勝てるスロット。 【2018年11月】 勝てるパチンコ パチスロ 甘い機種 勝ちたければこれを打て

今勝てる人気スロット 【2020年7月】

勝てるスロット

それは 「パチンコやスロットで 勝ちたいですか?それとも 負けたくないですか?」 ということです。 「はあ?何を言ってるの?勝ちたいのと負けたくないのは一緒でしょう?」 という意見が聞こえてきそうですね。 でもね、違うんですよ。 ここをまずハッキリさせておかないとこれから書く内容がムダになってしまうんですよね。 では説明しますね。 「勝ちたい」ということは負けるリスクを取らないといけないわけです。 つまり負けるリスクを恐れていては絶対に勝てません。 ここはすごく大事ですよ。 それとは反対に「負けたくない」というのは実は簡単で何もリスクを取らなくていいです。 パチンコやスロットで負けない一番簡単な方法は打たないことです。 「そんなに勝てなくてもいいからチョイ負けぐらいで遊べれば良いんですよ」 って人は1パチを打つかゲーセンのパチンコやスロットを打つことをオススメします。 なのでこれから先の話はパチンコやスロットで 「勝ちたい」という人だけ読んでください。 ではパチプロが一番重視しているのは何なのか?それは釘を見る力ではなく、目押しのテクニックでもなく 店選びです。 もう一度言います。 勝つために一番大事なのは 店選びです。 例えば牛丼チェーン店に行って松阪牛のステーキを注文しても出てこないですよね。 当たり前です。 そもそもメニューに無いんだから。 それと一緒です。 スロットに設定1・2しか使わない店に行って設定5・6の台を探そうとしても無理でしょう?そもそも無いわけだから。 だから良い店を選んだ上でどの機種どの台を打つか見極めなければならないんですよ。 もちろん低設定で勝つこともあれば高設定でも負けることはあります。 ただ低設定ばかり打っているとトータルで100%負けます。 逆に高設定ばかり打っているとトータルで100%勝てます。 パチプロでも毎日は勝てないです。 大事なのはトータルで勝つこと。 それを達成するには何はさておき 店選びです。 交通の便が悪いのに平日でもそこそこ客入りが良い店がいいですね。 その理由は、駅前や繁華街にある店は出玉が悪くても立地の良さでお客さんが入ります。 それに観光客や地元の人じゃない客が時間つぶしなんかで打ってくれることがあるからあえて出玉で還元する必要がないんですよね。 また郊外にある店というのは土地代が安いので出店費用が安くなります。 そこに大型店を出すというのはある程度その親会社がお客さんの入店見込みがたっている証拠なんです。 それと パチプロが多い店は良い店です。 なぜその店にパチプロが多いか考えればすぐわかりますよね。 良い台が多く勝てるからです。 パチプロとはその店に毎日来ている常連客のことではなくパチンコやスロットで勝てる立ち回りができている人のことなんでお間違えなく。 つまり 誰がパチプロか見極める能力が付けばあなたは自然と勝てるようになっているはずです。 (注意:都道府県によってパチンコ店の立地条件はかなり違ってきます。 郊外の大型店が必ず良い店で繁華街の店が必ず悪い店というわけでは無いです。 大都市圏などライバル店が多いとそれに合わせて繁華街でも良い店が多くなります。 なので 人がお金を使いたくなる時期に打ちに行ってはダメです。 僕は以前、居酒屋で働いていたんですがパチンコ店が忙しくなる時期と居酒屋が忙しくなる時期は見事に同じなんですよ。 その経験から人がお金を使いたくなる時期がハッキリ分かったんですよね。 ではどういう時期かというと、 給料日後やボーナスが出た後。 ゴールデンウィーク・お盆休み・年末年始など大型連休中などです。 そう考えると行ったほうが良い時期も見えてきます。 給料日前や大型連休前は行くべきですね。 その時期に新台入替やリニューアルオープンする店も多いでしょう? パチンコ店の書き入れ時に来てほしいのでその前に出玉をアピールしたいからです。 何故かと言うとパチンコ店も売上が大事だから月の目標に達していない場合どうしても絞ってきます。 月末というと給料日後と被るのでそういった意味で打ちに行かないほうがいいということです。 理由は簡単。 パチンコ店の一番のお客さんであるサラリーマンが朝から打ちに来やすい日だからです。 なぜならいい台を見極めやすいから。 夕方6時以降になるとサラリーマンや学生が増えてくるのでそれまでにいい台を掴んでおく必要があります。 交換率は都道府県で決まっている場合が多いので、その中で1パチと4パチがあるなら絶対に4パチですね。 ただし、大きく勝てなくてもいいからそんなに負けずに遊びたいという人は1パチのほうがいいでしょう。 何故か。 1パチと4パチでどちらもボーダーを越えている場合、大きく負ける可能性が低いのが1パチで大きく勝てる可能性があるのは4パチだからです。 1パチはドラクエでいうとスライムみたいなもんです。 攻撃を受けても大したダメージも無い代わりに、倒したところでそんなに経験値も得られないみたいな。 ゲームをやっていない人には分かりにくいかな? また 甘デジを狙うのは確率が収束しやすいから。 何故か。 スロットはパチンコと違って見た目からいい台を判断できないので実際に打って判断するしか無いです。 なのでその 判断基準が多い機種ほど打ちやすいということになりますね。 さらに設定をリセットしたか据え置きか分かりやすい台も狙い目。 例えば天井が900Gの機種の場合、前日に700Gハマって閉店を迎えたときに据え置きだったら200G回したら天井に突入するわけです。 また200G回して天井に突入しなかったとしても設定をリセットしているわけですから朝一から打つ価値のある台ということになります。 機種ごとに特徴があるのでそれを見極めるということです。 閉店まで打つべきです。 なぜなら毎日いい台を打てるという保証は全く無くて、勝てる可能性が高い台を掴んだのであればトコトン勝ちきらないとだめです。 それがトータルで収支をプラスに持っていく方法だからです。 また朝一から打っていて夕方6時までにいい台を掴めなかったら、そこまでの出玉を換金してさっさと帰ります。 株式投資やFXなんかで使われる 損切りというやつです。 何故か。 夕方6時以降はお客さんが増えてくるのでいい台に移れる可能性が低いという事と、例えば1万円突っ込んで5,000円分の出玉が残っていたとします。 今打っている台がボーダーを少し下回っているとか明らかに高設定では無いだろうなという台だったら、夜11時が閉店時間として残り5時間5,000円分の出玉は増えるより無くなる可能性のほうが高いからです。 負けが5,000円で済むところをあえて1万円負けにする必要はないです。 1万円負けで済めばいいですが持ち玉がなくなった後にさらにつぎ込む人も多いんですよね。 これが完全な負けパターンです。 つまり確率的に勝てる可能性が高い台を掴めなかったらできるだけマイナスの金額を少なくすることを考えなくてはならないのです。 それが損切りということです。 最初はうまい具合に大当たりを引き出玉が増えていました。 ところが突然当たりが引けなくなり気づけば出玉も底をつき1,000G以上ハマってしまいました。 まだ打つ時間はたっぷりあります。 そこであなたは、 A:今日は運がなかったと思って途中でヤメる。 B:当たりを引くまでトコトン打つ。 どちらを選びますか? 僕なら間違いなく Bを選びます。 何故かというと、いくら大当たり確率が良い甘デジでも短期間で見ると1,000Gぐらいはハマることはあります。 ただ長く打てば打つほど確率は必ず収束するので、その日は負けるかもしれないですがボーダーを越えているならトコトン打つべきです。 これがトータルで収支をプラスにする鉄則です。 もちろんスロットの場合もそうです。 明らかに設定5・6を打っているならどれだけハマろうがトコトン打ちます。 昔の話ですが天井がない4号機Aタイプの台でBIGとBIG間で最大2,700Gハマったことがあります(笑) その台ですが後半盛り返したんですが結局マイナスで終わりました。 でもそれで良いんですよ。 明らかに高設定の台を手放すほうが大問題ですからね。 ボーダーを超えていようが高設定だろうが負けることもある、ということを理解できていればそんなに落ち込む必要は無いです。 これはとても大事な考え方ですからね。 何度も言いますが パチプロとはいえ毎日勝っているわけではないです。 勝てる時に確実に勝ちきる、負けそうなときは無理をしないで損切りする。 コレが大事。 僕が1年で600万円勝った時も勝率は75%でした。 ということは4回に1回は必ず負けていたということです。 どれだけ良い立ち回りをしても負けることはあるんです。 なので負けている人と同じような立ち回りをすると収支がマイナスになるのは当たり前です。 だったらパチプロのようにトータルで勝っている人の立ち回りをしましょう。 これが出来るようになれば大きく勝つことは無理でも、借金してまで打ちに行ってしまうほど負けることは無くなるはずです。 運・不運は人それぞれありますがオカルトや詐欺みたいな情報で勝てるようになることは無いですからね。 ハデに勝っている人ほど地味な努力をたくさんしているものです。 でもココで紹介した方法は誰でもやれますから自分でも出来そうだなというところから始めてみてください。 あなたが少しでも勝てるようになれば僕としても大変嬉しいです。 ぜひ頑張ってください! 【次の記事】 【前の記事】 小野さんコメントありがとうございます。 スロットには設定というものがあることをご存知ですか? スロットの種類によっても異なりますが設定1から設定6まであって設定の数字が上がれば上がるほど当たりの確率が高くなります。 つまり設定1より設定6のほうが勝ちやすいというわけです。 「スロットのマシーンはパチンコ店で出すか、出さないかコントロールするのですか?」という質問ですが 店側でコントロール出来るのは店の開店前に設定を変更することぐらいです。 なので2,3回当たりが来たからといって店員によって出さなくしようということはできません。 あくまでも確率の波によるものです。 なので高設定(設定5や6)を打てば勝てる可能性が高くなるし、低設定(設定1や2)を打てば負ける可能性が高くなります。 例えば小野さんがスロットで2万円勝ったとします。 その日打ったスロットの設定が5だったとして 次の日、同じ台を打って2万円負けた。 これはよくあることです。 設定は店側で毎日変更することが出来るので前日設定5でも次の日は設定1にすることが出来るためです。 ただこれはあくまで可能性の話で高設定でも負けることもあるし低設定でも勝てることもあります。 なので小野さんにアドバイスするとすれば1日単位の勝ち負けに一喜一憂せずにできるだけ高設定の台を 探すようにしましょう。 タンタンさんコメントありがとうございます。 パチプロに関してはいろんな意見があると思います。 その殆どがネガティブなものでしょう。 私もパチプロになるまでは良いイメージはありませんでした。 「どうせ悪いことをして稼いでいるんだろう?」みたいな。 でも色んな情報を取り入れて自分なりの打ち方を研究していったら 徐々に勝てるようになったんですよね。 最初はお小遣い程度の勝ちから生活するのに十分なくらいの 金額を稼げるようになっちゃったんです。 なのでパチプロになろうとしてなったというより 生活できるくらい勝てるようになったので パチプロになったというのが正しいかもしれません。 私がパチプロをやれたのは独身だったからですね。 もし結婚して家族がいたら絶対にやっていません。 世間体も気になるし、健康にも良くないし。 またパチプロになりたいですか?と聞かれたら 絶対にやらないですね(笑) タンタンさんが仰る通りサラリーマンになって 家族を作り一緒に過ごす人生を選ぶでしょう。 私が今回、パチンコ・スロットの勝ち方をブログに書いたのは パチプロになろうとする人を増やしたいとか 応援したいとかいう意味で書いたわけではありません。 このブログを本当に読んで欲しい人は サラリーマンなど趣味でパチンコやスロットを 打っている人です。 パチンコやスロットは何も考えず普通に打っていたら 月単位でみると必ず負けます。 それでもお小遣いの範囲で 楽しんで打っているなら何も問題はありません。 ただ一部に借金してまで打とうとする人がいるのも事実です。 そういう人たちにこの記事を読んで少しでも役に立てばと 思っています。 パチプロは確かに「孤独」です。 でもその「孤独」なところが自分には合っていたんだと思います。 そうじゃないと10年もパチプロは続けられなかったでしょう。 私は昔から人付き合いが苦手でほんとに苦しんでいました。 パチプロは人付き合いがいらないんです。 それが一番良かったんでしょうね。 「パチプロ辞めて働こうと思って働けるほど社会は甘くないですよ」 というご意見は、まさにその通りだと思います。 でも仕事はなんとかなります。 今、外食で働いていますが人手不足が半端ないので 働きたいと思う人はほぼ働けます。 まあ実際に働いてみて合う合わないはあるでしょうけどね。 私には合っていたんでしょう。 なのでパチプロはダメでサラリーマンは良いということは 一概には言えないかなと。 どちらも経験した私が言うので少しは説得力があると 思うんですけどね(笑) 価値観は人それぞれなので今が幸せなら良いかなって 思っています。 長々と書いてしまい申し訳ありません。 タンタンさんのコメントに対して ちゃんと回答できたかは分かりませんが 自分なりの答えを書いてみました。 タンタンさん、ありがとうございました。

次の

夕方から勝てるノーマルタイプを探すパチプロ目線の3つのコツ!

勝てるスロット

勝てるスロット・トップ10 ここでは最高のRTPを持つスロットマシンのトップ10をご紹介していきますが、まずはじめにスロットゲームで使用されている代表的な用語を見てみましょう。 RTP ベット額からどのくらいがプレイヤーに配当として還元されるかを示した期待値、「ペイアウト率」のことです。 各スロットともRTPはあらかじめ設定されていて、ゲーム画面内で確認できます。 スロットマシンの平均ペイアウト率はスロットによって異なりますが、98%を超える非常に高いを持つスロットも存在します。 リール スロットゲームの画面の縦の列のことです。 ほとんどのオンラインスロットでは5リール仕様となっており、左からリール1、リール2、リール3、という風にカウントします。 ペイライン この上にシンボルが揃うと配当を獲得できるラインの事です。 オンラインスロットでは20~25ペイラインが多く、賭けるペイラインの数を選べる機種と、全ライン固定で1回のスピンで全てのペイラインに賭ける機種があります。 コインバリュー 1コインあたりの値です。 コインバリュー コインサイズ を調整して1スピンあたりのベット額を決めます。 マックスベット 1回のスピンに対する最大ベット額のことで、オンラインスロットの多くの機種に[Max Bet]ボタンがあり、これをクリックすると最大ベット額のスピンが発動します。 ミニマムベット 1回のスピンに対する最低のベット額のことです。 スロット・トップ10のご紹介 10位 「(BIG BAD WOLF)」97. 29%RTP QUICKSPIN社 童話「三匹の子ブタ」をテーマとしたこのオンラインスロットはコミカルなイラストでかわいらしい雰囲気です。 システムは人気の落ちゲースタイルで1ゲームで何度も小役が成立することがあり、連鎖が起きた時のアクションは爽快感抜群です。 9位 「ブラッド・サッカーズ(BLOOD SUCKERS」98%RTP NETENT社 吸血鬼をテーマとしたこのスロットはいま人気沸騰中です。 98%という高いRTPを持ち、フリースピン、ボーナスゲームも豊富にあります。 1コイン0. 25〜5ドルまで設定することができ、ジャックポット最大が7500コインです。 杭とハンマーのイメージが3つ揃えば中世の棺が12個ずらっと並んだ画面になり、その中からドラキュラを探し当てるボーナスなどがあります。 8位「シネラマ(CINERAMA)」98. 通常ジャックポットが付いているとRTPは低めになりがちなのですが、このスロットはRTPも高く、他にもムービーディレクターのボーナス機能、映画選択のボーナス機能など、映画好きなプレイヤーは特に楽しめる人気のスロットマシンとなっています。 7位「ジャックポット6000(JACKPOT 6000)」 最大98. 86%RTP NETENT社 昔ながらの雰囲気を持つスリリングなクラシックスロットマシンです。 1回のスピンにつき1枚から10枚のコインを賭けて、最大5つのペイラインを有効にしてプレイすることができます。 ただしコイン8枚までのプレイではRTPは74. 9%〜79. 2%と平均よりずっと低いRTPになってしまいます。 10枚のコインをベットするとRTPは95. 1%から98. 86%に上がりますので、できるだけコイン10枚ベットでプレイするのをおすすめします。 タイガーがワイルド柄となりマルチスピン機能を搭載しています。 現れた絵柄を選択して、ホールドすることができるのを特徴としています。 レイアウトはオーソドックスな5x3リールでベットラインは10で設定されており、リールを回すとドラキュラに関連するおなじみのシンボルが出てきます。 スキャッターシンボルは心臓に杭を打たれたシンボルで、揃えばフリースピンが始まります。 水中の隠れ家を探検し、危険な海洋生物に出会い、壮大な冒険を繰り広げます。 フリースピンが多く用意されているのも魅力です。 3位「オーシャン・プリンセス(OCEAN PRINCESS)」99. 派手なビデオスロットなどに比べるとエンターテイメント性は低いですが、昔ながらのスロットやシンプルなものが好きな人にはおすすめです。 2位「ウッガ・ブッガ(UGGA BUGGA)」 99. シンプルで当たりのわかりやすいスロットが好きな方におすすめの、まさに勝てるスロットです。 一般的なスロットシステムとは大きく違い、一番下のラインだけがスピンし、その後任意のラインをこちらでホールドし、残りのリールがスピンして再抽選という形になります。 最初のストップ時高配当シンボルを残すか、低配当シンボルを残すかという駆け引きがシンプルながらに熱い、稼げるスロットとなっています。 人気オンラインカジノサイト「ベラジョンカジノ」で勝てるスロットを厳選して2つご紹介します。 ディズニー映画のライオンキングの世界を連想させるアフリカのサファリがテーマとなっていて、ちょっとレトロな雰囲気をしています。 ジャックポットには4つの種類があり、一番高いMEGAジャックポットは1億円を超えています。 とにかく高額なジャックポットが高い確率で出現する機種で、平均で3億円~5億円という超高額のジャックポットを出しており、2015年には24億円ほどのジャックポットを出したことでも知られています。 プレイをしていて、いったんジャックポットが大きくなり始めると世界中のプレーヤーがジャックポットを狙って参加をしはじめるのでジャックポットの金額が毎秒膨れ上がっていき、見てるだけでもワクワクします。 ジャックポットがある代わりに還元率は低いですが、ゲームで遊んでいれば誰にでもジャックポットチャンスが発動しますので、一獲千金を夢見ることができるスロットとなっています。 鮮やかな赤いハイビスカスと、青い海、爽やかな砂浜など美しいグラフィックに定評があり、ハワイアンでほのぼのとしたBGMを特徴としています。 フリースピンの確率が89. この機種の最大の特徴はフリースピンのラッシュ機能で、通常ゲームで「7」が揃うとフリースピンに突入し、8回のフリースピンが付与されます。 この8回のフリースピン中に「7」が揃うとさらに8回のフリースピンが追加で付与されます!「7」の色によって連チャンの確率も変わるので夢が広がります。 オンラインカジノで、パチスロをベースにしたゲームは過去にもリリースされていますが、ここまで忠実に再現できているのはハワイアンドリームだけ、と大変高評価を得ています。 無料モードでのプレイも可能ですので、まずはどんなゲームなのかを知るためにお金を賭けずにトライして見てください! まとめ ギャンブルのRTPはゲームによって様々で、オンラインカジノで提供されているスロットゲームのRTPは概して95%~96%程度と高く設定されていますが、中には今回ご紹介したようにとびぬけて率が高いスロット人気台があります。 ちょっとクラシックな印象のものが多いのですが、ぶっちぎりの高ペイアウト率でゲーム性よりギャンブル性を重視するギャンブラーに受けているようです。 ペイアウト率が高いということは全体としてプレイヤーに支払われる分が多いという事なのでひとりひとりが絶対に勝てるというわけではありませんが、プレイしてみる価値は十分にあるといえるでしょう!.

次の

スロット初心者おすすめの勝てる機種ランキング!目押し不要台で厳選

勝てるスロット

【2019年版】勝てるスロットTOP10! 今やオンラインカジノでプレイできるビデオスロットの数は、まさに星の数ほどありますね。 毎週新しいスロットがリリースされ、どれをプレイしようか迷ってしまうくらい。 さて、このスロットたち、ゲームによって機能以外にも隠れた個性があります。 (ペイアウトの頻度は低いが爆発力がある)のスロット、ローボラティリティ(コイン持ちがよく小さい当たりがちょくちょく訪れる)のスロット、などがそれですね。 RTP(リターン・トゥ・プレイヤー) そしてその前に、忘れてはならないのが です。 これは、カジノがそのスロットでどの位プレイヤーに返還しているかを示すもの。 ほとんどのビデオスロットは96%〜97%というのが一般的。 RTP96%だと、プレイヤー達が$100プレイした場合、カジノは$96を勝利金として返しているということなんですね。 RTPが低いと、ペイアウトの頻度が少ない、もしくはペイアウト額が低くなります。 となると、もちろんRTPが高い方がプレイヤーが勝てるチャンスが高くなるということ。 オンラインカジノの数が増えているのと同時に、ゲームの数も増えています。 ゲームメーカーもヒット作を作成しようと激しい争いをしています。 そして、RTPの高いスロットもどんどんリリースされているのです。 13% 去年からだんだんと目にするようになったHabanero/ハバネロ社のゲーム。 ここのスロットはRTPが高いものが多いんです。 残念ながら日本語サイトを持っているオンラインカジノでは、まだこのゲームメーカーのスロットを提供しているカジノは少ないんですが、見つけたらプレイしてみるべし! 意外とたくさんのゲームを持っていて、ワタクシも驚きました。 9位:Cinerama(シネラマ)PLAYTECH社 98. ほとんどのカジノで、賭け条件を消化するためにプレイするのを禁止しているのがこのスロット。 それはやはりRTPが高く、勝つ可能性が多いからなんでしょうね。 フリースピンボーナスゲームでは、最高50回のフリースピンが獲得できるという特徴も、大勝利の可能性を感じさせます。 7位: NETENT社 最高98. 「最高」98. 86%というのは、ベットするコイン枚数によってRTPが変動するスロットなのです。 1枚から10枚までのコインを賭ける事ができますが、コイン8枚までのプレイではRTPは74. 9%〜79. 2%と、平均よりずっと低いRTPです。 しかし10枚のコインをベットすると、RTPは95. 1%から98. 86%に上がります。 見かけたらその日があなたのラッキーデー?! と言えるかもしれません。 なかなか見つからないということは、やはりカジノ側も提供したくないということ。 ウィリアムヒルって、ブックメーカーの老舗として有名だけど、今更ながらカジノとしても実にいろんなゲームを提供してるんですね。

次の