葉加瀬太郎嫁。 葉加瀬太郎が愛人と不倫で嫁さんの高田万由子と離婚?嫁がこわい顔になった?

葉加瀬太郎の嫁と娘?息子の名前と障害と子供の小学校?本名と身長とコンサートとひまわりのCD?

葉加瀬太郎嫁

葉加瀬太郎の浮気が発覚! 私事ですが個人的にも葉加瀬太郎さんの一ファンとして 昨年17年にこの 浮気報道が発表されて、ちょっとお嫁様 一筋だとばかり思っていたのでドキドキしながらこの浮気騒動 をネットで読みふけった記憶が残っています。 去る17年5月に今となっては世界的ヴァイオリニストと なってテレビでも大活躍の葉加瀬さんですが2017年 5月17日についに女性セブンに浮気をフライデーされて しまったのです。 結構衝撃的なニュースとして報道されましたが 何と言っても色気のある葉加瀬太郎さん。 こんなことがいつかはあり得るだろうな~と引く手 数多のモテ男なのは見え見えなので軽いショックを 覚えつつ素敵な奥様 (高田万由子)がいながら浮気した 女性相手が超興味深々だった管理人です。 そして発覚した浮気相手が女性シンガーとして活躍する 大滝裕子さんの画像を見て二度納得。 当時54歳の 大谷裕子さんでしたが54歳とは 思えない魅了的な美人でみるからに素敵。 浮気報道当時の葉加瀬さんが49歳で5歳年上だった 事を考えても凄い雰囲気の合う大人のカップルって 感じそのものでした。 Sponsored Link 葉加瀬太郎の路チュー会話がいかにもモテ男過ぎ? 何でも当時の二人は3時間程バーで飲んだ後 路上での キスも目撃者がいたことからかなり 二人はお酒の勢いとは言えイイ感じだったようです。 そしてその時の葉加瀬太郎さんと浮気相手の 大滝裕子さんとの会話がなんとも色っぽい会話 でかなり話題になりました。 葉加瀬 「愛人になればいいんだよ。 おれ、絶対、100% 愛人に精力を注ぐ。 孫より愛人。 娘と同じ年でもいいから 愛人に全精力を、金も時間も全部使いたい」 大滝 「そのためにはやっぱり一度ギリシャに行って」 葉加瀬 「で、エーゲ海に行って1か月クルーズして」 大滝 「私も行っていい?」 うわぁ~もうこれ完全にいい感じになってる 二人だけの会話ですよね・・・ てか愛妻家のはずの葉加瀬太郎さんがこんなに なって 『愛人に全勢力を注ぐ』だなんて言われたら 絶対否定できそうにないですよね・・・ 完全にモテ男の口説き口調でこの後二人に 何があったのか勝手に妄想が広がってしまいます。 葉加瀬太郎と浮気相手のその後 一応この女性セブンに現場をガッチリ抑えられた 日の二人は その後ホテルに消えた~の続編があった 訳ではないそうです。 そしてその後も変わらず葉加瀬さんもバラエティ番組 に出演されていたので、あの相当盛り上がった会話は 大人の夜の処世術って事なのかな? 何とも今となっては海外生活の長い葉加瀬さんは周囲の 人いわく お洒落でトークも饒舌。 周囲にいる人たちを とにかく楽しませてあげよう~って スタンスの色男らしいのでやっぱり想定内ですがかなり モテるらしいです。 隣にいる女性をとにかく楽しませてあげよう~ってノリで そしてとってもジェントルマンで優しいんだそうです。 そしてあのなんとも言えない生命力と独特の色気を たたえた魅力を振りまく葉加瀬さんがモテないわけが無い。 見た目も中身も才能も彼の女性を楽しませるってラテンの ノリとの総合作用でモテる威力が倍増なんだろうな~と 勝手に思うわけです。 要するに女性にも当然引く手数多なんだろうな~って事 そしてそんな状況を彼自身も楽しんでいる。 そんな楽しそうな人の周りには当然人が集まる。 結果モテの魅力がフルスロットル! って感じなのでしょう。 仕方ない。 これはもう色気や魅力のある異性は避けられない 宿命というもの。 浮気相手となった女性側の 大滝裕子さんだってなかなか の経歴を持つ女性。 1978年「ミス・セブンティーンコンテスト」で優勝。 岩崎宏美さんの曲を歌われたそうです。 この時のメンバーには松田聖子さんも見えたと言うから その歌の実力と美形さも保障付きです。 その後は女性3人のコーラス「AMAZONS」を 結成するなどグループでも活動。 その後はユーミンやASKAさんに矢沢永吉さんや 郷ひろみさんなど数々の有名人のバックコーラス なども勤めこの近年では 「情熱大陸」の バックコーラスとして葉加瀬 さんと活動を共にされていたそうです。 実力派のシンガーでもあり女性としても 2010年に4年の交際を経たアーティスト マネージャーをする男性と結婚されています。 結婚当時が47歳でしたので子供さんは現在の 所見えないようですが、結局二人ともが同じ 立場の ダブル不倫?って事になりますね。 Sponsored Link 葉加瀬太郎の嫁の反応は? この浮気報道後葉加瀬太郎さんは当然嫁の 高田万由子さんにすぐに謝ったそうです。 当然ですが・・・ 路中チュー現場をしっかり抑えられてしまった 状態だったので言い訳のしようもありませんよね。 奥様の高田万由子さんの葉加瀬さんに対する反応は 分りませんが世界を股にかけるモテる旦那にいちいち 目くじら立てていたら家庭も上手くいかないのかも~って 勝手に推測しています。 高田さん位の女性なあ余裕で 『ふぅ~ん』 仕方ないわね~くらいの大らかな対応が 葉加瀬さんにとってもちょうど良いのでは ないでしょうか。 おわりに それにしてもいかにもモテそうな葉加瀬太郎さんの浮気路チュー報道とその会話色ぽかったですね~音楽の才能も男性としても人としてみ魅力のある葉加瀬太郎さんの今後のますますの活躍とテレビ出演にも注目したいと思います。

次の

葉加瀬太郎は嫁と離婚した?浮気した相手が誰なのかも気になる!画像あり

葉加瀬太郎嫁

出展:matome. naver. jp こんにちは! 星読みタロットチャネラーのMagicalです! 愛称は「 マッジ」ですよろしくお願いします! 話題のニュースや 人の 本質に 星座占いと タロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです! 本日のチャネ人はヴァイオリニスト・ミュージシャンの葉加瀬太郎さん! 2016年9月16日の金曜日のスマイルたちへに出演されます。 葉加瀬太郎さんのプロフをチャネる!Wiki チャネプロファイリング! 【名前】葉加瀬太郎(はかせ・たろう) 【本名】髙田太郎(たかだ・たろう)(婿養子に入った、旧姓は葉加瀬) 【生年月日】1968年1月23日(48歳 2016年執筆時) 【星座】みずがめ座 【タロットカード】カップのキング 【出身地】大阪府吹田市 【高校】京都市立堀川高等学校音楽科 【大学】東京芸術大学音楽学部器楽科中退(バイオリン専攻) 【趣味】料理 家庭菜園 革靴収集 【特技】絵画 【葉加瀬家族】 父・飲食関係のサラリーマン 母・元美容師 妹2人(1人は1歳歳下) 【家族】 妻・髙田万由子(1999年の結婚) 高田万由子さんの詳細プロフはコチラです! 娘・髙田向日葵(ひまり)1999年生まれ(17歳? 2016年執筆時) 息子・髙田万太郎(まんたろう)2006年(10歳 2016年執筆時) 【所属】ハッツマネージメント 葉加瀬太郎が普通の家庭から、世界的なヴァイオリニストになれた秘密! 大阪の団地住まい(南千里ニュータウンの団地(2DK))住んでいた葉加瀬太郎さん! 小4の時、北千里ニュータウンの団地(3DK)に引っ越しをして、自分の部屋は押入れだったというエピソードもあります。 長屋のように開放的で近所つきあいが濃厚だった。 鍵をかけずに生活していたので・・大金持ちの高田万由子さんとは全く違う環境だとチャネる! はさんの父親は飲食関係のサラリーマン(ステーキハウスの支配人)で副業としてワインスクールの講師をしていたようです。 ですから、ごくごく普通の一般家庭でお育ちなんですね! ヴァイオリンを習った意外なキッカケとは?チャネる! 4歳の時に親の勧めで近所の音楽教室でバイオリンを始めたのが運命だったようですよ! 音楽をやらせたいと思った彼の父親が、知り合いの楽器店主に何がいいかたずねたところ ヴァイオリンをすすめらたようです。 ピアノを買ったとしても、家が狭くて置く場所がなかったので、ヴァイオリンならばOKだったからと葉加瀬は語っています! 当時は「習い事ブーム」だったようで、 バイオリン以外に、ペン習字、書道、そろばん、お絵描き、学習塾、 サッカー、剣道、アイススケートなどに通っていたというのだから・・・教育熱心な両親だったとチャネる! しかもヴァイオリンを学んだところが・・・世界的に有名な『スズキ・メソード』だったようです! 厳しいレッスンも耐えられたのは?両親の愛!チャネる! 東京藝術大学で指導していた浦川宜也氏の公開レッスンを、10歳のとき、大阪で受けることになりました。 もしプロのヴァイオリニストになりたいのであれば、専門の教育を受けるべきだと浦川氏にアドバイスされたようです。 父の意思で始めたヴァイオリンだったが、ヴァイオリニストになりたいと思ったのは、ほかならぬ葉加瀬さん自身だったとチャネる! 近所迷惑にならないように21時までしか練習できなかったので、学校から帰ってくると先にバイオリンを練習して終わってから夕食を食べたくらいに熱心だったようです。 「毎日、母が家でのレッスンを見てくれたんです。 『 3度ごはん食べるなら、3回ヴァイオリンを持ちなさい!』と僕のお尻をたたきながらね。 ちゃんと弾けないと、30センチくらいの竹の棒で、僕をピシピシたたく。 そのときは『こんちくしょう!』と思いましたが、母が一緒にいてくれたおかげで、辛い練習に耐えられたのでしょう。 それに、コンクールで賞をとれば、母が喜んでくれる。 満足そうな顔も見たかったんです。 子供の音楽のレッスンは、親子二人三脚でやったほうが絶対にいい。 努力が実って、葉加瀬太郎さんは小6の時、バイオリンのコンクールに初入賞されています。 中学時代、コンクールと発表会で頻繁にバイオリンを演奏して、毎日10時間バイオリンを練習して腱鞘炎になってしまったくらいですからね・・・相当練習されたとチャネる! 高3の時、ユーゴスラビアの国際音楽祭で最優秀賞を受賞され才能を開花されています! その後公立の音楽高校を経て、東京藝術大学に入学されます。 大学生になってからはバンドを組み、音楽のイベントを企画し、メンバーを集め、お金を集め、コンサートを進行させ、といったオーガナイザー兼プロデューサー的な役割にのめりこんでいきました! スポンサーリンク 妻の高田万由子さんとの馴れ初め話がビックリ! 高田万由子さんとは知人の紹介で知り合い交際に発展したようです もともと積極的に動くタイプの葉加瀬太郎さんですので グイグイと自分から交際を申し込んだと思っていましたが 高田万由子から葉加瀬太郎さんを紹介してと頼んだようです! 葉加瀬太郎さんは、学生時代に、竹下欣伸と斉藤恒芳の3人で「クライズラー&カンパニー」を結成しています。 クライズラー&カンパニーの演奏を聴きに行った髙田万由子さんは、演奏に感動し、クライズラー&カンパニーのメンバー3人が、東京藝術大学の学生であることを突き止めたようです。 高田万由子さんはなんと、東京藝術大学に通っている知人に、 「葉加瀬太郎を紹介して」とお願いしたのだとか!! 葉加瀬太郎の音楽性と演奏に惚れ込んだのでしょうか?? 葉加瀬太郎が 妻がね、『 ヴァイオリンが一番なんでしょ? 私は二番でいいわ』ってしみじみ言うんです。 とアツアツぶりを語っています! スポンサーリンク 高田万由子の実家とロンドンセレブ生活が凄い! 資産家の血筋だとされている高田万由子さん! もともと明治時代に武器・機械商として財をなした三大貿易商の髙田財閥の 資産家の家系で、大正時代にホテルオークラの隣に 時価200億円の豪邸を所有していたそうです。 高田万由子さんの実家は都内の一等地に500坪! 部屋が幾つあったかわからない・・行ったことがない部屋があるという発言が・・汗 東大卒の生粋のお嬢様は 高田万由子さんは大学時代はスイスにも留学されていたようです! 世界を拠点に活躍するバイオリニストの葉加瀬太郎さん そのため、現在、高田万由子は、イギリスのロンドンで生活しています。 そんな高田万由子のロンドンセレブ生活が凄いと話題になっています。 最初に話題にあがったのは、テレビで紹介され、豪邸ぶりが話題になった自宅。 外観からすでに白く綺麗な豪邸です! 勿論家のなかも凄かったですね! リビングは20帖の広さで、ピアノも置いてあり、ミュージシャンが来て、リハーサルすることもあるそうです。 キッチンも、なんと10帖もの広さを誇り、料理好きな高田万由子こだわりのキッチン仕様だとか。 葉加瀬太郎さんが、仕事のためほとんどがロンドンの自宅にいないため、長男・万太郎君の運動会などの学校行事を見に来れない事に対して、妻の高田万由子さんは 「ステージにいる時は主人は生き生きとしているなと思うし」「仕事をさせてあげなきゃいけない人」と世界的に有名なバイオリニストの妻として、夫の葉加瀬太郎さんを支えています。 2人の子供たちも紹介されていました!かなり教育熱心だとチャネります!! 夫が不在でも、出来るだけたくさんの思い出を1つずつイベントにして 彼らの記憶に残してあげたいと母として日々奮闘されているのが伝わってきました。 高田万由子さんが母親業を完ぺきにこなして、しっかりしているからこそ・・・ 葉加瀬太郎さんも音楽活動が出来るのです! 子供たちの教育方法についてチャネる! 高田万由子の父親に結婚を反対されたけど、娘の高田万由子が奮闘した! 高田万由子さんの先祖は明治3大貿易商の1人である、高田慎蔵氏です。 高田万由子さんの父親も自動車輸入会社を経営して成功した実業家です。 そんな高田万由子さんの父親は非常に厳格な性格の方だったそう。 その厳格さは「昭和生まれの明治育ち」と自分でも言うほどのものだったとか・・・汗 そんな高田万由子さんの父親は・・・まだまだ駆け出しで、収入の安定しない葉加瀬太郎さんとの結婚を認めるどころか話すら聞いてくれない状況だったそうです。 当時の 葉加瀬太郎さんのミュージシャンとしての月収は 7万円ほどだったようです。 しかし後輩にすぐおごってしまったり、 高田万由子さんとのデートでは 借金して自分が払うという金銭感覚のなさだったそう。 当時は家賃16万円のマンションに住んでいたそうですが、 家賃10万円のマンションへ引っ越し。 差額の6万円を毎月貯金するよう 高田万由子さんが金銭管理を していたそうです。 さらに 高田万由子さんは 葉加瀬太郎さんの事務所に 乗り込んでギャラ交渉!! 『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングで 本当は彼氏である 葉加瀬太郎さんを友達として紹介したり・・ ドラマの発表の時に 葉加瀬太郎さんとの交際を事務所の許可なくカミングアウトしたり。 父親に結婚を認めてもらうため、葉加瀬太郎さんの収入と 知名度を上げるよう奮闘されたのです。 今日の葉加瀬太郎の成功は妻・高田万由子さんのプロモートのおかげ?格差婚を打開した! 高田万由子さんが 葉加瀬太郎さんとの結婚に本気で臨んでいたことがわかります・・・・凄いですね! そして高田万由子さんが葉加瀬太郎さんのアゲマンだと言うことが分かります。 高田万由子さんはマネージメント力があるので、葉加瀬太郎さんを影で引っ張っていく存在でもあるのです。 現在、夫のプロモーターとしての活動しています。 livenan. 葉加瀬太郎さんと高田万由子さんの星座占いで性格相性チャネリング! 葉加瀬太郎さんは みずがめ座です! ふつうじゃないことにポリシーがあります!マイノリティーな部分やオリジナリティをとても大切にするとチャネる! 斬新でユニークな発想をするとチャネる! 人と人をつなぐ場を作れる、人に分け隔てなく接することが出来る人です! 高田万由子さんは やぎ座です! 目標を掲げて、その目標に向かって邁進していきます。 腕の良い職人を束ねてコツコツと信頼を得ていく頭領タイプです! 満足後は高く安定感があります。 具体的な見返りが大切です。 お互いに無いものを補い合えるカップルです! タロットチャネリングで葉加瀬太郎さんの人物像と今後をチャネる! 葉加瀬太郎さんは 「 カップのキング 」正位置です! 葉加瀬太郎さんへのタロットチャネリングメッセージ 葉加瀬太郎さんがここまで世界的なアーティストになれたのは、アゲマンだった高田万由子さんの力が強く動いたことが分かります。 もちろん、とても純粋に音楽が大好きな葉加瀬太郎さんからこそ、すてきなご縁がきたのだとチャネります。 と ある意味、平成のシンデレラのような男性だとチャネる! 葉加瀬太郎さんは現実的な数字には魅力を感じません。 音楽に恍惚を覚えてそれだけで幸せなんです! ですから葉加瀬太郎さんのことを理解したプロモーターが嫁の高田万由子さんだったのです 仕事として抜群の相性ですね! 普通の結婚ですと、それほど相性は良くないのですが、夫婦仲は面白いとチャネる! タロットチャネラーMagicalの勝手にチャネリングニュースラボでした! ここまでお読み頂きありがとうございます! 人気の音楽家の記事です!.

次の

葉加瀬太郎のキャラクター靴下の名前が笑える!嫁さんと愛娘も履いてる?

葉加瀬太郎嫁

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年12月) 葉加瀬 太郎 出生名 葉加瀬 太郎 生誕 1968-01-23 (52歳) 出身地 ・ 学歴 器楽学科専攻中途退学 ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 - レーベル SO What? RECORDS (1997年 - 1999年) (2000年 - ) 事務所 ハッツマネージメント 共同作業者 参照 公式サイト 葉加瀬 太郎(はかせ たろう、 - )は、の、である。 本名は 髙田 太郎(たかた たろう)、旧姓・ 葉加瀬。 ハッツマネージメント所属。 レーベルは自身が音楽監督を務める。 妻はの。 作曲家のとは遠い親戚に当たる(血はつながっていない)。 178cm。 代表作は「」。 生まれ。 2017年現在は在住。 略歴 [ ] 音楽科(現在の)卒業、器楽学科専攻中途退学。 ヴァイオリンは、4歳で習い始める。 本人曰く「1学年10クラスもあったの団地っ子」だったことや、当時その団地の同級生の多くが習い事を始めており、「習い事ブーム」だったこともあって、自身も毎週金曜日に近所の公民館で練習していた。 10歳で本格的にヴァイオリン教室に通い始め技術を磨き、中学2年で西日本コンクールで2位となった。 その後、に入学した後、学生で結成された『』の中心人物として音楽界に登場。 やといったジャンルの垣根を越えて人気を博すが、1996年に解散。 アート・リンゼイ・プロデュースによる『watashi』(1997年)でソロデビューを果たす。 1996年にはのワールドツアーに参加。 1999年、タレントのと結婚()。 現在二児の父。 2004年、の楽曲「」(および同名のミニアルバム)をプロデュースし、『』に中島の伴奏で出演した。 2006年4月には、の『』のテーマ曲「Beyond the Sunset」を石坂慶彦と共に手がける。 2006年、の2ndアルバム「」に1曲参加。 2007年3月、とコラボで「春風 meets 葉加瀬太郎」発売。 2010年9月から放送のの『』のテーマ曲と劇中音楽を手がけた。 テーマ曲「」は、子供の頃、父親が出身のため何度も訪れて遊んだをイメージして制作したものだという。 はか扇子という名前をもじった扇子があり、はか扇子を使ったダンスをコンサートに取り入れている。 はか煎餅、靴下履かせたろうなどのアイテムもある。 好きでの中ではのファンである。 芸術顧問。 大の釣り好きでも知られており、最近では九州地方を拠点としているユーチューバーのグループで一般人の『』のフォロワーで、自らオファーを出したのちに『釣りよか』に出演した。 沖縄を拠点として活動しているユーチューバー『』の動画にも出演している。 2014年より京都府によって行われている観光キャンペーン「もうひとつの京都、行こう」のため、組曲『もうひとつの京都』を作曲した。 ディスコグラフィー [ ] シングル [ ] 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考 1st 1997年05月21日 BEN ESDB-3764• BEN(TV バージョン)• BEN オリコン圏外 2nd 1997年11月21日 Brazil ESCB-1812• Brazil〜Aquarela Do Brasil• Brazil〜Aquarela Do Brasil• Brazil〜Aquarela Do Brasil super ai-ai mix オリコン圏外 3rd 1999年08月21日 So Nice SUMMER SAMBA ESCB-2021• So Nice SUMMER SAMBA• So Nice SUMMER SAMBA Instrumental オリコン圏外 4th 2003年11月27日 Migration AVCD-30549• Migration• ETERNAL• Migration KARAOKE• ETERNAL KARAOKE• Migration KARAOKE LANA PART VERSION• Overture• March of a Wise man• Road of Hope• Romance• Road of Hope〜Refrain オリコン最高15位、登場回数16回 アルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考 1st 1997年05月21日 watashi ESCB-1809• Breeze of Glory 〜栄光の風〜• Afro Blue 〜アフロ・ブルー〜• Angel In The House 〜エンジェル・イン・ザ・ハウス〜• Roumanian Folk Dances 〜集〜• Calmi Cuori Appassionati 〜〜• Ciaccona 〜〜• Utattane 〜うたたね〜• Travel Talk 〜トラヴェル・トーク〜• Spanish Dance 〜スパニッシュ・ダンス〜• To Love You More 〜トゥー・ラヴ・ユー・モア〜• Twice upon a time 〜トゥワイス・アポン・ア・タイム〜• Angel In The Sky 〜エンジェル・イン・ザ・スカイ〜 オリコン最高40位、登場回数5回 BEST 2002年08月21日 2009年09月02日 The Best Track ESCL-2331 ESCL-20016• Everlasting Dream(オリジナルバージョン)(オープニングテーマ full size)• Galaxy Legend(エンディングテーマ TV size) ディスク:2• Everlasting Dream(オリジナルバージョン)(オープニングテーマ TV size)• 戯(緩)• 戯(急)• Everlasting Dream(日本収録バージョン)(オープニングテーマ TV size) オリコン圏外 9th 2005年10月05日 VIOLINISM with Love HUCD-10012• ピアノ三重奏曲イ短調 第一楽章 深き愛• ピアノ三重奏曲イ短調 第二楽章 青の洞窟• ピアノ三重奏曲イ短調 第三楽章 古典的な主題による楽しい変奏曲• ピアノ三重奏曲イ短調 第四楽章 見果てぬ夢• ハウ・インセンシティヴ• 太陽の子供たち• 新世界のフィエスタ• メドレー・オブ・モリコーネ• トゥッツィー・ウィッツィー• 火遊び• カラー・ユア・ライフ• ジプシー風のロンド• 愛のテーマ• ララバイ・フォー・ユー オリコン最高42位、登場回数9回 10th 2006年05月03日 THE BEST OF MOZART SELECTED BY TARO HAKASE HUCD-10017B• 交響曲第35番ニ長調 K. 385「ハフナー」より 第1楽章• ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K. 219「トルコ風」より 第3楽章• クラリネット五重奏曲イ長調 K. 581より 第2楽章• ピアノと管弦楽のためのロンド ニ長調 K. 382• セレナード第13番ト長調 K. 525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」より 第1楽章• 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K. 527より 第2幕ドンナ・アンナのアリア「おっしゃらないで、愛しい人よ」• 交響曲第40番ト短調 K. 550より 第1楽章• ピアノ協奏曲第23番イ長調 K. 488より 第2楽章• 交響曲第41番ハ長調 K. 551「ジュピター」より 第4楽章• アンダンテ・カンタービレ〜ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K. 467より 第2楽章 オリコン最高97位、登場回数5回 11th 2006年09月06日 Sweet Melodies〜TARO plays HAKASE HUCD-10022 ディスク:1• 1〜15 Piano only version for practice the violin オリコン最高81位、登場回数12回 12th 2007年07月04日 SONGS HUCD-10030• 情熱大陸 2007 Jounetsu Tairiku 2007• タイムメッセンジャー Time Messenger• 万讃歌 ばんさんか The Hymn of All Creations• 約束の街 El Pueblo de la Promesa• 船上にて La Nave dei Pensieri• エターナル Eternal• ロンディーノ Rondino• ボーン・トゥ・スマイル Born to Smile• 雨の黒猫 Chat noir sous la pluie• カラー・ユア・ライフ Color Your Life 〜Original Version〜• サンクチュアリー Sanctuary オリコン最高45位、登場回数11回 13th 2008年09月10日 Classical Tuning HUCD-10046• Bon Voyage• The Mission to Complete• ひまわり• Come fly with me• A Letter From The Island• Habanera• 見知らぬ国と人々について〜子供の情景より〜• One pint of Love• Sailing• Girls Talk• The Cozy Bench• Caravanserai• Traumerei〜子供の情景より〜 オリコン最高25位、登場回数22回 BEST 2011年08月10日 THE BEST OF TARO HAKASE HUCD-10097:初回生産限定盤 HUCD-10099:通常盤 HUCD-10111B:期間限定スペシャルパッケージ盤 HUCD-10109B:期間限定スペシャルパッケージ盤 ディスク:1• 情熱大陸2007• ひまわり• The Mission to Complete• Something In The Wind• Everlasting Dream• Wild Stallions• 冷静と情熱のあいだ• タイムメッセンジャー• Loving Life• Boys Be Ambitious• Sunshine Shower• 栄光の風• Color Your Life〜Original Version〜• Born to Smile ディスク:2• Etupirka with Friends• Habanera• Airborn• 万讃歌• Dolce Vita• Another Sky• 青の洞窟• 流転の王妃・最後の皇弟メインテーマ(チェンバー・オーケストラ・ヴァージョン)• Bosporus• A Different Day• Angel In The Sky• with English Chamber Orchestra• 春をどうぞ• The Cozy Bench オリコン最高13位、登場回数38回 15th 2012年11月07日 WITH ONE WISH HUCD-10122B:初回生産限定盤 HUCD-10123:通常盤• エトピリカ• シシリアンセレナーデ• 情熱大陸• ハンガリー舞曲 第5番• 長崎夜曲• Asian Roses• ツィゴイネルワイゼン Op20• HANA 組曲「NIPPON」より• History of the future• ZERO HOUR• 冷静と情熱のあいだ• WITH ONE WISH• ひまわり 初回生産限定盤DVD• エトピリカ PV オリコン最高24位、登場回数25回 BEST 2015年08月05日 葉加瀬太郎 25th Anniversary アルバム 「DELUXE」〜Best Duets〜 HUCD-10192:初回生産限定盤 HUCD-10194:通常盤 ディスク:1• Once Upon A Time In America• エトピリカ• 組曲「もう一つの京都」• 情熱大陸2007• 黄昏のワルツ• 放課後の音楽室• As Time Goes By• 雪の華 silent version (曲順未定、全13曲収録) ディスク:2• エトピリカ(アコースティックver. ひまわり• Someting in the wind• Come fly with me• 趣味どきっ! (ボサノバver. ) オリコン最高23位、登場回数25回 17th 2016年08月03日 JOY OF LIFE HUCD-10222:初回生産限定盤 HUCD-10224:通常盤• JOY OF LIFE• MORNING SHOW• 風の向こうに• Someday Somehow feat. 高嶋ちさ子• 悠久の一乗谷• Sun For You• あの日の約束 feat. 西村由紀江• 銀河のものがたり• 組曲「もうひとつの京都」 OriginalVer. A Memory 〜舞踏組曲「JAKMAK」より• Roots 〜舞踏組曲「JAKMAK」より• 長崎夜曲 Original Ver. JOURNEY FOR INFINITY Album Ver. DISC2• Ciacona〜シャコンヌ〜• Hungarian Dance No. 1〜ハンガリー舞曲第1番〜• Zigeunerweisen〜ツィゴイネルワイゼン〜• Spanish Dance〜スパニッシュ・ダンス〜• Roumanian Folk Dances〜ルーマニア民俗舞曲集〜 オリコン最高9位、登場回数24回 DVD [ ] 発売日 タイトル 規格品番 備考 1st 2004年04月07日 Traveling Notes CONCERT TOUR HUBD-10901 オリコン最高121位 2nd 2005年03月24日 What a Day... (国内盤ボーナス・トラック) 2004年09月01日 emu ESCL-2575 6. エトピリカ 2005年12月07日 『en:Code』 TKCA-72975 11. LITTLE TREE- feat. 葉加瀬太郎 - 2006年04月26日 10人のヴァイオリニスト OWCP-2007 2. Bosporus 1. Wild Stallions 2006年12月06日 『』 TOCT-26167 10. ボルサリーノ vs 葉加瀬太郎 2007年03月07日 『』 SNCC-89902 1. 春風 meets 葉加瀬太郎 2008年05月07日 Invitation to fantasy world HUCD-10037 1. WHEN YOU WISH UPON A STAR(星に願いを) 2008年10月01日 『』 SECL-692 SECL-694 4. Big Blue Ocean feat. 葉加瀬太郎 2008年10月08日 トツキトウカ〜ママ贈る子守唄〜 HUCD-10047 1. Lullaby for you 〜イノチノイト〜 / 乙葉&葉加瀬太郎 5. Angel In The House / 葉加瀬太郎 12. WHEN YOU WISH UPON A STAR /葉加瀬太郎 2008年11月19日 『風のワルツ』 SICC-1039 2. Csardas• 組曲『 』 with Taro Hakase• アルルの女• HHH Rag• リベルタンゴ• Behind the day 2012年09月26日 『ムジカーザ』 HUCD-10119 5. CACADOR feat. 葉加瀬太郎 2013年05月15日 『カンテロ ジャパン エディション』 HUCD-10137 17. ウィズ・ワン・ウィッシュ・ミーツ・葉加瀬太郎(日本盤ボーナストラック) 2014年06月04日 『』 AVCN-99010B AVCN-99011B AVCN-99012 2. feat. 葉加瀬太郎 New Vocal 2013年07月31日 D-LITE from feat. 葉加瀬太郎『I LOVE YOU』 AVCY-58128B AVCY-58129 1. 2014年08月27日 『』 UICU-1254 UICU-1255 18. feat. タイアップ・テーマソング [ ]• () 「Time Messenger」• ( 月〜金曜 16:53-19:00) 「Beyond the Sunset」(演奏は)• () OP:「情熱大陸」(との共演)、ED:「Etupirka」• 中継「Walking with You」• ()ED:交響詩 「希望」• イメージソング「Another Sky」• イメージソング「COLOR YOUR LIFE」• 「WITH ONE WISH」• ()「陽の当たる家」• ()「アフタヌーン・ブリース」• イメージソング 「Loving Life」(イメージング・プロデューサーとして、一部のロゴデザインなども手がけている)• 「木下の森」CFソング「Born to Smile」• (テレビ朝日)「春をどうぞ」• /(TBSテレビ)「Something In The Wind」• 授業開始前予鈴音楽「Etupirka」• (テレビアニメ) 音楽・メインテーマ 「The Mission to Complete」• ()テーマ「Come fly with me」• ()テーマ「ひまわり」および劇中音楽• オープニングテーマ「宇宙戦艦ヤマト2199」- ボーカルの代わりに使われているソロヴァイオリンを葉加瀬太郎が演奏(HATS ALLSTARS『宇宙戦艦ヤマト2199 40th Anniversary ベストトラックイメージアルバム』 HUCD-10172に収録)• (テレビアニメ) エンディングテーマ「」(の曲) - 葉加瀬がヴァイオリン演奏に参加している。 アルバム『』のボーナストラック。 PR曲・発車メロディ「悠久の一乗谷」• ()テーマ 「Morning Show」• (TBS、2016年3月28日 - 2018年3月30日)エンディングテーマ「Someday Somehow」• 「Feel the Earth ~Music by 葉加瀬太郎~」 挿入BGM「銀河のものがたり」• (JR西日本)「瑞風 ~MIZUKAZE~] トワイライトエクスプレス瑞風イメージ曲 主な出演番組 [ ]• (、土曜 19:00-19:54)• (、金曜 23:17-24:12 「顧問」として不定期で出演)• (、1998年・に、2004年・にの伴奏で出演)• (、2010年12月12日)• (テレビ朝日)出題者として出演• (、2016年9月16日) CM出演 [ ]• 現 「プッシュホーン」のBGM Etupika を担当。 この曲はのちにのエンディングに使われる。 (1998年)• 「アサヒ ザ・マスター」(2009年)• 「」 「ハカセ」篇のみ出演。 、()、(森三中)と共演。 (2014年) 受賞歴 [ ]• (2015年) プロデュースイベント [ ]• (、2016年〜) 出典 [ ] [].

次の