テニスフットワーク。 【テニスの基本】フットワークの仕方と動き出しのコツ

テニス ストロークのフットワークはリズムで打つ

テニスフットワーク

ストロークでもボレーでも、頭から突っ込んだような姿勢になっているはずです。 力が入った感じで走っていると、 ちょっとその場で、走る素振りをしてみて下さい。 目線がぶれると、テニスはショットが安定しません。 人間は「頭」が一番上にある、しかも重量はすごく重たいものが乗っている、非常にバランスが悪い状態と思った方が良いのです。 だからこそ、かかとから着地して、その後につま先が地面に着く流れを意識したい。 ゆっくりその場でやってみて下さい。 頭がしっかり残る、バランスの良い「急停止」が出来るようになるはずです。 かかとで少し滑る、くらいの意識で良いので絶対に「速く」走ろうとしない。 速く走るのは、しっかりかかとからの着地に慣れてから。 まずはしっかり止まった時に、頭の位置がしっかりお尻の上、骨盤の上に乗って目線がぶれない。 低い態勢との相性もバッチリ、な状態になってから、徐々にスピードアップしていきましょう。 フットワークは「速ければ良い」の考えだと危険。 コートを速く走れても、しっかり良い態勢で止まって打てないと、テニスの試合では使えない。 ストローク、ボレーしかり、まずは練習から意識してみましょう。 きっと小さなミス、減って安定感がアップするはずです!.

次の

テニス フットワーク 鍛え方

テニスフットワーク

コーチから見たフットワークの軽い人と遅い人の違い 現役のコーチをしてる僕が結論からズバリいってしまうと、 フットワークの軽い人と遅い人の違いは 自身がボールを打った後の動きの良し悪しに関わってます。 以下で詳しく解説していきます。 フットワークは動いてればいいというわけではない 「足がとまってますよ!」って言われたとして、 じゃあずっと動いてればいいんだって思うのは短絡的です。 これに関しては言う側に問題がありますが・・・ ずっと動いていると ・なにより無駄に疲れる ・余計に動いてしまっているのでその分、動作が遅れる って弊害もあります。 テニスのフットワークというのは 打点までの足運びをスムーズに行う為のものだと思ってます。 フットワークが悪い人とは? では先に、 フットワークが悪い人とはどんなことを言うのか解説したいと思います。 僕はフットワークの良し悪しは、打ち終わった後の動作だと先述していましたね。 フットワークの悪い人は打ち終わった後の動作が遅い人です。 具体的に言うと ・スイング後のレディーポジションが遅い ・打った後のポジショニングの修正がない ・自身のショットによって相手がどうなるかの予測 ことです。 この3点がフットワークに重大な影響を与えてきます。 フットワークがいい人とは? 先に挙げた、 悪い人の特徴3点をすべて出来るようになると自然とフットワークの評価は変わってくるかと思います。 順番に見ていきましょう。 スイング後の構えが早い 基本的にはスイング後(フォロースルー)は余韻に浸ってる場合じゃないです笑 相手がベースラインに立っているならば、時間はややありますが ネット際にいるならば返球はすぐです。 すぐ次のボールが飛んでくるので、テイクバックが出来る構えをとっているのが大事になりますね。 打ち終わって正しいポジションに位置取りできている 相手のボールは常にランダムであり、どこに来るかわかりません。 それが例え、相手がコーチであってもです。 一球一球、完璧に同じ球にはならない以上 少し動いてから打つことになるはずです。 その少し動いたところから元に戻る動きをすばやくしているかどうかが大事です。 自分の打ったショットによる相手の反応を予測している 予測をすることは初心者にとって難しいかと思います。 ですから、この部分は初中級以降の方にはぜひ取り組んでいただきたい部分です。 しかし、初心者の方も今のうちから 自分の打ったボールで相手がどう反応するかを常に観察しながらテニスできると そのうちわかってくる日が来ますので今から意識だけはそうしておきましょう! 話を戻すと、 自分が打ったショットの良し悪しによって、相手のショットの良し悪しが変わってきます。 具体的に例をいくつかあげると ・相手が踏み込んで打てるような浅い球を送ってしまった場合は、攻撃的な球が予想される ・相手が仰け反りながら打つような深い球を遅れれば、守備的な球が予想される といった風なことを考えます。 先述の「戻る動き」にこの「その後の予想」を加えたポジションの位置取りをすることこそが フットワークのいい人になっていくのです。 以上の三点がしっかりできるようになってくると 相手が打ってくる間での0. 5秒~2秒程度の時間、 ただボールを待って突っ立ってるということはなくなってきます。 まとめ ・フットワークは打ち終わりの動きが大事 ・フォロースルーの後はすばやく構える ・打った後すぐ戻る ・自分の球から相手の返球を予測してポジションを修正する フットワークのスキルはラケットの構え(ラケットワーク)と相手の返球予測(ヘッドワーク)スキルに密接に繋がっています。 その為にどこかが劣っていると結果的にすべてのスキルに影響が及ぼすのでこれを機会に 意識改革していけるといいでしょう! 読んでいただきありがとうございました!.

次の

レッスン

テニスフットワーク

Vol. 1 フットワークの新発想・新常識 上巻 総論 足が遅くても素早いフットワークはできる スピードは頭でカバーできる テニスをしているところを見て、「あの人すごく足が速いよね」と言われる人でも、普通に50m走をすると、それほど速くないということがよくある(そういう人はプロ選手にもいる)。 なぜなら、テニスでのフットワークの良さ(コートカバーリング能力)は、単に足の速さだけで決まるものではなく、ポジショニングや予測によっても大きく変わるものだからだ。 逆に、ポジショニングや予測さえ良ければ、足が遅くても、動きが素早いように見せることは可能なのだ。 とくにダブルスでは、1人が動く距離は少なく、スピードに自信がなくてもまったく問題はない。 つまり、足の遅さは、頭脳でカバーできる。 今回の特集では、そのための知恵や心構えについても、たっぷりと解説していく。 ショット自体に関係してくる部分も多い そして、もうひとつ忘れてはならないのは、フットワークとは、単に移動することだけではなく、ショットの成否にも大きく関係してくるということだ。 それは、下イラストのようにリズムを作るという意味もあれば、ショットの安定性にも関わってくるし、球種の打ち分けや駆け引きにも関係してくる。 そうしたさまざまな要素を総合して、フットワークの新発想・新常識について考えていこう。 左図はテニスコートのサイズを正確に示したものだが、思ったよりも細長いと感じる人が多いのではないだろうか(簡略な図では縦を縮小していることが多い)。 シングルスコートの横幅は8. 23mで、その半分は4mちょっと。 つまり、普通は4〜5歩動けばだいたいのボールに届くため、単純な足の速さで大きな差がつくことはないわけだ。 フットワークはリズム合わせでもある では、ここからは具体的な各論に入っていこう。 まず最初は、ショットの威力や安定性にも関わってくる要素について。 タイミングやリズムは足でとるのが基本 総論でも触れたように、フットワークとは、移動することだけが目的ではなく、リズムやタイミングを合わせるという意味も大きい。 というより、タイミングやリズムは、足でとるのが基本と言ったほうが良いだろう。 テニスのショットは、すべて全身運動であり、基本的にほとんどが足から始まるため、足でリズムを作るのが、もっとも効率良く、かつスムーズに全身運動につなげやすい(つまり身体全体を使って打てる)のだ。 したがって、3歩で届く距離なら3歩だけ動けば良いということではない。 余裕があっても、足を小刻みに動かしながらリズムをとること(イラスト下)が大切なのだ。 具体的な動きとしては、下の連続写真のように、両足で軽くぴょんぴょんと跳ねるようにしながらリズムをとるのが望ましい。 ボクサーのような軽やかに跳ね回る動きをイメージしていれば、ボールに対する反応も自然に良くなってくるはずだ。 テニスのフットワークでは、ボールを待つ余裕があるときでも、足を小刻みに動かして足でリズムをとることが大切だ。 イメージとしては、ボクサーのような軽くぴょんぴょん跳ねるような動き方が理想であり、「腰を落としてじっくり構えて待つ」というような感覚は必要ない。

次の