日本 ガイシ コロナ。 日本ガイシ社員の口コミ・評判から転職すべき理由が判明!年収や将来性は?

【休館期間延長】 新型コロナウィルスの影響に伴う市内各スポーツ施設(屋内)一斉臨時休館のお知らせ

日本 ガイシ コロナ

日本ガイシが自動車部品の価格操作による反トラスト法(独占禁止法)違反(カルテル)の疑いを認めた。 8月19日付米司法省HP発表資料によると、同社は司法取引に応じ、5210万ドル(約63億円)の罰金を支払うとされている。 日本ガイシは競合他社と共謀してスパーク・プラグなどの自動車部品で不正な入札を行い、顧客である自動車メーカーへ損害を与えたという。 2000年7月から10年2月までの不正が確認されている。 ちなみに日本ガイシの9月4日付発表では、罰金額が6350万ドル(約78億円)となっている。 司法取引により9月3日に合意したものだという。 8月19日以降、さらに問題が見つかった可能性もある。 まず4月時点で、15年3月期に「関連特損93億円」を計上したが、今回の罰金支払いに備えたものであった。 司法取引では78億円で決着がついたので、前出9月4日発表のリリースでは、「今回の司法取引合意による罰金額の決定を受け、当該引当金との差額約15億円を営業外収益として計上する予定です」としている。 これを受け、株価は発表前日3日から8日まで8%ほど下げたが、米司法省が8月に発表していたこともあり、司法取引の金額が決定したことで悪材料出尽くしとなる可能性がある。 「変更しない」とした16年3月期決算予想では売上高4200億円(対前年11%アップ)、最終利益は480億円(対前年比16%アップ)という好調ぶりだ。 これに上記差額15億円が足し上がる可能性があるのだ。 経常利益率も16. 4%と素晴らしい予想だが、もし「談合してまでそんなに儲けたかったのか」という批判が上がることになれば、名門企業の名誉も地に墜ちてしまうだろう。 本件調査に対して同社側が電子ファイルを削除したり、幹部のコンピューターを取り換えたりして捜査を妨害した疑いがあり、悪質だと判断されたという。 反トラスト法で免責されない場合は、米国で起訴となり有罪の場合、禁錮刑などがありうる。 それが例外的かというと、矢崎総業の4人が11年に禁錮刑の判決を受けたのをはじめとして、実は結構存在する。 外国人の禁錮刑は2年が最長と決められている。 司法省やFBIの捜査が佳境に入ったと見られる14年5月に、同社は社長交代を行っている。 偶然なのかどうかは定かではないが、今回の発表時点で「現社長が訴追された」などという恥さらしを避けることはできた。 今回の事案だけでも、司法省の発表によると、「日本ガイシを含む28社と26エグゼクティブが有罪を認め、現時点で24億ドル(約2880億円)の罰金の支払いに合意した」という。 10年にデンソーや矢崎総業などが摘発されて以来、毎年のように日本メーカーのカルテル行為がやり玉に挙げられてきた。 12年に日本企業に課せられた罰金の合計は、反トラスト法で司法省が課した罰金総額の半分以上に達していた(パットン・ボッグス法律事務所のリポート)。 どうしてこれほどまでに、日本企業が狙い撃ちにされているのか。 それには、アメリカにおけるフェアネス(公平)への執着、価値観を理解する必要がある。 アメリカは移民社会として発達してきた国なので、参加者の間での競争における公平というのが必須の文化として醸成されてきたのだ。 カルテルは、殺人や強盗と同程度の、FBIが乗り込んでくるクリミナル(重罪)なのだ。 一方、耕作民族として発展してきた日本は、ムラ社会の価値観として「関係者全員の調和と同律な利益享受」が形成されてきた。 そのような文化背景では、談合はむしろ推奨されるような商行為だったわけだ。 この2つのビジネス文化の隔絶を、私は痛感してきた。 米誌「フォーチュン」が毎年選出する優れた企業500社のうちの1社であるミード日本法人社長となって、米国への出張を繰り返した。 毎年のカントリー・マネジャー会議で本社の社内弁護士が必ず1時間ほどセッションを行い、競合会社との会談、邂逅、立ち話について警告を発していた。 例えば、大手顧客が取引先を対象とするパーティを東京で開催した。 そこで競合企業の社長たちと会えば名刺を交換するし、会話をする。 しかし、それらは「情報交換」であってはいけないばかりか、ただちに米国本社の法務部に対して「競合のどんな立場の、誰と、どのような状況で会って、何を話したか」を報告しなければならなかった。 私が理解できなかったのが、日本の業界団体というものだった。 これらは私に言わせれば悪の温床で、実際日本で今までに摘発された談合事案には、業界団体での集まりから発展したものがいくつもあった。 各社及び業界全体の製造統計などの業務は、外部の業界紙誌がビジネス・ベースでやればいいことである。 「和気藹々の競争」などは幻想であるし、結局不実な他の目的に使われてしまっている。 前社長らに対して78億円の損害賠償をするように、まず会社が求められるだろう。 それを会社が行わなかったら、前社長らが直接株主から訴訟を起こされる可能性が大きい。 同社の場合、海外株主も多くいる。 本稿執筆段階では、前社長はまだ相談役として残っているようだ。 私の問い合わせに対して日本ガイシ広報部は、「捜査中でもあるし、前社長のことも含めてコメントできない」とした。 しかしこんな状況で、「みんな仲良くムラ社会」では通用しないのではないか。 談合は本当にペイしないということを、日本の経営者たちは肝に銘じなければならない。 (文=山田修/ビジネス評論家、経営コンサルタント).

次の

日本ガイシの前期純利益24%減 新型コロナで減損 :日本経済新聞

日本 ガイシ コロナ

明治期以来の食器事業に源流を持つセラミック企業集団の森村グループで「祖業」が苦戦している。 名古屋が本拠の主要3社の2019年9月中間決算は、ノリタケカンパニーの食器と日本ガイシの「がいし」を含む事業が赤字。 日本特殊陶業も自動車事業が減益だった。 ノリタケは看板の食器事業で3億8千万円の営業赤字となった。 ホテル向けの受注が伸びて赤字幅は前年の5億円より縮んだが、海外販売が振るわず、赤字は下期も続く見通し。 食器は貴重な外貨を稼ぐ手段として明治期に始まったグループの祖業。 加藤博社長は「縮小均衡でもいいので、利益を出さないといけない」と語る。 創業100年の日本ガイシは、食器から派生した「がいし」が不振だった。 送電線の絶縁に使う製品で、蓄電池も含めた電力事業が24億円の営業赤字(前年同期は31億円の赤字)。 「電力会社の投資抑制が響いている」(大島卓社長)といい、当面、我慢の時期が続くとみる。 日本ガイシから分かれた日本特殊陶業は、点火プラグを含む主力の自動車関連事業で中国の自動車販売が減ったあおりで、部門の営業利益が前年同期より約15%縮小。 川合尊社長は見通しについて「中国がどう動くかでかなりの影響が出る」と話す。 また、株高が支える米国の個人消費の先行きにも警戒を示した。 ノリタケは工業用の砥石(といし)、日本ガイシは半導体製造装置向け製品など、祖業以外の分野が売り上げの多くを占める。 ただ、9月中間決算ではいずれも自動車や半導体産業の冷え込みが響き、3社とも営業利益は前年実績を下回った。 1904年に輸出用磁器の製造部門として日本陶器(現ノリタケカンパニー)を設立。 その衛生陶器部門が東洋陶器(現TOTO)、がいし部門が日本碍子(現日本ガイシ)に。 日本碍子から自動車用点火プラグ部門として日本特殊陶業が分離した。 長く「1業1社」を掲げて事業分野をすみ分けてきたが、今年3月に初の4社協業構想を発表。 セラミックをつかった燃料電池開発会社「森村SOFCテクノロジー」をつくり、12月に事業を始める。 億円未満切り捨て。

次の

日本ガイシ:製品検査不正1億個 90年代初めから

日本 ガイシ コロナ

続報:小牧市内在住者の初感染例(愛知県246例目)について。 (4月9日更新) 4月7日夜に愛知県から発表がありました、小牧市内在住者の初感染例(愛知県246例目)については、日本ガイシ株式会社のホームページに8日掲載された感染情報と関連することが本日判明しました。 日本ガイシ株式会社は、ホームページでグループ会社であるNGKセラミックデバイス株式会社本社(小牧市)で勤務している従業員2名(30代男性・50代男性)が、新型コロナウイルス検査の結果、陽性であることを確認したと発表しています。 市が、日本ガイシ株式会社に確認したところ、このうち30代男性は本市初の感染例(愛知県246例目)の方であり、50代男性は、愛知県242例目の一宮市在住の方であると判明しました。 日本ガイシ株式会社では、既に当該従業員が勤務するフロアの全従業員を8日から自宅待機とし、当該従業員および接触した従業員が勤務していた建物および利用していた施設の消毒を実施したとのこと。 また、現在、保健所と連携して濃厚接触者の特定を進めているとのことです。 市民の皆様には、冷静な対応をお願いするとともに、噂やデマなどには十分にご注意いただき、ないとは思いますが、SNS等において身元詮索や誹謗中傷等の人権侵害や風評被害ににつながる行為は絶対にしないよう、くれぐれもご理解の程、お願い申し上げます。 小牧市としましては、引き続き、県・保健所・関係企業などと連携し、適切な情報発信および市民の安全確保に最大限努めてまいります。 愛知県内も非常事態宣言発令に向けて動いています。 市民の皆様には、三密(密集・密閉・密接)を徹底して避け、感染防止対策を一層厳重にしていただきますようお願いいたします。 小牧市内の在住者で初めて新型コロナウイルスの感染が確認されました(4月7日更新) 現時点においては、判明していることは少ないですが、愛知県より小牧市に速報が入りましたので、ご報告いたします。 本日7日夜、愛知県は、新型コロナウイルス感染症の検査で、小牧市民の陽性が確認されたと発表しました。 30代、男性、海外渡航歴14日以内なし 発症日は4月2日で、症状は軽症とのことです。 まずは早期回復を心からお祈り申し上げます。 現時点では、感染経路や行動履歴、濃厚接触者の有無などの詳細については判明しておらず、所管の愛知県春日井保健所において引き続き調査中です。 今後、県、保健所など関係機関と連携し、適切な情報発信および市民の安全確保に最大限努めてまいります。 なお、小牧市としての今後の対応ですが、感染者情報の続報を待ち、市内リスクについて見極めた上で、改めて市民の皆様にご報告させていただきます。 このたび、小牧市民で初の感染が確認され、不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。 しかし、残念ながら、本市近郊の地域では、すでに感染者が次々と報告されている状況から、感染者が出ること自体は冷静に受けとめる必要があります。 市民の皆様におかれましては、噂やデマなどには十分にご注意いただくとともに、ないとは思いますが、SNS等において身元詮索や誹謗中傷等の人権侵害につながる行為は絶対にしないよう、くれぐれもご理解の程、お願い申し上げます。 引き続き、一人ひとりの手洗い・うがいの励行、咳エチケットの徹底、人が密集する場所や換気の悪い環境に行くことを避けるなど、感染予防対策にしっかりと取り組んでいただくようお願いします。 また、咳や発熱等の風邪症状がみられる方は、出歩かず自宅で休養することを徹底するなど、皆様の適切な行動が多くの命を守ることにつながることを十分ご理解いただき、責任ある行動をとっていただきますことを改めてお願い申し上げます。 小牧市としても、私はじめ職員一同、感染拡大阻止に引き続き全力で取り組んでまいりますので、市民の皆様のご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。 令和2年4月7日 小牧市長 山下史守朗.

次の