メンヘラ と は。 知れば知るほど怖い、メンヘラ女子の特徴と対応方法

メンヘラな人の特徴・心理・対処法

メンヘラ と は

メンヘラな人とは 「 メンヘラ」はメンタルヘルスを語源とした造語です。 Mental healthにerを付けて「メンタルヘルスを必要とする人」という意味で使われることが多く、一般常識では考えられないような病的な言動をする人のことを言います。 メンヘラは軽い意味でも使われることが多いので、面と向かってメンヘラと呼ばれる時はそれほど気にしなくてもいいでしょう。 しかし、職場などで「メンヘラな人」という認識が定着してしまうと、人間関係がこじれてしまう原因にもなります。 メンヘラの人の特徴を知って自分がメンヘラだと思われないように気をつけることが大切です。 メンヘラな人の特徴(女性編) メンヘラな人の特徴をしっかり覚えて、自分に当てはまっていないか、職場にメンヘラな人がいないかという判断材料にしましょう。 まずはメンヘラな女性の特徴です。 マイナス思考が強い メンヘラな女性は深く考えすぎる傾向があります。 家族や友人が何気なく言った言葉に過剰に反応して悲しんだり落ち込んだりします。 こうした過剰反応が多い人はメンヘラを疑ってみましょう。 他人に依存しやすく、感情の起伏が激しい 他人に依存するあまりに連絡をしすぎる、電話をひんぱんにかける、SNSでのストーカー行為などがある人はメンヘラの可能性が高いでしょう。 さらに感情の浮き沈みが激しく、嬉しいことがあったすぐ後に落ち込んだり、不安を感じたりする場合も周囲からはメンヘラな人と思われやすくなります。 周囲の視線を気にする メンヘラな女性は自分の見た目や中身に自信がない人が多いので、周囲の目線を極度に気にします。 自分が周囲にどう思われているのかを気にして、自分を押し出すことができず流されてしまう傾向にあります。 メンヘラな女性は男友達が多い メンヘラな女性は同性よりも異性の友人が多い傾向にあります。 女性との友人関係を面倒に思っているので男性の友人のほうに安心感があるようです。 ただし男性の友達に対しては本当の自分とは違う、サバサバした態度をとることが多いのがメンヘラな女性の特徴です。 また、男友達は多いのに友人の彼女に対しては嫉妬の感情があるため、友人の彼女とはあまり会いたくないという気持ちがあります。 つまりメンヘラな女性は同性にも嫉妬してしまう傾向があります。 恋愛面での特徴 メンヘラな女性の恋愛面での特徴は以下のとおりです。 かまってほしいという心理があるのでSNSでもマイナスな発言をしてコメントで心配して欲しがります。 また、彼氏がいるにも関わらず他の男性に対して好きと書くことで、彼氏の気を引こうとします。 このように特定の人物に向けた発言をするなど、周りから見ると面倒な行動をとります。 ここまでメンヘラな女性の特徴を並べきましたが、 3 つ以上の特徴に当てはまる場合はメンヘラを疑ったほうがいいでしょう。 メンヘラな人の特徴(男性編) メンヘラな人は女性に多いかもしれませんが、男性でもメンヘラな人はいます。 次にメンヘラな男性の特徴を考えてみましょう。 SNSを見ると特徴がよくわかる 男性のメンヘラも女性を同じような特徴がありますが、女性にはふつうのことでも男性の場合はメンヘラを疑われるような特徴があります。 その特徴はSNSを見るとよくわかります。 次にSNS以外での特徴も考えてみましょう。 恋愛面での特徴 メンヘラ男の恋愛面での特徴は以下のとおりです。 男性のメンヘラは基本的に誰かにかまってほしいという気持ちが強いのですが、恋愛ではそれが顕著に現れます。 女性の場合はメンヘラでなくても上記のような特徴があれば、ある程度かわいいと思える部分がありますが、男性の場合は少しでも上記の特徴があると、うっとうしく感じられます。 一般的な特徴 メンヘラな男性は自分に自信がないのでそれを隠すためにブランド物を身につけるという特徴があります。 借金やローンを抱えてまで高級車やブランド品にこだわります。 さらにメンヘラ男の口癖は「でも」「だって」で始まる否定的な言葉です。 自分に自信がないせいか相手の言葉を否定することで、自分を優位に立たせようとする傾向があります。 その背景にはコンプレックス(劣等感)があります。 仕事の要領が悪い、学歴がない、容姿が劣るなどのコンプレックスの反動で、相手よりも上の立場に立ちたいという気持ちがすべての行動の裏にあります。 職場にいるメンヘラな人の特徴 メンヘラな人は恋愛での相手としてよく引き合いに出されますが、職場にもメンヘラな人はいます。 職場にいるメンヘラな人の特徴も解説しましょう。 仕事中でも泣いたり怒ったりする メンヘラな人の特徴は感情の起伏が激しいことですが、職場でもその特徴が見られます。 職場ではほとんどの人が感情を直接表現しないように努力していますが、メンヘラな人はおかまいなしに泣いたり怒ったりするので、職場では目立った存在となります。 すぐに上司を呼び出す 感情の起伏が激しいメンヘラな人は、ささいなことでもすぐに上司を呼び出して文句を言う傾向があります。 文句を言う内容は「こんな仕事は嫌だ」「こんなことは言われたくない」といった感情的なことで、単なる不平不満です。 プライベートに誘いたがる メンヘラな人は職場でプライベートを分けることができません。 良く言えば裏表がないのですが、一般的な社会人は相手を配慮して職場とプライベートを分けて考えるのが普通です。 そのため職場の同僚などにもプライベートで遊ぶ誘いをしつこくすることがあります。 思い込みが激しい 思い込みが激しく被害妄想が強いのがメンヘラな人の特徴のひとつです。 職場でもその傾向が強く、誰かに悪口を言われているのではないかと極度に心配をします。 メンヘラな人への対処方法・接し方 メンヘラな人の特徴がわかったところで、どのように接したらいいのかを考えてみましょう。 拒否せずに理解や同調をこころがける メンヘラな人たちは基本的には繊細で、少しのことで感情の起伏が激しくなるため、普通の人には理解できない部分が多く、拒否反応を示してしまいがちです。 メンヘラな人は自分を理解できない人には攻撃的になることもあるので、最初から理解不能と突き放すのではなく理解する努力をしましょう。 また、気持ちを理解した上で同調することでメンヘラな人の感情を抑えることもできます。 職場のメンヘラな人は極力避ける 恋愛関係になって好きな人がメンヘラという場合とは違い、職場にメンヘラな人がいたらなるべく関わり合いにならないようにしましょう。 しかし職場なので仕事で関わることはありますが、その時は事務的な対応をこころがけましょう。 その時は中途半端に優しくして好意を持たれないようにすることが大切です。 メンヘラな人は思い込みが激しく感情的になるので、中途半端な優しさは誤解を招く恐れがあります。 その時はメンヘラな人も傷つくので、感情を爆発させる可能性があります。 そうなると人間関係が大きくこじれてしまい、職場での立場もお互いに悪くなることは間違いありません。 メンヘラな人とは職場では徹底的に事務的な対応をこころがけましょう。 ミスを他人のせいにするメンヘラな人への対処方 職場にいるメンヘラな人は自分のミスを他人のせいにする特徴があります。 自分のミスであることが明らかでも絶対に認めず謝ることもしません。 それを強く指摘すると女性であれば泣きながら指摘した人を非難します。 ミスを他人のせいにするメンヘラな人に対しては、ミスによってトラブルが発生した場合の対処係にしましょう。 自分のミスが原因で発生したトラブルは自分で処理させるのです。 それができなければミスをしても影響のない仕事につかせることを考えましょう。 陰口を叩くメンヘラな人への対処方 職場の中には陰口を叩く人がいるものですが、メンヘラな人も陰口を叩く傾向にあります。 嫉妬心が強いために嫉妬した相手に対して悪口を広めて貶めようとするのです。 当然その内容には嘘も多いので対処法としては真に受けないことが大切です。 メンヘラな女性と恋愛する場合は極力かまってあげる 職場にいるメンヘラな人への対処方法は極力関わらないことですが、恋愛関係にある場合は反対に極力かまってあげることが大切です。 普通は恋愛相手の女性の期限が悪くなった場合は、しばらくほうっておくという対処ができますが、メンヘラな女性に対してこの対処をすると事態は悪化します。 メンヘラな女性は基本的に寂しがり屋なので、ほうっておかれることを嫌います。 恋愛関係にある場合はメンヘラな人の機嫌が悪い時でもかまってあげることが大切です。 ネガティブ思考も好きになる メンヘラな女性が彼女の場合、ネガティブ思考が強い彼女である可能性が高くなります。 そのネガティブ思考を否定すると関係がこじれてしまうので、ネガティブ思考も含めて好きになってあげましょう。 ネガティブ思考はマイナス面だけでなくプラス面もあります。 たとえばマイナス思考は行動が慎重になり失敗を繰り返さないという点ではプラスの面があります、 ネガティブ思考の彼女は慎重派だと割り切って付き合いましょう。 メンヘラな人が恋愛相手の場合は極力優しくする メンヘラな女性は自分に優しい人に対しては素直になる傾向があります。 また嫉妬深いという面もあるのでなるべく優しく接して浮気はしないという誠実さも見せる必要があります。 ただしこれは恋愛関係だけのことで、職場でメンヘラな女性に優しくすると誤解されることになるので、職場では事務的な態度を崩さないようにしましょう。 メンヘラ女性は会社をよく休む メンヘラな女性はかまってほしいという欲求の裏返しとして、大した理由もないのに会社をよく休みます。 病弱だと思われることで周囲に心配してほしいと考えるからです。 職場ではしょっちゅう休まれると周囲への負担も大きくなってしまいます。 こうしたメンヘラ女性に対しては、甘やかさず必要以上にかまうことなく対処しましょう。 メンヘラな性格を直したい 自分がメンヘラな人だという自覚があって、どうにかその性格を直したいと思っている人のために、対処法を解説します。 メンヘラであることを客観的に認識する メンヘラな性格であることをまずは受け入れることが大切です。 メンヘラであることを治そうと思ったら、まずは客観的に自分を見ることが大切です。 今まで恋愛や仕事でうまく行かなかった点を書き出すなどして、客観的に見るようにしてみましょう。 そして同じ間違いをしないためには自分のどこが悪かったのかを考えることが必要です。 自分の能力を高めることに時間を使う SNSにはまって自撮り写真をとったり、プロフィール画像をしょっちゅう替えてみたりという暇があれば、自分を高めるための勉強に時間を使ってみましょう。 いっその事SNSをやめてしまうのが一番ですが、時間が余っているとついSNSをやってしまうでしょう。 SNSをやめるためにも仕事で興味がある分野の知識習得や人間関係を良くするためのハウトゥー本を読むなどでもいいので、SNSをやる隙がないくらい勉強や知識の習得に時間を使いましょう。 相手のために何かしてみよう メンヘラな人は自分を中心に考えて、自分の感情のままに行動します。 自分と向き合うことは大切ですが、自分だけを見ていても人間関係はうまく行きません。 職場であれば部下や上司、同僚のために、プライベートでは家族や恋人のために何ができるのかを考えてみましょう。 自分以外の人に目を向けることで少しずつ意識を変えて行きましょう。 他人の評価を気にしない メンヘラな人は他人の評価を気にしすぎる傾向があります。 自分に自信がないので他人の目を気にするのです。 特にSNSをやっていると他人の評価がストレートに伝わってしまうので、ますます他人の評価を気にするようになります。 ここで視点を切り替えて自分に対する評価を高めてみましょう。 それがたとえ「きちんと毎朝起きて会社に行っている」というような簡単なことであっても、自分でプラスの評価をすることで気持ちが楽になります。 小さな目標を少しずつクリアする メンヘラな人は自分に自信がないので、できそうなことをひとつずつクリアして行くことで自身をつけましょう。 できそうだけれどもできていないことをリストアップして毎日クリアできるようにトライしてみます。 リストアップすることは一般の人からすると他愛もないことでかまいません。 それができないためメンヘラな人になっているので、ふつうのことから始めて段々とできることを増やして行きましょう。 運動をしたり生活習慣を変えたりする メンヘラな人はほとんど運動もしないでひきこもるという特徴もあるので、そうした場合はまず簡単な運動から始めてみましょう。 心と体は連動しているので、体を積極的に動かすことで心も積極的になります。 また、毎晩夜更かしして朝起きるのも辛い、ジャンクフードなどの食事、仕事の後はお酒とおつまみといった生活をしていたら、まずはそこから変えてみましょう。 生活を規則正しくすることでイライラすることも少なくなります。 すぐには変えられなくても少しずつでも改善してみましょう。 まとめ メンヘラな人は職場にもいますが、その場合はあまり関わらないほうが結果としてはいいでしょう。 恋人でもない限りメンヘラな人と関わると人間関係が壊れる原因にもなるからです。 また、自分がメンヘラだという自覚がある人は、メンヘラな性格を治すことが人間関係修復の第一歩になります。 このブログ記事がメンヘラの改善や対処にお役に立てれば幸いです。

次の

メンヘラとは (メンヘラとは) [単語記事]

メンヘラ と は

Contents• 「メンヘラ製造機」とは? 近年、ドラマやメディアの記事で「メンヘラ製造機」という言葉を見ることが増えてきました。 メンヘラ製造機の「メンヘラ」とは、もともとはネットスラングの1つであり、 精神状態(メンタルヘルス)が不安定な状態の人のことを指します。 そしてメンヘラ製造機とは、 付き合った相手を皆メンヘラ状態にしてしまう人です。 メンヘラ製造機の男性たちと付き合ってしまうと、相手に対する依存度が高まり、どんどん自分が不安定になっていくので、お互い幸せな恋愛からは遠ざかっていく 危険性があります。 しかし、すっかりメンヘラになってしまった頃には、相手の男性にハマっているためなかなか抜け出せない、なんてことも…。 そんな泥沼にはまってしまわないためにも、メンヘラ製造機な男性を見極める目を養うことが大切かもしれません。 NHK「ねほりんぱほりん」でも話題に 元薬物中毒患者やサークルクラッシャーなど、エッジの聞いた人物を紹介することで人気のNHK「 ねほりんぱほりん」。 過去の放送回では、付き合う相手をことごとくメンヘラにしてしまう、という「元メンヘラ製造機」の女性が出演したことで話題となりました。 続いて、当番組を参考にメンヘラ製造機な人の お付き合いの傾向について分析してみましょう。 「メンヘラ製造マニュアル」とは NHKに出演した元メンヘラ製造機の女性は、 子育て本を「メンヘラ製造マニュアル」として活用したそうです。 なぜ子育て本がメンヘラ製造に役立ったのかというと、 相手の気持ちに沿ったお世話という我が子のための行動が、恋人に対しては自身への依存心を増大させることになるからです。 こうした知識をフル活用することで、元メンヘラ製造機さんは意図的に恋人を自分に依存させるよう仕向けたのだとか。 この女性に限らず、メンヘラ製造機なら性別に関係なくこうした行動をとる人が多いといえます。 メンヘラの作り方を理解しておけば、メンヘラ製造な 異性の罠にハマることを防ぐ手助けになるでしょう。 おもてなしする 多くの子育て本に書かれていることですが、自尊心を育てるためには「結果だけでなく過程を褒めること」が重要なのだそうです。 これを応用することで、 相手の自尊心をくすぐりまくることができます。 徹底的にもてなし褒めまくることで、そのうち相手が どっぷりと依存するようになるというわけです。 子どもにとっては成長過程で必要なことであっても、大人である恋人相手には、過剰な承認は毒になってしまうのかもしれません。 相手を振り回す 相手を自分に依存させたあとは、 気分で振り回すことが効果的なのだそうです。 承認をあたえてくれた相手が、急に冷たくなったら戸惑ってしまうもの。 こうして感情を揺さぶることで、より 自分への執着心や依存心を高めることができます。 肉体的に依存させる 最後の過程は 肉体的にも依存させることです。 相手が満足いくようベッドでも奉仕することで、肉体的にも離れがたくします。 ここまでくると、相手はすっかり 身も心も恋人に依存する、メンヘラになってしまうというわけです。 メンヘラ製造機な男性の特徴って? メンヘラ製造機の男性、というと、人気コミックをドラマ化し話題となった『凪のお暇』での中村倫也さん演じる「ゴン」を想像する人も多いかもしれません。 実際、ゴンのように 顔もかっこよく一見魅力的な男性がメンヘラ製造機には多い傾向があります。 そうした男性にハマってしまわないためにも、メンヘラ製造機な男性の 具体的な特徴を知っておきましょう。 誰に対しても優しい メンヘラ製造機な男性の第一の特徴として、 誰に対しても優しいというものがあります。 それゆえに、悩んでいる人や困っている人たちのことは放っておけません。 一見親切なようですが、彼女が嫌がっても他人の相談を優先させる傾向があるため、 トラブルの火種になることも多いです。 連絡がマメ メンヘラ製造機系男子はとにかく 連絡がマメです。 LINEやメールは即レス、何もなくてもすぐに連絡してくれます。 最初は頼りがいのある彼氏に感じますが、そのうち同じような対応を女性側にも要求してくる傾向が強いです。 ある意味、 一種のモラハラ男ともいえるかもしれません。 友達よりも彼女優先 恋人を優先してくれるのは女性にとって嬉しいことですが、いかなる時でも 彼女第一なタイプはメンヘラ製造機である可能性が高いです。 普通は友達など、彼女以外と過ごす時間も大切なはず。 にも関わらず、友人関係をおろそかにして 彼女を優先する男性は危険です。 お互いの世界だけに閉じこもり、共依存関係を作ってしまいます。 女性に頼られるのが好き 女の子に 頼られることが極端に好きなタイプの男性も、メンヘラ製造機の傾向があります。 彼女が無茶な要求をしてきても、それを懸命に叶えてくれようとします。 むしろ、女性から頼られたり甘えられたりされるよう、意識的に仕向けることも少なくありません。 メンヘラ製造機な人は、 常に相手から必要とされていないと不安なのです。 元カノがメンヘラ 元カノがメンヘラという男性も、メンヘラ製造機の可能性があります。 過去の彼女の束縛がきつかった、リスカ癖のある女性と付き合っていたなどのエピソードをもつ人は、もしかしたら彼自身が彼女をメンヘラにしてしまったのかもしれません。 また、見極めは難しいですが、最初からメンヘラ傾向にある女性たちが寄ってくるタイプの メンヘラホイホイな男性も存在します。 メンヘラ製造機な男性への対策と攻略法とは 「彼氏がメンヘラ製造機かも…」「気になる人がメンヘラ製造機っぽい」という心配を抱えている人もいるのではないでしょうか。 ここでは、そうしたメンヘラ製造機な男性への 対策と攻略法について解説していきます。 別の男性を探す 彼と一緒にいるとどんどん精神が不安定になってしまう…と感じているのなら、思い切って 別の男性を探すことをおすすめします。 他の男性に目を向ければ、 2人っきりの狭い世界から抜け出せるかもしれません。 彼のここはおかしいかも?と気付くきっかけにもなるでしょう。 彼だけと決めつけず、他の男性との出会いにも積極的になってみてはいかがでしょうか。 没頭できる趣味を見つける メンヘラになる要因として、お互いの関係性が近すぎるということがあります。 なので、一度彼との距離をとるためにも、 没頭できる趣味を見つけてみましょう。 夢中になることが見つかれば、彼に対する執着心もなくなり心穏やかに過ごすことができるはずです。 すぐに趣味なんて見つからない、という場合は友人との 付き合いを増やすのもおすすめです。 意を決して別れを告げる メンヘラ製造機の 目指すところは共依存関係です。 そのため、依存男との関係を思い切って断ち切ることが一番の対策になります。 他の男性には興味なし、 距離をとっても彼への執着心が消えない、というならお別れすることも考えたほうが良いでしょう。 最初は辛いかもしれませんが、時間が経てば必ず心は癒されていきます。 メンヘラだった頃の自分を冷静に振り返ることができるようになれば、その時はきっと新しい恋に踏み出せるはずです。 【心理テスト】あなたのメンヘラ度 メンヘラ製造機な男性は、依存心の高いメンヘラ女子が大好き。 そのため メンヘラ傾向の強い人は、メンヘラ製造機男子に狙われる可能性が高いです。 そこで、メンヘラ製造機にハマってしまわないためにも、自分自身の メンヘラ度をチェックしておくことが大切です。 メンヘラ度高めの診断が出てしまった場合は、相手に依存しすぎないよう、ガス抜きを心掛けることをおすすめします。 【メンヘラ度診断】 Q. 今日は恋人との映画デート。 映画が終わりクレジットが半分進んだ頃、周囲に残っている観客の数はどのくらい? 1. ほとんどの人が残っている 2. 3分の2程度 3. 半分くらい 4. ほとんど帰ってしまった A. 選んだ選択肢によって、 あなたのメンヘラ度がわかります。 相手がメンヘラ製造機なら、 一気にメンヘラになってしまう危険性があります。 恋人ができても、趣味や友達との時間を大切にして適度な距離感を取るよう心掛けましょう。 お互いが良い距離感なら心配ありませんが、 相手がメンヘラ製造機の傾向がある場合は注意したほうが良いでしょう。 ゆえにメンヘラになってしまう可能性は低いですが、弱っている時に近づいてくる人には注意しましょう。 【4を選んだ人】・・・メンヘラ度10% 孤独が苦にならないドライなタイプです。 むしろ、1人の時間がないと疲れてしまうのではないでしょうか。 恋人であっても一線を引くあなたは、めったなことでは メンヘラにならないでしょう。 メンヘラ製造機な男性は避けよう!素敵な恋がしたいあなたに… メンヘラ製造機な男性は、確かに優しさや良い人の素養を感じますが、女性を依存させてしまうので良い関係とは言えません。 恋愛は片方に依存する関係だと長続きしないので、メンヘラ製造機な気質のある男性との恋愛は避けた方が良いでしょう。 メンヘラ製造機な男性ではなく、素敵な出会いを見つけたい方におすすめなのが、「 ハッピーメール」です! 累計会員数2000万を超えるハッピーメールだからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの 理想の恋人を探してみませんか? メンヘラ製造機な男性には要注意!きちんと見極めましょう。 恋人に優しい彼氏というのは魅力的ですが、優しいのになんだか 不安定な気持ちになることが多いなら注意が必要です。 もしかして彼は メンヘラ製造機系ダメ男かもしれません。 完全なメンヘラになってしまう前に、メンヘラ製造機な男性をきちんと見極めることが大切です。 「最近自分がメンヘラっぽい…」と感じたら、まずは彼との距離をとるようにしましょう。 また、メンヘラ製造機な男性にハマらないためにも、普段から 自分のメンヘラ度を理解し、恋人に依存しすぎないような方法を見つけておくのもおすすめです。

次の

メンヘラ女性の顔・見た目の特徴21選!しっかり見抜こう!

メンヘラ と は

メンヘラとは、メンタルヘルスが語源となっており、精神的に不安定な状態の人や、心に病を抱えた人のことを指します。 中には自傷行為に走ってしまったり、鬱病になってしまう方もいます。 元々、ネット上でメンタルヘルスの略として「メンヘル」と使われるようになったところから、メンヘラに変わったインターネットスラング。 最近では、恋愛で病みやすい人のことを「メンヘラ」と呼んだり、悩んでいる人を「メンヘラ」と呼んだりすることが多くあります。 今回、ここで紹介していくのは、「自分でメンヘラとは思っていなかったけれど、周りにメンヘラと言われた。 」という方に向けて、メンヘラの特徴と、メンヘラの直し方をご紹介します! 私って本当にメンヘラ?メンヘラの特徴16選 メンヘラとはどんな人のことを指すのか。 ここからは、「私って本当にメンヘラなのかも」と思った方に向けてメンヘラの特徴を、思考傾向、恋愛、友人関係、SNSなど4つのカテゴリーに分けてご紹介します。 特徴を見て、あなたも当てはまるかチェックしてみてください! 1. 【思考・傾向編】常にマイナス思考 メンヘラ女性は、何を言われても深く考えすぎてしまい、マイナスに捉えてしまうことが多い傾向にあります。 友人や彼氏が何気なく言った一言に落ち込んでしまったり、悲しい気持になる方はメンヘラの可能性が高いかもしれません。 一つの物事を考えていたら、悩むようになってしまい、どんどん深く悩んでしまうことがあります。 【思考・傾向編】体調を崩しやすい 精神的負担は身体にまで影響してきます。 たとえば雨が降っているだけで頭痛を感じたり、腹痛を感じてしまう方はメンヘラかもしれません。 ほかにも仕事に行きたくない日や嫌なことがあると体調が悪くなる方は要注意。 低気圧の時に自分がどんどんしんどくなってしまったり、体調が悪くなってベッドから出れなくなることもあります。 【思考・傾向編】依存体質 彼氏や友人に依存してしまいやすい方はメンヘラかも…彼氏に対して、連絡をし過ぎてしまったり、すぐ電話をけたり、SNSでストーカー行為をしてしまう方は依存体質。 さらに友人にも嫉妬しやすい方は友人からもメンヘラだと思われてしまうかもしれません。 人にだけでなく、物にも依存しやすく、仕事に依存している人、趣味に依存してしまう人もいます。 それがないと生きていけなくなってしまったり、「なんのために生きてるかわからない」と思ってしまう方も、メンヘラでしょう。 【思考・傾向編】感情の起伏が激しい 感情の浮き沈みが激しい方はメンヘラの可能性が高いでしょう。 楽しいや嬉しい出来事があり喜んだあと、すぐに不安感などを感じて悲しくなってしまったり、辛くなってしまう方は、感情の起伏が激しいと周りに思われやすいでしょう。 笑っていたかと思ったら泣き出したり、一つのポイントで過剰に反応してしまってキレてしまう。 自分が思っていることと言葉・行動が反対になってしまう時もあるのです。 【思考・傾向編】見られ方を気にしてしまう メンヘラと言われる女性は、自分の見た目や中身に自信がない人が多い。 周りに自分がどう思われているのか気にしてしまって、なかなか自分を表に出せなかったり周りに流されてしまう性格の方が多いのも特徴です。 周りの人に嫌われたくないからこそ、周りに合わせすぎてしまう。 人に流されやすくなってしまう。 そんな方は、メンヘラの可能性が高いでしょう。 【友人関係】男友達が多い メンヘラ女性には男友達が多いのです。 女性の友達と関係を築くのをめんどくさがったり、男友達といる方が安心感があり、ちやほやしてもらえるから。 さらに、 女性同士では悪口が生まれたり、気を使い続けなきゃいけないので、周りの目を気にしすぎてしまうメンヘラにとっては、疲れてしまうのです。 いつどこでも自分に自信のない女性は男性から褒められることを常に求めているので、男友達との食事などでも媚を売ってしまう傾向にあります。 【友人関係】男友達の前ではサバサバしている 〈男友達が多い〉で紹介したように媚を売ってしまう女性が多いのですが、相手の恋愛相談などを受けてる時は、 自分の恋愛とは真逆にサバサバした発言をする人が多いのです。 「自分はもっといい女だと相手に思われたい」そんな気持ちから意識せずにサバサバした女性を演出してしまう人はメンヘラの可能性が高いでしょう。 【友人関係】友人にも嫉妬する 「男友達が多いのに、男友達の彼女には会いたくない。 」という女性はメンヘラの可能性が高いでしょう。 普通の友達であれば相手の幸せは嬉しいし、友達が好きになった相手がどんな人なのか気になり会ってみたいと思うものです。 でも男友達の彼女という存在が気に入らない、 「彼女より私の方がこの人をよく知っている。 」そんな風に一度でも思ったことのある人は、メンヘラでしょう。 【恋愛編】恋人に尽くしすぎてしまう 「愛されたいが為に相手に尽くしすぎてしまう。 」「相手が求めている以上のことをしてしまう。 」「相手の好みのタイプになろうと努力しすぎてしまう。 」など、相手が重たいと感じるほどに尽くしてしまうのはメンヘラ女性の特徴です。 時にお金や物を貢いでしまったり、過剰にお世話してしまってお母さんのような彼女になってしまうこともあります。 【恋愛編】素直になれない 自分が彼氏のことを好きでも、相手に愛されてる自信がないと素直に「好き」と伝えられない事が多いです。 素直に感情を表に出せないことで相手に迷惑をかけてしまったり、めんどくさいと思われてしまうことも… 本当は「ありがとう」と言いたいのに、意地を張ってしまって言えないことがある。 本当は素直に想いを伝えたいのに、 「相手に迷惑をかけてしまったらどうしよう…」と思ってしまい言葉にできない人は、メンヘラの可能性が高いでしょう。 【恋愛編】すぐ浮気される 尽くしすぎてしまったり愛しすぎてしまうが故に相手に重いと思われ、相手が他に愛を求めてしまいます。 重たい行動を繰り返してしまい、相手に浮気される人はメンヘラな可能性が高いでしょう。 メンヘラな人は、自分に自信がないからこそ、いい男やいい女と付き合うことを恐れてしまうことがあります。 そのため、 ちょっとダメそうな人に惹かれてしまうことがあり、浮気男・浮気女と付き合ってしまうことも… 12. 【恋愛編】心配性 相手に怪しいことが全くなくても浮気を疑ってしまい、相手の携帯をこまめにチェックしたり、連絡が返ってこないと心配になり何度も連絡してしまうのも特徴の一つです。 今どこで誰と何をしているのか、恋人の全てを把握しないと気が済まない人は、メンヘラな可能性があります。 【恋愛編】相手の感情を気にする メンヘラ女性は自分に自信がない人が多く、彼氏にどう思われているか、本当に愛されているのかと相手の感情を気にしすぎてしまうのも特徴。 これはマイナス思考や依存体質な性格からくるものです。 周りの目を気にしてしまうことと同じように、相手が何を考えていて、相手が何を思っているのか、不安になってしまうことがあるのです。 【恋愛編】すぐ「別れる」と言ってしまう メンヘラ女性は愛されたい欲が他の女性たちより多いので、相手に愛されてると感じたいがために「別れる」とすぐ言ってしまいます。 普段「好き」「愛してる」と言われていても、相手にどのくらい愛されているのかを実感できず別れると発言し、相手から引き止められるのを待ってしまう女性は危険です。 【SNS編】特定の誰かに向けて発信する メンヘラ女性はかまって欲しい人が多く、マイナスな発言をしてしまいます。 誰かからのコメントやリプライが欲しくて心配されるような発言を繰り返してしまいます。 周りから返答がないと余計辛くなってしまう人は要注意です…, そして、特定の元カレ、彼氏、友人などに向けて発信する人はメンヘラの可能性が高いでしょう。 例えば、彼氏に嫉妬してほしいあまり「今日は〇〇(男友達)とご飯に行った。 優しくて大好き!」などと、めんどくさい投稿をしてしまう人は危険です。 彼との関係性にも亀裂が走るので控えましょう。 【SNS編】元カノや彼の友人をネトスト 彼氏ができたばかりの時は元カノの存在がすごく大きく感じてしまいますよね。 そこで、元カノや彼の友人をネット上でストーカーしてしまう人は確実にメンヘラです。 自分に自信のある女性なら元カノの存在や彼の女性関係を気にせず、今の彼と自分の関係に目を向けます。 ちなみに、元カノや彼の友人をネトストしてもいい情報はなにも出て来ないので、どんなに気になっても見ないことをオススメします。 自分の過去の辛い経験によってメンヘラになった。 自分の元々の性格によってメンヘラになった。 それは、誰かがバカにしたり否定していいことではないのです。 ですが、自分自身が生きることを苦しく感じていたり、自分の心が壊れてしまうと、悪循環になってしまいます。 そこで、自分のペースで一つずつ、コンプレックスを財産に変えてみませんか? メンヘラを直す方法【完全版】 自分を生きやすくできるのは自分だけ。 人生に正解なんてないんだから、生きたいように生きていいんです。 そこで、自分がメンヘラなことで、悩んでいる方に向けて、ここからはメンヘラを直す方法をご紹介します。 自分で自分に優しくなる メンヘラを直す方法1つ目は、自分で自分に優しくなることです。 人に優しくしたり、人のことばかり考えて生活するのではなく、まずは自分に優しくなりましょう。 そして、完璧でいようとしすぎずに、 自分のことを許したり、甘やかしてあげられるようになりましょう。 自分のことが見えていないと、人のことも見えなくなってしまいます。 なので、少しだけ自分のミスを認めたり、失敗を許してあげれるようになることが大切です。 人と比べすぎない メンヘラを直す方法2つ目は、人と比べすぎないことです。 人と比べて生きていても、幸せが訪れることはありません。 人と比べる時は、自分に自己嫌悪を感じてしまう時や、マイナス思考になっている時です。 「あの子に比べて自分はこうだから」「あの子は楽しそうだけど、自分は…」「あの子の恋人はあんなにいい人なのに、私の彼氏は…」と、しんどくなる原因を作ってしまいます。 自分に自信がなくなると、メンヘラは加速してしまうので、自分を傷つけるものや自分を苦しめるものからは、逃げてもいいのです。 周りの言葉を気にしすぎない メンヘラを直す方法4つ目は、周りの言葉を気にしすぎないことです。 メンヘラは、周りの意見に流されてしまったり、周りの人の顔色を気にして疲れてしまうことが、多くあります。 人に嫌われたくないと言う思いが強いからこその行動。 それは悪いことではありません。 そして、人間誰しも『嫌われたくない』という気持ちがあります。 ですが、周りの言葉を気にしすぎて自分のことを嫌いになるのではなく、周りの言葉を受け取って自分の改善に励んでみるようにしましょう。 まずは自分が幸せになる メンヘラを直す方法5つ目は、まずは自分が幸せになることです。 人を幸せにすることばかり考えたり、人に尽くすことばかり考えずに、自分を幸せにしてあげましょう。 自分が幸せな状況でなければ、人を幸せにすることはできません。 幸せは、自分の中に溢れないと、人に分けることができないのです。 なので、まずは自分が幸せになる方法を考えましょう。 自分の芯を持つ メンヘラを直す方法6つ目は、自分の芯を持つことです。 自分の許せないこと。 自分の大切にしたいこと。 小さなことでもいいので、自分の芯を持つようにしましょう。 自分の芯を持つことで、人に流されないようになります。 人に嫌われることに対しても恐怖心がなくなります。 さらに一番危険なのは、愛されるために恋人の理想の自分になろうと必死になって、 本当の自分を見失ってしまうこと。 なので、恋愛と離れる時間を作るようにしましょう。 本当の自分を取り戻すことができます。 大切な守りたいものを作る メンヘラを直す方法8つ目は、大切な守りたいものを作ることです。 何か守りたいものを作ることで、自分の存在意義が生まれます。 恋愛をしている時に、いい男よりもダメな男を好きになってしまうのは、『その人に必要とされていること』に対しての喜びがあるから。 「この人は私がいないとダメなんだ」と思えたり、 「私がいないと生きていけないんだ」と思えることで、自分が存在することに価値が生まれるのです。 ですが、ダメ男は女性を傷つけます。 なので、恋愛以外で自分が守りたいと思える大切なものを見つけましょう。 脳みそを暇にしない メンヘラを直す方法9つ目は、脳みそを暇にしないことです。 頭が暇になると、必然的に悩み出してしまいます。 自分が忙しい時は、悩むことすら忘れてしまうのです。 なので、悩みそうになったら、人と会ったり、趣味に没頭したり、仕事をすることで、頭を暇にしないようにしてみましょう。 少しずつ、悩むことから考えることに思考がシフトしていきます。 メンヘラな人との付き合い方・関わり方 周りの人がメンヘラな場合、どうやって付き合って行くのが得策なのか。 恋人がメンヘラで付き合い方に悩んでいる方に向けて、ここからはメンヘラな人との付き合い方・関わり方をご紹介します。 自己肯定感をあげてあげる メンヘラと付き合う時や、メンヘラと関わる時は、自己肯定感をあげてあげましょう。 自分に自信がないことで、悲観的になっていたり、全てのことに対してマイナス思考になってしまっています。 なので、全てのことを否定するのではなく、まずは褒めてあげるようにしましょう。 承認欲求が満たされることで、メンヘラ自身も少しずつ前を向けるようになります。 とことん付き合ってあげる メンヘラと付き合う時、メンヘラとの関わり方で一番大切なのは、とことん付き合ってあげることです。 泣いている時は、とにかく慰める。 寂しいと感じている時は、そばにいてあげる。 怒っている時は、喧嘩してあげる。 無反応で呆れられることが一番辛いのです。 過去のトラウマや、孤独感を感じていることが多いメンヘラは、自分のために人が付き合ってくれることで幸せを感じることができるのです。 連絡はマメに返す 電話やLINE ライン はマメに返すようにしてあげましょう。 返信がこないと、「嫌われたかな」「嫌なのかな」「飽きられたかな」「怒ってるのかな」と、不安になってしまいます。 なので、連絡がきたら放置せずに早めに返してあげるようにしましょう。 普段から連絡がマメでないタイプであれば、 事前に伝えておいてあげると、メンヘラな人は安心することができます。 疑われることをしない メンヘラが疑い深い性格になったのは、過去のトラウマが原因になっていることがほとんど。 過去の恋人に裏切られた記憶。 いじめられた記憶。 親に愛されなかった記憶。 様々な過去の記憶で、人を信じることが怖くなっていることがあります。 なので、本当に好きになった恋人や、信じている友人に裏切られることが怖いのです。 「またあの時みたいに…」と考えてしまうことがあります。 なので、疑われるようなことをしたり、冗談でも心配させたり、不安感を与えないようにしましょう。 誰かと比較しない メンヘラと関わる時は、誰かと比較しないようにしましょう。 「元彼はこうしてくれてた」「元カノだったらこういう時」と、元恋人と比べられることが一番辛いのです。 余計自分に自信がなくなり、マイナス思考が悪化してしまいます。 なので、喧嘩になった時も、イラついた時も、誰かと比較することだけは避けるようにしましょう。 相談された時に否定しない メンヘラと付き合う時や、関わる時、相談されることがあると思います。 仕事の悩み、人間関係の悩み、恋愛の悩み。 様々な悩みを抱えながら人は生きています。 話を聞いてほしくて相談した時に、自分の思いや思考を否定されてしまうと 「この人は私のことが嫌いなんだ」「私の味方してくれないんだ」と思ってしまうことがあるのです。 なので、相談された時は否定しないようにしてあげましょう。 常に寄り添ってあげる気持ちが大切です。 コンプレックスは財産に変わる。 自分に自信がなくて、頑張れない。 自分を愛せない。 それでもいいのです。 それが、強さに変わる時が来ます。 コンプレックスは財産に変わるのです。 自分のコンプレックスになっている部分が、自分を強くし、自分を大きく成長させてくれます。 なので、 自分の悩みに真剣に向き合えている人ほど、人生に深みが生まれます。 あなたはあなたらしく、生きていくことができるのです。 誰かに振り回されたり、自分の感情の起伏に振り回されることに疲れたら、環境から離れて自分を労ってあげましょう。

次の