スワン 彗星。 C/2020/F8 スワン彗星 5.5等級! 増光中! スワン彗星は、アトラス彗星の代役を果たしそう!!

C/2020 F8 SWAN彗星 5月の明け方の空で肉眼でも見えるかも?

スワン 彗星

アウトバースト後の姿をとらえた。 極めて明るく、北東に延びる尾の複雑な構造が見られる。 CCD全光度は5. しばらく太陽の近くを通った後、9月下旬から明け方の東空で見えるようになりました。 当初、スワン彗星の明るさは最大で8等級止まりと予想されていましたが、9月の時点で早くも7等台まで増光して話題となっていました。 その後、10月には夕方北西の空で見やすい位置へ移動して、6等台になりました。 すでに予想を上回る明るさとなっていたスワン彗星は、ここ数日の間にアウトバーストを起こし、肉眼彗星にまでなりました。 おもな観測例を紹介します(以下、時刻はすべて世界時)。 アメリカのPhillip J. Creed 氏は10月22. 02日の時点で彗星が6. 2等の恒星状に見えていたことを報告しています。 10月23. 6センチメートル10倍)双眼鏡を使って観測を行い、彗星が8分角の広がりを持っていること、長さ0. 2度の尾があること、明るさが5. 8等であることを確認しました。 同氏は10月24. 75日にも観測を行い、明るさが4. 4等まで急増光したことを報告しています。 ベルギーのAlfons Diepvens氏は10月24. さらに肉眼でも観測できたとのことです。 スペインのJuan Jose Gonzalez 氏も10月24. 82日に肉眼で観測し、4. 3等だったと報告しています。 すぐ北に新宿副都心が見える明るい場所での観測でしたが、彗星らしい姿が驚くほどはっきり見えています。 コマは明瞭で、大きさは他の観測報告同様、10分角弱という印象です。 ひじょうに短いながらも、尾が伸びているのもわかりました。 じゅうぶん暗い空での観測なら、間違いなく肉眼で見えるでしょう。 スワン彗星は、日本でも日没後北西の空で見ることができます。 久しぶりの明るい彗星なので、ぜひ観測に挑戦してみてください。 アストロアーツニュースでは、今後詳しい情報が入り次第、随時その内容をお伝えします。 スワン彗星の位置(で作成)• <参照>• 星ナビ. com:• (吉田誠一の視天66「バーナード第2彗星が急増光 三彗星発見物語(前編)」 )、Observer's NAVI(明るい彗星が目白押し)• IAU Circular No. 国立天文台 アストロトピックス(252): <関連リンク>• 吉田誠一氏のホームページ:(MISAOプロジェクト、彗星、流星情報など) <関連ニュース>•

次の

C/2020 F8 SWAN彗星 5月の明け方の空で肉眼でも見えるかも?

スワン 彗星

5月はうお座からペルセウス座、ぎょしゃ座へと移動し、明け方の東北東の低空に見える。 また、下旬以降は夕方の北西の低空にも見える。 明るさは5等前後と予想されている。 薄明中の高度が非常に低いため、空の明るさや大気の影響などを強く受け、淡く拡散した彗星の像はかなり見づらくなる。 観察するには経験や慣れと好条件の空が必要となり、簡単ではないが、意欲のある方は挑戦してみよう。 赤道座標の星図。 日付横の括弧内は予想等級。 彗星は模式的に表現している。 星図はで作成。 画像クリックで表示拡大 5月の明け方の見え方(場所の設定は東京)。 上は背景の星座に対する位置を表し、下は日の出1時間前の高度を表す。 日付横の括弧内は予想等級。 彗星は模式的に表現している。 星図はで作成。 画像クリックで表示拡大 5月下旬~6月の夕方の見え方(場所の設定は東京)。 上は背景の星座に対する位置を表し、下は日の入り1時間後の高度を表す。 日付横の括弧内は予想等級。 彗星は模式的に表現している。 星図はで作成。 の観測データやの情報などに基づいて計算しており、随時修正する可能性があります。

次の

2020年 C/2020 F8(SWAN) スワン彗星

スワン 彗星

5月はうお座からペルセウス座、ぎょしゃ座へと移動し、明け方の東北東の低空に見える。 また、下旬以降は夕方の北西の低空にも見える。 明るさは5等前後と予想されている。 薄明中の高度が非常に低いため、空の明るさや大気の影響などを強く受け、淡く拡散した彗星の像はかなり見づらくなる。 観察するには経験や慣れと好条件の空が必要となり、簡単ではないが、意欲のある方は挑戦してみよう。 赤道座標の星図。 日付横の括弧内は予想等級。 彗星は模式的に表現している。 星図はで作成。 画像クリックで表示拡大 5月の明け方の見え方(場所の設定は東京)。 上は背景の星座に対する位置を表し、下は日の出1時間前の高度を表す。 日付横の括弧内は予想等級。 彗星は模式的に表現している。 星図はで作成。 画像クリックで表示拡大 5月下旬~6月の夕方の見え方(場所の設定は東京)。 上は背景の星座に対する位置を表し、下は日の入り1時間後の高度を表す。 日付横の括弧内は予想等級。 彗星は模式的に表現している。 星図はで作成。 の観測データやの情報などに基づいて計算しており、随時修正する可能性があります。

次の