平成34年 西暦。 西暦

平成何年は令和で何年?自動変換計算機

平成34年 西暦

「平成は来年までなのに、運転免許証を更新したら有効期限が平成34年になっていた」。 本紙11月9日付夕刊(夕刊のない地域は10日付朝刊)の「イイミミ」にこんな投稿が寄せられた。 天皇陛下の退位に伴い、平成という元号は来年(平成31年)4月30日で終わるのに、あり得ない年月日が記されているというのだ。 新元号になってもこの免許証で大丈夫? 読者の不安に応えるべく調べた。 (杉山雅崇) 政府は昨年12月の閣議で、天皇陛下の退位時期を2019年4月30日と決定。 新天皇の即位に伴い、翌5月1日から新元号となる。 運転免許証の有効期間は、交通違反の状況などにより3年間か5年間と定められている。 有効期限は元号で記載されており、ここ数年の間に更新された免許証には軒並み「やってこない平成」の日付が表示されている。 短文投稿サイト「ツイッター」には、こうした現象にツッコミを入れたり、面白がったりする書き込みが多数並ぶ。 安心してください」と話すのは兵庫県警運転免許課の担当者。 現行の免許証は道路交通法の施行規則により、有効期限のほか生年月日、交付日などが全て元号で表示されている。 昨年末に改元のスケジュールが決まった後も、規則に基づいて平成表記を継続しているという。 実は「昭和」から「平成」への改元(1989年)の際も、コンピューターのシステムなどを改修するまでの間、免許証は昭和のまま発行され、今回と同様の状況が生じたそうだ。 警察庁は今年8月、有効期限を西暦で表示するため、道交法施行規則の改正案を公表した。 有効期限以外は引き続き元号が使われる。 警察庁によると、西暦への変更と改元とは直接関係ないといい、「外国人の免許保有者が増えており、分かりやすくするのが目的」とする。 西暦表示の免許証の発行は来年3月以降となる見通しで、現在の「平成」表記の免許証はそのまま使える。 ただし、免許証の表記と異なる元号で迎える更新時期には注意が必要だ。 兵庫県警の担当者は「更新の通知はあるが、手続きを忘れないように」と呼び掛けている。

次の

和暦西暦変換表

平成34年 西暦

平成31年以降有効期限の免許証の取り扱いは? 平成表記の免許証でも有効な証明書として扱われるので、安心して使用できます。 ただし、平成31年から平成36年までが有効期限の免許証については、有効期限の平成31年以降を令和に置き換えて自分で計算する必要があります。 例えば、免許証の有効期限が「2021年(平成33年)4月1日まで有効」「平成33年4月1日まで有効」と書かれている免許証は、令和3年4月1日までと計算します。 平成31年は令和元年(2019年)、平成32年は令和2年(2020年)、平成33年は令和3年(2021年)、平成34年は令和4年(2022年)、平成35年は令和5年(2023年)、平成36年は令和6年(2024年)まで有効です。 令和が期限の免許証に書き換えは可能? 令和表記の免許証に書き換えるためには、変更手続きをしなければなりません。 しかし、基本的に免許証の更新期間以前の更新は個人の都合では行えません。 ただし、入院や海外出張といった特別な理由がある場合は、更新期間前でも更新できます。 更新期間前に手続きをするのであれば、更新期間中に更新できない事情を証明するための書類が必要であることや、通常の更新とは異なり代理で代理人を立てることができないこと、免許の有効期限が短くなることなどに注意しましょう。 免許証の更新期間中に更新ができない事情として認められるのは、「更新期間中には絶対に手続きできないことを証明できること」となります。 そのため、元号が令和になるという理由だけで、更新を早めて書き換えることはできません。 なお、警視庁も元号に変わったことによって免許証を交換しなければならないといったことは発表していません。 基本的には、次の更新時期まで令和表記に変更されるのを待つこととなります。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

平成何年は令和で何年?自動変換計算機

平成34年 西暦

「平成は来年までなのに、運転免許証を更新したら有効期限が平成34年になっていた」。 本紙11月9日付夕刊(夕刊のない地域は10日付朝刊)の「イイミミ」にこんな投稿が寄せられた。 天皇陛下の退位に伴い、平成という元号は来年(平成31年)4月30日で終わるのに、あり得ない年月日が記されているというのだ。 新元号になってもこの免許証で大丈夫? 読者の不安に応えるべく調べた。 (杉山雅崇) 政府は昨年12月の閣議で、天皇陛下の退位時期を2019年4月30日と決定。 新天皇の即位に伴い、翌5月1日から新元号となる。 運転免許証の有効期間は、交通違反の状況などにより3年間か5年間と定められている。 有効期限は元号で記載されており、ここ数年の間に更新された免許証には軒並み「やってこない平成」の日付が表示されている。 短文投稿サイト「ツイッター」には、こうした現象にツッコミを入れたり、面白がったりする書き込みが多数並ぶ。 安心してください」と話すのは兵庫県警運転免許課の担当者。 現行の免許証は道路交通法の施行規則により、有効期限のほか生年月日、交付日などが全て元号で表示されている。 昨年末に改元のスケジュールが決まった後も、規則に基づいて平成表記を継続しているという。 実は「昭和」から「平成」への改元(1989年)の際も、コンピューターのシステムなどを改修するまでの間、免許証は昭和のまま発行され、今回と同様の状況が生じたそうだ。 警察庁は今年8月、有効期限を西暦で表示するため、道交法施行規則の改正案を公表した。 有効期限以外は引き続き元号が使われる。 警察庁によると、西暦への変更と改元とは直接関係ないといい、「外国人の免許保有者が増えており、分かりやすくするのが目的」とする。 西暦表示の免許証の発行は来年3月以降となる見通しで、現在の「平成」表記の免許証はそのまま使える。 ただし、免許証の表記と異なる元号で迎える更新時期には注意が必要だ。 兵庫県警の担当者は「更新の通知はあるが、手続きを忘れないように」と呼び掛けている。

次の