ファンシー 意味。 ファンシーペーパーとは?特徴や種類など

「ファンシー」とは?意味「ファンタジー」との違いも解説!

ファンシー 意味

意味は英英辞書によると、 having a lot of decoration or bright colours, or made in a complicated way (ロングマン現代英英辞典) という意味で、装飾が多い「手の込んだ」「派手な」「ゴージャスな」「おしゃれな」といったニュアンスですね。 彼はいつも難解な法律語を使ってばかりいる このあたりは「装飾的な」という、必要以上のものがあるイメージで捉えられると思います。 例えば、 a fancy restaurant:高級レストラン a fancy hotel:高級ホテル a fancy car:高級車 a fancy house:豪邸 といった感じで使われます。 この意味は日本語の「ファンシー」のイメージからはちょっと想像しにくいですよね。 Fancy a cuppa? Do you fancy a drink after work? Do you fancy going out for dinner tonight? Who do you fancy? お茶はいかが?• 仕事の後、一杯どう?• 今夜食事に出かけない?• どちらにしても逆の意味に勘違いしてしまうと、かなり浮いてしまいそうですよね(笑) 【URL】 活きた英語のちょっとした使い方や覚え方などを紹介する日刊のウェブマガジン 「日刊英語ライフ」.

次の

「ファンシー」とは?意味「ファンタジー」との違いも解説!

ファンシー 意味

普通のコピー用紙とは一味ちがう!ファンシーペーパーの4つの特徴 まずはファンシーペーパーの特徴について見ていきましょう。 普通紙とは一味も二味も違った印象を持つファンシーペーパーには、どのような特徴や使い方があるのでしょうか。 実際にファンシーペーパーについて理解して、デザインに取り入れてみましょう。 装飾に取り入れられる特殊紙 ファンシーペーパーは本の装飾などに使われることの多い特殊紙です。 紙には薄くて軽いという特徴がある洋紙、厚くて固いという特徴のある板紙、さらに日本に古くから伝わる和紙があります。 これらは一般的に紙として広く知られており、実際に手に取ることも多い紙の種類です。 そして、それらのいずれにも該当しないのが、ファンシーペーパーのような特殊紙と呼ばれる紙です。 特殊紙は普通の紙とは手触り、質感、見た目の印象、機能も大幅に違い、よりクリエイティブな仕上がりをサポートしてくれます。 使用用途が豊富 ファンシーペーパーは使用用途が幅広いことが特徴です。 本の装丁では表紙だけでなく見返しやカバー、帯に使われることもあり、普通のつるつるした紙で作られた本よりもさらに独特の世界観を演出してくれます。 本の内容を伝えるためにも、ファンシーペーパーは大きな効果を発揮してくれます。 パンフレットやカタログ、名刺、ダイレクトメールにファンシーペーパーを利用するケースも。 ふんわりと柔らかい印象のあるものや、手触りが独特なものをこれらのPRツールに利用すれば、より多くの人の目に留めることができ、宣伝効果も大きくなります。 表現の幅を広げることができる ファンシーペーパーにはさまざまな種類がありますが、それぞれが違った特徴を持っています。 まったく同じ印刷方法、内容でデザインをプリントしても、ファンシーペーパーを利用するだけで表現の幅が一気に広がります。 創作物で印刷内容のデザイン以外にももっと個性を出したいという場合は、ファンシーペーパーなどの特殊紙を利用するのがおすすめです。 バリエーションが豊富 ファンシーペーパーは和紙のような質感のもの、ナチュラルな雰囲気のもの、画用紙のような色合いのものなど、バリエーションが豊富です。 ファンシーペーパーの中でも違う種類を選ぶだけで、大きく違う印象に仕上がります。 また、ファンシーペーパーはカラーラインナップが豊富にあり、創作物、印刷物に最適なカラーを見つけられます。 代表的な3種類のファンシーペーパー ファンシーペーパーには多くの種類があります。 その中でも代表的なものをいくつかご紹介いたします。 革のような模様のある「レザック66」 レザック66は革のような質感と模様のファンシーペーパーです。 その名の通り、ソフトで革のようなデコボコのエンボス模様が入っている紙です。 デコボコがあるため写真の印刷には不向きですが、色数も豊富で、様々なところで使われています。 ザラザラとした質感の「マーメイド」 ザラザラとした質感が特徴のマーメイド。 デコボコのランダムなエンボス模様がナチュラルな質感を演出しています。 写真のプリントには不向きですが、文字やワンポイントのイラストなら対応可能です。 細かいデコボコ模様の「タント」 細かいデコボコの模様が入っているタント。 ファンシーペーパーの中でも使いやすい種類となっており、さまざまな印刷物に取り入れられています。 カラーラインナップも豊富で、自分のインスピレーションや印刷物の雰囲気に適したものを見つけることができます。 さまざまなシーンで活躍してくれるファンシーペーパーで理想の仕上がりに 特殊紙の中でも利用されることが多いファンシーペーパーは、種類やカラーラインナップも豊富でさまざまなシーンで活躍してくれます。 ファンシーペーパーを印刷物に取り入れることで、より個性的な仕上がりを目指せます。 本やパンフレット、しおりなど、よりその内容を表現したいというときに、ファンシーペーパーは大いに役立ってくれるアイテムです。 ファンシーペーパーを取り扱っている印刷所や紙の専門店も多いので、実際に手に取って普通紙との違いを実感してみましょう。 紙の種類別から選ぶ• 新商品• 専用紙シリーズ• ゼッケン用紙• パフォーマンス書道• 色上質紙• マルチプリンター用紙• インクジェットプリンター用紙• 高級印刷用紙• ファンシーペーパー• トレーシング ペーパー• 合成紙ユポ• 耐水紙• 高級家庭紙• ペーパーグッズ• ブライダルペーパーアイテム•

次の

日米英で意味が全然違う「fancy」の正しい使い方

ファンシー 意味

母の誕生日にデコレーションケーキを作った。 イギリス英語で形容詞「fancy」を使う場合は、 「装飾された、デコレーションされた」という意味で使います。 「too fancy」などといえば「ゴテゴテしていて派手すぎる」というネガティブなニュアンスで使うことが可能で、このニュアンスは上記のアメリカ英語の「fancy」の2つ目の意味と似ています。 しかし、 イギリス英語では「fancy」を「高級でオシャレ」という意味で使うのは稀です。 基本的に「装飾された」という意味で使います。 がほしい イギリス英語では「fancy」を動詞として使うことがあります!アメリカ英語で「fancy」を使うことはまずありません。 イギリス英語の動詞「fancy」は大別して2つの意味があります。 1つ目の意味は 「... がほしい」になります。 「want」と同義語になりますが、文法に違いがあります。 「want」は後に動詞が続くときは不定詞「to」を使いますが、「fancy」は動名詞「.. ing」がフォローします。 ing:... したい となります。

次の