スパッタ リー クリア ギア。 スパッタリー使いのスパクリア初日!

メイン性能アップギアを付けたスパッタリーの感想

スパッタ リー クリア ギア

ギアの組み合わせについては、何個つけたらいいとかあると思いますが、そもそもギアをつける意味とはなんでしょう? 上手い人がつけているから正解なのか?それとも個人の立ち回りなのか?いや、武器に合わせや最高のギアがあるのか? それを考えるときりがありませんが、人それぞれ動き方がちがけれ場組み合わせによて変わりますので、その辺りをそれぞれのギアをつけたならという視点で解説していきたいと思います。 今回は、インク効率系のギアについて、スパッタリークリアを使う視点で考えていきたいと思います。 特にお世話になったギアでもあるので、使った感想としてもお話をしたいと思います。 特にスパッタリークリアはインク切れを起こしやすい武器です。 対面中でよくインク切れを起こすようであればつけてていいギアだと思います。 特にトーピードを投げた後は、スライドが4〜5回と通常はかなり少ないので、逃げ切れるかどうかも怪しいところです。 最悪、1人落として、その後的にやられるなんてことも少なくはありません。 2人以上を相手にするときは、特にスライドの回数は重要となりますので、前線に出る方もつけておくと便利なのではとおもいます。 また、エイムがずば抜けている方はあまりつけても意味がないように思います。 少ない弾数相手を倒せる方からするとそこまで必要がないようにも感じます。 また、イカニンジャなど使って潜伏する方にもそこまでいい影響はないかもしれないですね。 そもそも潜伏をする方はインクが常にたまりやすい状況ではあるので、インク管理ができている方は特にいらないように感じます。 1以上を積むのであれば、2つ投げれるくらいのインク消費量になります。 そのため、遠くから敵を邪魔したい方には相性のいいギアとなっています。 トーピード自体は変形したら壊されるので強くはないですが、味方と挟み撃ちで使うとなると、力を発揮しますので、とても強いように感じます。 メインよりもサブを中心に扱う方にはうってつけのギアですね。 いや、正しく言えば、一投目のボムが壊されない限りは投げれないといったほうが正しいです。 なので、トーピードを2つ投げるということはできません、 その点を理解した上で使うのであればいいですが、トーピードの特性を理解せずに投げることだけを考えている方は、ちょっとしか連続的に投げれないので、気をつけましょう。 立ち回り的に、前線に出ないのであればあまり効果を発揮しないと思います。 特にスパッタリークリアはインクが枯渇しやすいです。 また、塗りが整った場所で戦うことが多くなるので、トーピードの牽制が多くなりがちです。 そういった時に少しでもインクを早く回復し、敵陣に突っ込むような動きをするのであれば、この回復というのはとても大事になります。 イカ移動が多めという方や、潜伏が多い方は、むしろこちらを積んだ方がいいのかもしれないですね。 こういった方はなかなか回復する余裕がないので、相性が悪いです。 また意外とですが、ステルスジャンプなど前線ジャンプする方も同じです。 前線では回復をする機会が少なく、早めたとしても間に合わない可能性があります。 そういった意味では、ジャンプで飛べるところなどをしっかり熟練した方などがこれを使っていいとは思いますが、ジャンプ系との組み合わせは難しいかと思います。 3:まとめ いかがでしたでしょうか? インク効率系は、使い方によってはとてもいいかと思います。 ですが、スパッタリーにそこまで必要かと言われるとちょっと悩ましいところです。 もしスパッタリーを使ってみたいという方は最初の慣れとして使ってみるのもアリかと思います。 特にサブ効率はつけてみるだけ価値はあると思います。 他にもスパッタリー研究してますのでそちらも是非ご覧ください。

次の

スパッタリークリアのギア相性を考える(インク効率編)【スプラトゥーン2】

スパッタ リー クリア ギア

ポケットモンスター関連• 日本最強の男に学べ! ポケモンカード トレーナーズスクール!!• アニポケまであとちょっと! デュエル・マスターズ関連• 秘蔵イラストも公開!! イラストレーター 制作秘話リレー• デュエマ妄想構築録 イナズマイレブン関連• マル秘ネタ 電撃チラ見せ!! おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ゾイド関連• ゾイド生みの親徳山氏 5656万字!? 限界ロングインタビュー• 森茶先生本能執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ミニ四駆関連• 伝説マシン開発秘話 パズドラ関連• 大塚角満のモンスター美術館 マジック:ザ・ギャザリング関連• ドブフクロウのMtGブレイキングアカデミー フォートナイト関連• にゃんこ大戦争関連• まんがで!にゃんこ大戦争 もういっちょ!• トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる 驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。 「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。 H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。 おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。 チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。 あしん 『スプラトゥーン』でスパッタリー使いといえば、真っ先に名前が挙がる有名プレーヤー。 脅威のエイム力と反射神経の持ち主で、混戦の中でも正確かつ瞬時に相手をとらえ、次々と倒していくプレーはまさに圧巻。 その神がかりなプレーに魅せられたイカたちも多い。 「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」では千葉ロッテマリーンズ代表として出場するなど、実力と人気を兼ね備えたトッププレーヤーのひとりだ。 大会に向けてチームとしてどのような練習や、作戦を立てたりしましたか。 あしん:12月に甲子園に出たときは、いわゆる 「ナワバリで強い」と言われるような編成でやったんですよ。 イカスフィアを多く採用したりとか。 あしん:はい。 やったんですけど、結局うまいチームもそれと同じ編成をやってくるじゃないですか。 だから、 実力が上の相手と対戦したら 100 %勝てないという結論になったんですね。 それで、甲子園のとき僕はスプラマニューバーベッチューを持っていたんですけど、ほのかちゃんとはるちゃんが「あしんさんはスパッタリーを持って、ひたすら敵を倒すことを狙ったほうがいい」みたいな感じで言ってくれて。 そこからは 極端に尖らせた編成に変えましたね。 それで、ひたすらワンチャンを狙う。 ナワバリはもちろん開幕からの2分半も大事ですけど、残りの30秒がめちゃくちゃ大事なので、 ひたすらワンチャン通し続けて、うまくハマればという。 あとばるさんも言ってましたけど、僕らのチームの編成が1、0、3になっていたのはそういう事情からで、基本的には 僕がひたすら狙って、 3 人には自陣は塗られないようにずっと耐えてもらうみたいな戦い方だったんですよ。 チームとしてそういう戦略だったんですね。 あしん:NPBに出場していたのはどこも名だたるチームでしたし、それこそ優勝するとなったら強い人たちに絶対に勝たなきゃいけない。 でも、そういう人たちに 対面とか、実力では絶対に負けているので、そうなったらもうワンチャン狙うしかないという話になって。 どんな相手にも 1 回は刺さる自信はありましたし、それで勝ちになるのがナワバリというルールなので。 とくにこういう戦略でGGBOYZを倒そうというものはなかったんですけど、気持ちで「あそこには絶対に負けたくない」みたいな。 あとばる:甲子園で2連覇しているチームってのはどうしても目に付いちゃいますよね。 あしん:そうなんですよね。 これを倒すチームが現れるかも「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 」の大きな注目ポイントのひとつだった。 知識がありすぎて、「難しい」となって(笑)。 いまは、そこからさらに一歩進んで「ちょっとわかるようになってきたな」という感じなので、 本当に奥深いという印象ですね。 あしん:ガチマッチだと「自分が動いて、ワンチャン掴めばいい」という感じでいままでずっとやっていたんですけど、ナワバリってたとえ強くてやりやすい味方が揃っていても 、 ワンチャン通す動きをずっとやるよりは、 4 人でしっかり合わせた方が強いんだな、というのは思いましたね。 あしん:一番は練習時間の合わなさですかね。 僕らのチームには 小学生のメンバーがいるので夜遅くまで練習できないですし、僕とRazさんは社会人で逆に早い時間は難しいというのもあって。 あしん:あと、時間もそうなんですけど、以前加入していた別のチームのときにはモチベーションの違いもあって、そこらへんがすごく難しいなとも感じました。 たとえば、 毎日何時間もやりたいという人もいれば、「そんなにやらなくてもよくない?」という人もいたりみたいな。 今回のチームは全員モチベーションはめちゃくちゃあったんですけど、時間が合わなくてという感じで、なかなかうまくいかないなと。 なあなあで。 「今日やる?」といった感じで、時間も決めずにやっていて。 でも、オンライン甲子園で優勝したあたりから「ちゃんと決めて集中してやろうぜ」となって、そこからは月曜と木曜は完全にオフにして、平日だと火曜、水曜、金曜の8時から11時までという感じで時間を決めてやる形にしていますね。 あとばる:はい。 以前はとにかく時間をかけて練習したいという感じだったんですけど、やっていくうちに 「無駄に長時間やっても逆に能率が悪いね」という話になって。 ちゃんと休みを入れつつ、練習するときは集中して密度濃くプレーしていこうという感じですかね、うちは。 あしん:なるほどー。 あとばる:でも、メンバーが小学生となるとちょっと無理できないですもんね。 夜は22時くらいまでですか? あしん:ウチは22時まででしたね。 「スプラトゥーンばっかりやっていて成績が落ちた」とかになったらアレですし。 あとばる:そうですよね。 全然考えていなかったですけど、小学生と一緒にやるってそういうことなんだなと。 うなづきながら聞いていましたもん。 なるほどって。 扱いがすごく難しいんですよ。 めちゃ楽しいんですけど、全然通用しなくて嫌になっちゃう人は多いなという印象があります。 あしん:違いますね。 スペシャルのスーパーチャクチは正直イマイチですけど、そこは目をつぶっている感じですね。 あとばる:スパッタリーって3種ありますけど、それぞれ強みってなんだと思います? 普通のスパッタリーもエリアだと前に流行ったじゃないですか。 デボン海洋博物館とか。 あしん:流行りましたね。 あとばる:最近はエリアだともうクリア一択なんですかね。 あしん:いや、バランスでいえば、たぶん 3 種類の中だと普通のスパッタリーが一番強いですよ。 どのルールでも強いんじゃないかな。 まあ、スパッタリーが強いというより、 キューバンボムピッチャーとジャンプビーコンが強いと言った方が正しいんですけど。 ただ、あまり使われない理由としては、キャンピングシェルターとクーゲルシュライバー・ヒューがジャンプビーコンを持っているので、だったらスパッタリーよりもそっちでいいでしょという感じで。 スパッタリーも強いんですけど、 ボムピッチャーの使い方が相当うまくないと持つ理由はないのかなと。 で、スパッタリー・ヒューはなんか中途半端なんですよね。 それこそクーゲルシュライバーが出ちゃったから、アメフラシも「うーん」って感じだし。 あとばる:サブのポイズンミストもそもそも、「うーん」って感じですもんね。 あしん:そんな中で、 ちょっと変わった立ち回りができるのがスパッタリークリアで、これはやっぱりサブのトーピードが強いんですよね。 1度、復活時間短縮のギアをめちゃくちゃ積んだときに思ったのは、これだったらクアッドホッパーでいいなと。 なので、基本はインク効率アップ(サブ)のギアを積んで、 トーピードをどうにかうまく使うほうが強みを発揮しやすい。 ずっと使ってる自分が言うのもなんだけど、スパッタリーってどれもなにかしらの下位互換なんですよね。 あとばる:なるほど。 あしん:なにかしらの下位互換なんですけど、魅力はあるので使っちゃうという感じですね(笑)。 All Rights Reserved. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

スパッタリークリア

スパッタ リー クリア ギア

本日スプラトゥーン2はVer4. にアップデートされましたね。 とりあえず今回の目玉ともいえる『 メイン性能アップ』を スパッタリー及び スパッタリー・ヒューをもって使ってみました。 どのようにメインの性能が上がるのか、実戦でも使ってみた経験を含めて紹介と感想を述べていきます。 これはのが当たりました。 常時ダメージアップなので予想よりも良い結果が得られたと言えるでしょう。 最近スパッタリー使っててムカつくのが『威力減衰のせいで倒しきれない』ことが多すぎなことです。 というか射程が環境を支配してて近づくのさえ困難なんですから、せめて減衰くらい何とかしてほしいという願いがあったんです。 ただ、このダメージアップは マニューバー系のブキ全部に当てはまります。 ……まぁ、これに関して思うところは後日記事にした際に改めて語りたいと思います。 というわけで調べました。 結果は以下の画像の通りになります。 表:スパッタリーのメイン強装着時の威力増加表 画像はPCだとクリック、スマホならタップしてもらえれば拡大します(それでも字が小さいのは配慮不足ですごめんね)。 左の数値データを元にグラフ化したものです。 グラフの 左軸数値は威力減衰時の最低ダメージ、右軸数値は最大ダメージです。 横軸はメイン強ギア装着数を表しており『 1. 0はメイン1個・0. 1はサブ1個分』を表しています。 あとギアを集めるのがとても大変なので、 一部のギア数装着時データは集めていません。 ここの数値は『 スパッタリーの最低ダメージ20以上、最大ダメージが40以上になる最低ライン』を示しています。 つまり、 メイン強ギア『 0. 7・1. 4・2. 1 』を超えるように装着した時は、曲射などの威力減衰を抑えて3確できる可能性を上げる最低数であることがわかります。 例えば撃ち損じて2発しか当てられなかった場合、敵には『80ダメージ』蓄積されています。 この時、 威力減衰しても最低ダメージ20を確保しているため『 1発カスあたりしたら倒せる』ようになります。 なので個人的にですが『 スパッタリーで運用するときの最低ライン』がこの数値ではないかと思いました。 メイン性能アップを付けたスパッタリーで戦ってみた感想 さて、実戦投入した場合に恩恵が見られるかどうかですね。 というわけでナワバリで試してみました。 もちろん上述した 最低ラインのギアを装備して挑みました。 ナイスダマやイカスフィアを割るのが早くなった(気がする) 実戦中、ナイスダマを割る機会がありました。 たぶん18発ぐらい必要だったのが、15発ぐらいに軽減されているように感じました。 また、実戦中イカスフィアとも遭遇しました。 味方ジェッパの支援があったので資料として確かなものではありませんが、普段ならまだ割れてないなと思っていたところで割ることができましたね。 これらの経験から『 疑似対物攻撃力アップ』に使えるなと思いました。 試していませんが、 バブルランチャーやホコバリアを割る時にも恩恵を感じるかもしれません。 威力減衰で仕留められない機会が減った スパッタリーは3確ブキですが、 2発までしか当てることができず途中で威力減衰により仕留めきれなかったという場面がよくあります。 最低ラインを確保することによって、明らかにその機会が減ったことが体感でわかりました。 例えばスパッタリーは逃げる相手を追うのが苦手です。 ですがメイン強のおかげで、普段なら逃がしていた敵を倒せる場面に遭遇できました。 また、普段から曲射になってしまう時も多々あるために仕留めきれなかった場面もたくさんありました。 以下の動画は先程と同様、メイン強のおかげで曲射でも3確できたシーンです。 総評 ここまでメイン強スパッタリーを褒めるように紹介してきました。 しかし総評としては『 微妙』であると言わせてもらいます。 なぜ微妙かというと『 人によっては必須じゃない』と感じたからです。 データの通り最低ラインを使って運用するのは、長くスパッタリーを使っていた私としても有効だと感じます。 特に相手を倒す役割を担うことが多い スパッタリー・ヒューでの運用なら悪くないかなと思いました。 ただ、赤スパだとビーコンの為にサブ性を付けたい人もいるでしょう。 それにメインで戦うにしても、 やはり短射程は短射程。 どうしてもデスする機会を減らすことはできません。 そのためにスぺ減などを積んでいるという人であれば、それを諦めてまで積むべきかというと私は思えません。 極めつけは、他ブキのメイン強の恩恵が頭おかしくてスパッタリーは霞んで見えるんです。 仮にスパッタリーで3. 9積んでも威力50を超えないことは、先ほど紹介したデータでも明らかだと思います。 以上で私のスパッタリーに対するメイン強の総評は• 疑似対物アップとして使うのはアリかも• 少なくとも威力減衰を抑えて戦う恩恵はあり、スパッタリー・ヒューなら有用だと感じる• 現状、全く持って必須のギアではない という結論で締めくくりたいと思います。

次の