学校 に 行き たく ない 小学校。 小6の娘が学校に行きたくないと言って昨日から学校を休んでいます...

【保存版】子どもが学校に行きたくないと言ったとき親がすべき1つのことと12のNG

学校 に 行き たく ない 小学校

小6の娘が学校に行きたくないと言って昨日から学校を休んでいます。 原因は仲が良かった子達から急に冷たくされクラスで一人になるからみたいです 前にも同じ様な事はありましたが学校を休みたいと言って休んだのは初めてです 普段からあまり嫌な事があっても話さず我慢しているのか私が心配するからか言わないのに 今回は涙をポロポロこぼしながら言うので多分限界だったのかもしれないです… イジメではない様ですが 先生に相談しても解決しない様な気がします。 性格は基本的には明るくただ 親の私からみて少しまじめで内向的なところがあります。 私も子供の頃同じ様な経験があるので気持ちはよく分かるのですが結局は自分で解決するしかないと思っていました 親として私は何をしてあげて 何と言ってあげたらいいのでしょうか…無理にでも学校に行かせるべきでしょうか… 不登校気味と言うことですね。 急に冷たくされ始めたのはいつ頃からなのでしょうか。 長期にわたってのことなのか、最近のことなのか。 かなり心にずしんと来ていると思います。 思いつめてのことでしょう。 今日で2日目ということですが、一日休めば次の日、またその次の日と引き摺っていきます。 恐らくお嬢さんはこのまま学校には行きにくくなりますし、行けなくなると思います。 無理に行かせるのではなく、本人次第いという部分がありますが、行けない自分も辛いでしょうね。 あなたは学校の教員に話しても解決しないような気がすると言っていますが、現在の欠席理由は何と言っているのでしょうか。 発熱や体調不良ということですか? このまま放置させるわけにもいかないと思います。 解決するにせよしないにせよ、担任教師には欠席の理由を説明しておくべきではないです。 何故子どもがこのようになってしまったのか、先生の方で気付く点はないか、学級の子どもたちの行動の変化や女子の中での仲間関係等々。 学級でもいろいろ調べて不登校を減少させていかなければなりません。 4月から始まった新たな学級で、仲間が登校できなくなったということは大きな問題です。 できるなら解決したいでしょうし、あなたもおお嬢さんに、できるなら通学して欲しいのではないですか? 学級の様子も分からずに、お嬢さんがこのようになったという原因をできれば知りたいでしょうし。 閉ざされた心の扉を何とか開き、明るい光を差し込んであげたいもの。 親なら少しでもできることをして、普通に登校させてあげたいものです。 学校にはスクールカウンセラーもいますから、その方に相談するのも一つの方法です。 子どもに解決のできることとそうでないことがあります。 この件は、親の出番の案件です。 無理に行かせたいというのでなく、大人として、解決の糸口を見つけてあげたいですね。 それでだめなら、その時は別の方法を考えるべきです。 今は、登校を諦めるのではなく、何故そのようになったのか、その理由を調べるべきだと私は思いますが、いかがでしょうか。 中学生の娘も小6の時に同じような事がありました。 朝ごはんを食べ終わったけど行動がおかしいくて、どうしたのか聞くと涙を溜めて「今日は学校に行きたくない…」と言われました。 本音は休まず学校に行って欲しいですが、その日は休ませました。 ただ休み癖が付くのは良くないので娘には「登校班の班長もあるし、明日は行くんだよ~」と言って、翌日は学校に行く約束をさせました。 先生には連絡ノートで事情は説明しました。 翌日はいつも通りに起こして「今日、どうしても調子悪くてダメだったら、保健室に行って休ませてもらってね。 親に電話して下さいって言って、お母さんに電話してくれれば迎えに行くから!」と娘に伝えて送り出しましたよ。 そう言って送り出すと電話来ないんですけどね。 娘さん、お母さんにとっては辛い時期だと思いますが、休んだ翌日は学校に行く約束をしてはどうですか? 保健室でも良いから行っておいで~って笑顔で送り出してあげて下さい。 お母さんに話しを聞いてもらえるだけで気分転換になると思うので、沢山話しを聞いてあげて下さいね! こんにちは。 小6 女子です。 学校には行っていません。 とはいっても、不登校などでは無くホームスクーリングです。 ホームスクーリングとは、学校に行かず家庭に拠点を置いて学習を行なうことです。 義務教育法があるからだめなんじゃない?と思われるかもしれませんが、そもそも義務教育法とは、 「教育を受ける権利者である子供たちに対し、保護者がその機会を奪ってはいけない」 という意味であり、行きたくない子どもを無理やりに行かせなければならない義務という意味ではありません。 ですから、何らかの理由で、学校ではなく、家で勉強したい意思があれば、自宅でホームスクーリングは可能です。 それから、教育の権利とは「親は、子に与える教育の種類を選択する優先的な権利を有する」ことを明記しています。 不登校と何が違うの?と思われたかもしれませんが、不登校とホームスクーリングは親の考え方が違います。 不登校の子どもの親は、学校に行かせたいと思っていますが、ホームスクーリングの子どもの親は家庭を拠点として学習する事を認めています。 そのため、子どもの負担はかなり少ないです。 とうぜんのように、子どもの考え方も違います。 不登校の子どもは、行きたくないけれど行かなければいけないという気持ちになっているので、とても暗い子が多いですよね。 でも、ホームスクーリングの子どもは、学校に行かず家庭で勉強しても良いという気持ちなので、とても明るい子が多いです。 このように、不登校とホームスクーリングは違います。 私は、娘さんにこのような学習方法もあるという事を教えてあげると良いと思います。 ただし、娘さんが行きたいと言ったら学校に行かせてあげるのはとうぜん良いですが、無理やり行かせるというのはやめてあげてください。 私も、最初無理やり行かせられていて、寝る時になると寝ると朝になるのが早く感じるから寝たくないと思い、ずっと眠たいのを我慢して起きていたぐらいでしたから。 でも、今はとっても気が楽です。 毎日とってものびのびと暮らしています。 私は、とてもおすすめなので、ぜひ娘さんにホームスクーリングを教えてあげてください。 お辛いと思います。 娘さんもそうですが、お母さんもね。 同じようなことが過去にうちの娘にもありましたので。 無理に学校に行かせるなんて、私はとんでもないと思います。 親が味方になってくれなかったら、子供はもう頼るところがありません>< そのときは、私の意志で学校を休ませました。 担任の先生に、こういう事情で、休ませる。 本来は娘は学校に行きたがっているが、いじめがあるようなら行かせない、と伝えました。 担任の先生は、不登校は困りますので、対処してくれます。 相手の子たちを一人ずつ呼び出し、話し会いをして、向こうの親にも伝えたようです。 相手の子たちが謝罪の手紙を持ってきました。 それからは大丈夫になりました。 先生は、あてにはならないかもしれませんが、力になってくれることもあります。 何もしないで解決は難しいです。 まずは担任の先生に相談されてはいかがでしょうか? そしてまだ、娘さんの口から話されていないことがあるかもしれないです。 とにかく話すことが大事です。 高校一年生女子の母です。 質問者様の質問の答えにはなってないかも知れませんが、読んで頂けたらと思い投稿しました。 うちの娘はすこしぽっちゃりさん。 小5の時に同級生の二人の男の子からすれ違い様に(ブタ)(デブ)と言われてました。 親である私はそんな事は全然知らず、6年の時にお友達のお母さんから聞いて初めて知りました。 娘は一年間黙っていたのです。 その上(死にたい)とも言ってたらしいのです。 これはダメだと思い、翌日に担任の先生に相談しに学校へ行きました。 娘から聞いた事を全て伝えて、実名も出しました。 その結果6年生各クラスで命の尊さと言う特別授業をしてくれる事になりましたし、実名をあげた一人の親御さんから謝罪の電話がありました。 それから卒業までは何もなく娘も楽しく学校生活を送りました。 質問者様も余りにも酷いようでしたら、担任に相談するのも有りだと思いますよ。 余り的確な回答でなく申し訳ありません。

次の

小学生が学校を嫌がる原因とは?小学校に行きたくないと泣く子への接し方

学校 に 行き たく ない 小学校

このまま登校拒否になるんじゃ!?と不安に思っちゃいますよね。 私の学校にも何人か「学校に行きたくないって言うんです」と相談してくる親御さんがいました。 理由がわからないと、どうしてあげればいいのかわからないですよね。 学校に行きたくないって思ったこと、一度はありませんか? 私が学校に行きたくないと思った理由はこんな感じ(笑)• 給食にシイタケが出るから• 作文発表がイヤ• 部活動がイヤ(先生がめちゃくちゃ怖かった)• だから「喉元過ぎれば熱さを忘れる」方式で、イヤな時間以外はケロっとしてるんでしょうね。 だけど、なかには毎朝大泣きして嫌がるっていう子もいます。 この場合は、ちょっと注意が必要です。 私の学校にも、毎朝大泣きして登校拒否をするので担任の先生が迎えに行っていた子がいました。 学校に行きたくない理由は「友達にからかわれるからイヤだ。 」 ちょっとしたおふざけが、子供の心を深く傷つけてしまっていたようでした。 こんなふうに、友達関係が原因で学校に行きたくないという子が、実は多い! 原因不明で嫌がっている場合は殆どが友達が原因といっても過言じゃないかなと思います。 それが欠けてしまうと、一気に楽しくない場所になっちゃいます。 子供が絶大な信頼を寄せている親だからこそ、冷静に大きな心で対応してあげることが大切です。 」 と感じてしまったら、ますます学校がイヤになってしまうかもしれません。 「そっか〜。 学校行きたくないのかぁ。 まぁ、そんな日もあるよね〜。 」 と、 子供の気持ちを受け入れてあげてください。 「なにがあっても、お母さんだけはあなたの味方だからね!」 と、温かく包み込んで安心させてあげてください。 お母さんという心強い強い味方がいることがわかれば「頑張れる気がしてきた!」と自信をつけさせることができますよ。 行きたくないと子供が言った日は、必ず担任の先生に連絡を入れてください。 学校でのケアも大切ですからね。 まとめ 子供を学校に行かせた後のアフターケアも忘れずに。 だけど「学校どうだった!?」なんて、問い詰めちゃダメですよ。 「学校楽しかった?」とサラッと聞いてあげてください。 問題がクリアできたのなら「うん!」と答えてくれるはずです。 たくさんの愛情を示して、受け止めてあげてくださいね。

次の

【甘え?】学校に行きたくない7つの理由や対処法まとめ

学校 に 行き たく ない 小学校

この記事の目次• 小学生が学校に行きたくない7つの理由 小学生の子供が学校に行きたくない一般的な理由について見ていきましょう。 ある日突然、子供が学校へ行きたくないと言ったら、驚いてしまいますよね。 本当はずいぶん前から 予兆があったのかもしれませんよ。 どんな理由あるのかざっくりとまとめてみました。 環境の変化が原因 幼稚園や保育園から小学校に上がったばかりの子供のケースですが、環境が大きく変わったことによるのが一般的なようです。 子供から見たら、どうしても不安を感じてしまうのですね。 これはよくあるケースのようです。 給食が苦手 給食も初めての体験になります。 限られた時間で準備して、ぜんぶ食べて・・・というのはちょっとしたプレッシャーになるかもしれません。 好き嫌いが多い子にとっても苦痛と言えるでしょう。 失敗がトラウマになる なんらかの小さな失敗がトラウマになって、皆にからかわれるのではないかという不安感が強くなることもあります。 小さな事でも本人にとっては非常に大きかったりするのです。 勉強が苦手 これも初めての体験かもしれません。 分からないことが積み重なっていくと、どうしようもなくなってしまうに違いありません。 自宅でサポート等をしてあげて、解消することが大切になります。 先生が苦手 学校の先生との相性が悪いことも重大な問題と言えるでしょう。 不安も募るため、子供の話をよく聞いてあげることが必要になります。 いじめの問題 いじめは低学年でもあり得ます。 いじめにあっていないかどうか、もしあるならどう対処すべきか、日常の生活の中で子供を注意深く観察することが大切になります。 親の期待がプレッシャーになる 最後は親の期待がプレッシャーになるケースです。 これは 親側はまったく気づいていないこともあるため、注意が必要です。 よかれと思っていたことが、学校に行きたくない理由になってしまうこともあるのです。 関連記事 ・ ・ 学校に行きたくない小学生の3つの対処法 小学生が学校に行きたくない場合の対処法について見ていきましょう。 この年代の子供は非常にデリケートなため、対応にも注意が必要です。 行うべき対処法をまとめてみました。 無理に行かせようとしない 「休むのが癖になってしまう」「1日でも休ませたくない」という気持ちが出てきたら要注意です。 一番の対処法としては、無理に行かせようとせず、 まずは落ち着かせて、よく観察することにあります。 どういう事情や理由で行きたくないのかを、探るようにしましょう。 責めない 教育の一環だからと言って、責めるのはよくありません。 事情や理由も分からないうちから、一方的に責めるのはよしましょう。 まずは事情を知ることが先です。 子供の話をよく聞く まずは子供の話をよく聞いてあげることです。 もしかしたら何かを言いたいのかもしれませんよ。 また、本当に何らかの理由があるのに、言えずに黙っているだけかもしれません。 何でもそうですが、まずはコミュニケーションを図るようにしましょう。 中学生が学校に行きたくない4つの理由 中学生が学校に行きたくない理由について見ていきましょう。 小学生の時は6年をかけてゆっくりと状況が変わっていきましたが、中学生はたった3年間で環境も急激に変わります。 いろいろあるようですよ。 まとめてみました。 先輩・後輩の人間関係 中学生になると当然出てくるのが、この先輩・後輩の人間関係です。 いままでなかった新しいものですよね。 この人間関係で頓挫してしまうケースもあるようです。 クラスに馴染めない クラスに馴染めないのは大きな問題です。 環境の変化の時期に上手く対応できなかったのが原因でしょう。 環境が切り替わるタイミングを上手に利用するなど何らかの対処が必要です。 勉強について行けない 小学生の頃と違って、勉強が本格的になります。 分からないことをそのままにしていると蓄積してしまい、まったく理解不可能になることも。 間を置かずコツコツ対処する必要があるでしょう。 受験へのプレッシャー 中学生になると受験というものが登場します。 こちらも初めての経験で、しかもウエイトが大きいです。 学校に行きたくなくなる要因になることも多いようです。 学校に行きたくない中学生の対処法 中学生の年代は、思春期の年代でもあります。 このため、急に無口になってしまったりなど、性格的にも変化がみられることがあります。 たいてい悩みを抱えていることが多く、弱音をはけずに自分ひとりで抱え込むことも多いです。 このため、 いかに家庭内で話しやすい環境を提供できるかが大きな問題になるでしょう。 学校に行きたくなくなる原因は、たいてい学校での状況にあるので、常に学校での子供の様子を知っておくことが大切です。 なるべく日常的にコミュニケーションを多くできるように心がけ、注意深く子供を見守るようにしましょう。 高校生が学校に行きたくない5つの理由 高校生が学校に行きたくない理由はいくつかありますが、ここの段階は、 不登校になる確率も高いため、注意が必要です。 1日2日のはずがそのままずるずる・・・ということも。 どんな理由があるのかまとめてみました。 クラスに馴染めない 環境の変化に上手く適応できず、クラスに馴染めないまま時間がたってしまうケースです。 なんとなく空気に馴染めなかったり、親しい友達ができないなど、学校に行きたくなくなる大きな原因の1つといえるでしょう。 勉強が嫌い 勉強ができなかったり、苦手だったりすると、この時点ですでに「嫌い」というレベルになっていることが多いです。 勉強したくない、何のために勉強するのか分からない、という意識は、そのまま学校へ行きたくない、行く理由が分からない、などになります。 理想と現実のギャップ 理想と現実のギャップに悩むのもこの年代の特徴です。 いったんおかしいなと思い始めたら、どんどん気になるようになり、最終的には、学校に行く意味がない、などと達観してしまうことになりかねません。 ギャップを感じた時点で、すでに予兆と言えるので、日頃からよく話を聞いてあげることが必要と言えるでしょう。 将来への不安 将来何になりたいかから、選択肢の不安まで、いろいろ出てくるのも特徴です。 この辺も、親が協力できることなので、コミュニケーションをよく取っておくことが重要でしょう。 受験のプレッシャー これは子供にとっては非常に大きなプレッシャーだったりします。 順調にいかず、志望校への合格が難しくなったりすると、受験から逃げるように不登校に陥るケースも多いそうです。 学校に行きたくない高校生の対処法 高校生の学校に行きたくない、と言う状況については、まずは 休ませてあげることが大切です。 気を落ち着かせてあげた後で、よく話を聞くようにしましょう。 学校に行きたくない理由をさぐり、罪悪感も軽くしてあげましょう。 その上で、興味のあることややりたいことを応援してあげることが大切です。 まずは、親の期待や方針などを押しつけるのではなく、子供の理想や価値観を尊重するようにすることです。 少し休ませて、元気が出てきたら、いろんな選択肢を提示すると良いでしょう。 【甘え?】学校に行きたくないという心理 学校に行きたくないのは甘えでしょうか?上記で見てきたように、子供は無邪気なように見えて、実は非常にデリケートで、いろんな問題を抱えているものです。 たいていは一人で背負い込むことになるので、よく話を聞いてあげることが大切です。 話すだけでもかなり気が楽になりますし、親が全面的に協力する、理解する、という姿勢を明確に出すことで、精神的にも安定するでしょう。 どこにも相談できない、のではなく、 親になら話せるという状況を作り上げることが重要です。 学校に行きたくないのは子供の甘えではなく、 SOSのサインと受け取ることもできます。 もしくは、家庭内で応援態勢ができていないことへのサインかもしれませんよね。 子供に非を押しつけるのではなく、親側の対応についても冷静に考えるようにするとよいでしょう。 学校に行きたくない子供と不登校について 学校に行きたくない、という状況がずるずると続き、不登校になってしまうケースについてみていきましょう。 1~2日程度のお休みならたいして問題になりませんが、不登校は避けたい事態ですよね。 文部科学省のデータによると、不登校の割合は、なんと 65人に1人だそうです。 しかも、中退してしまう割合も多いのだとか。 無事に高校を通過して、できれば進学して欲しい、大学に行って欲しい、と言う親が多いと思いますが、過度な期待はプレッシャーのもとになり、逆効果になってしまうそうです。 なかなか折り合いが難しいですね。 一旦不登校になってしまうと、どうしても現状から脱却できず、最終的にはそのまま中退や、フリースクールのお世話になる、もしくは通信制の高校に切り替えるなど、別の道を歩むことを余儀なくされることも多いそうです。 こういうケースに陥らないためにも、普段からよく話をするクセをつけておく、家庭内で話しやすい環境を整えるなどの、努力が大切と言えるでしょう。 学校に行きたくない子供についての口コミ 親が子供を信頼しているというのは、それだけで嬉しくなるもの。 お父さんが代わりに学校行くから」ってちょくちょく言うことがあって、私はそれを小粋なジョークとしか受け取ってなかったんだけど今思えばわりとストレートな「仕事行きたくない」だったんだなとやっと気づいた — すぐ dorarara333 子供が学校に行きたくないと言った時には無理矢理行かせてはいけない!多分SOSだから。 ゆっくりさせて「何かあったら話を聞くよ」と言ってあげたい。 無理矢理聞き出してもいけない。 親としてはヤキモキするけど、本人は何かと戦ってるんだよね。 — へりこ chibiguri316 子供が学校行きたくないと言った時に 何も言わずに 行けるようになるまでそっとしとくのが そりゃあいいだろうけど、それは親子の信頼関係がちゃんとしてる場合であって、信頼関係ないのに そっとしとくことは出来ないし、 — takana 9takana 自分の中高時代を考えれば、子供が学校に行きたくない日があるなんて当たり前だと思うし、休みたければ休めばいいし、どうしてもそこがイヤなら転校すればいいと思ってた。 ガチで。 >RT — おかんきよ okankiyo そのウン十年後の今、甥っ子が「学校行きたくない。 時間の無駄。 塾の方が楽しい」と言っているのを聞くと自分の子供にどういう教育をするかをむっちゃ考えるマンになる。 頭では分かっててもね。 でも子どもが親に「学校に行きたくない」って打ち明けるのはそれと同じくらい、もしくはそれ以上に勇気がいると思う。 親はその意志を汲んであげて欲しい。 しかし、最初の対応が必要なので、まずは リラックスさせてあげるようにしましょう。 それから対応を考えても遅くはありません。 不登校になってしまわないように、細心の注意で取り組むと良いです。 以上、子供が学校に行きたくない理由と対処についてのおまとめでした。

次の