の初当たり1回あたりの平均獲得枚数は、 約360~370枚程度と少なめ。 ただ、ゾーン実践値を見る限り、 とてもゾーンと呼べるような数値ではないため、天井狙いではそれぞれのG数は特に気にする必要はありません。 狙い目 天下ポイント不問の天井狙い目は、 通常時600Gを目安にして狙っていきます。 天下ポイントが全く貯まっていなければ、天井狙い目ボーダーはもう少し上げた方がいいでしょうし、逆に多く貯まっているのであればボーダーを優遇して狙っていくことができそうですね。 現時点では1Gあたりの平均獲得ポイントが判明していないため、具体的な天井狙い目を付けるのは難しいですが、8,000pt~8,500pt付近を目安にして、 ポイントの貯まり具合によって段階的にボーダーを優遇してみます。 100G毎の天下ポイント振り分け 100pt:89. 8% 200pt:5. 1% 300pt:2. 7% 500pt:0. 8% 1,000pt:0. 4% 3,000pt:0. 4% 5,000pt:0. 4% 10,000pt:0. 2pt。 100G消化ごとに必ず天下ポイントを獲得できますが、約9割近くが100ptとなるため天井狙いでは特に考慮する必要はありません。 天下ポイント狙い 天下ポイントのみを狙う場合の目安は、とりあえず 9,000pt以上ということにしておきます。 解析次第ではこれより早めの段階から狙っていくこともできるかもしれませんが、パチスロ「ラブ嬢」の例もあるので、情報が不透明な内は慎重に立ち回ってみます。 ただ、ポイントは目に付きやすいですし、ある程度ポイントが貯まったらCZ当選まで打ち切ってしまう打ち手も多そうなので、 単体で狙える機会はあまりないかもしれませんね。 設定変更時の天下ポイント振り分け 3500pt:15. 2% 4000pt:14. 8% 6000pt:50. 0% 8000pt:19. 設定変更時の平均内部ポイント=約5,721pt。 設定変更時には内部天下ポイント振り分けが優遇されており、最低でも3,500ptの天下ポイントを所持した状態でスタートします。 8,000ptを狙う場合は液晶 1,800pt付近の台を 2,000ptまで、液晶 3,500pt付近の台を 4,000ptまで打ち、どちらも CZ非突入となった場合は一旦やめということで。 天井狙いボーダーに関しては、液晶ptに3,740ptを足した分だけ優遇して狙っていくことは可能でしょう。 ただし、どの場合も リセット確定台に限られるという点に十分注意して下さい。 設定1の場合の(超)高確移行率は約20%程度となっているため、 期待値稼働で意識する意味はほとんどありません。 200Gゾーンに全く価値がないワケではありませんが、ゾーン狙いは到底不可能。 天井狙いでも特別意識する必要はないため、単純によりハマっている台&ポイントが貯まっている台を優先して狙っていけば問題ないです。 やめどき 基本とするやめどきは、擬似ボーナス終了後の 前兆&高確非滞在を確認後にやめということで。 現時点では所有天下ポイントに応じたやめどきを断言するのは難しいですが、ボーナス後に8,500pt付近まで貯まっていた場合、とりあえずは天下統一モードまでフォローしてみようと思います。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の