丘 を 越え ゆ こう よ。 あの丘越えて: 二木紘三のうた物語

丘を越えて

丘 を 越え ゆ こう よ

NHK連続テレビ小説「エール」に登場する歌手・山藤太郎についてまとめます。 「丘を越えて」「青い山脈」「ラジオ体操の歌」などを歌った国民栄誉賞歌手・藤山一郎がモデルになっていると考えられます。 「丘を越えて」を歌う山藤太郎 主人公・古山裕一(窪田正孝)が「コロンブスレコード」の専属作曲家になると、もう一人の未来の天才作曲家・木枯正人(野田洋次郎)と出会うことになります。 裕一と木枯は不遇の時代を励まし合いながら切磋琢磨していくのですが、木枯は天才歌手・山藤太郎と出会ったことで、一足先に作曲家としての才能を開花させていきそうです。 山藤太郎は慶応義塾大学を卒業後に音楽学校の声楽科で学び、金を稼ぐために流行歌を歌うことになります。 山藤太郎の豊かな歌唱表現にも触発され生み出された木枯の曲 「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」は、広く大衆の心をつかむヒット作となり、以降木枯は国民的作曲家への道を歩み始めることになります。 祖父は三味線奏者・清元榮三郎、曾祖父は浄瑠璃の語り手・清元志寿太夫でいずれも人間国宝。 僕の演じる山藤太郎役のモデルとなる藤山一郎さんは僕の曽祖父・清元志壽太夫と交流があったそうだ。 名前やシチュエーションから考えて、山藤太郎は昭和の国民的歌手・藤山一郎がモデルと考えられます。 東京・日本橋の裕福な商家の家に育ち、幼少期からピアノや高度な音楽教育を受けていた藤山一郎。 1929年(昭和4年)、慶應義塾普通部から東京音楽学校予科声楽部(現在の東京藝術大学音楽学部)に進むと、将来を嘱望されるクラシック歌手として教育を受けています。 ところが1930年代に巻き起こった世界恐慌の影響で、家業が多額の借金を抱えて廃業。 藤山一郎も家計を助けるために、レコードに歌を吹き込むという仕事を予期せぬ形で始めています。 こうした経緯で巡り会ったのが、後に同じく国民栄誉賞を受賞することになる若手作曲家・古賀政男(日本コロンビア専属)でした。 古賀政男と組み「丘を越えて」「酒は涙か溜息か」が大ヒット 当時まだ実績のなかった古賀政男は、豊かな技量と表現力ある歌声を持つ藤山一郎と組むと、 「丘を越えて」「酒は涙か溜息か」(1931年)という大衆歌謡の傑作を生み出します。 当時のマイクロフォンの特性を活かす「クルーン唱法」と呼ばれる囁やきボイスで歌い上げた「酒は涙か溜息か」は100万枚を超える空前の大ヒットを記録。 以降、藤山一郎と古賀政男は広く世に知られるアーティストになっていきます。 ビクターの専属歌手となっています。 美声は健在。 1936年(昭和11年)には移籍先のテイチクでヒット曲 「東京ラプソディ」(作曲・古賀政男)を発売。 戦時中は戦時歌謡、軍歌を多数歌い、南方慰問団にも参加。 魚雷攻撃を受けるなど緊迫の戦況の中、ボルネオ、ジャワなどの南方各地で慰問活動を行い、無事帰国を果たしています。 戦後の1949年(昭和24年)には日本歌謡史に残る名曲 「青い山脈」(作曲・服部良一)のほか、敗戦国・日本への鎮魂歌 「長崎の鐘」(作曲・古関裕而)といったヒット曲を発表。 「第1回NHK紅白歌合戦」では白組キャプテンとして出場し大トリを務めるなど(「長崎の鐘」を歌った)、国民的歌手として活躍を続けています。 生前に国民栄誉賞を受賞 亡くなる前年の1992年(平成4年)、「正当な音楽技術と知的解釈をもって、歌謡曲の詠唱に独自の境地を開拓した」「長きに渡り、歌謡曲を通じて国民に希望と励ましを与え、美しい日本語の普及に貢献した」として、国民栄誉賞を受賞。 名コンビだった古賀政男は、1978年(昭和53年)に死去すると、その一ヶ月後に国民栄誉賞を受賞しています。 関連記事 ・ ・ ・ ・.

次の

経路図(ルート案内)

丘 を 越え ゆ こう よ

作詞:菊田一夫、作曲:万城目 正、唄:美空ひばり 1 山の牧場 (まきば)の 夕暮れに 雁 (かり)が飛んでる ただ一羽 私もひとり ただひとり 馬 (アオ)の背中に 眼をさまし イヤッホー イヤッホー 2 お花畑の まひるどき 百舌 (もず)が鳴いてる 雲の上 私はひとり ただひとり 遠い都を 思い出し イヤッホー イヤッホー 3 山の湖 白樺の 影が揺らめく 静けさよ 私はひとり ただひとり 恋しい人の 名を呼んで イヤッホー イヤッホー 4 山の牧場の 星の夜 風に揺れてる 灯 (ともしび)は 私と同じ ただひとり 泣けば 悲しい山彦が イヤッホー イヤッホー 《蛇足》 昭和26年(1951) の松竹映画『あの丘越えて』(瑞穂春海監督) の主題歌。 汚れを知らぬ野性の少女(美空ひばり) と素朴な青年(鶴田浩二) が綴る愛と涙の高原物語。 (二木紘三) 先日来、身の回りの不要なものを処分しようと重い腰を上げたところでしたが、出てきました!出てきました! 何と!私が小学5年生(昭和26年)頃の地元新聞での映画広告での「あの丘超えて」の新聞切り抜きが出てきました。 それにはビックリ・・・というのは、子どものころから映画・音楽会・演劇など何か観に行ったり聴きに行ったものについては、必ずと言ってほど入場券の半券・チラシ・パンフレットなどを集め、適当な紙箱に収納しておりました。 現在残っているのは、何故か、この「あの丘超えて」の新聞広告1枚だけが残っています。 その新聞記事の内容では、 「あの丘超えて」の表題の上に鶴田浩二・美空ひばりが寄り添っての顔写真、それを囲むように、 「人気絶頂!唄いまくる! 美空ひばり・鶴田浩二!」 全映画フアン待望の顔合わせ成る! 白樺の高原にこだまする愛と涙と笑いの溢れる哀愁の純愛巨編! 十一月一日松竹系一斉封切・・・ ほんとに懐かしいですね! 現在では、先ず見かけることはないでしょう! 今振り返ってみれば、当時のことが懐かしく想い出されます。 映画の中では、当時、鶴田浩二が27歳・美空ひばりが14歳の時で、鶴田浩二扮する大助(大学生で万里子の家庭教師)と美空ひばりが扮する万里子(勉強どころか各所で主題歌等を唄いまくる)の二人が馬に同乗・・・白樺の高原を颯爽と駆け抜けるシーンでは、主題歌とともにこの映画での印象に残る最大のシーンのように思えます。 それにしても、いつも思うのですが、二木先生のその曲にマッチしたアレンジと見事な演奏に感服の至りです。 ありがとうございます。 これからも心に染み入る曲を心待ちにいたしております。 投稿: 一章 2017年11月 5日 日 21時41分 今でも青春 さま 早速の私のコメント、心に留めていただき恐縮です。 「今でも青春」さまのグラウンドゴルフでのユーモアたっぷりのコメント・・・バックスクリーン(あの丘)越えてのホームラン!だと思います。 ありがとうございました。 以前から、「今でも青春」さまのコメントを拝読いたしておりますが、私も、コメントを書きたい気持ちは充分にありますが、先輩諸氏のコメントを拝読いたしておりますと、抒情性豊かな深みのある内容に近づけそうもないようですが、「うた物語」に集う仲間の皆さんの後押しを受けながら書き続けたいと思います。 「今でも青春」さま、お互いに頑張りましょう! ありがとうございました。 投稿: 一章 2017年11月 6日 月 20時00分 就学前に、父親の肩車で近くの映画館によく連れて行ってもらいました。 上映前や終映後、館内では色んな流行歌が流れていましたが、中でも記憶に強く残ったのが『黒百合の歌』とこの『あの丘越えて』でした。 歌詞は殆ど解らずとも、覚えやすいメロディが、幼い私を強く惹きつけたのでしょう。 今でもこの二曲のイントロを聴くと、身体に電気が走るような気持ちになり、その頃の映画館の様子が浮かんできます。 昨日の『NHKのど自慢』で、80歳の女性が『あの丘越えて』を唄いました。 年齢を多少加味しての合格評価もあったかも知れませんが、文句無しの鐘3つだったと私は思っています。 投稿: かせい 2018年12月10日 月 10時17分 コロナさえなければ、間違いなく愛車を駆って 好きな能勢路~丹波篠山辺りまで里山散策に出かけたであろうと思わせるような今日の好天気です。 大好きな「高原の旅愁」「丘は花ざかり」と、リクエストして頂き、越村さん・権兵衛さん・yasushiさん ありがとうございます。 何度も何度も 口遊みました。 そしてあの壮大な信州の山並みやいろんな人達との触れ合いを思い起こしながら、30年前の懐かしい思い出に浸っています。 八ヶ岳南麓 甲斐大泉の友人のペンションの近くにオープンしたばかりの八ヶ岳倶楽部で、オーナーの柳生博さんとお近づきになり、私のかみさんのことを市原悦子さんかと思った?などと、大笑いしながら話したり、当時アンノン族で賑わった清里や清泉寮のソフトクリームの美味しかったこと、道祖神、美術館めぐりをした安曇野からの北アルプスの眺望やアルプスの雪解け水を湛えた梓川の清流や白樺林・・・そんな風景を思い巡らせながら、思わずヤッホー!コロナなんか飛んで行け!!と叫んでみたくなります。 コロナが飛んでいった後の あの山の向こうには、きっと幸せが待っている・・・三代目三遊亭圓歌の《山のあな~あな~》を聞くと幸せな気分になります。 投稿: あこがれ 2020年4月25日 土 16時25分 美空ひばりさんと同い年生まれということもあり、私は、高校生くらいまで、彼女の新しい歌が出るたびに、フォローして憶えたものです。 「丘を越えて」も、それらの歌の一つです。 その当時、鶴田浩二さんと共演の映画ができたことは知っていましたが、町の映画館まで出向いて、鑑賞するほどの余裕は、我が家にはありませんでした。 4年前の夏に、初訪問しました上高地の風景が思い出されます。 あこがれ様も触れておられますように、新型コロナ禍で、不要・不急の外出の自粛が叫ばれている昨今です。 果たして、この夏頃には、上高地などの信州の山岳風景を楽しむような、県外遠出が許されるほど、新型コロナ禍が沈静化しているだろうかと、気がかりですね。 投稿: yasushi 2020年4月26日 日 13時53分.

次の

考えごと: (16) あの丘越えて

丘 を 越え ゆ こう よ

作詞:菊田一夫、作曲:万城目 正、唄:美空ひばり 1 山の牧場 (まきば)の 夕暮れに 雁 (かり)が飛んでる ただ一羽 私もひとり ただひとり 馬 (アオ)の背中に 眼をさまし イヤッホー イヤッホー 2 お花畑の まひるどき 百舌 (もず)が鳴いてる 雲の上 私はひとり ただひとり 遠い都を 思い出し イヤッホー イヤッホー 3 山の湖 白樺の 影が揺らめく 静けさよ 私はひとり ただひとり 恋しい人の 名を呼んで イヤッホー イヤッホー 4 山の牧場の 星の夜 風に揺れてる 灯 (ともしび)は 私と同じ ただひとり 泣けば 悲しい山彦が イヤッホー イヤッホー 《蛇足》 昭和26年(1951) の松竹映画『あの丘越えて』(瑞穂春海監督) の主題歌。 汚れを知らぬ野性の少女(美空ひばり) と素朴な青年(鶴田浩二) が綴る愛と涙の高原物語。 (二木紘三) 先日来、身の回りの不要なものを処分しようと重い腰を上げたところでしたが、出てきました!出てきました! 何と!私が小学5年生(昭和26年)頃の地元新聞での映画広告での「あの丘超えて」の新聞切り抜きが出てきました。 それにはビックリ・・・というのは、子どものころから映画・音楽会・演劇など何か観に行ったり聴きに行ったものについては、必ずと言ってほど入場券の半券・チラシ・パンフレットなどを集め、適当な紙箱に収納しておりました。 現在残っているのは、何故か、この「あの丘超えて」の新聞広告1枚だけが残っています。 その新聞記事の内容では、 「あの丘超えて」の表題の上に鶴田浩二・美空ひばりが寄り添っての顔写真、それを囲むように、 「人気絶頂!唄いまくる! 美空ひばり・鶴田浩二!」 全映画フアン待望の顔合わせ成る! 白樺の高原にこだまする愛と涙と笑いの溢れる哀愁の純愛巨編! 十一月一日松竹系一斉封切・・・ ほんとに懐かしいですね! 現在では、先ず見かけることはないでしょう! 今振り返ってみれば、当時のことが懐かしく想い出されます。 映画の中では、当時、鶴田浩二が27歳・美空ひばりが14歳の時で、鶴田浩二扮する大助(大学生で万里子の家庭教師)と美空ひばりが扮する万里子(勉強どころか各所で主題歌等を唄いまくる)の二人が馬に同乗・・・白樺の高原を颯爽と駆け抜けるシーンでは、主題歌とともにこの映画での印象に残る最大のシーンのように思えます。 それにしても、いつも思うのですが、二木先生のその曲にマッチしたアレンジと見事な演奏に感服の至りです。 ありがとうございます。 これからも心に染み入る曲を心待ちにいたしております。 投稿: 一章 2017年11月 5日 日 21時41分 今でも青春 さま 早速の私のコメント、心に留めていただき恐縮です。 「今でも青春」さまのグラウンドゴルフでのユーモアたっぷりのコメント・・・バックスクリーン(あの丘)越えてのホームラン!だと思います。 ありがとうございました。 以前から、「今でも青春」さまのコメントを拝読いたしておりますが、私も、コメントを書きたい気持ちは充分にありますが、先輩諸氏のコメントを拝読いたしておりますと、抒情性豊かな深みのある内容に近づけそうもないようですが、「うた物語」に集う仲間の皆さんの後押しを受けながら書き続けたいと思います。 「今でも青春」さま、お互いに頑張りましょう! ありがとうございました。 投稿: 一章 2017年11月 6日 月 20時00分 就学前に、父親の肩車で近くの映画館によく連れて行ってもらいました。 上映前や終映後、館内では色んな流行歌が流れていましたが、中でも記憶に強く残ったのが『黒百合の歌』とこの『あの丘越えて』でした。 歌詞は殆ど解らずとも、覚えやすいメロディが、幼い私を強く惹きつけたのでしょう。 今でもこの二曲のイントロを聴くと、身体に電気が走るような気持ちになり、その頃の映画館の様子が浮かんできます。 昨日の『NHKのど自慢』で、80歳の女性が『あの丘越えて』を唄いました。 年齢を多少加味しての合格評価もあったかも知れませんが、文句無しの鐘3つだったと私は思っています。 投稿: かせい 2018年12月10日 月 10時17分 コロナさえなければ、間違いなく愛車を駆って 好きな能勢路~丹波篠山辺りまで里山散策に出かけたであろうと思わせるような今日の好天気です。 大好きな「高原の旅愁」「丘は花ざかり」と、リクエストして頂き、越村さん・権兵衛さん・yasushiさん ありがとうございます。 何度も何度も 口遊みました。 そしてあの壮大な信州の山並みやいろんな人達との触れ合いを思い起こしながら、30年前の懐かしい思い出に浸っています。 八ヶ岳南麓 甲斐大泉の友人のペンションの近くにオープンしたばかりの八ヶ岳倶楽部で、オーナーの柳生博さんとお近づきになり、私のかみさんのことを市原悦子さんかと思った?などと、大笑いしながら話したり、当時アンノン族で賑わった清里や清泉寮のソフトクリームの美味しかったこと、道祖神、美術館めぐりをした安曇野からの北アルプスの眺望やアルプスの雪解け水を湛えた梓川の清流や白樺林・・・そんな風景を思い巡らせながら、思わずヤッホー!コロナなんか飛んで行け!!と叫んでみたくなります。 コロナが飛んでいった後の あの山の向こうには、きっと幸せが待っている・・・三代目三遊亭圓歌の《山のあな~あな~》を聞くと幸せな気分になります。 投稿: あこがれ 2020年4月25日 土 16時25分 美空ひばりさんと同い年生まれということもあり、私は、高校生くらいまで、彼女の新しい歌が出るたびに、フォローして憶えたものです。 「丘を越えて」も、それらの歌の一つです。 その当時、鶴田浩二さんと共演の映画ができたことは知っていましたが、町の映画館まで出向いて、鑑賞するほどの余裕は、我が家にはありませんでした。 4年前の夏に、初訪問しました上高地の風景が思い出されます。 あこがれ様も触れておられますように、新型コロナ禍で、不要・不急の外出の自粛が叫ばれている昨今です。 果たして、この夏頃には、上高地などの信州の山岳風景を楽しむような、県外遠出が許されるほど、新型コロナ禍が沈静化しているだろうかと、気がかりですね。 投稿: yasushi 2020年4月26日 日 13時53分.

次の