避妊 具 歴史。 コンドームが無い時代の人たちは、避妊はしなかったのでしょうか...

効果が乏しいものばかり…江戸時代にはどんな避妊具や避妊の方法があったのでしょうか?

避妊 具 歴史

避妊具の種類と避妊率 今までさまざまな避妊方法が試されてきました。 現在も使われている避妊方法の一部と、それぞれの避妊の効果を下に挙げます。 ピル:0. 子宮内避妊器具(IUD):0. 2-0. 女性用コンドーム:5• 男性用コンドーム:2• (避妊せず):85 (参考:. ) 横の数字は 「パール指数」という避妊の効果を示す値です。 パール指数とは、100人の女性が1年間避妊を続けたときに、妊娠する数です。 要するに、1年間で避妊に失敗して妊娠する確率(パーセント)のことです。 上の数字はそれぞれの避妊方法を正しく継続して使った場合のもので、たとえばコンドームを正しく使わなかった場合などがあるとこの数字より妊娠が多くなります。 パール指数を見比べると、避妊具を使っても妊娠してしまう確率が意外に高いと驚くのではないでしょうか。 また男性用コンドームよりも、子宮内避妊器具、ピル、不妊手術の方が避妊効果は高いことが分かります。 以下では避妊具を使う方法のメリット・デメリットなどを、ピルとも比較して説明します。 ほかの避妊方法:経口避妊薬(ピル) 避妊具を使う方法と比較するため、ほかの避妊方法の例として経口避妊薬(ピル)についても説明します。 ピルは産婦人科などの医療機関で処方されています。 一般的に「ピル」と呼ばれる薬の多くは、 卵胞ホルモンと黄体 ホルモンという2種類の女性ホルモンの合剤です。 ピルの中にも種類があり、配合の度合いや毎日服用するかどうかについては、それぞれの製剤によって違いがあります。 ピルは避妊目的で使うものだけでなく、さまざまな治療目的で使われることがあります。 避妊目的で使われるピルは、現在では 低用量ピルと呼ばれる種類のものが主流です。 低用量ピルは、排卵を抑制する作用に加え、 子宮内膜や子宮頸管粘膜にも影響することで、避妊効果を現します。 飲み忘れなく正しくピルを続けていれば、高い避妊効果が得られます。 高い効果の一方で、薬による副作用にも注意が必要です。 頭痛や吐き気、などの副作用のほか、きわめてまれとされますが、 血栓症などの重大な副作用が現れる可能性もあります。 そのため特に注意するべきと考えられる人などではピルが使えないと判断されることがあります。 ピルを使いたいと思った時には、特に注意するべき持病や生活背景がないかを医師と十分相談すること、ピルを飲んでいる時期に何らかの症状などを感じたら早めに相談すること、副作用が疑われた場合には医師と相談したうえ服用中止など適切な対応を決めることなどがとても大切です。 まとめると、ピルには以下のようなメリット・デメリットがあります。

次の

昔はゴム製じゃなかった!鉛も!? 女性の体を守る「避妊具」の歴史

避妊 具 歴史

【コンドームの歴史】 19王朝(1350〜1200年)の頃に描かれた壁画の再現。 動物の腸から作られたコンドーム。 1640年代のコンドーム。 歴史上の四つの転機を示す(らしい)コンドームのポスター 1790-1810(年頃)のコンドーム 以下、様々の歴史上のコンドーム。 1600 - 1700年頃 動物の腸を素材としたコンドームは長く使用されたそうです。 高価であったために繰り返し使用されていたともいいますが、感染に対する防御、あるいは(性的)喜びに対する「鎧」とも表現され、当時から感染症に対する危機感を抱いてきたことが感じられます。 上掲の画像は、冷静に歩く紳士に対して膨らんだコンドームを振りかざし詰め寄る人々と、犬を連れた幼い少年の対比を描いた、1785-6年頃のコンドームに対する風刺画。 コンドームの売り上げは成長し、18世紀には様々のサイズや種類が売られていたといいます。 ヨーロッパ全土とロシアのバー、ヘアサロン、薬局やマーケット、演劇場などで売られていたとか。 19世紀に使用された、再利用可能のシームレスなゴム製のコンドーム。 煙草のパッケージに偽装されたイタリア製のコンドーム。 1890年になると、現在の形に近いコンドームが生まれた。 【番外編:アンチマスターベーションの器具】 とはいえ、避妊や感染防止の最も確実な方法は性交を行わないこと。 こういう倫理観も当然のごとく存在していたわけですが、現代のようにセックスレスの風潮があったわけではなく、宗教的な倫理観を背景とするものが根強かったようです。 そういう時代には、いわゆる貞操帯の男性版も作られたらしい。 19世紀、カトリックのフランスで用いられたというアンチマスターベーション器具。 本当に装着できたのか?と思っちゃいますね。 こちらは過激な、電気式アンチオナニーマシン(フランス) これもかなり怖い。 こちらは大英博物館の所蔵だというペンダントヘッド。 戒めを常に忘れないためのものなのでしょうか(逆効果のような気も.... というところで。 中絶は残酷な行為です。 コンドームを使いましょう、みなさん。 Via. 関連エントリー: アーニェ・コリア 藤田 真利子 by タグ :.

次の

江戸時代の避妊方法がすごい…避妊具の歴史まとめ

避妊 具 歴史

【コンドームの歴史】 19王朝(1350〜1200年)の頃に描かれた壁画の再現。 動物の腸から作られたコンドーム。 1640年代のコンドーム。 歴史上の四つの転機を示す(らしい)コンドームのポスター 1790-1810(年頃)のコンドーム 以下、様々の歴史上のコンドーム。 1600 - 1700年頃 動物の腸を素材としたコンドームは長く使用されたそうです。 高価であったために繰り返し使用されていたともいいますが、感染に対する防御、あるいは(性的)喜びに対する「鎧」とも表現され、当時から感染症に対する危機感を抱いてきたことが感じられます。 上掲の画像は、冷静に歩く紳士に対して膨らんだコンドームを振りかざし詰め寄る人々と、犬を連れた幼い少年の対比を描いた、1785-6年頃のコンドームに対する風刺画。 コンドームの売り上げは成長し、18世紀には様々のサイズや種類が売られていたといいます。 ヨーロッパ全土とロシアのバー、ヘアサロン、薬局やマーケット、演劇場などで売られていたとか。 19世紀に使用された、再利用可能のシームレスなゴム製のコンドーム。 煙草のパッケージに偽装されたイタリア製のコンドーム。 1890年になると、現在の形に近いコンドームが生まれた。 【番外編:アンチマスターベーションの器具】 とはいえ、避妊や感染防止の最も確実な方法は性交を行わないこと。 こういう倫理観も当然のごとく存在していたわけですが、現代のようにセックスレスの風潮があったわけではなく、宗教的な倫理観を背景とするものが根強かったようです。 そういう時代には、いわゆる貞操帯の男性版も作られたらしい。 19世紀、カトリックのフランスで用いられたというアンチマスターベーション器具。 本当に装着できたのか?と思っちゃいますね。 こちらは過激な、電気式アンチオナニーマシン(フランス) これもかなり怖い。 こちらは大英博物館の所蔵だというペンダントヘッド。 戒めを常に忘れないためのものなのでしょうか(逆効果のような気も.... というところで。 中絶は残酷な行為です。 コンドームを使いましょう、みなさん。 Via. 関連エントリー: アーニェ・コリア 藤田 真利子 by タグ :.

次の