シーシャ 自宅。 【仕組み・吸い方・etc…】シーシャ/水タバコの疑問点について迫る│WABI SABI

自宅シーシャの始め方!初心者でも失敗せずに必要なものが全部揃う!【毎日やってる私が教えます】

シーシャ 自宅

値段は5,980円+送料650円で 合計6,630円でした。 楽天やAmazonで探すと3,000円くらいで買えるものもあったのですが、 ハードケース含め全てセットになっているという手軽さからこちらを選択。 気になるセットの内容は• 本体(シーシャボトル、ホース、クレイトップ、等すべて)• ハードケース• トング• チャコール(炭)• フレーバー(タバコの葉)• 説明書 が含まれており、これだけあればすぐにシーシャができるようになっています。 (厳密に言うと水+熱源+アルミホイルは必要です) 特にキャンプに行くときの持ち運びを考えるとケースは必須なので、すべてセットで、且つぴったりサイズのケース付きは嬉しいですね。 こちらのショップはAmazonプライム対象外でしたが、注文した翌日に発送されて、且つ梱包もしっかりされていて良かったです。 シーシャセットがケースに入った状態で、プチプチに入って送られてきました。 では、それぞれの内容をもう少し詳しく紹介していきます。 本体(シーシャボトル、ホース、クレイトップ、等) 水タバコをするにあたって必須となるボトルやクレイトップ(ボウル)等です。 青色のセットを選んだので、各部がブルーで統一されています。 本体部分はある程度分解して手入れできるようになっており、造りも意外と丈夫そうだなーという感じです。 取っ手を持つと横向きになるのですが、セット品をすべて入れるとぴったり収まるサイズなので、ケース内のガチャガチャはそんなに気にならない印象です。 箱自体は意外と薄くて、内壁も特にクッション性があるわけではないですが、乱暴に扱わなければ簡単には壊れなさそうな感じです。 チャコール(炭) チャコールは「Mitsuboshi」の20ピース入りが付属していました。 単品で買うとネット通販で1箱200~300円くらいです。 日本製、且つシーシャには定番のチャコールとのことなので、安心して使えます。 種類的には「シルバーチャコール」と呼ばれるもので、 周りのシルバーコーティングが着火剤になっており 、 ナチュラルチャコールと呼ばれるココナッツ製の炭よりも着火が早いです。 火をつけて炭全体が赤くなり、シルバーの皮が向けたらタバコの上に乗せて使います。 水タバコは1回あたり1~2時間吸えて、チャコールの燃焼時間は大体20~30分程度なので、1回4ピース使う計算だと、5回分くらいの量というイメージですね。 フレーバー(タバコの葉) フレーバーは「Hydro」というメーカーのブラックベリー味が付いてきました。 単品で買うと大体1,500円くらいです。 内容量は50gで、ジップ付きの袋入りのタバコが箱に入れられています。 水タバコは1回あたり8~12gくらいを入れるので、大体4~6回分くらいの量です。 甘酸っぱい王道系の香りで、個人的には結構好きな香りです。 説明書 著作権の関係で写真は載せてませんが、水タバコの作り方が丁寧に書いてある説明書も同梱されています。 初心者でも準備ができるよう丁寧に書いてあるので、本当にこのセットさえあれば、水タバコが始められると思います。 水タバコボトル本体のサイズ感 今回購入したシーシャのサイズは27cm。 A4サイズの雑誌より少し小さいかな?くらいの大きさです。 シーシャカフェなどお店で出てくるのは大体60cm以上なので、 持ち運びに適した小さめサイズと言えます。 シーシャは基本的にサイズが大きい方が水がたくさん入るので、その分、煙が水中で冷却されて吸いやすくなるというメリットがあります。 しかし、ただでさえ荷物が多いキャンプに大きなシーシャまで増えると大変なので、 まずは30cm前後の小さいサイズから試すのが良いと思います。 実際に使ってみた感想 翌週にキャンプに持って行く予定だったのですが、待ち切れずに一旦自宅で使ってみたので、感想をまとめてみました。 小さいけどちゃんと煙が出る 吸ってみて一番に出た感想は「ちゃんと煙出るじゃん!」です。 今まで大きなシーシャボトルでしか吸ったことが無かったので、小さいボトルでちゃんと煙が出るか不安だったのですが、小さいサイズでも問題なく煙はもくもく出てました。 炭はすぐ燃え尽きる これも今まで自分でシーシャを作ってなかったからこその感想ですが、炭がすぐ燃え尽きるので、その前に次の炭を用意しておく必要があります。 炭は種類にもよりますが、 20分~30分足らずで燃え尽きてしまうので、キャンプの時は焚火の近くで炭をおこしながらシーシャを吸うことになりそうです。 味は一択なので、他の種類も欲しい 今回購入したセットだと、フレーバー(香り付きタバコの葉)が付いてきますが、1種類だけなので、何回も連続で吸うと飽きそうだと思いました。 そもそも50gだと4~6回で使い切ってしまうし、シーシャは色んな味を試したり、別の味をミックスしたりするのも楽しいものです。 何回も自分でシーシャを作るのであれば、早めに別の味も購入するのが良いと思います。 まとめ いろいろ書きましたが、総括すると買ってよかったと思います。 これだけあれば大丈夫なセットで6,000円はお買い得だし、キャンプに持って行く上で、やっぱりケース付きなのは嬉しいです。 炭とフレーバーは何回かやるとすぐなくなってしまうと思うので、 まずはとりあえずセットで初めてみる。 そして水タバコが気に入ったら、葉っぱと炭を買い足していくスタイルが良さそうですね。 近いうちにキャンプでシーシャにトライしてみる予定なので、感想などまたブログにアップします!.

次の

炭の調整いらず!自宅でも手軽に楽しめる「電子シーシャ」とは?

シーシャ 自宅

現在、製造国の特徴を生かしたシーシャブランドからは個性豊かなパイプが盛沢山。 自宅シーシャをはじめたいけど、パイプがいろいろありすぎてよくわかんない! では、メイドさんに教えていただきましょう! 手軽に始めるシーシャボトル ODUMAN MICRO オデュマンマイクロ せっかくシーシャボトルを買うならやっぱり大きい方がいいでしょ! と思いますが実際使ってみたら変わりました。 小さいボトルすごい! コップぐらいの大きさなので、お部屋が狭くても置けるのが良いですよね。 シーシャボトルは水の入る量によって煙のクリアさや水の抵抗でぼこぼこ音が変わってきます。 ODUMAN特有のデュフューザー、吸いの軽さがmicroでは軽減されているため、しっかり吸いの重さを味わいたい人にもオススメです。 水の入る量は少ないですが、煙の質が極端にエグくなる等は感じられませんでした。 1時間程度吸うならこの量でも問題ありません。 はじめての自宅シーシャでのボトル選びは 「洗いやすさ」「サイズ感」「安定性」が重要です。 毎日吸うならやっぱり手軽じゃないとね! 迷ったらはじめてみよう! シーシャって初期費用高いんでしょ? oduman microは6800円で購入可能。 手軽にシーシャが作れるヒートマネージメントやトップ、フレーバー、トングすべて購入しても15000円程度です。 ケースがついていてキャンプや友達の家にも、持っていきやすいサイズ感ですので お出かけ用やサクっとシーシャを吸いたい時の2台目用にも大活躍すること間違いありません。

次の

ホームシーシャを楽しむ

シーシャ 自宅

値段は5,980円+送料650円で 合計6,630円でした。 楽天やAmazonで探すと3,000円くらいで買えるものもあったのですが、 ハードケース含め全てセットになっているという手軽さからこちらを選択。 気になるセットの内容は• 本体(シーシャボトル、ホース、クレイトップ、等すべて)• ハードケース• トング• チャコール(炭)• フレーバー(タバコの葉)• 説明書 が含まれており、これだけあればすぐにシーシャができるようになっています。 (厳密に言うと水+熱源+アルミホイルは必要です) 特にキャンプに行くときの持ち運びを考えるとケースは必須なので、すべてセットで、且つぴったりサイズのケース付きは嬉しいですね。 こちらのショップはAmazonプライム対象外でしたが、注文した翌日に発送されて、且つ梱包もしっかりされていて良かったです。 シーシャセットがケースに入った状態で、プチプチに入って送られてきました。 では、それぞれの内容をもう少し詳しく紹介していきます。 本体(シーシャボトル、ホース、クレイトップ、等) 水タバコをするにあたって必須となるボトルやクレイトップ(ボウル)等です。 青色のセットを選んだので、各部がブルーで統一されています。 本体部分はある程度分解して手入れできるようになっており、造りも意外と丈夫そうだなーという感じです。 取っ手を持つと横向きになるのですが、セット品をすべて入れるとぴったり収まるサイズなので、ケース内のガチャガチャはそんなに気にならない印象です。 箱自体は意外と薄くて、内壁も特にクッション性があるわけではないですが、乱暴に扱わなければ簡単には壊れなさそうな感じです。 チャコール(炭) チャコールは「Mitsuboshi」の20ピース入りが付属していました。 単品で買うとネット通販で1箱200~300円くらいです。 日本製、且つシーシャには定番のチャコールとのことなので、安心して使えます。 種類的には「シルバーチャコール」と呼ばれるもので、 周りのシルバーコーティングが着火剤になっており 、 ナチュラルチャコールと呼ばれるココナッツ製の炭よりも着火が早いです。 火をつけて炭全体が赤くなり、シルバーの皮が向けたらタバコの上に乗せて使います。 水タバコは1回あたり1~2時間吸えて、チャコールの燃焼時間は大体20~30分程度なので、1回4ピース使う計算だと、5回分くらいの量というイメージですね。 フレーバー(タバコの葉) フレーバーは「Hydro」というメーカーのブラックベリー味が付いてきました。 単品で買うと大体1,500円くらいです。 内容量は50gで、ジップ付きの袋入りのタバコが箱に入れられています。 水タバコは1回あたり8~12gくらいを入れるので、大体4~6回分くらいの量です。 甘酸っぱい王道系の香りで、個人的には結構好きな香りです。 説明書 著作権の関係で写真は載せてませんが、水タバコの作り方が丁寧に書いてある説明書も同梱されています。 初心者でも準備ができるよう丁寧に書いてあるので、本当にこのセットさえあれば、水タバコが始められると思います。 水タバコボトル本体のサイズ感 今回購入したシーシャのサイズは27cm。 A4サイズの雑誌より少し小さいかな?くらいの大きさです。 シーシャカフェなどお店で出てくるのは大体60cm以上なので、 持ち運びに適した小さめサイズと言えます。 シーシャは基本的にサイズが大きい方が水がたくさん入るので、その分、煙が水中で冷却されて吸いやすくなるというメリットがあります。 しかし、ただでさえ荷物が多いキャンプに大きなシーシャまで増えると大変なので、 まずは30cm前後の小さいサイズから試すのが良いと思います。 実際に使ってみた感想 翌週にキャンプに持って行く予定だったのですが、待ち切れずに一旦自宅で使ってみたので、感想をまとめてみました。 小さいけどちゃんと煙が出る 吸ってみて一番に出た感想は「ちゃんと煙出るじゃん!」です。 今まで大きなシーシャボトルでしか吸ったことが無かったので、小さいボトルでちゃんと煙が出るか不安だったのですが、小さいサイズでも問題なく煙はもくもく出てました。 炭はすぐ燃え尽きる これも今まで自分でシーシャを作ってなかったからこその感想ですが、炭がすぐ燃え尽きるので、その前に次の炭を用意しておく必要があります。 炭は種類にもよりますが、 20分~30分足らずで燃え尽きてしまうので、キャンプの時は焚火の近くで炭をおこしながらシーシャを吸うことになりそうです。 味は一択なので、他の種類も欲しい 今回購入したセットだと、フレーバー(香り付きタバコの葉)が付いてきますが、1種類だけなので、何回も連続で吸うと飽きそうだと思いました。 そもそも50gだと4~6回で使い切ってしまうし、シーシャは色んな味を試したり、別の味をミックスしたりするのも楽しいものです。 何回も自分でシーシャを作るのであれば、早めに別の味も購入するのが良いと思います。 まとめ いろいろ書きましたが、総括すると買ってよかったと思います。 これだけあれば大丈夫なセットで6,000円はお買い得だし、キャンプに持って行く上で、やっぱりケース付きなのは嬉しいです。 炭とフレーバーは何回かやるとすぐなくなってしまうと思うので、 まずはとりあえずセットで初めてみる。 そして水タバコが気に入ったら、葉っぱと炭を買い足していくスタイルが良さそうですね。 近いうちにキャンプでシーシャにトライしてみる予定なので、感想などまたブログにアップします!.

次の