アンフェア かおる ちゃん。 [mixi]映画のラストのシーンが…

アンフェア the endのレビュー・感想・評価

アンフェア かおる ちゃん

() れなぴの自慢。 舞台挨拶つき。 舞台挨拶に登場したのは、 小林義則監督。 篠原涼子さん。 江口洋介さん。 寺島進さん。 加藤雅也さん。 成宮寛貴さん。 椎名桔平さん。 大杉漣さん。 そうならないようにと、台本を、それぞれの立場でわざわざ作ったそう!!! だから、演じているときは、お互いが本当はどうなのかはわからなかったという。。。 なんとなく。

次の

「アンフェア the end」みた。: たいむのひとりごと

アンフェア かおる ちゃん

ネタバレ! クリックして本文を読む 篠原涼子演じる敏腕女刑事の活躍を描いた人気TVドラマの劇場版第3弾で、完結編。 こちらは初鑑賞。 亡き元夫から警察・政界を震撼させるUSBを受け継がれた雪平だが、公表の時期を図っていた。 そんな時、ネイルガン連続殺人事件の黒幕の検事とその父の検事総長が殺される。 システムエンジニアの青年・津島が容疑者に挙がるが、無実を主張。 事件の裏に何かしらの思惑を感じた雪平は津島の逃走を手助け、黒幕を探す…。 これらはTVドラマと関連するもの。 かつて刑事であった父を亡くした雪平。 津島もまた父を警察の隠蔽で有罪に仕立て上げられた。 似たような過去を持ち、警察や組織を変えようとする。 追跡する警察、組織側。 USBを巡り、各々の思惑が交錯。 騙し騙され、誰が信じられるか。 前作に続き、スリリングなサスペンスタッチ。 雪平の正義は果たされるのか…? これまでの謎が明かされ、伏線が繋がり、待ってました!…の完結編。 …と、言いたかった。 しかし残念ながら…。 う~ん、色々難点あるが、まず… 山田孝之演じる検事は死亡設定なので、組織側の新しいボスに、あのパフォーマーで全く貫禄も存在感もナシ。 キャスティングミス。 これで完結編だからと、登場人物がやたらと死ぬ。 まさかのアノ人まで…。 雪平と一条の大人のラブロマンスの行方も。 今更だけど、この二人を見るとどうしても『THE有頂天ホテル』が頭を過ってしまう…。 ある人物の裏切りはすぐ察しが付く。 それを以てのラスト。 USB公表の場は…? そして雪平は…? はっきり言ってしまおう。 これで完結編…? 何か色々と釈然とせず、物足りなかった。 映画版しか見てないミーハー者だが、話は至って普通の『アンフェア』。 やっとここまで来たか、という感じでした。 8年も掛かっちまったなぁ…。 到達までのスパンが長過ぎました…。 時間が掛かり過ぎた故かは分かりませんが、真相が全部判明したにも関わらず、それほどの高揚感と満足感は得られませんでした。 ちょっぴり残念です…。 ついに犯人が明かされましたが、最初から出てる登場人物にして欲しかったなぁ、と思いました。 最後の最後に本来の「アンフェア」らしさを取りこぼしてしまったようで、如何ともしがたいなぁ、と…。 引っ張った割には…みたいな感じでした。 自分を犠牲にしても悪と戦っていく正義感の塊のような人間。 そんな雪平を篠原涼子が力強くも丁寧に演じる。 罰サイトの復活。 闇は人の心を弄び、あらゆる手段を使って雪平を追い詰める。 雪平の父を殺したのは、元恋人の一条。 そして、黒幕かと思われた薫ちゃんは雪平を守るために組織に入っていたことが判明するが、一条に撃たれ死亡。 撃ちたいはずなのに一条を撃てない雪平を演じる篠原涼子の迫真の演技がなんともいえない程に巧み。 10年間を締めくくるに相応しい美しい作品だった。 目には目を。 復讐には復讐を。 アンフェアにはアンフェアを。 ネタバレ! クリックして本文を読む 日本の警察や法曹界の不正を告発しようとする津島。 彼の姿はSnowdenらと被りますが、在日米軍基地で通信データを集め 米国が日本を 監視しているというのは、実際Snowden自身の業務だったということが、先日の別映画で描かれていましたねぇ。 裏切ることが前提というか、このシリーズの特色になっているので、まぁ誰が雪平を裏切るのか予想はついてしまいます。 でも、この登場人物必要か?って人も居て、伏線を回収しきれていないような印象でした。 三上はダブルスパイだったとして、結局一条の本心は何だったのか。 雪平を見守り過ぎて、情と使命感の間で揺らぎ続けたのでしょうか?肝心の闇組織全容もよく分かりませんでした。 そこは観客にもアンフェアな気がします。 簡単に入れてしまい、銃撃戦が始まっても誰も出てこないという警備皆無の大使館…。 犯人射殺の過去に苦しめられてきた雪平は、最後に犯人を信じ、自ら銃を置いたのですね…。 ネタバレ! クリックして本文を読む 映画「アンフェア the end」(佐藤嗣麻子監督)から。 警察内部の権力組織をネタにした作品は、映画に限らず、 作家・横山秀夫さんの小説でも人気がある。 どの作品にもリアリティがあり、もしかしたら本当に こんなことがありえるかも?と思えてしまうほど、巧妙だ。 だからこそ、残したい台詞もメモも増えてしまう。 今回は、ちょっと皮肉っぽくこの会話を選んだ。 「事件に関する情報を一番先に教えてくれ」と頼むシーン、 篠原涼子さん演ずる、雪平夏見がこう切り返す。 「警察にはお仲間がたくさんいるんでしょ?」 それを受け、佐藤浩市さん演ずる、一条道孝が、 間髪入れずに、こう答えた。 「そのお仲間が一番信用できないんでね」 志を同じくし、仲間だと思って一緒に行動していた人たちが、 実は対抗勢力だったりすることもあり、最近、 新聞紙上を賑わしている事件は、内部告発が多いのも頷ける。 作品内、何度も出で来る台詞、 「私はあんたを完全に信用したわけじゃないからね」が輝く。 「人を信じる」ことがテーマの「アンフェア」は、 「何度、人に裏切られても、お前は人を信じた。 たとえ口では、信じないといっても・・ 悲しいくらい優しいな」のフレーズで、ほっとさせられた。 誰もが雪平に近づき、 誰もが雪平を裏切るが、 誰もが一方で雪平に惹かれていく。 しかし心に決めた使命を全うするため、 復讐の連鎖を続けていく… ドラマからずっとこのパターン。 それならドラマで止めとくほうが 千倍よかった。 映画が全体の質下げてる。 そして、裏切り者が多すぎる。 こんなにバンバン裏切り者がでたら 見てる方は驚くより逆にシラけるって なんで分かんないかなー? ラストも…は?ですよ。 夢オチでしたくらいのこじつけ。 伏線も何もないこじつけ。 とってつけたようなこじつけ。 ひどいよーードラマファンなのによーー 前作は佐藤の死という大っきな展開の おかげでドラマチックになってたけど 今作はだめだ… あとAKIRAの演技がもう何だろうあれ 何なんだろうあれ、もう何なのよあれ 永山絢斗と加藤雅也はかっこよかった• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

アンフェア

アンフェア かおる ちゃん

ネタバレ! クリックして本文を読む 篠原涼子演じる敏腕女刑事の活躍を描いた人気TVドラマの劇場版第3弾で、完結編。 こちらは初鑑賞。 亡き元夫から警察・政界を震撼させるUSBを受け継がれた雪平だが、公表の時期を図っていた。 そんな時、ネイルガン連続殺人事件の黒幕の検事とその父の検事総長が殺される。 システムエンジニアの青年・津島が容疑者に挙がるが、無実を主張。 事件の裏に何かしらの思惑を感じた雪平は津島の逃走を手助け、黒幕を探す…。 これらはTVドラマと関連するもの。 かつて刑事であった父を亡くした雪平。 津島もまた父を警察の隠蔽で有罪に仕立て上げられた。 似たような過去を持ち、警察や組織を変えようとする。 追跡する警察、組織側。 USBを巡り、各々の思惑が交錯。 騙し騙され、誰が信じられるか。 前作に続き、スリリングなサスペンスタッチ。 雪平の正義は果たされるのか…? これまでの謎が明かされ、伏線が繋がり、待ってました!…の完結編。 …と、言いたかった。 しかし残念ながら…。 う~ん、色々難点あるが、まず… 山田孝之演じる検事は死亡設定なので、組織側の新しいボスに、あのパフォーマーで全く貫禄も存在感もナシ。 キャスティングミス。 これで完結編だからと、登場人物がやたらと死ぬ。 まさかのアノ人まで…。 雪平と一条の大人のラブロマンスの行方も。 今更だけど、この二人を見るとどうしても『THE有頂天ホテル』が頭を過ってしまう…。 ある人物の裏切りはすぐ察しが付く。 それを以てのラスト。 USB公表の場は…? そして雪平は…? はっきり言ってしまおう。 これで完結編…? 何か色々と釈然とせず、物足りなかった。 映画版しか見てないミーハー者だが、話は至って普通の『アンフェア』。 やっとここまで来たか、という感じでした。 8年も掛かっちまったなぁ…。 到達までのスパンが長過ぎました…。 時間が掛かり過ぎた故かは分かりませんが、真相が全部判明したにも関わらず、それほどの高揚感と満足感は得られませんでした。 ちょっぴり残念です…。 ついに犯人が明かされましたが、最初から出てる登場人物にして欲しかったなぁ、と思いました。 最後の最後に本来の「アンフェア」らしさを取りこぼしてしまったようで、如何ともしがたいなぁ、と…。 引っ張った割には…みたいな感じでした。 自分を犠牲にしても悪と戦っていく正義感の塊のような人間。 そんな雪平を篠原涼子が力強くも丁寧に演じる。 罰サイトの復活。 闇は人の心を弄び、あらゆる手段を使って雪平を追い詰める。 雪平の父を殺したのは、元恋人の一条。 そして、黒幕かと思われた薫ちゃんは雪平を守るために組織に入っていたことが判明するが、一条に撃たれ死亡。 撃ちたいはずなのに一条を撃てない雪平を演じる篠原涼子の迫真の演技がなんともいえない程に巧み。 10年間を締めくくるに相応しい美しい作品だった。 目には目を。 復讐には復讐を。 アンフェアにはアンフェアを。 ネタバレ! クリックして本文を読む 日本の警察や法曹界の不正を告発しようとする津島。 彼の姿はSnowdenらと被りますが、在日米軍基地で通信データを集め 米国が日本を 監視しているというのは、実際Snowden自身の業務だったということが、先日の別映画で描かれていましたねぇ。 裏切ることが前提というか、このシリーズの特色になっているので、まぁ誰が雪平を裏切るのか予想はついてしまいます。 でも、この登場人物必要か?って人も居て、伏線を回収しきれていないような印象でした。 三上はダブルスパイだったとして、結局一条の本心は何だったのか。 雪平を見守り過ぎて、情と使命感の間で揺らぎ続けたのでしょうか?肝心の闇組織全容もよく分かりませんでした。 そこは観客にもアンフェアな気がします。 簡単に入れてしまい、銃撃戦が始まっても誰も出てこないという警備皆無の大使館…。 犯人射殺の過去に苦しめられてきた雪平は、最後に犯人を信じ、自ら銃を置いたのですね…。 ネタバレ! クリックして本文を読む 映画「アンフェア the end」(佐藤嗣麻子監督)から。 警察内部の権力組織をネタにした作品は、映画に限らず、 作家・横山秀夫さんの小説でも人気がある。 どの作品にもリアリティがあり、もしかしたら本当に こんなことがありえるかも?と思えてしまうほど、巧妙だ。 だからこそ、残したい台詞もメモも増えてしまう。 今回は、ちょっと皮肉っぽくこの会話を選んだ。 「事件に関する情報を一番先に教えてくれ」と頼むシーン、 篠原涼子さん演ずる、雪平夏見がこう切り返す。 「警察にはお仲間がたくさんいるんでしょ?」 それを受け、佐藤浩市さん演ずる、一条道孝が、 間髪入れずに、こう答えた。 「そのお仲間が一番信用できないんでね」 志を同じくし、仲間だと思って一緒に行動していた人たちが、 実は対抗勢力だったりすることもあり、最近、 新聞紙上を賑わしている事件は、内部告発が多いのも頷ける。 作品内、何度も出で来る台詞、 「私はあんたを完全に信用したわけじゃないからね」が輝く。 「人を信じる」ことがテーマの「アンフェア」は、 「何度、人に裏切られても、お前は人を信じた。 たとえ口では、信じないといっても・・ 悲しいくらい優しいな」のフレーズで、ほっとさせられた。 誰もが雪平に近づき、 誰もが雪平を裏切るが、 誰もが一方で雪平に惹かれていく。 しかし心に決めた使命を全うするため、 復讐の連鎖を続けていく… ドラマからずっとこのパターン。 それならドラマで止めとくほうが 千倍よかった。 映画が全体の質下げてる。 そして、裏切り者が多すぎる。 こんなにバンバン裏切り者がでたら 見てる方は驚くより逆にシラけるって なんで分かんないかなー? ラストも…は?ですよ。 夢オチでしたくらいのこじつけ。 伏線も何もないこじつけ。 とってつけたようなこじつけ。 ひどいよーードラマファンなのによーー 前作は佐藤の死という大っきな展開の おかげでドラマチックになってたけど 今作はだめだ… あとAKIRAの演技がもう何だろうあれ 何なんだろうあれ、もう何なのよあれ 永山絢斗と加藤雅也はかっこよかった• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の