天パとくせ毛の違い。 「天然パーマ」と「パーマ」の見分け方|コツを美容師が教えます

くせ毛が強い・天然パーマはハゲやすい?

天パとくせ毛の違い

Contents• くせ毛と天然パーマの違いって何?種類は見分けられるの? くせ毛と天然パーマの違いって? 天然パーマとくせ毛の違いは、明確にはありません。 どちらかというと、なんとなく天パはくせ毛に比べると強烈なイメージがあり、髪型全体がうねっている場合なども「天然パーマ」と称されることが多いのではないでしょうか。 くせ毛や天パではない人からすれば、見た感じ髪の毛のクセが強い人はみんな天パに見えるということ。 しかし、くせ毛には種類があり、それぞれで特徴も直し方も異なります。 あなたのくせ毛に合ったヘアケアをすることで、シャンプーのCMのようなサラサラストレートまでは無理かもしれませんが、 確実により良い髪の毛が早く手に入りますよ。 くせ毛(=天パ)の4種類 波状毛 日本人に最も多いくせ毛が、 大きくうねりを描いたり、ゆらゆらと波打っている状態の 波状毛。 膨張しやすいという特徴があり、湿気などを吸い込むとボリュームが出てきます。 くせ毛のうち、この波状毛が出ていると天然パーマと言われやすい傾向があります。 捻転毛 波状毛のうねりを強くしたようなくせ毛。 コイル状にねじれており、軟毛でくせ毛の方に多くみられます。 前髪などの短い部分のスタイリングは非常に苦労します。 かなり乾燥している傾向があり、乾燥によるくせ毛とダブルパンチによってうねりが強く出ている場合も多いです。 連珠毛 表面がでこぼこしており、数珠が繋がったような形をしているのが 連珠毛の特徴。 一見ストレートに見えるのも特徴のひとつ。 連珠毛の髪の毛を根元から毛先までスーっと触ってみると、髪の毛がボコボコしているのがわかります。 また、ストレートなのにサラサラ感やツヤがないのも特徴です。 連珠毛の厄介なところは、 引っ張ると非常に切れやすいというところ。 髪の毛のボコボコは、太いところと細いところが交互に生えてきているサインで、この細い部分を引っ張ると切れやすいそうです。 クシを使う場合も引っ張らないよう、注意が必要ですね。 縮毛 もっとも強いくせ毛で、 細かく縮れた髪が特徴的な、深刻度合いが高いくせ毛。 縮れが綺麗な縮れであれば、比較的スタイリングし易いくせ毛の種類だと思いますが、程度がひどいとパンチパーマみたいになってしまうので、かなりやっかいなくせ毛なんです。 くせ毛と天然パーマの違いを知って治す方法 波状毛 くせ毛の中では、一番対策しやすいのがこの波状毛。 軽度のものであればヘアケアを見直したり、食生活を改善することできれいなストレートになることもあります。 また、 【くせ毛を生かすスタイリングをする】というのも効果的です。 水分バランスを整えつつ、髪の水分量が変化しにくいヘアケアをしてあげることが主な対策方法となります。 参考:くせ毛を生かすスタイリングは 捻転毛 捻転毛は乾燥していることが多く、縮毛矯正やカラーによる薬剤のダメージも受けやすく、髪がパサパサになってしまうこともあるので、注意が必要。 縮毛矯正は、強くかければ一時的にサラつや髪になったように思いますが、あれは髪の毛をストレートにしたことによる光の反射のおかげでもあります。 根本的な髪質改善を行って、縮毛矯正の効果を持続させることが、長期的なサラツヤ髪を手に入れるポイントです。 参考:捻転毛のケアの仕方は 連珠毛 乾燥して傷んだ髪は、雨や湿気を含んで膨張しやすく、表面だけ広がります。 そのため、髪の毛の表面だけうねり毛が目立つというわけです。 この表面のうねりが、実はぴょんぴょん飛び出る髪の毛の原因にもなります。 縮毛 縮毛に関しては、その名の通り縮毛矯正が対策としては最善ですが、繰り返し施術を行ってしまうことでダメージが蓄積されていきます。 縮毛矯正を行う場合も、根本的な髪質の改善を同時に行っていくようにしましょう! 縮毛矯正をしてもらう美容師さんは、必ず信頼できる方にお願いして下さい。 参考:縮毛矯正の失敗のリスクは まとめ いかがでしたでしょうか。 くせ毛には4種類あり、それぞれ重度や特徴が違うので、ヘアケアもそのくせ毛に見合った対策が必要。 あなたのくせ毛は、あなたが一番よくわかっているはず。

次の

【見分け方!】くせ毛の種類と特徴どう判断?チリチリ、うねり、縮れ。あなたはどれ?

天パとくせ毛の違い

やはりくせ毛や天パの人の最大の敵と言われているのが「雨」や「湿気」でしょう。 特に梅雨時期になると最悪だと感想が集まります。 梅雨時期は、言わずもがな「湿気」が増しますから、予想していた以上に髪の毛が水分を吸収してしまうのです。 それによって、くせのついた髪の毛がさらに広がりを見せてしまいます。 髪の毛一本一本が膨張してしまっている状態ですから、全体的に広がった印象を与えてしまって気分も憂鬱になってしまいます。 くせ毛(天パ)さんの悩み:学生は頭髪検査に引っかかる くせ毛の人が感じる悩みについて、先ほどは述べてきました。 ではここからは具体的に、長さ別に分けてどのような髪型がくせ毛や天パの人に似合うのかを見ていきたいと思います。 まずはショートヘアについてです。 まずおすすめなのが「耳掛け」スタイルです。 くせ毛や天パの人がショートヘアにしようとしたとき、はやりどうしてもロングの人と比べるとくせがより強く出てしまうと言うデメリットが生じます。 ではまず、簡単に実行できる方法として、左右どちらかのサイドの髪の毛を耳にかけてしまいましょう。 耳にかけることによって、全体的にすっきりとした印象が生まれます。 さらには、片方の髪を耳にかけることによってくせ毛を活かした女性らしいスタイルにもなりますのでおすすめです。 ヘアスタイル全体をとらえたときに、どちらかを耳にかけていた方がメリハリもあっておすすめなのです。 そのためストレートヘアの人に比べると、パーマがかかりやすいと言うメリットがあります。 パーマをかけることによって、髪全体をバランスの取れたスタイリングにしてくれるので、美容院なので緩いパーマをかけてもらうのも手で、似合うスタイルです。 また、ボブスタイルの緩めのパーマは、毛先に動きが出やすくなるため可愛らしい女性の印象を与えてくれる「ゆるふわパーマ」が可能になります。 元のくせ毛を活かして女性らしく、可愛いゆるふわパーマが作れて、くせ毛のバランスも保たれるなんてまさに一石二鳥ですね。 お団子の場合ある程度くせ毛をカバーしつつかわいい髪が板になるので一石二鳥とも言えますね。 お団子アレンジを行う際のポイントとしてはすべての髪の毛をまとめてしまわないことでしょう。 せっかくのくせ毛も意味がありません。 固めのお団子にしてしまうのではなく、少々緩めのふわっとした印象を残しつつお団子にまとめましょう。 この際くせのついた毛の束を後れ毛としてうなじ付近に出しておくと、女性としてのセクシーさや、色っぽさを表現できますのでおすすめです。 もしも前髪が気になるようでしたら、ヘアバンドなどでまとめてしまいましょう。 特にくせ毛の場合は、ヘアアレンジにいて巻いたりくせをつけたりする時間が短縮できますからおすすめなのです。 またハーフアップスタイルはストレートヘアであったとしても天然パーマであったとしても女性なら誰しも似合うと言われているヘアアレンジ方法で、とても一般的です。 カールのかかったハーフアップアレンジは軽くなじませるだけで十分女性らしく、可愛い印象を与えてくれますよ。 ハーフアップと言っても様々なアレンジ方法があります。 くるりんぱのような簡単なアレンジ方法から、編み込みを取り入れて本格的にアレンジする方法などもありますよね。 しかし一はなれないものですから、簡単なものから始めてみましょう。 ゴムだけでもできるやり方などまとめている以下の記事もおすすめですよ。 毎日の生活の中で気を付けていただきたいのが「ヘアケア」です。 くせ毛の人は湿気などに弱い傾向があります。 つまり水分を吸ってしまうことでさらにくせやうねりが強く出てしまうのでしょう。 それは毎日のシャンプーでもいえることです。 さすがに髪全体が濡れてしまえばまっすぐになりますが、大切なのはそのあとです。 いつまでも濡れたままにしていたら、髪の毛も傷んでしまいますし、中途半端に湿ってしまうことによって、髪の毛の「くせ」が悪化してしまいかねません。 ストレートヘアの人と比べるとどうしても水分に弱い傾向にありますから、シャンプーをした後はあまり時間をおかず、すぐさまドライヤーで乾かすことをおすすめします。 くせ毛や天パで悩んいるとき、ブローのやり方に困った経験はありませんか?どんなに頑張っても広がる、うまくまとまってくれないなど悩みは尽きないでしょう。 以下の記事では、くせ毛をきれいにまとめられるコツについて迫っていますので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。 そもそも、どうして私たちの髪の毛には、「ストレートタイプの人」と「天然パーマタイプの人」がいるのでしょうか?比較してみると全然違うのですが、どうして髪の毛にここまで違いが生まれてしまうのか、不思議に思ったことはありませんか?天然パーマになる原因の一つと言われているのが「先天性の遺伝」です。 もしもあなたがくせ毛や天パで悩んでいたとしてあなたのご両親、またはどちらかの親も同じ悩みを抱えていたりしませんか?そうだった場合は確実にどちらかの髪質を遺伝して自分もくせ毛になっていると言えるでしょう。 ただし「隔世遺伝」と言うものもありますから、もしかしたら祖父母からの遺伝である可能性も含まれます。 直毛の人の場合は、毛穴が垂直になっているとも言われていて、逆にくせ毛や天パの人は毛穴の方向や髪の毛の根元から曲がってしまっているため、髪全体がくせを持って伸びてしまうと言われているのです。 つまり毛穴にカーブがかかっていると考えると分かりやすいかもしれません。 くせ毛(天パ)の理由:成長や加齢によっても変化する くせ毛や天パの理由の一つとされているのが「成長や加齢による変化」です。 幼少期はストレートヘアだったのに成長していく過程でくせ毛になった、年をとったらくせが出てきた、などその逆もありますが、そう言った人も珍しくはありません。 これは成長や加齢によるホルモンの量やバランスが関係していると言われています。 身体のホルモンバランスが乱れたり、量が変化したことによって髪質にも変化が生じてしまうことは、意外と多くあるようです。 また成長ホルモンなどによって髪の毛が太くなりくせが出てしまうことも考えられます。 加齢の場合は、年を取ったことで髪の毛が細くなり、結果としてストレートになったことも考えられますよ。 くせ毛の人のヘアケア 頭皮を健康的に保つ 毛髪・頭皮トラブルにお悩みの方は、シャンプーを変えてみることが美髪への近道です。 いますぐ、洗浄力の強すぎる市販のシャンプーをやめて、天然成分だけでつくったシャンプーに切り替えることをおすすめします。 クレムド・アンは、天然果実オイルやオーガニックハーブをたっぷり使い、まるで美容クリームで髪を洗っているような生クリームシャンプーです。 合成界面活性剤や合成着色料を一切含まず、自然本来の洗浄成分で洗い流すため、自然な指通りになり、頭皮の乾燥を抑えます。 さらに、クレムド・アンは、トリートメント・コンディショナーも不要!シャンプーだけで、トリートメントしたような洗い上がりになります。 また、育毛・白髪ケアにも使える1本5役にもなるスグレモノ。 大手ヘアケアメーカーとの共同開発というのも安心なポイントです。

次の

くせ毛(天パ)を活かした女性の髪型19選!くせ毛が得意な美容院も

天パとくせ毛の違い

キューティクルは髪の毛の守護神 一番外側のキューティクルは硬いタンパク質が主成分で半透明のうろこ状のものが4~10枚重なって出来ています。 髪の内部組織を守る役割を果たし、髪のツヤや感触を左右しています。 熱や摩擦などの外部刺激でキューティクルがはがれてしまうと、毛髪内部の栄養が流れ出しパサパサになってしまいます。 コルテックスが髪質を決めています 髪の約8割を占めるコルテックスは、繊維状のタンパク質が主成分です。 この部分のタンパク質・脂質の構造や水分量が、髪の柔軟性や太さを左右します。 また、含まれているメラニンの種類と量によって、髪の色が決まります。 メデュラは髪の中心にあり、人によって有る無しがあります 髪の中心にあるメデュラは、やわらかなタンパク質が主成分です。 外的な刺激で空洞ができやすいのが特徴です。 メデュラはある人とない人が居て、主に髪が太い人にはメデュラがあると考えられています。 くせ毛になる構造的原因その1 コルテックス内の2つの理由 髪の内部構造の真ん中にあるコルテックスにくせ毛の大きな要因が潜んでいます。 コルテックス内のタンパク繊維が均一でなかったり、タンパク質の結びつきが歪んだりする事で、くせ毛になり、その度合いによって癖の強さが左右します。 タンパク質繊維が不均一に並んでいる コルテックスには以下の2種類のタンパク繊維があります。 軟らかく水分を吸収しやすいオルトコルテックス(O-コルテックス)• 硬く水分を吸収しにくいパラコルテックス(P-コルテックス) これら2種類のコルテックスが規則的に並んでいると直毛に。 不規則で、配列に偏りが出るとくせ毛になってしうのです。 雨が降ると髪が湿気を含んで膨らんだりうねりが強くなるのも、この親水性の異なる2種類のコルテックスが毛髪内でスパイラル状に偏在することによるものだと考えられています。 これは良質なシャンプー&トリートメントを使用し、毛髪内部の水分量を適切に保つことである程度改善されます。 おすすめシャンプーはこちらの記事をどうぞ。 髪の水分量を保つシャンプーや、コラーゲンタンパク質を基剤としたシャンプーなどをご紹介しています。 「水素結合」は水に濡れると結合がゆるみ、乾くとゆるんでいた結合が元にもどるという特性を持っています。 よく梅雨になるとくせ毛のうねりが出やすいというのは、この水素結合の歪みが関係しています。 せっかくブローやアイロンでストレートにした髪の毛が、湿気を吸い込む事で元の歪んだ状態に戻ってしまうんですね。 ちなみにこのような 外気による髪のうねりを軽減するには、水分をはじき余分な水分を吸収しにくい、疎水化された髪にすることがとても有効です。 髪の疎水性と親水性は、くせ毛のうねりに大きく影響するので、こちらの記事で詳しく解説しました。 直毛やくせ毛など一人ひとりの髪質がちがうのは、このシスチン結合のつながり方の違いによると言われています。 この結合がシャツのボタンを掛け違えたようにズレているとくせ毛になってしまい、歪みの度合いによってクセの強さが変わります。 ちなみに、このシスチン結合を一度切断してボタンをかけ直し、熱で固定するのが縮毛矯正です。 縮毛矯正の仕組みに付いてはこちらの記事でご紹介しています。 両親がくせ毛の場合は約90%以上の確率で、父親か母親どちらかばくせ毛の場合は約70%の確率でくせ毛が遺伝すると言われています。 両親の毛根の形や毛髪内のたんぱく質のバランスなどが引継がれ、子供もくせ毛になるのです。 ホルモンバランスの乱れによるくせ毛 ホルモンバランスが乱れると体調が崩れたり髪質が変化したりと、体に色々な影響が出てくることがあります。 ホルモンバランスの乱れは、体の周期によるものと生活習慣によるものの2種類の原因があり、対処方法もまちまちです。 体の周期によってホルモンバランスが崩れやすいのは、以下の3つの時期です。 成長期• 更年期 この時期にホルモンバランスが乱れ髪質が変わりやすいのは、ある程度仕方のない事です。 的確なヘアケアをしながら様子を見るのが良いと思います。 生活習慣によってホルモンバランスが崩れやすいのは、主に以下の3つの原因が考えられます。 ストレス• 睡眠不足• 体の冷え この3点は万病の元とも言われ、ホルモンバランスを崩してしまう大きな原因と言われています。 ストレスを溜めないと言われても中々難しいと思いますが、出来るだけ規則正しい生活を心がけるように努力してください。 特に女性の場合は冷え症の方が多いので、夏でも冷え対策はしっかり行うようにしてください。

次の