トライアル 伊勢崎。 群馬県

一般財団法人

トライアル 伊勢崎

2020年2月26日8:50 トライアル、サントリー、日本ハム、日本アクセス、ムロオ、 フクシマガリレイの6社は、2019年11月に発足したリテールAIプラットフォームプロジェクト「リアイル」において、2020年4月24日にオープンする「トライアル 長沼店」にAI技術を導入すると発表した。 Retail AI 代表取締役社長 永田 洋幸氏、 サントリー営業推進本部 兼 広域営業本部 部長 中村 直人氏、日本アクセス マーケティング部 部長代行 今津 達也氏、日本ハム マーケティング推進部 部長 小村 勝氏、フクシマガリレイ 専務取締役 福島豪氏、ムロオ 代表取締役社長 山下 俊一郎氏 流通店舗のトライアルでは、テクノロジーよりもオペレーションが優先された仕組みにより、店舗の無理、無駄、ムラの改善を目指している。 リアル店舗のデジタルストア化を掲げ、トライアル店舗でPoC(実地検証)を実施している。 具体的には、店舗に設置したAIカメラにより、顧客導線の把握、顧客のマッピング、商品の欠品検知をリアルタイムで可視化している。 また、商品のレコメンド機能に加え、決済機能を装備したレジカートを運用している。 什器にはAIカメラを設置 商品棚の欠品データを可視化 決済機能が付いたレジカート 「リアイル」では、トライアルに加え、メーカーからはサントリー、日本ハム、卸から日本アクセス、物流からムロオ、冷蔵ショーケースからフクシマガリレイの計6社が参加。 サントリーでは、AIを駆使した棚割りによって、店舗の売り場を支援している。 同社では、ID POSデータをはじめとするデータとAIによる需要予測を行い、自動発注で作業の効率化を目指している。 トライアルとの取り組みでは、AIカメラによって売り場を可視化させることで、これまで見えなかった顧客の購買動向を把握している。 これまでの成果として、2017年のビールシェアは17. 8%だったが、2019年には23. 2%と5. 4%のシェアアップとなった。 日本ハムでは、商品を開発し、消費者に届けるまでのフローでAIを活用できる領域を検討している。 発注では、2週間前の予測と前日の直前分析により、欠品率を改善。 また、販売実績やビッグデータを活用して、店舗にあった棚割りを提案している。 さらに、AIカメラ、レジカートを駆使した購買行動・販売検証を組み込むことで顧客満足度の向上を目指している。 同社では、顧客の声(VOC)をベースに開発した商品を販売。 今後も顧客の声に加えて、リテールAIデータを活用して、商品開発力向上を図っていきたいとしている。 日本アクセスでは、AIカメラを駆使したチャンスロス分析や発注ロス分析をトライアルのアイランドシティ店、田川店で実施。 田川店では、棚割り最適化も行っている。 これまでの取り組みで、チャンスロスを可視化し、定量化できることが分かったという。 また、カテゴリごとに欠品率が把握できるため、重点的にカテゴリを絞る必要があるとした。 今後は長沼店において、発注システムとの連動や廃棄との関連性を調べ、ダイナミックプライシングを展開していきたいとした。 ムロオでは、従来は小売ごとに物流ネットワークを構築しているため、同一地域で複数の物流センターを有していたが、倉庫、車、商品、人員は各々の個別最適化だったという。 今後は、同一エリア内に汎用センターを設け、エリア内の物流全体最適化を図る方針だ。 同センターでは、同業他社と組み、互いの倉庫・配送の効率化を高めていく。 フクシマガリレイでは、トライアルとショーケースのAI化について取り組みを実施。 2019年11月18日に新本社の稼働と合わせ、オープンイノベーション拠点となる「MILAB」を開設し、実際の店舗を検証できるをオープンしている。 同ストアでは、AIカメラやレジカート、電子荷札といった一連の仕組みを体験可能だ。 すでに3,000名が同ストアを体験したそうだ。

次の

伊勢崎市韮塚町に「トライアル伊勢崎店」がオープンしてた。

トライアル 伊勢崎

変更後の変更の届出の公告 大規模小売店舗立地法(平成10年法律第91号)第6条第3項において準用する第5条第3項の規定により、同法第6条第1項に規定する変更の届出について公告します。 なお、この公告に係る大規模小売店舗の周辺の地域の生活環境の保持の見地からの意見を有する方は、公告の日から4月以内に、県に対し意見書の提出をすることができます。 令和2年3月3日 群馬県知事 山本 一太 1 大規模小売店舗の名称及び所在地• 名称 (仮称)トライアル伊勢崎店• 所在地 伊勢崎市韮塚町1189番地1外 2 変更した事項 大規模小売店舗の名称 (変更前)コジマNEW伊勢崎店 (変更後)(仮称)トライアル伊勢崎店 大規模小売店舗において小売業を行う者 (変更前)• 氏名又は名称 株式会社コジマ• 法人代表者氏名 代表取締役 木村 一義• 住所 栃木県宇都宮市星が丘二丁目1-8 (変更後)• 氏名又は名称 株式会社トライアルカンパニー• 法人代表者氏名 代表取締役 石橋 亮太• 住所 福岡県福岡市東区多の津一丁目12番2号 3 変更年月日 令和2年2月27日 4 変更の理由 小売業者変更のため 5 届出年月日 令和2年2月28日 6 縦覧場所• 県庁県民センター• 伊勢崎市役所 7 問い合わせ先• 県庁商政課(電話:027-226-3344) このページについてのお問い合わせ 産業経済部経営支援課 〒371-8570 前橋市大手町1-1-1 電話 027-226-3342 FAX 027-223-7875 E-mail keieika 迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部( pref. gunma. jp)を画像化しております。 現在の位置• 大規模小売店舗立地法に係る公告・変更後の変更の届出(法第6条第1項)• 仮称)トライアル伊勢崎店 変更後の変更の届出 関連ページ 大規模小売店舗立地法に係る公告・変更後の変更の届出(法第6条第1項) おすすめサイト• バナー広告•

次の

トライアル伊勢崎店,スーパーセンター,群馬県伊勢崎市,2020年4月15日オープン

トライアル 伊勢崎

2020年2月26日8:50 トライアル、サントリー、日本ハム、日本アクセス、ムロオ、 フクシマガリレイの6社は、2019年11月に発足したリテールAIプラットフォームプロジェクト「リアイル」において、2020年4月24日にオープンする「トライアル 長沼店」にAI技術を導入すると発表した。 Retail AI 代表取締役社長 永田 洋幸氏、 サントリー営業推進本部 兼 広域営業本部 部長 中村 直人氏、日本アクセス マーケティング部 部長代行 今津 達也氏、日本ハム マーケティング推進部 部長 小村 勝氏、フクシマガリレイ 専務取締役 福島豪氏、ムロオ 代表取締役社長 山下 俊一郎氏 流通店舗のトライアルでは、テクノロジーよりもオペレーションが優先された仕組みにより、店舗の無理、無駄、ムラの改善を目指している。 リアル店舗のデジタルストア化を掲げ、トライアル店舗でPoC(実地検証)を実施している。 具体的には、店舗に設置したAIカメラにより、顧客導線の把握、顧客のマッピング、商品の欠品検知をリアルタイムで可視化している。 また、商品のレコメンド機能に加え、決済機能を装備したレジカートを運用している。 什器にはAIカメラを設置 商品棚の欠品データを可視化 決済機能が付いたレジカート 「リアイル」では、トライアルに加え、メーカーからはサントリー、日本ハム、卸から日本アクセス、物流からムロオ、冷蔵ショーケースからフクシマガリレイの計6社が参加。 サントリーでは、AIを駆使した棚割りによって、店舗の売り場を支援している。 同社では、ID POSデータをはじめとするデータとAIによる需要予測を行い、自動発注で作業の効率化を目指している。 トライアルとの取り組みでは、AIカメラによって売り場を可視化させることで、これまで見えなかった顧客の購買動向を把握している。 これまでの成果として、2017年のビールシェアは17. 8%だったが、2019年には23. 2%と5. 4%のシェアアップとなった。 日本ハムでは、商品を開発し、消費者に届けるまでのフローでAIを活用できる領域を検討している。 発注では、2週間前の予測と前日の直前分析により、欠品率を改善。 また、販売実績やビッグデータを活用して、店舗にあった棚割りを提案している。 さらに、AIカメラ、レジカートを駆使した購買行動・販売検証を組み込むことで顧客満足度の向上を目指している。 同社では、顧客の声(VOC)をベースに開発した商品を販売。 今後も顧客の声に加えて、リテールAIデータを活用して、商品開発力向上を図っていきたいとしている。 日本アクセスでは、AIカメラを駆使したチャンスロス分析や発注ロス分析をトライアルのアイランドシティ店、田川店で実施。 田川店では、棚割り最適化も行っている。 これまでの取り組みで、チャンスロスを可視化し、定量化できることが分かったという。 また、カテゴリごとに欠品率が把握できるため、重点的にカテゴリを絞る必要があるとした。 今後は長沼店において、発注システムとの連動や廃棄との関連性を調べ、ダイナミックプライシングを展開していきたいとした。 ムロオでは、従来は小売ごとに物流ネットワークを構築しているため、同一地域で複数の物流センターを有していたが、倉庫、車、商品、人員は各々の個別最適化だったという。 今後は、同一エリア内に汎用センターを設け、エリア内の物流全体最適化を図る方針だ。 同センターでは、同業他社と組み、互いの倉庫・配送の効率化を高めていく。 フクシマガリレイでは、トライアルとショーケースのAI化について取り組みを実施。 2019年11月18日に新本社の稼働と合わせ、オープンイノベーション拠点となる「MILAB」を開設し、実際の店舗を検証できるをオープンしている。 同ストアでは、AIカメラやレジカート、電子荷札といった一連の仕組みを体験可能だ。 すでに3,000名が同ストアを体験したそうだ。

次の