スペック サーガ と は。 【SICK’S|黒島結菜】ニノマエイトのスペック最強すぎ!正体は?謎に迫る!【SPECサーガ】

スペックサーガ最終章「SICK'S」とは?タイトルの意味とあらすじをネタバレ

スペック サーガ と は

3部作へ! - 竜雷太、木村文乃、松田翔太 TBS系の人気ドラマ「ケイゾク」「SPEC」シリーズに続く「SPECサーガ」完結篇となる「SICK'S(シックス)」が、4月から「Paravi(パラビ)」で配信された「恕乃抄(じょのしょう)」に引き続き、「覇乃抄(はのしょう)」「厩乃抄(きゅうのしょう)」の3部作として制作されることが13日、都内で行われた制作発表で明らかになった。 制作発表では「ケイゾク」の、「SPEC」のからビデオメッセージが寄せられ、「SICK'S」のが戸田とのエピソードを明かしながら、作品に対する熱い思いを語り、共演の、のほか、プロデューサー、監督も出席した。 木村と松田がコンビを組む「SPECサーガ完結篇『SICK'S 恕乃抄』~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~」は、国家機関である通称「特務 トクム)」に所属する御厨(みくりや、木村)と高座(たかくら、松田)が、権力闘争に発展するスペックホルダー(特殊能力保持者)をめぐる戦いに、係長の野々村(竜)とともに挑む姿を描いたドラマ。 「覇乃抄」ではスペックホルダーを国や宗教団体などが利用しようとすることで対立が激化し、御厨・高座・野々村がどう立ち向かうのかが描かれ、宗教団体の幹部役・のほか、、、らが出演する。 [PR] 新作の撮影は10月15日から始まり、木村は「『SPECサーガ』の完結篇、身に余る大役だと感じ、いまでも緊張感はありますが、植田プロデューサー、堤監督、素晴らしいキャストの方々に囲まれ、どのシーンも希望をもって撮影しています」と語ると、松田もシリーズを重ね、現場にいることが当たり前になってきたという現実に感慨深いものを感じているという。 一方、来年で20年となる「ケイゾク」からシリーズを見守り続けてきた竜は「わたしだけとんでもないジジイなので、二人の足を引っ張らないようにしています」と謙遜すると、現場での堤監督のむちゃぶりに対して「いつ監督からツッコミが入るかわからないので(緊張感があって)ボケないで済んでいます」と発言し周囲を笑わせた。 堤監督は、「SICK'S」が「SPECサーガ」完結篇という位置づけで、3部作になるということを発表しつつ「完結とは、なにを持って完結なのか。 とんちみたいですが、完結はしますが完結とはどういう状態なのか深く考えてほしい」と含みを持たせると、「わたしは今年63歳ですが、結論を見たくない。 命続くまでやりたい。 竜さん頑張りましょうよ」と意欲を見せる。 すると植田プロデューサーも「『覇(は)』『厩(きゅう)』というタイトルからして、10(じゅう)、11(じゅういち)、12(じゅうに)と続くと思っていた」とダジャレっぽく言うと、『スター・ウォーズ』シリーズが続く限り、本シリーズも続けていきたいと語った。 [PR] 中谷美紀からのビデオメッセージ また、中谷と戸田からのビデオメッセージの内容のほとんどが堤監督への愛のある(!? )クレームだったことに、堤監督は「僕は女優に嫌われる運命なんですかね」と苦笑い。 しかし二人の言葉を聞いていた木村は、自身が「作品にやりがいを感じている」と発言したことに対して「わたしはまだまだですね。 悔しい」とこぼすと、続けて「お二人は一球入魂タイプ。 『もうやりたくない』と言えるほど(作品に思いを)出し切っていたんですよね。 わたしはまだまだ達していない。 悔しいですね」と真意を明かした。 木村は女優としてキャリアをスタートさせてすぐのころ、戸田と飲み明かし「一生尊敬する人」だと思ったそうで、コメントをもらったことに「嬉しい」と感じつつも「もっと頑張って追いつけるようにならないといけない」と気を引き締めていた。 そして、堤監督や植田プロデューサーの発言を受け、木村は「一応『完結篇』と銘打っていますが、お二人はきっとこれからも広げていくんでしょうね」と前置きしながら、「でも、しっかりわたしは風呂敷を畳めるように挑まなければいけないと思っています。 向き合うのはとてもしんどいですが、やりがいを感じながら丁寧に取り組んでいきます」と強い視線で語っていた。 (磯部正和) 「SICK'S 覇乃抄」は2019年春からParaviで独占配信予定、「厩乃抄」は後日発表.

次の

映画版「SPEC」はなぜ評価が低い?その理由と「SPECサーガ」シリーズまとめ

スペック サーガ と は

動画配信サービス「 」にて独占配信中! 舞台は、SPECの警視庁公安部の未詳事件特別対策係、通称「未詳(ミショウ)」から、内閣情報調査室に設置されたスペックホルダー対策の特務事項専従係、通称「特務(トクム)」へ。 スペックホルダーを巡る権力闘争の中、IQ230の天才・御厨静琉(木村文乃)と元公安刑事・高座宏世(松田翔太)が野々村係長・弟(竜雷太)と共に事件にたちむかいます。 完全パッケージは月末に配信となります。 この配信方式を「 ピンチョス配信」とよびます。 というか勝手につけた名前みたいで、ピンチョスとはスペイン料理の一種で、ピンチョスのように少しずつ楽しんで欲しいという意味をこめたものみたいです。 ピンチョス配信では、部分的にカットされたりして、完全パッケージをみた時の変化も楽しむという演出のようですね。 なんともネットならではの見せ方ですね。 しかし、配信前にこの話を聞いた時は、ちまちまみるのは面倒くさいなーと思ってました(笑) 「第壱話其ノ八」からスタート! で、4月1日配信初日。 何も考えず再生したら「 第壱話其ノ八」から始まりました。 そしてウワサのとおり、1~2分の短いシーンだけ。 もちろん、わけがわかりません(笑) えっ、何が起こってるの?状態です。 いきなりクライマックス状態で、激しいバトル後みたいな背景で、爆発です。 よくわかりません。 で、あっさりと其の八の動画が終了。 ポカンです。 すると、すぐに次のシーンの動画が再生されました。 第壱話其ノ七です。 つまり、リバースです。 そのまま、リバースで7、6、5、4、3、2、1と連続逆再生。 なんとまあサッパリです。 リバースでみてるので、さらにサッパリです。 2回みて、やっとなんとなくわかりました。 普通のドラマでいうと其ノ1~8でオープニングシーンなんだろうな。 で、内容はというと、なんか漫画やアニメの魔法バトル状態になってます。 うりゃー、おりゃー状態。 例のホリックがどうのこうの!パンドラの箱は封じた!とか中二病的な展開… 刑事関係ねー(笑)これは刑事ドラマなのか? というかオカッパ娘が主人公かと思いきや、こっち主人公じゃねーよ!と気づくまで時間がかかりました(笑) もう、本当サッパリです。 まあ、でもリバースはオカッパ娘の能力にかけた演出なんだろうな。 あとあといろんな意味で、テーマに関係してくるのかな。 とにかく、そんな感じでした。 作り手の狙い通りなんだろうけどね(笑) まとめ 「第壱話其ノ八」からでしたが、初日だから特別8シーン分いっきにみせたのかな。 それとも気づかない間に配信されていた?まあ、わかりませんが。 とにかく、1日1シーンずつピンチョス配信でみるには、普通のドラマをみる感覚でみてはダメなんでしょうね。 みる側も新しいドラマの見かた、価値観の改革を要求される感じです。 さらに、新たな試みとして登場人物ごとのTwitterがあるらしい(笑) ドラマが進むことによって連動したコメントがあるとのこと。 そういったネットならではの楽しみも用意されてます。 ちなみに、。 「フォロー」をみると登場人物のそれぞれのTwitterがありますよ。 途中、さすがにチマチマとシーンを見るのが嫌だったので、完パケ版になるのを待っていた(笑) 1話其ノ1~8は、多分後のクライマックスで起こるであろうワンシーンがオープニングシーンとなっていので、訳がわからなかったけど、オープニングが終わるともちろん普通に話は進みます(よかったよかった)。 ストーリーは、公安の高座宏世(たかくらひろよ)が職務中の不可思議な出来事によって自主退職をすることになり、ひょんなことから内閣情報調査室特務事項専従係 トクム へ。 そして事件が起き、病院にいる御厨静琉(みくりやしずる)と出会い、2人は事件の捜査開始という流れ。 1話は、全体的にフワッとした印象ですね。 まあ、事件の途中で終わったので、解決してスッキリ終わりではないせいもあり、謎(わけのわからない要素)がアレコレあったせいもあるのかな。 また、主人公の 御厨静琉のキャラクターがイマイチつかみきれない感じも、フワッとした感じを強めてる。 性格がどうなのか、どういった存在なのかという点が曖昧に感じられたし。 それにシリーズでキャラクターをビシッと決定づける「決めゼリフ」が無いってのも弱くしてるな(わかっちゃいました!的な)。 そこは2話以降あるかもしれないけど、無いとしまらないな。 ヒーローの変身シーンがないぐらいしまらない。 肉まんに肉がないくらいしまらない。 しかし、逆に多重人格っぽい性格なので、あえてフワッと曖昧にしてるのかな~ というか、これは「刑事ドラマ」というジャンルなのだろうか…? 刑事というか、はじめの印象どおり「魔法バトルもの」という感じ。 今回は、刑事ドラマ要素はなくすのだろうか。 それをなくすとリアリティが弱くなるからどうなんだろ。 そして、いつもの「 堤幸彦ぶし」全開のユーモアが展開されるのだけど、特に強めに感じましたね。 目まぐるしくコミカルな展開が起きます。 もしかして、ピンチョス配信のせいかな。 短い1シーンごと配信するので、その1シーンをとことん面白くしようとすると、飽きないように1つ1つが強めに演出されますからね。 1話分を一気にみると強めに感じるけど、ピンチョス配信で見るとちょうどいい具合なのかな(面倒なのでみないけど。 とにかく、まだ1話なのでどうなることやら。 1話完結のテレビドラマじゃないので、ネット配信ならではのドラマ構成になったりするのかな。 何か新たなドラマ表現を起こしてくれそうな気もするので見逃せないです。 毎月6日に何か起きるかも。 とりあえず、第一弾としては第2話の完パケ版がでるようですが、他にも何かしてくれちゃいそうです。 無料でみたい方は、 2週間の無料お試し期間があるので試してみてはいかがでしょうか。 生でマニアックに楽しむなら今!(笑) 登録は以下、公式サイトからどうぞ。 Paraviについては、以下の記事も参考にどうぞ。 また、シリーズ作である『ケイゾク』『SPEC』を復習したい方は、以下の記事を参考にどうぞ。

次の

SICK’Sはつまらないという声多し?不満の理由は?【SPECサーガ・覇乃抄】

スペック サーガ と は

もくじ• SPECシリーズの特徴 特殊能力「SPEC」 「SPEC」(スペック)は簡単に言えば特殊能力のことで、作中では予知能力や念動力、憑依といった様々なSPECが登場することとなります。 中には「時間を止める能力」など非常に強力なスペックホルダーもいるため、それらを利用する組織や国家も登場するなど、どのシリーズでも「SPEC」の能力は物語の軸となるものとなります。 シリアスな刑事ドラマの要素とパロディなど小ネタのバランス 基本的には「ケイゾク」シリーズから継承した刑事ドラマが軸になっておりますが、他の刑事ドラマの出演者が登場したり、AKB48のメンバーの名前が登場人物に使われていたりとパロディ要素も非常に盛んでした。 こちらは堤幸彦監督が「TRICK」等でも用いた手法であるとのことです。 C 2013「劇場版 SPEC 結 爻ノ篇」製作委員会 「SPECサーガ」のドラマ・映画をストーリーの時系列順に並び替え 「SPEC」シリーズは2010年のドラマ開始から2013年の映画版完結編までの間、数多くの映像作品が発表された人気シリーズです。 これら全てを総合して「SPECサーガ」と呼ばれる作品について、ストーリーの時系列順に紹介させていただきます。 amazon. 「SPEC」シリーズに設定や世界観を引き継ぐことになる原点の作品と言えます。 amazon. 当麻が左手を怪我している理由について描かれるものです。 amazon. 各話のタイトルは「甲の回(第1話)」「乙の回(第2話)」などと表記され、これは「十干」(じっかん)を用いたものとなっています。 ドラマ最終話は「癸の回(第10話)」でしたが、作中で「起の回(起承転結の「起」)」と文字が変化してスペシャルドラマ・映画版へと繋がっていく演出が登場しました。 スペシャルドラマ「SPEC ~翔~」 C TBS 2012年4月に放送されたドラマで、映画版の第1作「SPEC ~天~」が公開されるわずか1週間前に放送されたものです。 連続ドラマの「起」から約1年後が舞台となり、当麻が持つSPECがどのようなものなのか明かされ、映画版に登場する新たな事件へと繫がる作品となっています。 劇場版「SPEC ~天~」 C 2012「SPEC~天~」製作委員会 2012年4月に公開された映画で、SPECを持つ者を抹殺する計画「シンプルプラン」を阻止しようとする組織がテロ活動を行うところから物語が始まります。 劇場版「SPEC ~結~」 C 2013「劇場版SPEC~結~ 爻ノ篇」製作委員会 2013年11月に公開された映画で、前篇にあたる「漸ノ篇」と後篇にあたる「爻ノ篇」の2部作として公開されました。 「シンプルプラン」の真実や、前作に登場した謎の人物の正体が明かされ、人類のために戦う当麻と、同じく未詳に所属する瀬文・野々村らとの関係についての結末が壮大なスケールで描かれます。 ドラマ版と比較して映画版「SPEC」の評価が低い理由 「映画. com」での映画版「SPEC」の評価を見てみると、「天」は3. 4、「漸ノ篇」は3. 0、「爻ノ篇」は2. 9と完結に近付くに連れて評価が低くなっているのが分かります。 この理由について考えてみたいと思います。 大きくなりすぎた物語のスケール ドラマ版での「SPEC」は、その能力を利用して犯罪を行っているスペックホルダーと対決するというストーリーが主でした。 頭脳明晰な当麻による推理で事件を解決するもので、一話完結の分かりやすさも魅力でありました。 それに対してスペシャルドラマや映画版ではだんだんと物語のストーリーが大きくなり、最終的には国家や世界規模の裏組織が関係してくる展開となります。 またスペシャルドラマや映画版のラストは次回作へと続く終わり方がほとんどで、「SPEC」シリーズ全体で見た場合には続きが気になるものの、スペシャルドラマの「翔」や映画版の「天」単体で考えると「まだ解決していない問題」が残ったままとなってしまいます。 スペシャルドラマと映画は作品数が多いため、リアルタイムで視聴した場合には前回までのストーリーを思い出しながら見ていたことになります。 一週間ごとに見ることができた連続ドラマと比較すると、気軽に見るのではなく集中して見る必要がある作品へと変化していきました。 小ネタが減りシリアス要素が増えた 連続テレビ版の「SPEC」シリーズは22時からの放送であり、自宅でゆっくりお酒でも飲みながら見ていた…という方も少なくないはずです。 またストーリーが進むにつれてパロディなどの小ネタも減っていき、作品のシリアスな雰囲気がが強くなっていったことも要因の一つと言えます。 小ネタなどを挟みながらの独特な緩い雰囲気は「SPEC」シリーズならではのもので、映画館で2時間拘束されて見る、というのが合わない方がいたのかも知れません。 C 2013「劇場版 SPEC 結 爻ノ篇」製作委員会 映画のオチを理解するには「ケイゾク」シリーズを見ている必要あり 「ケイゾク」シリーズからのファンにとっては、世界観や設定を一部引き継いでいる「SPEC」をさらに楽しめるのは間違いないでしょう。 しかし、映画版「SPEC」のラストは「ケイゾク」シリーズを視聴していないと理解できないものとなっていました。 「SPEC」シリーズから見始めた人も多いため、オチがよく分からないことから評価が下がってしまった原因となっています。 SPECのまとめ 「SPECサーガ」の作品時系列、また映画版「SPEC」の評価が低い理由についてまとめさせていただきました。 私は「SPEC」シリーズを見終えた後に「ケイゾク」シリーズを全て見ることとなりましたが、このような順番でも楽しんで視聴することができました。 癖が強い作品ではありますが、その独特な魅力から好きな人はとことんはまるシリーズになっています。 もしも少しでも興味があれば、「ケイゾク」シリーズと「SPEC」シリーズを順番に試聴したり、自宅でゆっくりしながら映画版「SPEC」を楽しむ、という今だからこそできる楽しみ方もお勧めです。

次の