パパ活 本名。 まろか(グラビア)は年齢詐称?本名やスリーサイズとパパ活の経歴も!

まろか(グラビア)は年齢詐称?本名やスリーサイズとパパ活の経歴も!

パパ活 本名

パパ活で名前を聞かれた時は本名と偽名どっちを教えるべき? 基本的に偽名を教えるべき をしていると名前を聞かれる事があるので本名を教えるべきか迷うと思いますが、 結論から言うと絶対に偽名を教えるべきです。 本名を教えてしまうとそこから学校や職場、自宅を調べられてしまい、脅されたりストーカー被害に遭ってしまう可能性があります。 もし「偽名じゃないの?」と疑ってくる男性がいたら、本名をもじってるんだよと答えればOKです。 そのためにも、 パパ活で使用するニックネームは予め「えりか」「まりあ」などそれっぽい名前にしておきましょう。 私と同じ轍を踏まないためにも、ちゃんと女の子っぽいニックネームを考えてつけておいて下さいね。 下の名前だけなら教えるのもあり 偽名でパパ活をするのが何となく後ろめたい、ハードルが高いと感じちゃう女性は 下の名前だけなら教えるのもありです。 名字さえ教えなければ余程独特な名前でもない限り、検索されてもFacebookや個人情報は出てきません。 特に相手がまだどんな男性か分からず、信用もできそうにない時は要注意です。 また住所じゃなくても最寄り駅を教えたり、普段利用しているSNSのアカウントを教えるのもNGです。 相手がストーカー気質なら最寄り駅を四六時中監視して、後をついていけば自宅を特定できちゃいますし、SNSもご飯の写真からお店を特定して待ち伏せするなんて事もできます。 信頼できるパパだと分かったのならともかく、 会ったばかりのパパには警戒しておくくらいがちょうどいいです。 パパ活で名前を聞かれた時は基本的に偽名を教えよう• 偽名はアプリやサイトで使ってるニックネームがおすすめ• 下の名前だけなら本名を教えるのもあり• 名字や住所などの個人情報は絶対教えない 今回はパパ活で男性から名前を聞かれた時に本名を教えるべきなのか、それとも偽名を教えるべきなのかを紹介しました。 基本的には絶対偽名を教えた方が良いですが、状況によっては下の名前だけ教えたり本名を教えてしまうのもありです。 そうすることでパパとの仲が深まって、今よりも遥かに高額のお手当をもらえちゃう可能性もあります。 ただ、一度本名や個人情報を教えてしまうと、 パパ活をやめた後に脅迫をされたり自宅にストーカーされるリスクがある事は頭の片隅に留めておきましょう。

次の

パパ活で、本名を教える?名前を教えると大変なことに・・

パパ活 本名

パパに個人情報を聞かれて困っているあなた! パパ活をしていると、誰もが直面するのがパパに個人情報を聞かれることです。 パパから本名や住所を聞かれて、どこまで教えて大丈夫なのか、悩んだ経験がある方はとても多いと思います。 実際に私も個人情報を聞かれて困ったことがあります。 教えて良いのか?教え宅内場合は、どう答えたら良いのかと非常に悩みました。 そして今の私はというと… 「 基本的に個人情報はほとんど教えません!」 実際に私はパパにほとんど個人情報は教えておりません。 何故なら、パパ活でパパに個人情報を教える必要は無いからです。 ただし教えることによって、メリットがある場合もあるんですよね。 このようにパパ活における個人情報って、色々と難しいのが現実です。 そんな中で、私がどう個人情報を扱っているのかを今回は紹介いたします。 私の 目次• 個人情報1:本名 フルネーム 1つ目の個人情報は「 本名 フルネーム 」です。 まず私の場合、本名は何人かのパパにしか教えていません。 理由とするとあまり信頼もできないパパが、自分の名前を知っているのが何となく嫌だからです。 ですので、パパに本名を聞かれた場合 「 基本的には本名は教えません」 理由は上記に上げた通りです。 更に言うと、最近では本名をネットで検索すれば、個人が特定できてしまいます。 ですので、個人を特定できてしまうという観点でも本名は教えない方が良いです。 それでも教えないと気まずいという方もいらっしゃると思います。 その場合は、 「 下の名前を教えましょう」 そうすればフルネームではないので、気分的にも私は大丈夫です。 ですので名前を教えたくないパパに、本名を聞かれてしまった時は下の名前だけ答えましょう。 それでも納得してくれない場合は、仲良くなってからと伝えてみるのがベストです。 ちなみに私の場合、本名を教えるのは自分にメリットがある場合です。 例えば月極パパになってくれて、講座にお小遣いを振り込んでくれる場合などです。 そういう場合くらいじゃないと、教えないです。 あともしあなたが、下の名前も知られたくない場合には偽名を考えておくのもありですよ。 そうすれば何一つパパに知られることは無いです。 個人情報2:住所 2つ目の個人情報は「 住所」です。 パパ活をしていると住所もよく聞かれます。 これって、パパは何気なく聞いていることがほとんどですが、結構回答に困るんですよね。 ここで、私からのお願いです。 「 あなたの住所はパパには絶対教えないで下さい」 住所って悪意を持ったパパに知られたら、ストーカーをされるなどトラブルに遭う可能性が高くなります。 さらに住所ってなかなか変えられるものでは無いので、一度教えたら最後、本当に困ってしまうものなのです。 実際に私は、キャバクラ時代に最寄り駅で待ち伏せされた経験があります。 駅ですら恐怖だったのに、家に来たらと思うと..。 今でも思い出すたびに寒気がします。 そんな経験もあるので、これを読んでいるあなたには同じ思いをして欲しくはないのです。 それでもやはり、一応パパの質問には答えたい方もいらっしゃると思います。 そんな場合は、 「 新宿区、中央区など、大まかな場所を伝えましょう」 このように大まかな場所を伝えれば、大体のパパは納得してくれます。 それでもしつこく聞かれる場合は、悪いことを考えているパパの可能性が高いです。 そんな場合は、住所は大まかな場所まで教えて、二度と会わないようにしましょう。 そういうパパと付き合う必要はありません。 ちなみに私ですが、1人の信頼できるパパを除いて誰にも住所を教えていません。 その住所を教えているパパとは、3年以上の付き合いで、そのパパの身元もはっきりしています。 教える必要があったので、住所を教えました。 まあ教えた理由は、送り迎えをしてもらったり、何かものを買ってもらって届けてもらうなどだったんですけどね 笑 でもこのパパが、安全だと分かっているから教えたのです。 もし分かっていなかったら絶対に教えなかったです。 個人情報3:学校や職場 3つ目の個人情報は「 学校や職場」です。 学校や職場もパパからよく聞かれる個人情報です。 ちなみに私は現在、女子大生、つまり大学生なのです。 そんな私ですが、 「 今現在、全てのパパに学校名を教えてしまっています」 理由はとっても簡単で、お金になるから。 ただそれだけです。 実は学校名を伝える前と伝えた後とでは、パパの私を見る目が全然違うのが分かります。 ここだけの話、パパって大学名に滅茶苦茶興味があるんです。 有名な大学に通っていたりすると、それだけでパパがあなたを好きになってくれます。 酷いパパだと、ガラッと態度を変えてきたりするんですよ 笑 そしてパパに気に入られることによって、お小遣いもアップしやすくなるのです。 学校名を伝える事で、自分の価値を上げる。 そして、お手当をアップさせる作戦です(笑) ただし学校や職場を教えたくない人もいらっしゃると思います。 特に職場の場合は、教えたくないですよね。 だってほとんどの会社はそこまで人がいるわけでもないし、教えたら個人が特定されやすくなるからです。 また、私は大学名を教えちゃっていますが、教えたくない人も中にはいますよね。 そんな時は、 「 大したところじゃないので、ちょっと恥ずかしいです。 仲良くなったら教えます!」 と伝えるのが一番良いです。 こう伝えると、私の経験上、案外納得してくれるパパは多いですね。 パパに対しては、このように仲良くなったらとか、恥ずかしいからという言葉は非常に効果的なんです。 個人情報4:生年月日・年齢 4つ目の個人情報は「 生年月日・年齢」です。 これもパパによく聞かれる個人情報です。 やっぱりパパは年齢とか気になるので、普通に聞いてきますね。 まず私の場合ですが、 「 生年月日や年齢もパパに聞かれたら伝えています」 伝える理由としては、別に隠す理由が私には無いからです。 だって、生年月日ってそれだけでは個人の特定はできないんですよね。 実施には、名前と生年月日がそろって初めてその人を特定できるものなのです。 更に言うと、パパ活アプリで年齢って教えているから嘘ってつくとマイナスポイントなんですよね。 なので私は教えちゃいますね。 ただもしあなたが、生年月日を知られたくない場合は、 「 嘘の生年月日を教えてください」 そうすれば生年月日を知られずに済みます。 ただこのとき注意しなければならないのが、年齢 生まれ年 です。 大体バレるときって、生まれた年と年齢があっていないときなのです。 例えば19歳と言いながら、西暦は1997年生まれ 21歳 とか言ったら嘘ってわかっちゃいますよね。 また18歳と言っても、平成8年生まれとか答えちゃったら22歳とバレてしまいます。 年齢を誤魔化すならば、西暦何年なのか、平成何年なのかをきちんと調べておいて下さいね。 更に言うと、あなたが小さい時の話やその時流行っていた物で、バレる可能性も十分にあります。 年齢を大きく詐称する場合は、そこも気を付けて下さい。 個人情報5:口座番号 5つ目の個人情報は「 口座番号」です。 こんなことを言っておりますが、パパ活をしていて口座番号を聞かれる事はほとんどありません。 じゃあどんなときに口座番号を聞かれるかというと、月極パパとの契約で、お小遣いを直接あなたの口座に振り込みたいと言われた場合に、聞かれることがあるのです。 もしそのような話になって、口座番号を聞かれたら、 「 絶対に教えない方が良いです!」 じゃあ何で講座番号を教えない方が良いのか、その理由とすると、以下の問題点があるからです。 1つ目はあなたの本名 フルネーム がバレてしまうという点です。 もしあなたがパパに本名を隠していたり、偽名を使っている場合は危険です。 実際にパパがお小遣いを振り込もうとしたときに、あなたが嘘をついていたことが分かってしまいます。 ですのでもしあなたが偽名などを使っていた場合は、パパがショックを受ける可能性がありますので、その点のフォローを忘れないでください。 2つ目は、あなたの住所がある程度分かってしまう点です。 口座番号を教えると、支店名からあなたの住所がある程度特定されます。 基本的に講座を作る支店って、あなたの家の近くや、最寄り駅の近くが多いです。 そのため、口座番号を教えるとあなたのバレる可能性があるという事です。 人によっては、学校や職場の近くの人もいますが、これもある程度個人情報の特定になってしまいます。 このように、口座番号を教える際は、支店名も分かる事を忘れないで下さいね。 3つ目はほぼ個人情報が特定されることです。 口座番号を教えると上記のように、名前とある程度の住所がわかってしまいます。 これだけの情報社会では、ある程度の情報があれば、人を調べることができます。 ですので、口座番号を教えるときはそれも覚悟して教えましょう。 また口座番号を聞かれたときの対処法としては、 「 お小遣いは手渡しでもらうことにしましょう!」 口座番号の話題は基本的にお小遣いを振込したいからです。 ですので、お小遣いを手渡しにすれば口座番号を教える必要はないのです。 ですので、口座番号を教えたくない場合は、お小遣いを手渡ししてもらう交渉をしましょうね。 ちなみに私は今まで2人のパパに口座番号を教えています。 これは月極の契約をしていて、信頼できるパパだからです。 このように、信頼出来て月極の関係のパパなら教えても良いかと思います。 それでも2人だけなので、基本的には教えない方が良いです。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、私がパパに個人情報を伝える基準と、それを聞かれた時の対処法についてご教授いたしました。 今回のポイントは以下の通りです。 基本的に本名は教えず、対処方法は下の名前を教える• 住所は何があっても教えちゃダメ、対処としてはおおまかな住所を教える• 学校名は教えてもOK、対処は仲良くなったら教えることにする• 生年月日は教えてもOK、嘘をつくならばつじつまが合うようにしておく必要がある• 口座番号は基本的に教えちゃダメで対処はお小遣いを手渡しにする 以上となります。 最後に私から一言。 「 基本的に個人情報は教えちゃダメです!」 個人情報はパパに教えちゃダメです。 だってパパに個人情報を教えても全く良いことはありませんよね。 本名、年齢、学校、これをパパに教えて何が良いことがあるでしょうか? 答えは何も無いのです。 実際、パパがストーカーになるなどのトラブルはあるかもしれませんが、あなたにメリットは無いのです。 ですので、基本的にパパには個人情報は教えちゃダメです。 ただしあなたにメリットがある場合は別です。 個人情報を教えることによって、あなたとの距離が近くなったとパパは喜んでくれます。 その結果、あなたの小遣いがあっぷしたり、月極パパになってくれたりすることがあります。 ですので、それを見越して個人情報を教えることは良いと思います。 ただし注意とすると、そのパパが信頼できるか否かは見極めてください。 いくらメリットがあっても、そのパパが悪意を持っていたら、結局はあなたが被害を受けます。 ですので個人情報を教える場合は、パパが信頼できること。 メリットがあること。 この2点を見極めて、教えるようにしましょう。 基本は教えちゃダメですけどね!.

次の

パパ活での個人情報!本名や住所を教える?嘘設定や偽名を使う?

パパ活 本名

もくじ• パパ活アプリでは偽名やあだ名のみの人がほとんど パパ活専用のサイトやアプリで出会い、デートを重ねるうちに本名を教えるケースもあるかもしれませんが、基本的には本名を教える必要はありません。 パパ活で最初にパパと顔を合わせるときに、パパからは必ず「名前は何て呼べばいい?」と聞かれることが多いです。 そのときは、「パパ活専用アプリで使って呼んでいた名前で呼んでください!」と答えましょう。 もちろん、パパ活専用サイトで使っているニックネームも、偽名やあだ名で登録しておきましょう。 基本的に本名を教える必要はない 基本的に、パパ活では初対面である相手に対して本名を教えないようにしましょう。 初対面では、パパがどのような人なのかが、判断できないことが大きな理由です。 どれほどサイトのメッセージでやり取りが盛り上がっていたとしても、実際に何度かデートを重ねてもなければ人間性は分かりません。 どのような人かも分からない初対面の男性に対して本名を教えることは、非常にリスクが高いといえるでしょう。 また、初対面のパパと「2回目はナシかな」とあなたが思ったときや、パパ側から継続契約はないと判断されたときでも、本名を教える必要はありません。 2度と会わないパパから名前を聞かれた場合でも、「とりあえずサイト内で呼んでいた方法で呼んでください」と回答しましょう。 リスク回避のためにも、2度と会わない相手に対して本名は教えないことが重要です。 パパに本名を教えるときは? 本名を教えるといっても、フルネームを教える必要はなく、下の名前だけを教える方法も有効です。 パパ活をしているなかで、「このパパであれば本名を教えても大丈夫かな?」と感じるケースもあるでしょう。 そのような場合は、苗字ではなく下の名前を教えます。 下の名前を教える場合には、パパの方からある程度の自分の情報を教えてくれているうえで、信用できると感じたときだけで、できるだけ慎重に行いましょう。 実際に下の名前を教えるパターンは、主に2つ挙げられます。 パパが名刺をくれたとき パパが継続した月極契約を考えていてくれたり、紳士な男性であったりするは、名刺をくれるケースも多いです。 名刺を渡してくれている時点で、パパは自分の本名や会社名、連絡先などを情報開示していることになります。 そのときに本名を質問されたのであれば、下の名前だけ本名を教えましょう。 名刺を渡してくれるということは、あなたのことを信用している証拠でもあり、女性側がパパ活専用サイトで使っていたニックネームしか教えないのは失礼です。 そのため、名刺をくれた場合は、本名を伝えても良いかもしれません。 あなたが下の名前を教えるだけでも、パパから「信用してもらえているんだな」と、好感を得ることにもつながります。 ただし、受け取った名刺をしっかりと確認して、嘘がないかを判断してから本名を伝えることが大切です。 例えば、パパ活専用アプリでのプロフィールと名刺の内容が異なるのであれば注意しましょう。 また、悪質なパパの場合、偽名の名刺を作っていることも考えられます。 見分けるには難しいですが、名刺に書いている会社の仕事内容や役職と、普段の言動が一致しているかが、一番わかりやすいポイントです。 パパが本名を教えてくれた場合 パパから本名を明かしてくれた場合には、女性側も本名を伝えなければ失礼になってしまいます。 名刺をくれなかったとしても、本名を伝えてくれる行為はパパの誠実さを感じられるため、下の名前程度であれば本名を教えても良いでしょう。 ただし、教えるのは下の名前だけにします。 とくに、珍しい名字の場合は本人が特定される可能性があるため、十分注意しなければなりません。 パパ活で教えるのは危険な個人情報の種類 本名以外でも、パパ活をする際には個人情報の取り扱いに十分注意しましょう。 ストーカートラブルに発展する可能性があるため、どの情報をどの程度まで明かすべきなのか、しっかりと判断することが大切です。 教えない方が良い個人情報の種類と、教えても良い部分について解説します。 住んでいる場所 パパ活をする際に、本名の次に注意しなければならない情報が住所であり、住んでいる場所については質問されるケースが非常に多いです。 パパはとくに深い意味もなく質問していることが多いですが、女性は回答に困る質問ですよね。 しかし、パパ活をしている際、絶対に住所を教えないようにしましょう。 住所は悪用されるケースがあるほか、ストーカーなどの被害に遭う危険性もあります。 また、住所は簡単に変更できるものではなく、1回教えてしまうとトラブルに巻き込まれた場合の解決にも時間がかかってしまうのです。 最寄りの駅からストーカーをされると、自宅の場所も簡単に特定されてしまいます。 住んでいる市区町村を回答するだけでも、基本的に問題はありません。 さらに詳しい場所を聞かれた場合には、自分の最寄り駅から数駅離れた駅名を回答するのがポイント。 数駅程度であれば、多少の土地勘があることが多いため、パパに「行ったことあるよ!」「昔住んでいたんだ!」と言われても、会話に困ることはないでしょう。 ただし、駅名まで質問してくるパパは悪意を持っている可能性が高いため、市区町村まで教えたうえで2回目のデートは、しないことが賢明だといえます。 少しでも危険だと感じた場合には、2度と関係をもたないようにしましょう。 パパ活で成功している女性は、本当に信用できると感じたパパにだけ住んでいる場所を教え、他のパパに対しては住所や本名などは教えない方法で活動をしているのです。 学校名や会社名 パパ活をしていると、学校や会社の場所なども質問されるケースが多いです。 女子大生の場合は、学校名を教えることによってお小遣いの金額があがる可能性があります。 パパは学校名に関して非常に興味を持っており、有名な学校に通っている女子大生とパパ活をしたいという男性が非常に多いためです。 しかし、学校名や社名、場所などは絶対に教えたくないという人も多いでしょう。 学生であれば、「有名なところではないので今は言いたくありません」と、恥ずかしそうに伝えます。 基本的に、何かしらの回答さえすればしつこく質問をしてくるケースはありません。 恥ずかしそうにしたり、「仲良くなってから教えますね」と伝えたりすることによって、パパも納得してくれるでしょう。 会社名まで聞いてくるパパは滅多にいないので、詳しく聞かれた場合は、怪しいと思った方がいいかもしれません。 誕生日や年齢 誕生日や年齢についても、パパかありますが、誕生日や年齢だけで個人を特定することは難しいため、教えても大丈夫でしょう。 これは、質問されるケースが多く、年齢はパパが気になるポイントであるため、必ず質問されると考えておいて良いでしょう。 本名と誕生日が揃うと、個人を特定できる可能性が高まってしまいますが、誕生日や年齢だけであればそのリスクは大きく下がります。 しかし、西暦と年齢、干支などをしっかりとチェックしておくことが大切です。 生まれ年と年齢が合わないと、すぐにバレてしまい、信用を失いかねません。 また、「童顔だから大丈夫!」と、年齢を大幅に詐称する場合は、子供の頃に流行していた芸能人やおもちゃなどから嘘だとバレてしまう場合があるため、十分に注意しましょう。 身バレしないようにするための対策 身バレを予防するためには、本名や住所、学校名や職場などの個人情報を教えないというだけではなく、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。 パパ活をしているなかで身バレを防ぐためのポイントを5つ紹介します。 顔は部分的に隠す 身バレしないようにパパ活をするためには、プロフィールに設定する写真を部分的に隠しましょう。 部分的に隠すことによって、知り合いや友人に写真を見られた場合にも、「似ているだけで違う」と言えるためです。 しかし、身バレを予防するあまり、広い範囲を隠した写真を掲載すると、パパに顔の雰囲気や印象をイメージしてもらいにくくなりパパ活の妨げになります。 そのため、顔の雰囲気を伝えやすい目元は見えるようにして、口元や鼻などを部分的に隠す方法がおすすめです。 ニックネームを本名は関連付けない 身バレをしないためには、サイトで使用するニックネームは絶対に本名とは関係のないものにすることが大切です。 考えるのが面倒だったり、自分が呼ばれ慣れていたりという理由で本名やあだ名などを少し変えただけのニックネームにすると、「ニックネームも写真も両方似ている」という利用で身バレにつながります。 また、本名だけではなくSNSで使用しているユーザー名、アカウント名にも関連付けないようにするなど、徹底しましょう。 パパ活サイトでは知り合いをブロック パパ活専用サイトでパパを検索している際に、万が一知人や友人のアカウントを発見した場合には、すぐにブロックすることも大切です。 パパ活専用サイトに登録している時点で、その相手もパパ活を行っているため直接指摘されるようなことはないものの、互いにパパ活の相手になることもないためブロックしても問題はありません。 パパ活で身バレを防ぐためには、念には念を入れて警戒しましょう。 SNSや掲示板を使わない パパ活がばれてしまう理由として最も多く挙げられるのは、SNS や掲示板など誰でも見られる場所でパパ活募集を行っているケースです。 不特定多数の人がいつでも閲覧できる場所で、顔写真と一緒にパパ活募集を行っていると、知り合いが気づいてしまう可能性があります。 身バレを防ぐためには、SNSではなくパパ活専用サイトで会員登録をして活動する方法が有効です。 パパ活専用サイトは同性のプロフィールを閲覧できないようになっているサイトが多いため、女友達に身バレをしたり活動していることが知られたりする可能性は非常に低いといえるでしょう。 別の自分を作る 本格的に身バレを防ぐ場合は、住所・氏名・誕生日・学校や職場など架空の設定を作る方法が有効です。 ただし、何かの拍子に嘘だとバレてしまう可能性があるため、十分に注意しましょう。 名前や誕生日については嘘をつきやすいですが、学校名を偽る場合、学部や学校の場所、どのような勉強をしているのかなどもリサーチしたうえで徹底したキャラ作りを行います。 住んでいる場所も、設定したエリアについてパパが詳しかったり昔住んでいたりといったこともあるため注意しなければなりません。 友人が住んでいて頻繁に行く場所や子供の頃に住んでいた場所など、自分でもある程度土地勘のある場所に設定すると良いでしょう。 また、嘘がバレそうになったときの言い訳として「引っ越したばかりであまり詳しくないんです」「学校については、これ以上の詳しいことは仲良くなってからでもいいですか?」などの返答も考えておくのがおすすめです。 まとめ:パパ活では身バレに注意! 身バレせずにパパ活をしたい場合には、パパ活をしたい人だけが登録している場所で募集をすることがポイントです。 パパ活専用サイトであれば、友人や知人、家族に知られるといった危険性はほとんどありません。 また、どのような方法でパパ活を行ったとしても、本名や住んでいる場所などを気軽に教えないように十分に注意し、身バレやトラブルを回避しましょう。

次の