偽装 不倫 ドラマ 主題 歌。 milet‬ /‪ us/ song by Aoi/日本テレビ水曜ドラマ『偽装不倫』(主題歌)

偽装不倫主題歌の歌手は誰で曲名は?milet/usのPV歌詞情報!|ドラマチェキ★

偽装 不倫 ドラマ 主題 歌

miletさんの楽曲と言えば、ダークな曲や重みのある曲といった印象が強かったのですが、今回は圧倒的に ストレートなラブソングですね。 とはいえ、楽曲の背景にある世界観は少し複雑な設計となっています。 楽曲を真に理解する為に、まずはドラマ「偽装不倫」についてお話ししますね。 ドラマ「偽装不倫」の世界観とリンクする!? ドラマの世界観と歌詞がリンクする! と、世間では話題を呼んでいます。 その「偽装不倫」のあらすじがこちら。 濱鐘子は 32歳で独身。 周りからは「パラサイトシングル」や「婚活疲れした派遣社員」など不名誉なレッテルが貼られる始末。 2年間の婚活も成就せず、自分はモテない女だと自覚するようになってしまう。 「おひとり様」生活がしっくりくるようになり、1年間の派遣社員生活を終え、婚活に別れを告げるために1人旅をしようと計画する。 そんな中、1人旅をするために乗り込んだ飛行機の中で1人の若者に出会い、 自分は「既婚者」だと言い様のない嘘を吐いてしまう。 それでも若者は「この旅行の間だけでも不倫をしましょう」と迫ってきて、鐘子は恋の楽しさを覚える深みにはまっていく。 簡単にまとめると 既婚者と偽って、恋をしている 実際は、不倫ではなく単なる恋愛 という、背景があるのです。 「偽装不倫」とうタイトルの意味にも納得ですね。 また、主題歌である「us」について、 作詞作曲を努めたmiletさんは 「東村アキコさんの原作とドラマの脚本の世界にどっぷり浸かり…」 新曲「us」が、私の大好きな杏さん主演のドラマ「偽装不倫」の主題歌に決まり、とても嬉しく思います。 こんなストレートな恋の歌を歌ったのははじめてで、東村アキコさんの原作とドラマの脚本の世界にどっぷり浸かり、思いっ切り楽しんで歌いました。 夏にぴったりな甘酸っぱいラブストーリーのドラマ「偽装不倫」と一緒に、音楽も楽しんでいただけたら嬉しいです。 楽しみに、楽しみに、待っていてください。 疾走感のある旋律が、原作漫画やドラマで描かれる、止まらない恋のスピード感を連想させ、聴いていて胸がギュッと締め付けられました。 とコメントを残しています。 初めて歌うストレートな恋• ドラマの世界観にどっぷり浸かった• 恋に対するためらいや切なさが散りばめられている この部分が、楽曲考察の肝になってきそうですね。 ではここから、楽曲自体の内容を深堀していきたいと思います。 楽曲名「us」とは 「us」を和訳すると 私たちを[に]〔動詞・前置詞の目的語として〕 という意味になっています。 ひねくれた解釈をする必要はなく、本楽曲においての「us」は上記の意味合いでokだと思います。 また、タイトルが主格を表す「we 私たちは 」ではなく敢えて目的格の「us 私たちに・を 」であるのは、彼と1つになれてないこと 自分の中に含めることができていない や、彼と一緒にいたいという目的が心にあるからなのではと考えています。 そして、 「私たち」 の中に含まれる人物こそ、 主人公と不倫相手 ドラマでは偽装不倫 の両者なのでしょう。 では、本題の歌詞に迫っていきましょう。 So cast a spell on me 目覚めても解けない魔法 教えて この話の続きを now このキスでどうか 終わりにしないで 今だけは 全部嘘でも あなたに触れていたい I want you now 好きだと言ってしまえば 何かが変わるかな 約束なんていらないから 抱きしめてよ 好きだと言ってしまえれば 世界は変わるかな あなたとだからどこへでも わかってるでしょ I want you 想いを伝えたら I want you 消えてしまうかな Will you stay? 「好き」なんて言葉一つで 二人は変わるかな この線を越えてしまえば 戻れないんだよ 好きだと言ってしまえれば 世界は変わるかな あなたとだからどこへでも わかってるでしょ I want you 作詞作曲:milet 歌詞の意味・解釈・和訳 頭サビ 好きだと言ってしまえば 何かが変わるかな 約束なんていらないから 抱きしめてよ I want you 作詞作曲:milet 上でも述べたように、 本楽曲の題材として挙がっているのは 「不倫」 という世界です。 ドラマの視聴者も、そうでない方もmiletさんの描く、 「不倫」の世界でもがく主人公の葛藤、その表現に惹き込まれていくこと間違いなしです。 一緒にじっくり見ていきましょう。 歌い出しの部分では、サビの一部分がmiletさんの力強い歌声より叫ばれていくのですが、この背景にあるのは 「ためらい」「切なさ」という感情です。 何かが変わるかな と歌詞にあるように、主人公は 「今の現状を変えたい」 と強く思っているのです。 主人公の複雑な心理は、この後どのように展開されていくのでしょうか。 歌詞を追っていきます。 という意味になります。 つまり、ここの英語部分は主人公の心情そのものを歌っている訳です。 なぜ、そのように「不安」を抱えているのかというと、「不倫」という特別な関係のもと、二人の仲は成立してしまっているからです。 ドラマでは、不倫ではなく偽装不倫ですが So cast a spell on me 目覚めても解けない魔法 教えて この話の続きを now 作詞作曲:milet So cast a spell on me は まさに、私を魅了する といったところです。 全体を通して、本楽曲は、ドラマのように「既婚者」だと嘘をついたことではじまった偽装不倫をする主人公に当てはめても、シンプルに不倫をしている人に当てはめても、情景が合致するように歌詞が綴られています。 不倫にしても、偽装不倫にしても、 王道の恋愛とは程遠いものです。 どちらも他人に対する後ろめたさは欠かせない背景がありますから、主人公としては 「早く恋心を沈静させたい」はずです。 しかし、 目覚めても解けない魔法 のように、強く実った恋心は簡単には消えてくれないのです。 特にドラマファンからすると、この部分の歌詞はドラマの映像とリンクし、胸にグサッと刺さる部分なのではないでしょうか。 サビ1 好きだと言ってしまえば 何かが変わるかな 約束なんていらないから 抱きしめてよ 好きだと言ってしまえれば 世界は変わるかな あなたとだからどこへでも わかってるでしょ I want you 作詞作曲:milet 特別な関係の中で揺れる主人公は 「好き」という言葉を素直に言えません。 それは、「後ろめたさ」や「深くハマらないように線引きしている」という、閉鎖的な心情に起因しています。 しかし、 素直に気持ちを伝えて世界を変えたい! と思っているから、躊躇い、葛藤しているのです。 想いを伝えたら I want you 消えてしまうかな Will you stay? 作詞作曲:milet また、素直になれない理由には 相手が消えてしまうかも知れない という恐れも含まれています。 ドラマの主人公は 「相手は不倫という関係を楽しんでいるだけかも知れない」という不安を抱えています。 だから、本当のことを伝えることができないのです。 ダメだと分かっているから、気持ちをはぐらかそうとしても 「あなたの前じゃ何も役に立たない」とあるように、理性なんて無効化されてしまうのですね。 ハマってしまった恋の深さが伺えます。 サビ2 好きだと言ってしまえば 何かが変わるかな この線を越えてしまえば 戻れないんだよ 好きだと言ってしまえれば 世界は変わるかな あなたとだからどこへでも わかってるでしょ I want you 作詞作曲:milet この線を越えてしまえば戻れない なんてまさに「不倫」という題材にぴったりの情景表現ですね。 世間的に見て「突き進んでもいいことはない恋」だとしても、耐え難い「好き」を感じるあなたとなら「どうにかなりそう」だと言っているのです。 Will you stay with me? は 私は 未来で あなたと一緒にいますか? という意味です。 「溜まってることをすべて吐き出す」 という内容が、敢えて英語歌詞なのは、 隠し切れない恋に対する主人公の躊躇い を映しているからではないでしょうか。

次の

偽装不倫■キャスト相関図・原作・主題歌・みどころ・放送日を紹介!~不倫だけどピュア?~|ドラマ情報サイトのドラマイル

偽装 不倫 ドラマ 主題 歌

シンガー・ソングライターのmiletが歌う日本テレビ系ドラマ『偽装不倫』主題歌「us」を収録したEP『us』が、オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで最高3位を獲得。 好調なセールスと共に、ネットでも「主題歌聴くと泣けてくる」、「盛り上がった場面で流れる主題歌のタイミングが最高すぎてワクワクする」との楽曲に対する絶賛の声があがっている。 そこで改めて同曲の魅力について、ポップカルチャー研究者で早稲田大学総合人文科学研究センター招聘研究員の柿谷浩一氏に考察してもらった。 その世界観は、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』に喩えられるように、甘美でロマンチック。 菅野祐悟が手がけた劇伴も、2人の恋を丹念に可憐に彩っている。 第1話のラストでは、湿っぽいセンチメンタルさや不倫特有の暗うつさはなく、胸を締めつける切なさが強く迫った。 自分が未婚だと「本当のこと」を何度も言おうとするがなかなか果たせず、平静と気丈を装うヒロインの姿。 既婚者というクールな嘘の仮面と、その下に隠した普通の恋をしたいピュアな想い。 強そうに見えて、本当は内気な乙女であること。 以降も毎回ラストでは、ヒロインの「心の声」を映すモノローグが決まって流れる。 それが主題歌「us」の歌詞世界と見事に噛み合っているのもポイントであり、同ドラマの魅力の1つだ。 「us」は平明なラブソングだが、際立つ特徴がある。 それは、恋する私(I)と、あなた(you)をめぐる具体的なエピソードや情景、会話が省筆されていること。 終始歌われるのは、ドラマと同じで自分との対話だ。 しかも、恋愛の高揚感や嬉しさといったポジティブな心情ではなく、「想いのまま自分をぶつけたらどうなるだろう」という不安や恐れ、自信の無さ。 観る者を力強くドラマに惹き込む奥行きのある歌詞が特徴 また、<好きだと言ってしまえば>という印象的なサビの歌詞。 そこに凝縮された、言葉にしたくてもできない願望と挫折の繰り返し。 このサビの歌詞も勇気が持てない点では、物語とリンクしているが、ニュアンスが異なるところが妙である。 歌詞のように「好き」と伝えること自体は、ドラマの要ではない。 むしろ、彼らには「好き」よりも重い言葉が目の前に立ちはだかり、それと格闘している。 それは、鐘子には「本当は結婚していない」ことであり、丈には「病を抱えている」ということだ。 2人が立っているのは、「好き」と言ったとしても、その真剣さと重さが届かない場所。 その意味で、彼らは主題歌の世界観よりもずっと手前に存在し、普通の「好き」にはほど遠い。 「好き」に辿りつくための、「好き」がそのまま「好き」だと届くための、それ以前の言葉との葛藤。 つまり、主題歌はドラマの側面を、悲しく強調して映しているのである。 また「us」は、一見恋愛ソングの王道を歌っているようで、歌詞にはしっかりとした奥行きがある。 特に、告白の先に訪れるものを「嫌いになる」や「離れる」、「いなくなる」といった凡庸な語彙でなく、「消えてしまう」という鮮烈な表現にしているのが、この歌詞の骨太なギミックだ。 その歌詞の想像力が、短いラストの場面のなかにも、丈に迫る「死」、更には悲劇の展開・結末を巧みに感じさせて、観る者を力強く物語へと惹き込む。 しなやかで深みのある歌と声が、ドラマとmiletの楽曲の醍醐味 そして最大の特徴は、miletの声質。 高音のサビでみせる伸びのある歌唱は、清々しく美しい。 彼女の真骨頂は、端麗さのなかにある独特の心地よい「声のハリ」である。 それは、どこかブルガリアンボイスなどの民族音楽の太い声や、ホーミーのハスキーなだみ声のような魅惑を持つ。 その歌声が、毎回ドラマのラストシーンの情感をグッと高めている。 「us」のラストで感じるのは決してネガティブなものばかりではない。 表に出せず、自らの内でつぶやく言葉と声は、哀しく切ない。 だが反面で、それは強い「祈り」でもあり、人間の感情のかたちとして、尊く美しいもののひとつでもある。 それを感傷的とも情熱的とも違う、実にしなやかで深みのある歌と声で引き出してみせるところに、このドラマとmiletの楽曲の醍醐味があるように見える。 最終回で2人がどのような結果を迎えるのか、その時、「us」はどのような響きとなって視聴者の心に刻まれているのか、ストーリーだけでなく、主題歌もまた最後まで注目される。 作品情報.

次の

milet「us」MUSIC VIDEO(日本テレビ系水曜ドラマ『偽装不倫』主題歌)

偽装 不倫 ドラマ 主題 歌

シンガー・ソングライターのmiletが歌う日本テレビ系ドラマ『偽装不倫』主題歌「us」を収録したEP『us』が、オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで最高3位を獲得。 好調なセールスと共に、ネットでも「主題歌聴くと泣けてくる」、「盛り上がった場面で流れる主題歌のタイミングが最高すぎてワクワクする」との楽曲に対する絶賛の声があがっている。 そこで改めて同曲の魅力について、ポップカルチャー研究者で早稲田大学総合人文科学研究センター招聘研究員の柿谷浩一氏に考察してもらった。 その世界観は、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』に喩えられるように、甘美でロマンチック。 菅野祐悟が手がけた劇伴も、2人の恋を丹念に可憐に彩っている。 第1話のラストでは、湿っぽいセンチメンタルさや不倫特有の暗うつさはなく、胸を締めつける切なさが強く迫った。 自分が未婚だと「本当のこと」を何度も言おうとするがなかなか果たせず、平静と気丈を装うヒロインの姿。 既婚者というクールな嘘の仮面と、その下に隠した普通の恋をしたいピュアな想い。 強そうに見えて、本当は内気な乙女であること。 以降も毎回ラストでは、ヒロインの「心の声」を映すモノローグが決まって流れる。 それが主題歌「us」の歌詞世界と見事に噛み合っているのもポイントであり、同ドラマの魅力の1つだ。 「us」は平明なラブソングだが、際立つ特徴がある。 それは、恋する私(I)と、あなた(you)をめぐる具体的なエピソードや情景、会話が省筆されていること。 終始歌われるのは、ドラマと同じで自分との対話だ。 しかも、恋愛の高揚感や嬉しさといったポジティブな心情ではなく、「想いのまま自分をぶつけたらどうなるだろう」という不安や恐れ、自信の無さ。 観る者を力強くドラマに惹き込む奥行きのある歌詞が特徴 また、<好きだと言ってしまえば>という印象的なサビの歌詞。 そこに凝縮された、言葉にしたくてもできない願望と挫折の繰り返し。 このサビの歌詞も勇気が持てない点では、物語とリンクしているが、ニュアンスが異なるところが妙である。 歌詞のように「好き」と伝えること自体は、ドラマの要ではない。 むしろ、彼らには「好き」よりも重い言葉が目の前に立ちはだかり、それと格闘している。 それは、鐘子には「本当は結婚していない」ことであり、丈には「病を抱えている」ということだ。 2人が立っているのは、「好き」と言ったとしても、その真剣さと重さが届かない場所。 その意味で、彼らは主題歌の世界観よりもずっと手前に存在し、普通の「好き」にはほど遠い。 「好き」に辿りつくための、「好き」がそのまま「好き」だと届くための、それ以前の言葉との葛藤。 つまり、主題歌はドラマの側面を、悲しく強調して映しているのである。 また「us」は、一見恋愛ソングの王道を歌っているようで、歌詞にはしっかりとした奥行きがある。 特に、告白の先に訪れるものを「嫌いになる」や「離れる」、「いなくなる」といった凡庸な語彙でなく、「消えてしまう」という鮮烈な表現にしているのが、この歌詞の骨太なギミックだ。 その歌詞の想像力が、短いラストの場面のなかにも、丈に迫る「死」、更には悲劇の展開・結末を巧みに感じさせて、観る者を力強く物語へと惹き込む。 しなやかで深みのある歌と声が、ドラマとmiletの楽曲の醍醐味 そして最大の特徴は、miletの声質。 高音のサビでみせる伸びのある歌唱は、清々しく美しい。 彼女の真骨頂は、端麗さのなかにある独特の心地よい「声のハリ」である。 それは、どこかブルガリアンボイスなどの民族音楽の太い声や、ホーミーのハスキーなだみ声のような魅惑を持つ。 その歌声が、毎回ドラマのラストシーンの情感をグッと高めている。 「us」のラストで感じるのは決してネガティブなものばかりではない。 表に出せず、自らの内でつぶやく言葉と声は、哀しく切ない。 だが反面で、それは強い「祈り」でもあり、人間の感情のかたちとして、尊く美しいもののひとつでもある。 それを感傷的とも情熱的とも違う、実にしなやかで深みのある歌と声で引き出してみせるところに、このドラマとmiletの楽曲の醍醐味があるように見える。 最終回で2人がどのような結果を迎えるのか、その時、「us」はどのような響きとなって視聴者の心に刻まれているのか、ストーリーだけでなく、主題歌もまた最後まで注目される。 作品情報.

次の