コロナ いつから 始まっ た。 コロナウイルスが最初に報道されたのはいつ? 実はあの頃から報じられていた!

コロナウイルスが最初に報道されたのはいつ? 実はあの頃から報じられていた!

コロナ いつから 始まっ た

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の

新型コロナウイルスいつから始まった?厚労省やWHOによる経緯まとめ

コロナ いつから 始まっ た

新型コロナウィルスはいつから? さて、まずもってどうしてこんな事態になっちゃったんですかね? 頭の整理に役立てればと少しだけ…。 株式会社トドオナダという会社が自社開発モニタリングクラウドサービーズを使用し、コロナウイルスに対する調査をし2月25日に発表しています。 最初の報道は2019年12月31日。 始めは、「 武漢で原因不明の肺炎」として発表されています。 死者の話題は、1月20日。 1月30日までは、武漢の話題が多かったものの、次第に中国の他の地域へと話題が広がっていきます。 WHOに関する記事は1月8日から目立ち始め、 1月8日、新型ウィルスとWHOが認定。 1月23日より活発化。 1月21日よりクルーズ船の記事が出るようになり、プリンスクルーズの記事は、2月2日に香港の感染者がクルーズ船で来日していたことから始まっているそうです。 1月半ばには中国内のマスク不足が報道されたかと思うと、 1月の末には日本国内のマスク不足が深刻化され、 転売まで禁止となっています。 1月26日にはIT企業GWOが2週間の在宅勤務を報道すると、「 リモートワーク」「 在宅勤務」といった働き方が広まっていきました。 ここ3ヶ月、新型コロナウイルスの話題が続いているわけですもんね。 疲れるわけだ。 そろそろみんなの緊張感も限界が近づいてきてますよね。 2月27日には、政府が 全国の学校の休校を要請。 新たな混乱を招きました。 コロナの勢いは止まらず、もはや今は全世界がコロナに脅かされ、経済がどうかしちゃってます。 本当に長すぎますよー。 オリンピックもできるのか、できないのかとの話も、今となっては延期に傾いている状況…。 恐るべし。 コロナ。 前向きなブログを書きたいって、思っているんです。 だから、ずっとコロナには触れたくなかった。 コロナのイラストなんて描きたくないって思ってましたー。 でも…。 でも…。 今の時代、外せない話題じゃないですかー。 だから、書いちゃいましたよ。 描いちゃいました。 こんな状況こそを受け止め、前向きに、それでも毎日を乗り越えようとする人が、最後は生き残るのかなー。 残りますよねー。

次の

新型コロナウイルスの日本上陸はいつから?【時系列】神奈川・東京・北海道まとめ

コロナ いつから 始まっ た

新型コロナウイルスは中国でいつ発生・発見されたのか? 新型コロナウイルスはいつ発生・発見されたのか? 「Yahooニュース」では、下記のように 「新型コロナウイルスは2019年12月8日に中国で発生した」と報じていました。 yahoo. 日本国内で感染者の報告があったのは2020年で、ニュースになったのも2020年1月でした。 しかし中国では2019年の時点ですでに発生していたのですね。 今回の「新型コロナウイルス」は、世界保健機関(WHO)によって 「2019-nCoV」と呼ばれていましたが、正式に「COVID-19 コビッド・ナインティーン 」という名前が付けられました。 名前に「2019」を表す「19」がついています。 ここからも 「新型コロナウイルス」の発生時期は確かに「2019年」だということが分かりますね。 「COVID-19」という名前の由来については『』にまとめています。 新型コロナウイルスは日本でいつ発生・発見されたのか? 「新型コロナウイルス」が日本で初めて発生・発見されたのは2020年1月15日ごろです。 日本国内で初めて報告された感染者は中国人男性でした。 その男性は1月3日に中国の武漢に滞在していましたが、1月6日に日本に帰国、その後発熱があったため医療機関で受診したところ1月15日に「新型コロナウイルス」の感染が発覚したそうです。 1月3日の時点で発熱があったとのことなので、武漢市で感染したものと思われます。 1月9日には高熱で39度ほどあり入院もしていましたが、1月15日には退院したようです。 日本国内で「新型コロナウイルス」の感染者1人目が確認されて約9日ほどたったころ、今度は2人目の感染者が発生しました。 2人目もやはり武漢市に住んでいる中国人男性で、観光で日本に来日していたときに症状が出たんですよね。 2人目も 武漢市で感染してから日本に入国してしまった形ですね。 そうして何人か日本国内で中国人感染者(旅行者など)の報告が出ていたのですが、日本人初の感染者はバスの運転手さんでした。 中国人観光客を乗せたバスを運転されていたとのことで、中国人観光客からの「ヒトヒト感染」の可能性がとても高いです。 この運転手さんは、過去14日間以内に中国への渡航歴もなかったので、日本国内で感染したことになります。 新型コロナウイルスは「飛沫感染」「接触感染」で感染します。 また「換気の悪い密閉空間で、近い距離で多くの人が会話する」などが感染リスクを高めるようです。 集団感染しやすい場所については「」にまとめています。 新型コロナウイルスの情報公開が遅れた理由は? 中国の湖北省武漢市の市長「周先旺さん」は「新型コロナウイルス」の情報公開が遅れたことを認めつつ、下記のように話していました。 yahoo. 中国国内でも2019年12月8日に「新型コロナウイルス」についての情報は公開されていませんでした。 中国人たちも「新型コロナウイルス」のことを知らないまま約3週間が過ぎたころ。 2019年12月30日に「原因不明の肺炎が広がっている?」とウワサになったことがあったようです。 ウワサの理由は ネット上に内部報告の公文書「原因不明の肺炎救援工作をよくすることに関する緊急通知」が流出したことです。 12月8日 中国・武漢市で原因不明の肺炎患者が発生。 30日 インターネット上で中国当局の公文書「原因不明の肺炎救援工作を良好に実施することに関する緊急通知」が流出。 31日 中国メディア「第一財経」が、ネットで流出した文書が本物であること、12月8日に最初の患者の報告が行われていること、感染者が市内の華南海鮮市場の出店者であることなどを報じる。 中国当局が事実を認め、WHO中国事務所に病例を報告。 html) 2019年12月30日の時点では「公文書はニセモノ」という声があったようですが、コレがじつは本物だったということです。 公文書が流出した翌日の2020年12月31日に中国メディア「第一財経」が公文書が本物であることを報道し、このときはじめて中国国内で「新型コロナウイルス」の存在が国民に知れ渡ったことになります。 また、 世界保健機関(WHO)に初めて「新型コロナウイルス」が報告されたのも2019年12月31日です。 そして 「新型コロナウイルス」の発生源といわれている「華南海鮮城(市場)」が閉鎖されたのは2020年1月1日です。 「新型コロナウイルス」の発生日は2019年12月8日、そして発生源の「華南海鮮城」閉鎖は2020年1月1日なので、約1ヶ月も無防備にウイルスが拡散されていたことになります。 閉鎖されるまで多くの中国人が「華南海鮮城」でマスクもせずに買い物を楽しんでいたので、感染拡大は避けられませんね・・・。 新型コロナの感染が心配ですが「買い物」は生活するうえで必須ですよね。 「スーパーマーケットで買い物するときの感染リスク」については「」にまとめています。 新型コロナウイルスはいつから流行し始めた? 中国政府によると 「新型コロナウイルス」の潜伏期間は最短で1日、最長で14日ほどとのことです。 「新型コロナウイルス」は症状が出ていない潜伏期間中でも人に感染するらしく、自分が感染していると知らない感染者が人混みを歩き回った結果、どんどん拡大が広まっていったようです。 中国では 2020年1月末~2月ごろにかけて流行し始めていたのではないでしょうか。 2020年1月末あたりから、1日の感染者数が数百人単位で増えていました。 2月に入ってからは、1日で多いときは数千人単位で感染者が増えていましたが、3月8日には100人を下回ったと報道されていました。 いろいろな国で感染者が増えており、 世界各国で10万人を超える感染者が発生しています(2020年3月11日時点)。 感染者は発生源である「湖北省武漢市」周辺に多いようですが、最近ではイタリア・韓国なども感染者が増えているようです。 新型コロナウイルスは日本でも流行するのか? 心配なのは「新型コロナウイルスは日本でも流行するのか?」ということですよね。 日本国内でも、油断すると「新型コロナウイルス」が流行する可能性はあり得ると思います。 春節(長期休み)を利用して、多くの中国人観光客が日本に来ていたからです。 中には 武漢市からの観光客もいたとのことですから・・・。 最初は観光で日本に来日した中国人観光客などの感染が多かったのですが、いまは日本人にも感染が広がり、感染経路が不明な方も増えています。 ライブハウスや屋形船などで集団感染も確認され、このまま感染拡大してしまうのか?という不安もありました。 しかし、いま日本は一致団結して感染リスクの高いイベントなどを自粛しています。 しばらくは感染者数が増えるかもしれませんが、みんなで手洗いやマスク装着や人の多い密閉空間を避けたりしてがんばっているので、 日本国内での 大流行は避けられるかもしれませんよね。 ワクチン(特効薬)が完成すればちょっと安心なのですが、まだ時間がかかりそうですね・・・。 ワクチン開発状況については「」にまとめています。 どこに感染者がいるか分からないので「」に記載したように、国内旅行にかんして「キャンセルしようかなあ・・・」と悩んでいる方がいらっしゃるのも分かります。 お店やホテル、テーマパークなど色々な場所が困ってしまうので、早く収束してくれるのを願うばかりです。 いったい「新型コロナウイルス」はいつまで続くのか?収束はいつになるのか?の予想については「」にまとめています。 まとめ 今回は「新型コロナウイルスはいつから流行し始めた?いつ発生・発見したのか」と題しまして、新型コロナウイルスがいつ発生したのか?いつ発見されたのか?日本での流行は?などについてまとめてみました。 新型コロナウイルスの感染を予防するには「手洗い」「換気」などが有効的だと言われています。 手洗いは毎日、自宅でも職場でもできますよね。 手は公共の場所をたくさん触るので、ウイルスが付着しやすいです。 しっかりと自分にできる予防方法を実践して「新型コロナウイルス」から身を守りましょう。 「温泉」や「映画館」については、感染リスクが少ないという専門家の方々の見解もあります。 予防対策をしっかり行いつつ、感染リスクの少ない場所でリフレッシュするというのも、精神的に良いかもしれませんね。 映画館の感染リスクについては「」にまとめています。 温泉の感染リスクについては「」にまとめています。

次の