あし の うら が 腫れる。 膝裏の腫れ:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

膝の裏がぽっこり腫れている

あし の うら が 腫れる

それどころか、もっと痛くなったらどうしようと思うと心配にもなります。 実は足底筋膜炎の痛みで悩まれている方は、あなた以外にも多くいます。 そんな方のために、 足底筋膜炎(足の裏、かかと)の痛みを解消するために必要なことをまとめました。 安心してください。 足底筋膜炎は改善することが可能です。 あなたと同じように悩んでいた方が、足の裏やかかとの痛みを克服されています。 このページをよく読んで、足底筋膜炎の改善のための一歩を踏み出してください。 まずは、一般的に行われている治療方法からチェックしてみてくださいね。 仕事が原因で痛みが出たなら、体のために仕事を変えるのも選択肢のひとつ。 テーピング、インソール、湿布、ストレッチといった治療方法で、足底筋膜炎は改善するのか? 足底筋膜炎の治療で一般的なのは、テーピング、インソール、湿布、ストレッチ、アイシング、注射、強い刺激のマッサージ、サポーター、タオルギャザー、電気治療です。 すべての治療方法を知っているわけではありませんが、 これらの治療方法では良くならない方も大勢いらっしゃいます。 なぜ、これらの方法で足底筋膜炎が良くならない方もいるのでしょうか? 順番に説明していきます。 ・テーピング、インソール、サポーター テーピング、インソール、サポーターを使うことで、多少、痛みが和らぐことはあるかもしれません。 テーピングやサポーターは、動くはずの関節を固定したりすることで、痛みが出る範囲まで動かなくなるためです。 筋肉の動きをサポートするような効果もあります。 インソールの場合は、土踏まずを下から支えて、足のアーチを作ることで負担を減らす目的があります。 足底筋膜炎の原因の一つが、偏平足だと考えられているためです。 (ランナーの方はインソールを使うことも多いですね。 根本的に足底筋膜炎が治ったわけではありません。 痛みを感じなくするためには、テーピング、インソール、サポーターを、ずっと使い続けなくてはいけないのです。 実際、あなたもテーピング、インソール、サポーターを使わなくなった途端に、同じように痛みを感じているのではありませんか? ・湿布、アイシング 炎症が起こっているときには、湿布やアイシングが有効と言われています。 内出血が激しいときなどは、必要なこともあるでしょう。 しかし、実際には、湿布やアイシングで足底筋膜炎が改善することはあまりないようです。 湿布やアイシングで、足の裏、かかとを必要以上に冷やすことで、神経がマヒします。 すると、一時的に痛みを感じにくくなり、足底筋膜炎が良くなったように勘違いしがちです。 けれど、通常の体温に戻ると、神経が正常化してきて、元のように痛みを感じるようになります。 残念ながら、 一時的に冷やしてごまかしているに過ぎません。 また、何回も冷やし過ぎることで、血流が悪くなります。 酸素や栄養分が行きわたりにくくなりますから、回復しにくい体になっていく可能性だってあるのです。 (湿布、アイシングについて詳しくはこちらをご覧ください。 ) ・ストレッチ、タオルギャザー 足の裏の筋肉を柔軟にするためにストレッチ、筋肉を鍛えるためにタオルギャザーという方法が用いられます。 たしかに、足の裏の筋肉の柔軟性を出していくのは、足底筋膜炎改善のために大事なことです。 足の裏の筋肉が使われていないことも原因となっていますから、良く動かすという発想は正しいといえます。 しかし、 痛みを感じるストレッチは、逆効果になってしまいます。 苦痛に耐えながら、ストレッチを続けてもいいことはありません。 かえって治りにくい状態を作ってしまうこともあります。 足底筋膜炎で伸びにくくなっている筋肉を無理やり伸ばそうとすると、筋肉の過緊張が起こり、さらに痛みが強くなる恐れもあります。 ストレッチをする場合は、くれぐれも強度や回数などに注意しなくてはいけません。 タオルギャザーで、足の指を鍛えたりする必要もありません。 指を動かすこと自体は悪いことではありませんが、こわばって固くなっている足の指を無理やり動かすのは良いことではありません。 何度も、同じような動作を繰り返すことで、かえって足の指や足の裏の緊張が強くなり、足底筋膜炎が回復しにくくなる可能性があります。 動かすのであれば、同じ動作の繰り返しではなく、 様々な動きを、痛みがない範囲で少しずつ動かしていくことが大事です。 実際、良くなっているのであればいいのですが、おそらく、 ストレッチやタオルギャザーでは、なかなか改善しないというのが実情ではないでしょうか。 ・強い刺激のマッサージ、電気治療 これまでマッサージや電気治療で痛みを改善されようとした方もいると思います。 痛みへの対処として、マッサージや電気治療はよく聞きますよね。 しかし、マッサージや電気治療は、強い外部からの刺激で、痛みを押さえこんでいます。 痛みに対して、さらに強い刺激を与えることで感覚がマヒして、楽になったように感じることもあります。 けれども、根本的に足底筋膜炎が改善しているわけではないので、なかなか良くなっていきません。 マッサージや電気治療を受けた直後はましのような感覚がしても、数日もしないうちに元のように痛みを感じる方が多いようです。 強い刺激を体に与え続けるのはおススメできません。 強い刺激を受け続けると、身体を守ろうとする働きから、筋肉が硬くなり、治りにくい状態になっていく可能性があります。 マッサージや電気治療をたくさん受けている方ほど、回復しにくくなる傾向があります。 ・注射 足底筋膜炎の痛みがひどい場合は、注射を勧められることもあります。 痛みどめの注射を打つことで、痛みを緩和させる効果を狙っているようです。 足底筋膜炎の治療のために、 病院で注射を打たれた方にお話を聞いたことがあります。 注射はものすごく痛くて涙が出るほどだったそうです。 たしかに、しばらくは足底筋膜炎が楽になったそうです。 残念ながら、日にちが過ぎるについて、また痛みが出てきたということでした。 なにより、注射の痛みが強すぎて、もう二度と打ちたくないとおっしゃっていました。 元々、足の裏やかかとが痛くて辛いのに、さらに注射の痛みを感じるのは辛いことではないでしょうか。 注射では痛みが一時的に楽になるだけで、また痛みが戻ってくるケースが多いです。 これは、 虫歯に例えると分かりやすいです。 あなたが虫歯になっていて、麻酔の注射をすれば、一時的に虫歯は痛くなくなります。 でも、虫歯が治っているわけではありませんよね。 何の治療もしなければ、麻酔の治療の効果が切れたら、また虫歯が痛み始めます。 足底筋膜炎の改善のためには、根本的な原因(虫歯で言えば、虫歯を適切に取り除くこと)にアプローチする必要があります。 種類にもよりますが、比較的費用もかからず、一時的に、足底筋膜炎の痛みから少しだけ解放されることもあるかもしれません。 中には、症状が軽ければ、これらの方法でよくなってしまう方もいるのかもしれません。 多くの整骨院や病院でも受けやすい治療であるため、遠くまで出かける必要もなく、何回も通いやすいのもメリットですね。 しかし、これらの方法で良くならない方も、多くいます。 もし、1か月以上続けても変わっていないのであれば、方法を見直してみてはいかがでしょうか? 身体とは、一生付き合っていくことになります。 痛みを抱えたまま生活や仕事をしていくのは辛いことです。 どうかよく考えてみてください。 仕事が原因で痛みが出たなら、体のために仕事を変えるのも選択肢のひとつ。 足底筋膜炎の根本的な原因とは? 足底筋膜炎になった方に話を聞くと、病院では、このように言われたことが多いようです。 ・体重が重いから ・使いすぎ(歩きすぎ、練習のし過ぎ) ・年のせい ・偏平足 実は、これらの項目は、 足底筋膜炎の根本的な原因とは言えないのです。 たとえば、体重が重く、年齢が高い方が足底筋膜炎になっているかというと、そうではありませんよね。 一流のスポーツ選手でも、偏平足の方は大勢いますが、全員が足底筋膜炎になっているわけではありません。 そのため、体重を軽くする、使うのを止めるということだけでは、足の裏の痛みは改善していきません。 ましてや、年のせいと言われてしまったら、自分ではどうすることもできませんが、あきらめる必要はありません。 (安全靴といった特殊な靴をはくことで、足底筋膜炎になる方もいます。 だから、 大事なのは、「足の裏、かかと」「ふくらはぎ、すね」を柔らかくすることです。 試しに、あなたの足の裏、かかとを軽く触れてみてください。 感覚が鋭い方であれば、カチカチに足の裏、かかとが硬くなっているのが分かると思います。 (痛みが強い場合は無理に触れないでくださいね) 足底筋膜炎になり、朝の一歩目が痛いのは、 寝ている間は筋肉を動かさないため、さらに筋肉が硬くなっているからです。 しばらく歩いたりすると、少しずつ足の裏の筋肉が柔らかくなって、痛みが和らいでいくのです。 人間の身体は、足だけでできているわけではなく、全身が連動して動いています。 身体を動かしているのは筋肉ですが、 筋肉は「筋膜」という膜で包まれており、頭の先から、足の先までつながっています。 人によっては、上半身の筋肉の硬さの影響を受けて、足の裏の痛みが出ることもあり得ます。 そのため、身体全体の筋肉、筋膜を適切に柔らかくする必要があるのです。 では、 なぜ、筋肉の硬さが足の裏やかかとの痛みとなるのでしょうか。 下の図をご覧ください。 出典: 「足底筋膜」は 皮膚と足裏の筋肉の間にある組織です。 足底筋膜や足の裏にある筋肉が硬くなると、十分に伸び縮みができなくなります。 歩いたり、走ったりするたびに、足底筋膜や筋肉が引っ張られることで、負担がかかります。 特に負担がかかりやすいのは、足底筋膜や筋肉がくっついているかかとの部分です。 何度も負担がかかり続けることで痛みとなってしまうのです。 足底筋膜はかかとの骨膜(骨をおおう膜)にくっつきます。 かかとの骨膜には、アキレス腱もくっついています。 アキレス腱は、ふくらはぎの筋肉にくっついています。 足底筋膜や足の裏の筋肉、ふくらはぎの筋肉が柔らかくなっても、足底筋膜炎が良くならない場合もあります。 ふくらはぎの筋肉は、筋膜を通じて太ももやおしりの筋肉ともつながっていますから、 太ももやおしりの筋肉の硬さを解消して柔らかくすることが必要なケースもあります。 現代の生活によって、足のアーチ機能が衰えている 以下の図を見てください。 (出典 ) 足のアーチというのは、簡単にいうと、 「クッション」の役割をしています。 クッションの働きがあると、走ったり跳んだ時の衝撃を和らげてくれます。 しかし、私たちの生活では、足の裏を使う機会が少ないのです。 たとえば、 クッション性のある靴、インソール、靴下、スリッパなど、足の裏を過保護にサポートしてくれるものが多くあります。 使われないアーチ機能は次第に衰えていき、動きが悪く、硬くなっていきます。 すると、クッションの働きが十分ではなくなり、足の裏にダイレクトに衝撃を受けやすくなるのです。 硬くなった足の裏では、アーチ機能(クッション)の役割が十分ではない事も、痛みにつながっていきます。 (安全靴といった特殊な靴をはくことで、アーチ機能が衰え、足底筋膜炎になる方もいます。 そこで、次にこれらの組織を柔らかくしていくためにどうしたらいいのか説明します。 仕事が原因で痛みが出たなら、体のために仕事を変えるのも選択肢のひとつ。 足底筋膜、足の裏の筋肉を柔らかくし、足底筋膜炎を改善するには? 筋肉を柔らかくすると聞くと、ストレッチやマッサージを思い浮かべる方もいるかもしれませんね。 ただし、先ほど説明したように、緊張している足底筋膜や足の裏の筋肉に対して、無理に引き延ばしたり、グイグイ外から揉んだりすると、かえって緊張を強くしてしまう可能性があります。 大事なのは、 できるだけ弱く優しい働きかけで、足底筋膜や足の裏の筋肉の柔軟性を出していくことです。 具体的な方法を3つ紹介します。 1.お湯で膝から下を温める すぐにできることとして、お湯で膝から下を温めるようにしてください。 カンタンな方法ですが、温めることで血流が良くなり、筋肉が柔らかくなりやすいです。 温めるだけでも、痛みが和らぐことを感じられる方もいます。 もし、時間が取れるのであれば、1日に何回か温めてもいいでしょう。 (逆に冷やすことは、足底筋膜炎の改善にとっては良くありません。 これらの状態を続けていると、足の裏の筋肉が休まる暇がありません。 身体は休めることで回復しやすくなりますから、できるだけ足の裏への負担を減らすことが大事です。 仕事やさまざまな都合もあるでしょうから、難しいこともありますよね。 けれども、 少しでもいいので、できることから始めることが大事です。 ある方は、仕事中に少しでも座る時間を作ったり、職場で履く靴を変えることで、だいぶ痛みが軽減されたとおっしゃっていました。 あなたも、できることから始めてみましょう。 3.弱い刺激で、足の裏の筋肉を柔らかくできる整体を受ける 症状が強い方ですと、お湯で温めること、足の裏への負担を減らすだけでは、足底筋膜炎は治らないかもしれません。 その時はプロの整体を受けてみましょう。 弱い刺激、痛みがない施術で、足の裏の筋肉を柔らかくできる整体が理想的です。 また、 足の裏だけではなく、ふくらはぎ、すね、身体全体を見てくれるところを選びましょう。 同じ足底筋膜炎でも、人によってかかる施術回数はさまざまです。 もちろん、症状が軽ければ、1~5回で改善することもありますが、身体を触れていない状態で、何回で良くなると断言はしにくいです。 判断がつきにくいときは、電話をして整体院に相談してみてくださいね。 真剣に身体に向き合っているかどうかは、身体のことについては素人でも話せばなんとなくわかるものです。 仕事が原因で痛みが出たなら、体のために仕事を変えるのも選択肢のひとつ。 神戸市、姫路市、西宮市からも多数の足底筋膜炎の方が訪れる整体 足底筋膜炎の症状は本当に辛いものです。 何とも言えないような足の裏のズキッとした痛みが毎日続くと憂うつになります。 けれども、 足底筋膜炎は改善が可能な症状なのです。 そのためには、先ほど紹介した「お湯で温める」「足の裏への負担を減らす」に取り組んでみてください。 それでも、改善しないようでしたら、 神戸市にある三宮整体「はなめ」にお越しください。 神戸市内だけではなく、 西宮市、尼崎市、明石市、姫路市、加古川市からもいらっしゃっています。 優しく、痛みを伴わず、独自の施術で、足の裏の筋肉を柔らかくすることができます。 足の裏だけではなく、ふくらはぎ、すね、身体全体へのアプローチもできます。 施術を受け、生活習慣を見直していくことで、次第に足底筋膜炎が改善されていくでしょう。 参考までに紹介すると、 三宮整体「はなめ」では、初回の施術で満足されて、2回目の施術を受けられた方は82. 4%です。 (九州地方、四国地方から、神戸まで来られた方も含まれた数字です) 多くの方から信頼されている数字だと思います。 しかし、 残念ながら全員に施術を提供することはできません。 「自分の身体や心と向き合い、素直に足底筋膜炎を改善していこうとされる方」、「このページ以外もしっかりと目を通し納得された方」であれば施術をしていくことができます。 整体施術は、 信頼関係が大事なのです。 私と相性が悪い方とは信頼関係が築けず、お互いによって良くありません。 具体的に、三宮整体「はなめ」の施術を紹介します。 ・器具、道具は一切使いません。 すべて施術家の手で施術を行います。 ・あなたの身体の持つ自然治癒力を引き出していくことで、回復を促していきます。 ・痛みは伴わない安全な施術です。 ボキボキ、バキバキもしません。 ・施術時間は状態にもよりますが、10~15分です。 (短いと思われるかもしれませんが、長すぎる施術はかえって体を疲労させます。 様々な検証のうえ、10~15分の施術で、いちばん結果が出やすいと判断しています) ・皮膚や筋肉に対して独自の触れ方をし、自律神経のバランスを整えます。 参考までにすでに足底筋膜炎を改善された方の声も掲載しておきます。 一生この痛みと付き合っていかなくてはいけない、とあきらめる必要はありません。 実際に、これまでに、多くの方が痛みから解放されてきました。 もちろん、症状が重い、軽いによって、改善されるまでに時間はさまざまです。 生活習慣や仕事、スポーツについて見直していくことも大切でしょう。 症状が重い方であれば、足底筋膜炎を得意とする整体を受けることも必要です。 突然ですが、 「あなたは、どんな1年後にしたいですか?」 例えばこんな未来ではないでしょうか。 ・足底筋膜炎の痛みから解放されて、思う存分歩くことができます ・おそるおそる朝の一歩目を踏み出すことがなくなります ・足の裏、かかと、土ふまずの痛みが続くんじゃないかという不安から解放されます ・立ち仕事を、思い切り行うことができます ・趣味のランニングを楽しむことができます ・足底筋膜炎の痛みを克服したことで、前よりも人に優しくなれる ・自分の身体を大事にすることができるようになる ・普通に歩けることに感謝でき、毎日が充実している きっと、これだけではなくて、あなたならではの想いもあると思います。 ぜひ、あなたの未来への想いを描いてください。 しかし、残念ながら、何も行動をしないと、 1年後も同じように、足の裏に痛みを抱えて苦しんでいる可能性もあります。 これまで多くの足底筋膜炎の方を見てきましたが、 1年どころか3年、5年と痛みに苦しんでいる方もいました。 人生の時間が限られている中で、痛みをかかえたまま何年も過ごすのか、それとも痛みから解放された毎日を過ごすのかは、大事なことではありませんか? ここまでこのページを読まれたあなたには、元気な身体で、思い描いた未来を送ってほしいと願っています。 仕事が原因で痛みが出たなら、体のために仕事を変えるのも選択肢のひとつ。 もし、分からないこと、不安なことがあれば、ホームページをよく読んだうえで、相談してくださいね。

次の

癌のしこり?首筋・股関節・わきの下のしこりの特徴 [癌(がん)] All About

あし の うら が 腫れる

坐骨神経痛 坐骨神経というと、腰というイメージがありますが、足先が痺れることもあります。 坐骨神経痛というのは病名ではなく坐骨神経の痛みが出るという症状のことをいい、その原因はたくさんあります。 中でも最も多いのは 椎間板ヘルニアです。 椎間板ヘルニアの治療はこれまで、変形した椎間板を除去する手術を行うのが一般的でした。 しかし元の炎症の治療ができておらず、繰り返す痛みやしびれの為に何度も手術を行わないといけなくなり、「治らない」というイメージを持つ人も多いです。 最近の研究では炎症を抑えてしまえば 痛みがなくなるということがわかり、 手術を行わずに変形してしまった部分の炎症を 抑える方法がとられることが増えてきています。 手術をせずに治療を行い、炎症を抑えることで変形した部分が元の形に戻る例も報告されています。 腰部脊柱管狭窄症 加齢に伴い靭帯が緩むと腰椎がずれてしまったり椎体に骨棘(こっきょく)ができたり、椎間板ヘルニアになったりします。 これらの原因で脊椎の中にある脊柱管が 圧迫されて狭くなり、 神経への血流障害を引き起こす病気です。 この病気では脊柱管が狭くなる時に症状が出るので、体を前に曲げる姿勢の時には痛みやしびれがなく、後ろに反らすと痛みが出る方が多いようです。 また、歩き出した時に痛みやしびれが出るものの少し休むと回復するという 間欠性跛行(かんけつせいはこう)という症状が出ることも多いといいます。 治療方法は保存療法と手術に大別されます。 薬物療法ではプロスタグランジンE1製剤・消炎鎮痛薬・筋弛緩薬などを使用し、血流を改善したり筋肉の緊張を和らげたりします。 理学療法では牽引療法・マイクロ波による温熱療法・超音波療法・体操療法などがあります。 神経ブロックは薬物療法や理学療法で効果が出ない場合に行います。 痛みのある部分に直接局所麻酔薬を注入して痛みをとります。 この方法で効果がない場合は原因が神経ではないということになりますので別の原因をさがす必要があります。 手術は痛みが非常に強い場合や、上記のような保存療法で改善しない場合に行います。 神経を圧迫している骨や靭帯を物理的に削ったり除去したりします。 手術をしても痛みやしびれが完全になくなるとは限りません。 年齢を重ねると再発することもあります。 医師と十分相談して行いましょう。 モートン病 モートン病は女性に多い病気で、足の中指・薬指の付け根あたりに痛みやしびれが出たり、つま先立ちをすると痛みが出たりします。 革靴やハイヒールなど足に負担が強くかかる頻度の高い人や 長距離歩行をした時、外側に体重のかかる立ち方や歩き方をする人 などに発症することが多い病気です。 モートン病の治療も保存療法と手術に大別されますが、まずは適切な靴に変えることが大切です。 足が無理な体勢を続けることは治療の妨げとなりますので、準備を行った上で自分に合った治療に入りましょう。 ステロイド注射は、炎症を抑えることで痛みやしびれを改善させる方法です。 この治療は有効性は高いものの、繰り返し行うと免疫不全・糖尿病・骨粗しょう症などの副作用が出る可能性もあります。 矯正用インソールの装着は、骨配列の歪みを矯正することで症状改善の報告があります。 ステロイド注射ほどの効果は期待できませんが、最も副作用が少ない治療法と言われています。 保存療法で改善されない場合はやはり 手術を行い、痛みやしびれの元となる神経腫を除去します。 手術を行うと元の生活に戻るまでに1ヶ月ほどかかる人が多いといいます。 それでも術後の痛みやしびれが改善しないという人がしばしばいるため、医師にすすめられても安易に行わない方が良いでしょう。 痛みやしびれの程度や生活への影響・復帰するまでの生活やリスクなど、十分考えた上で行いましょう。 足根管症候群 中高年の女性に多い病気で、足の裏の痛みやしびれが出ます。 この病気の場合、足の甲にしびれが出ることはありません。 くるぶしの下あたりを叩いてみて 足の裏にするどい痛みを感じる場合は この病気である可能性が高いです。 足根管症候群の治療も保存療法と手術に大別されます。 外反偏平足を併発している場合は 矯正用インソールの装着で症状の緩和が期待できます。 足の裏のマッサージにより筋緊張を緩和させる方法もありますが、足の裏には多くの筋や腱が存在するため、自分の判断で行わないようにしましょう。 血流障害を起こしている場合は、超音波治療や低周波治療で血流を改善させることで症状が改善します。 ガングリオンという良性の瘤が原因の場合、安静にすることでガングリオンが自然になくなり症状が緩和されることもありますが、生活に支障がある場合はガングリオンの中の液体を吸引することもあります。 糖尿病や脚気(かっけ)などにより症状が出ている場合は、病気の治療に専念することで改善に向かうでしょう。 まとめ 足の裏には数多くの筋や腱が存在し、あらゆる神経と繋がりをもっています。 原因は何かと辿っていくと、数え切れないほど存在することになります。 足の裏の痺れの主な4つの原因とそれにつながる病気について、自分に当てはまる部分はありましたか? どの方法を選べば最も改善するのかは医師でもわかっていないことが多いのです。 医師にすすめられるままの治療を行うのではなく、自分の生活や体に合った方法をじっくり相談してから治療を行うようにしましょう。

次の

足の裏が痒い、水虫以外の原因とは?足の裏が痒くなる病気とは?

あし の うら が 腫れる

坐骨神経痛 坐骨神経というと、腰というイメージがありますが、足先が痺れることもあります。 坐骨神経痛というのは病名ではなく坐骨神経の痛みが出るという症状のことをいい、その原因はたくさんあります。 中でも最も多いのは 椎間板ヘルニアです。 椎間板ヘルニアの治療はこれまで、変形した椎間板を除去する手術を行うのが一般的でした。 しかし元の炎症の治療ができておらず、繰り返す痛みやしびれの為に何度も手術を行わないといけなくなり、「治らない」というイメージを持つ人も多いです。 最近の研究では炎症を抑えてしまえば 痛みがなくなるということがわかり、 手術を行わずに変形してしまった部分の炎症を 抑える方法がとられることが増えてきています。 手術をせずに治療を行い、炎症を抑えることで変形した部分が元の形に戻る例も報告されています。 腰部脊柱管狭窄症 加齢に伴い靭帯が緩むと腰椎がずれてしまったり椎体に骨棘(こっきょく)ができたり、椎間板ヘルニアになったりします。 これらの原因で脊椎の中にある脊柱管が 圧迫されて狭くなり、 神経への血流障害を引き起こす病気です。 この病気では脊柱管が狭くなる時に症状が出るので、体を前に曲げる姿勢の時には痛みやしびれがなく、後ろに反らすと痛みが出る方が多いようです。 また、歩き出した時に痛みやしびれが出るものの少し休むと回復するという 間欠性跛行(かんけつせいはこう)という症状が出ることも多いといいます。 治療方法は保存療法と手術に大別されます。 薬物療法ではプロスタグランジンE1製剤・消炎鎮痛薬・筋弛緩薬などを使用し、血流を改善したり筋肉の緊張を和らげたりします。 理学療法では牽引療法・マイクロ波による温熱療法・超音波療法・体操療法などがあります。 神経ブロックは薬物療法や理学療法で効果が出ない場合に行います。 痛みのある部分に直接局所麻酔薬を注入して痛みをとります。 この方法で効果がない場合は原因が神経ではないということになりますので別の原因をさがす必要があります。 手術は痛みが非常に強い場合や、上記のような保存療法で改善しない場合に行います。 神経を圧迫している骨や靭帯を物理的に削ったり除去したりします。 手術をしても痛みやしびれが完全になくなるとは限りません。 年齢を重ねると再発することもあります。 医師と十分相談して行いましょう。 モートン病 モートン病は女性に多い病気で、足の中指・薬指の付け根あたりに痛みやしびれが出たり、つま先立ちをすると痛みが出たりします。 革靴やハイヒールなど足に負担が強くかかる頻度の高い人や 長距離歩行をした時、外側に体重のかかる立ち方や歩き方をする人 などに発症することが多い病気です。 モートン病の治療も保存療法と手術に大別されますが、まずは適切な靴に変えることが大切です。 足が無理な体勢を続けることは治療の妨げとなりますので、準備を行った上で自分に合った治療に入りましょう。 ステロイド注射は、炎症を抑えることで痛みやしびれを改善させる方法です。 この治療は有効性は高いものの、繰り返し行うと免疫不全・糖尿病・骨粗しょう症などの副作用が出る可能性もあります。 矯正用インソールの装着は、骨配列の歪みを矯正することで症状改善の報告があります。 ステロイド注射ほどの効果は期待できませんが、最も副作用が少ない治療法と言われています。 保存療法で改善されない場合はやはり 手術を行い、痛みやしびれの元となる神経腫を除去します。 手術を行うと元の生活に戻るまでに1ヶ月ほどかかる人が多いといいます。 それでも術後の痛みやしびれが改善しないという人がしばしばいるため、医師にすすめられても安易に行わない方が良いでしょう。 痛みやしびれの程度や生活への影響・復帰するまでの生活やリスクなど、十分考えた上で行いましょう。 足根管症候群 中高年の女性に多い病気で、足の裏の痛みやしびれが出ます。 この病気の場合、足の甲にしびれが出ることはありません。 くるぶしの下あたりを叩いてみて 足の裏にするどい痛みを感じる場合は この病気である可能性が高いです。 足根管症候群の治療も保存療法と手術に大別されます。 外反偏平足を併発している場合は 矯正用インソールの装着で症状の緩和が期待できます。 足の裏のマッサージにより筋緊張を緩和させる方法もありますが、足の裏には多くの筋や腱が存在するため、自分の判断で行わないようにしましょう。 血流障害を起こしている場合は、超音波治療や低周波治療で血流を改善させることで症状が改善します。 ガングリオンという良性の瘤が原因の場合、安静にすることでガングリオンが自然になくなり症状が緩和されることもありますが、生活に支障がある場合はガングリオンの中の液体を吸引することもあります。 糖尿病や脚気(かっけ)などにより症状が出ている場合は、病気の治療に専念することで改善に向かうでしょう。 まとめ 足の裏には数多くの筋や腱が存在し、あらゆる神経と繋がりをもっています。 原因は何かと辿っていくと、数え切れないほど存在することになります。 足の裏の痺れの主な4つの原因とそれにつながる病気について、自分に当てはまる部分はありましたか? どの方法を選べば最も改善するのかは医師でもわかっていないことが多いのです。 医師にすすめられるままの治療を行うのではなく、自分の生活や体に合った方法をじっくり相談してから治療を行うようにしましょう。

次の