リトリート バー。 【東京|新宿】RETREAT(リトリートバー)

【身分証必要?】新宿ハプニングバー「リトリートバー」に潜入!(昼間と夜間料金、イベント)

リトリート バー

思うように仕事が進まず上司に叱られ落ち込んだり、 最近彼とうまくいってなくて眠れない夜を過ごしたり、 女同士の面倒な付き合いにうんざりしたりと 気付かないうちに日々、たくさんのストレスを貯めこんでしまっているそんなあなたに! ぜひおすすめしたい、バリ島・ウブドで体験できるリトリートステイ。 リトリートとは、日常生活から一旦切り離し、自分自身の心と体をデトックスさせ、リフレッシュすること。 ストレス社会でいつも頑張っているあなたに、日々の喧騒から逃れ、神々の住む島と呼ばれるバリ島の山奥にあるウブドで、ちょっぴり贅沢なご褒美旅を満喫できる7つのヴィラをご紹介。 1 1泊から体験できるプログラムから 10日間のロングステイまであなたにぴったりあう滞在コースを見つけることができるヴィラ。 アーユルベーダ料理やアーユルベーダトリートメント、1日2回のヨガレッスン、食生活やライフスタイルに関するセミナーなど、女性には嬉しい内容が盛りだくさん。 贅沢に時間を使って本格的にじっくり自分と向き合いたい方におすすめ。 料金: 2名 1室利用 おひとり様あたり 312,000円~( 6泊7日朝昼夕食付き) 2 全室6部屋という小さな規模。 その分、食事はすべてルームサービス、ウブドまでは送迎無料など、スタッフが宿泊客ひとりひとりに細やかなサービスを提供してくれるそんなホスピタリティあふれるヴィラ。 静けさの中から聞こえてくる、自然の音を楽しみながら、ヴィラから望める素晴らしい景色を存分に独り占めしたくなるまさに大人の隠れ家。 料金: 2名 1室利用 おひとり様あたり 147,000円~( 6泊7日朝食付き) 3 たった9部屋の小さなヴィラなので、静かにゆったり過ごしたい方におすすめ。 スタッフと共にウブドの村を散策できるツアーや、ジュクツパク村で若返りや負のエネルギーを取り除くという伝説が今も残っている噴水をめぐるピクニックツアーなどユニークなアクティビティに参加できる。 料金: 2名 1室利用 おひとり様あたり 96,000円~( 6泊7日朝食付き) 4 公式サイトでオンライン予約をすると、 2連泊以上で日本でも大人気、南仏プロヴァンスのスキンケアブランド「ロクシタン」を使用したスパトリートメントが無料で体験できるキャンペーン中。 日本語対応スタッフが常駐しているので英語に自信がなくても大丈夫。 ヨガはもちろんのことバリニーズダンスレッスン、ウブドの自然をたっぷり満喫できるネイチャートレッキングなどアクティビティが充実。 リーズナブルに癒されたい方におすすめ。 料金: 2名 1室利用 おひとり様あたり 46,700円~( 6泊7日から朝夕食付き) 5 ウルワツはサーフスポットとして有名なエリアに位置するこちらのヴィラでは毎朝ヨガレッスンが行われ、その後ヴィラから眺める素晴らしい海の眺めと共に朝食をいただけるという贅沢が味わえる。 ウェディングやパーティーなどのイベントを行うこともでき、家族や友人、気兼ねない仲間たちと非日常的な空間で素敵な思い出作りをしてみるのもいいストレス発散になること間違いなし。 料金: 2名 1室 おひとり様あたり 59,600円~( 6泊7日朝食付き) 6 バーグスジャティヘルスアンドウェルビーイング バリ島で初の健康で豊かな暮らしをコンセプトにしたリゾートリトリート施設。 アクティビティはとても充実していて、毎朝のヨガクラス、ネイチャーウォークや瞑想クラス、ジャングルトレッキング、ビレッジサイクリング、アーユルベーダトリートメント、クッキングレッスンで作ったメニューをそのままランチでいただけるなど、五感をたっぷり使ってストレスを開放できるプログラム多数。 予約するプログラムによって1日のスケジュールがおおよそ決まっているため、何かに没頭してウブドの大自然を満喫しながらリトリートしたい方におすすめ。 料金: 2名 1室 おひとり様あたり 68,900円~( 6泊7日朝食付き) 7 ザ アレナ リゾート 緑豊かなトロピカルジャングルと圧巻のライステラスの中に佇むリゾート施設。 アクティビティは毎朝のヨガレッスンに始まり、ライスフィールドトレッキング、民族衣装体験やバリ舞踏レッスンなどを堪能できるバリニーズ文化体験プログラム、浄化沐浴を楽しめる熱帯雨林ピクニック、キンタマーニ活火山やウブド近郊をめぐる観光ツアーなど目白押しで用意されている。 様々なアプローチで自分自身にあったデトックス方法を見つけることができるので、毎日違ったバリ島を満喫できることは間違いない。 料金: 2名 1室 おひとり様あたり 59,000円~( 6泊7日朝食付き) ストレスの発散や心身のデトックス、リフレッシュ方法は千差万別。 バリ島・ウブドであなただけのリトリートプログラムがきっと見つかるはず。 ヴィラによっては2泊以上から予約可能というところもあるのでご注意ください。

次の

【第5弾】OLがハプニングバーに行ってみた。番外編

リトリート バー

2019年8月に「NIPPONIA 小菅 源流の村」が誕生しました。 インテリア写真を重点にご紹介します(ちなみに名作家具たちが本当に素敵です!) 都会の喧騒からたった2時間。 本物の豊かさを感じるリトリート施設 小菅村は過疎化問題もあり人口がピーク時の3分の1にまで減り700人。 このホテルも課題解決のための一環です。 村の人口が減ると、首都の水がめである森林を維持できなくもなります。 実際に来てみると本当に空気も澄んでいて、出して頂いた多摩川源流の源流水はまろやかで本当に美味しい。 景色には緑しかなく、鳥のさえずりや水の流れる音…。 都会の喧騒からたった2時間で、本物の豊かさを感じるリトリート施設になっております。 都内勤務後、オーストラリア留学を経て、2019年2月に移住された谷口峻哉さん ここを運営しているご夫婦にも注目です。 今回は旦那様の谷口峻哉さんにお話を伺いました。 元々奥様とは以前の職場であるホテルでの同僚。 その後お二人はオーストラリアに移住され、帰国後こちらのプロジェクトをしりマネージャーに応募されて移住されたそうです。 しかも、私の出身の立命館とかちかい関西大学のご出身で、88年生まれと1つ上。 そんな歳の方がここまでの振り切った人生にチャレンジされてる姿にリスペクトです。 地元名主で、村の玄関でもあったホテルのもとになる細川邸は150年以上前に建てられた合掌造の古民家。 空き家になって数年後にリノベーションされて、「SKETCH」が空間コーディネートを手掛けました。 無理やり地方に価値をつけようとしてこねくり回して、本当にメリットがあるのか?と。 企業でも同じですが、必要な新陳代謝や淘汰はあって然るべきと思っていたからです。 しかし、今回実際に訪れて、体験して、完全に考えは変わりました。 こんな顧客体験が失われるなんて勿体ない。 本当に価値ある体験が出来るし、こんな建築物も一度潰すともう建たない。 近代建築が大好きなわたしですが、都心でも耐震の問題で潰されていくあの無念さと同じものを感じました。 本質的な豊かさを実感したのです。 情緒的価値がここまで高いのも、この立地、建物、リノベーション、スタッフ、地元の美味しい食材…全てが揃ってこそですね。 いやぁ、百聞は一見にしかず。 改めて地方の魅力を感じ、デザインのチカラでの再生力、古さと新しさのミックス(文化もデザインも)、こんな時代だからこそのこの体験の必要性を実感しました。 我々リグナでもこういったプロジェクトに参加したいと強く思いました。

次の

【ダナン・ベトナム】ナマン リトリート/ホテル詳細|海外旅行はトラベルスタンダードジャパン

リトリート バー

今回は新宿のハプニングバー「リトリートバー」のリアルな口コミや体験談や評判を書いているブログをまとめてみました。 この記事で紹介するブログは、出会い系のアフィリエイトをオススメしてくるようなブログは除いています。 アフィリエイトで小銭稼ぎのために、ハプニングバーの記事を書いている人のブログではなく、純粋に「リトリートバー」はどんなお店だったのか?わかるように書かれているブログについて紹介していきます。 「リトリートバー」のリアルな体験談を知りたい人は読んでみて下さい。 YouTubeでリトリートについて紹介しています。 ハプニングバー特化のYouTubeチャンネルを運営しています。 良かったら動画をチェックしてみて下さい。 高評価とチャンネル登録もお願いします。 新宿の「リトリートバー」のリアルな体験談や口コミブログをまとめてみた リトリートバーについて、記事を書いているブログは以下になります。 1つ1つ詳細について書いていきます。 28歳(年齢=彼女なし)の婚活 婚活ブログなのにハプニングバーについて書かれていました。 記事はこちらです。 「」 出会い系をオススメするハプニングバーブログについても以下のように書かれていました。 よくハプニングバーを紹介するblogで出会い系で女の子と一緒に行くことを勧める記事がありますが、信じないでください! あんなの出会い系を勧めるアフィリエイト目的でしかないです。 基本的に単独男性が多くて次いで単独女性、カップルは稀にいる程度。 お店にきている人は単独男性が多いので、ハプニングバーに興味のある男性は単独でお店に行った方が良い。 色んなお店に行っているようで、リトリート以外にも「浅草のシャングリラ」や「新宿のカラーズバー」についても書かれていました。 参考になる部分は多いと思うので、良かったら読んでみて下さい。 グループセックス 出会い系をオススメするようなアフィリエイトブログのようなサイト名ですが、広告とかつけずに記事が書かれていました。 掲示板サイトの「2ちゃんねる」や「5ちゃんねる」の書き込みを切り取って紹介しているようなサイトです。 リトリートを理解するのに、有効な情報について掲載されていました。 ブログ記事はこちらです。 「」 リトリートと「渋谷の眠れる森の美女(SB)」の比較などが書かれていました。 ハプニングバーの情報を集めている人にとっては参考になるかと思います。 30代からのリーガルナンパ術 ナンパ師の方のブログです。 記事はこちらです。 「」 実際に自分でお店に行って感じたことなどが書かれています。 詳しい内容に関してはブログを確認してみて下さい。 まとめ 新宿のリトリートについて書いているブログが少ないと感じました。 有名店なので、もっと記事が書かれていても良いとは思います。

次の