ゲームクリエイター 仕事内容。 ゲームクリエイターになるには?ゲームクリエイターの仕事内容&年収

ゲームクリエイターになるには?ゲームクリエイターの仕事内容&年収

ゲームクリエイター 仕事内容

の仕事とは 私たちが日々遊ぶゲーム作品は、実にたくさんのプロフェッショナルたちが集結して作られています。 「ゲームクリエイター」とは一般的に、こうした「ゲームを作る人たち」のことを総称して使われます。 ゲームのシナリオを書く人、背景グラフィックを作るチーム、キャラクターを作成するチーム、ゲームシステムを作り操作性向上にたずさわるチーム、音楽を作るチームなどがあります。 その他チームを取りまとめるディレクターや、各ディレクターをまとめるチーフディレクター、ゲーム全体の総指揮をとり、人材や資金繰りにもたずさわるプロデューサーなどにより構成されます。 それぞれが自分の得意分野に基づいた役割を持ち、チームワークを存分に発揮しながら、一つの作品を完成させるために全力を尽くしていきます。 またスマートフォンが普及してからはゲームアプリを制作する人々も増えています。 個人で制作している場合は1人でひとつのゲームの全てを制作することもありますが、おもにはひとつのゲームに大勢の人が関わっています ゲームクリエイターの業務の内容 ゲームクリエイターの業務は、どのような部署に所属しているかによって違ってきます。 たとえば、 ・新しい作品の企画を立てて世界観を考える人 ・ゲームシステムやシナリオを作る人 ・BGMや効果音を作曲する人 ・キャラクターをデザインする人 ・現場監督としてスタッフをまとめる人 といった具合に、一人ひとりが得意分野に応じた役割を持ち、全員で協力しながら一つの作品を完成させていきます。 ここでは、代表的なゲームクリエイターの職種をいくつか挙げてみましょう。 プランナー 新しいゲームを生み出すきっかけとなるアイディアを出す人です。 「これからどんなゲームが流行りそうか?」「どれだけ売れそうか?」など 力も発揮しつつ、市場を理解した上で具体的な企画内容に落とし込み、仕様書を作ります。 また、シナリオ作成や作品のテスト、スクリプト言語を使ったプログラムのような作業を行うこともあります。 ディレクター 制作チームの中で、いわゆる「現場監督」としてチームをとりまとめる立場の人がディレクターです。 予定通りに制作が進行しているか把握しながら、各セクションのスタッフに指示を出したり、必要に応じて軌道修正を行い、クオリティの管理もおこないます。 全体を見渡しながら多くのスタッフをまとめ、適切な指示を出していかなければならないため、責任は重大です。 2Dの場合「ドット」と呼ばれる点で人物や背景などを描いていきますが、近年主流となっている3Dグラフィックではポリゴンという技術を用いて絵を表現します。 紙に書いた原画を提供する「キャラデザイナー」と呼ばれる人もいますが、おもに有名な や が担当することが多いです。 ゲーム内で使われる音楽を作る人です。 テーマ曲や戦闘用音楽だけでなく、ドアを開ける音やボタンを押す音など、細かな効果音(SE)も制作します。 音楽一つでゲームの印象をガラッと変えるため、現場と綿密な打ち合わせを行った上で、しっくりくる音楽を作り上げる必要があります。 DTM デスクトップミュージック というシステムを使用して楽曲の作成をする人が多くいますが、なんらかの楽器演奏の経験がある人が多いようです。 絵や音楽など、ゲームを成り立たせるための全ての要素をゲーム内に落とし込む作業を行うスペシャリストです。 具体的には、コンピュータに専門的な言語を使ってプログラミングを行い、バグが出なくなるまで修正を行う職種です。 デバッガー ゲームを実際にプレイしてみて、何か不具合がないかどうかを確かめる人です。 さまざまな方法でプレイをしてみて、不具合が出ないかひとつひとつ確かめる、根気のいる作業です。 不具合がある場合はプログラマーがデバッグという作業をして、不具合が出ないように修正をおこなえるように報告する仕事です。 ゲームクリエイターの勤務先・有名な企業 ゲームクリエイターとして働く人々が多く勤める組織は、ゲーム制作を中心とした企業です。 有名な企業では、ゲーム機の制作もおこなっている「任天堂株式会社」、映画『バイオハザード』で海外でも有名になった「株式会社カプコン」など、さまざまな企業が挙げられます。 ゲーム制作をおこなう大企業では、ゲーム以外のコンテンツも取り扱うことが多いですが、社員数も多いため、ゲーム制作チームはゲームのみに携わることがほとんどのようです。 それ以外に、ビジュアル関連のデザインやコーディングを担当する人は映像製作会社などに属する人もいます。 このような会社では、ゲーム制作以外に映画やアニメ制作に携わることもあります。 また同様にゲーム内の音楽やサウンドエフェクトを製作する人々は、音楽制作会社に勤務し、ゲームのほかにもさまざまな音楽シーンで活躍する人もいます。 ゲームクリエイターの仕事の流れ 一つのゲームができあがるまでの時間は長く、なかには数年、短くても半年程度はかかるのが普通です。 はじめに、プランナーが新作ゲームの企画書を作り、会議でプレゼンをおこないます。 プレゼンの結果企画が通ると、プランナーは次に「仕様書」という、より細かい仕様を盛り込んだものを作成します。 プロデューサーはゲーム制作に携わる人員確保や資金の管理を行います。 仕様書ができたら、それに沿ってシナリオライターが脚本を作成します。 またCGやゲームに使われる音楽、ゲームのシステムなどの制作をおこない、プログラマーが一つのゲームとしてまとめあげていきます。 プログラマーら制作チームと、プロデューサーやプランナーなど企画チームの間の調整をディレクターがおこない、現場監督の役割をにないます。 ゲームができあがったらデバッガーの出番です。 いろいろな方法でプレイをし、どのようなプレイをしてもバグ ゲームが進行しなくなるなどの不具合 が起きないか試します。 報告されたバグをプログラマーが修正すると、ゲームができあがります。 ゲームクリエイターと関連した職業 ゲームクリエイターと呼ばれる職種のうちのひとつで、無くてはならないのがゲームプログラマーという仕事です。 ひとくちにプログラマーと言っても仕事の内容はさまざまで、ゲームプログラミングをする人以外にもアプリを作るプログラマーやウェブ制作を専門とするプログラマーなどがいます。 サウンドクリエイター また、サウンドクリエイターと呼ばれる人のなかには、ゲームの音楽や効果音を作る以外にもオリジナルの楽曲を作り、販売する人もいます。 さらに、自分の作った楽曲に歌詞をのせて歌ってもらい売り出すといったような、楽曲以外のこともプロデュースする人たちもいます。 そのような をプロデュースする人もプロデューサーと呼ばれますが、普段はゲームとはまったく違う仕事内容をしている人たちです。 しかし、そのような楽曲のクリエイターがときおりゲームミュージックのプロデュースをすることもあります。 その場合は、 のもと、仕様書にしたがってサウンドクリエイターと同じような立ち位置で仕事をします。

次の

ゲームクリエイターになるには?ゲームクリエイターの仕事内容&年収

ゲームクリエイター 仕事内容

ゲームクリエイターの仕事内容とは? TVゲームやスマホゲームアプリなど、ゲーム作品を製作するにあたってはたくさんの人材が関わっています。 ゲームのテーマや世界観を決める人やストーリーを考える人、キャラクターや背景を製作するチームやシステムを構築するチーム、そしてBGMや効果音を製作するチームも欠かせません。 その他プロデューサーやディレクターなど、全体を指揮、管理する人材も含まれます。 ゲームクリエイターの多くはゲーム会社に入社して働くのが一般的です。 ただし、グラフィック系の職種に就きたい場合には映像製作会社に勤務したり、BGM製作などに携わりたい場合には音楽製作会社に勤めることもあります。 さて、ここでは特に代表的なゲームクリエイターの職種別に、それぞれの仕事内容について見ていきましょう。 プロデューサー ゲーム作品の製作における プロデューサーは人材の確保や予算管理、スケジュール管理などを行います。 ゲーム作品の製作を指揮、統括するリーダー的存在ですが、対外的な業務が多いため実際の作業へ具体的に関わることは少ないです。 ディレクター 一方で、 ゲーム作品の製作作業に直接関わりながら現場を指揮、統括するのがディレクターです。 ゲームの製作工程が予定よりも押していないか 遅れていないか をチェックしながら、必要に応じてそれぞれに指示を出します。 必要があれば作業の方向性の修正も入れます。 何かひとつのセクションについて専門的に進めるのではなく、全体の流れを常に細かく把握しておかなければならない仕事のため、偏りなく全体を俯瞰して捉えることが必要です。 ゲームプランナー ゲームプランナーとは、プロデューサーやディレクターの指示に基づいて、 主にゲーム作品の企画を行う職種です。 ゲームデザイナーと呼称される場合もあります。 そのゲーム作品がユーザーたちに面白いものになるかはゲームプランナーが鍵を握ると言い切ってもいいほど、重要な仕事です。 テーマや世界観、ゲームのシステムなどを細かく設定して企画書を作成し、それが通ればゲーム内のマップやパラメーター、各エリアごとのデザインなどをまとめた仕様書を作成します。 上記の仕様書は、プログラマーやCGデザイナーへの指示書として機能します。 最終的に双方の製作が完了したら、それが仕様書通りに稼動しているかをチェックするのもゲームプランナーの仕事です。 基本的にゲーム製作の全工程に携わることになるため、特に気が抜けない仕事です。 シナリオライター シナリオライターとは、企画時に決定したテーマや世界観に沿って ゲームのストーリーや登場人物たちのセリフなどを製作する仕事です。 場合によっては、企画内容やそのシステムをより深く理解しているゲームプランナーなどがそこまで引き受けることもあります。 CGクリエイター CGクリエイターとは、ゲーム作品内のキャラクターや背景のデザインを行う仕事です。 ただCGクリエイターと言っても仕事内容はさまざまで、 モデラー 物体の形を構築、色や質感をつける や アニメーター 先ほどの物体を動かすためのアニメーションを加える 、 エフェクトアーティスト 風や炎などの効果を加える などの職種に分かれます。 ゲーム作品の製作においてはイラストレーターや漫画家の方が任せられることが多いです。 サウンドクリエイター ゲーム作品の中で世界観を創出するのに欠かせないのが、オープニングやエンディング、戦闘シーン用のBGMや効果音です。 これら 楽曲の製作を担当するのがサウンドクリエイターになります。 あらかじめ決定したテーマや世界観から外れないように、緻密な打ち合わせを繰り返しながら製作を行います。 プログラマー ゲームを動かすには、そのシステムを構築するプログラミングを行わなくてはなりません。 この部分を担当するのがプログラマーです。 ゲームプランナーが作成した仕様書にしたがって、キャラクターや背景、BGMや効果音を正常に機能させるようにプログラミングを行います。 テストを重ね、最終的にバグがなくなるまで修正を繰り返す デバッグ 、根気が必要な仕事です。 デバッガー プログラマーが作業を終えた作品が問題なく機能するかどうか、 実際にプレイしてくまなくチェックするのがデバッガーと呼ばれるポジションです。 実際にユーザーの手元に届いた時に誰がプレイしてもバグがないよう、あらゆる方法でプレイ、テストを行います。 そこで実際に不具合を発見した場合には、デバッガーからプログラマーへ報告し、修正をかけてもらいます。 ゲームクリエイターの平均年収 キャリアガーデンのによれば、 ゲームクリエイターの平均年収は約300万円~600万円と数値にバラつきがあります。 国税庁のによれば 2019年の日本の平均給与は約441万円となっていますが、新人のゲームクリエイターはこれを下回る傾向にあります。 ただし、実績や経験を積んでいくうちに給与を上げていくことが可能です。 ゲームクリエイターのやりがいは? どのような仕事を続けるにも、モチベーションを保つことが重要になります。 最初は楽しく働けていても、慣れてくると好きではなくなってしまったり、楽しめなくなってしまうと仕事が苦痛なものとなってしまうからです。 だからこそ、仕事は自分がやりがいを持って働けるものを選ぶ必要があります。 そこでここではゲームクリエイターの仕事で得られるやりがいについて見ていきましょう。 仕事が作品として残る ゲームクリエイターのやりがいのひとつとして、 自分の仕事がひとつのゲーム作品として形に残ることが挙げられます。 ゲームクリエイターとして働き続ける中で、自分が携わった作品が増えれば増えるほど、自分がどれだけ頑張ってきたのかを肌で感じることができます。 チームで喜びを分かち合える ゲームクリエイターは上記でご紹介したような数多くの職種の人々が一丸となってひとつの作品を作り上げていきます。 作品を無事に完成させることができた時、 チームのメンバーで喜びを分かち合うことができ、やりがいをより一層大きく感じることができます。 嬉しいユーザーの反応を得られる ゲーム作品を完成させ、発売までを無事に終えることができたら、次に待っているのは自分たちの作品がユーザーに受け入れてもらえるかどうかのプレッシャーです。 中にはなかなか思うような反応を得られないことがあるかもしれませんが、逆に 作品の人気が出た場合や、「面白い」「時間を忘れてやり続けてしまう」といったポジティブなレビューなどを目にすることができると、自分の仕事に誇りを持つことができます。 ゲームクリエイターのメリット&デメリット やりがいの大きいゲームクリエイターの仕事ですが、他にもメリットがあります。 ここではデメリットも併せてご紹介いたしますので、ぜひ仕事選びなどにお役立てください。 ゲームクリエイターに就くメリット ゲーム作品の製作は、チーム一丸となって進めることができます。 作品の完成までに時間や手間をかければかけるほど、作品が完成した時のやりがいは大きなものとなります。 仲間と一緒に働き、やりがいを分かち合えることがゲームクリエイターのメリットです。 ちなみに、外部とのやり取りがない職種の場合には 髪型や服装が自由なことがほとんどです。 見た目に縛られずに働けることもまたメリットとなります。 ゲームクリエイターに就くデメリット ゲームクリエイターの仕事のデメリットとしてまず挙げられるのは、 残業が多い傾向にあることです。 バグやトラブルが生じた場合や、納期ギリギリになっても製作が追いついていない場合などには、残業に加えて休日出勤も必要となることがあります。 そのため、プライベートをより充実させたいと考えている方にとっては大きなデメリットとなります。 また、 ゲーム作品を完成させるまでには忍耐力が必要なこともデメリットとして挙げられるでしょう。 作品にもよりますが、中には数年に渡って製作を行うこともあります。 どんな作品でも、完成形を見てはじめて達成感を得るものです。 完成形を見るまでの数年間、辛抱強く作業し続ける根気が必要なのです。 なお、チームで働くことにはデメリットもあります。 常に同じメンバーと作業を進めることになるため、人間関係におけるストレスを感じやすかったり、時には意見が対立して腑に落ちないこともあります。 ゲームクリエイターといえば一人で黙々と作業を行うようなイメージがありますが、実際のところはメンバーと協力して仕事を形にしていく難しさがあるのです。 ゲームクリエイターに向いている人ってどんな人? 中にはゲームクリエイターを仕事選びの選択肢としてお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、どのような仕事にも向き不向きがあります。 就・転職に失敗しないためにも、本当に自分に合った仕事を選ぶことが大切です。 そこでここからは、ゲームクリエイターの仕事に向いている人とそうでない人の特徴についてそれぞれ見ていきたいと思います。 体力面、精神面共にタフな人 ゲームクリエイターは体力を必要とします。 残業が多い傾向にあるため長時間PC画面とにらめっこすることになり、 肩こりや腰痛、目の疲れが慢性化する方が多く、体力の消耗も著しいのです。 すると睡眠の質にも影響するため、人によっては体力面から仕事を続けることが難しいと感じることもあるでしょう。 また先ほども触れたように、チームで働く仕事のため人間関係や意見の対立に悩まされることが多く、短期間で気持ちを切り替えることができなければストレスを溜め込んでしまうことに繋がります。 そのため、ゲームクリエイターの仕事には 体力面、精神面共にタフな人が向いています。 チームで働きたい人 ゲームクリエイターの仕事では複数の人々と働くことになるため、さまざまな人脈を得ることができます。 また、ひとつのゲーム作品が完成した時にはチームで喜びややりがいを分かち合うことができるため、より大きな達成感を得ることができます。 ゲームクリエイターの仕事は チームで力を合わせて働きたい人に向いている仕事です。 自由な服装、髪型で働きたい人 ゲームクリエイターの仕事の多くは基本的に外部の人と関わることがないため、自由な服装や髪型で働くことができます。 一定の服装や髪型に縛られたくないという方にも向いています。 ゲームクリエイターを選ばない方がいい人ってどんな人? 一方で、ゲームクリエイターを選ばない方がいい人、向いていない人にはどのような特徴があるのでしょうか?こちらも簡単に見ていきましょう。 規則的な生活をしたい人 ゲームクリエイターは残業が多く、場合によっては休日出勤を余儀なくされることもあります。 特に、映像製作会社に勤めている場合には撮影場所へロケに赴くこともあります。 ゲームクリエイターは一般的に朝があまり早くない傾向にありますが、ロケがある場合には早朝に出発し、夜遅くまで現場で働くこともあります。 そのため、ゲームクリエイターは不規則な生活になりがちです。 規則的な生活をしたいという人には不向きであるといえます。 一人で黙々と働きたい人 繰り返しになりますが、ゲームクリエイターは基本的にチームで働くことになります。 人間関係に悩まされるリスクを減らしたい方や、一人で黙々と作業したいという方にとっては不向きな仕事であるといえます。 携わりたいものが決まっている人 ゲーム会社にもよりますが、特に大手企業に勤める場合、その企業が抱えている案件は多岐に渡り、中にはアーケードゲーム ゲームセンターに置いてあるようなゲーム機器 を取り扱っているところもあります。 ゲーム会社に勤めた場合、自分の意志には関係なく担当部署に配置されるため、 自分が「〇〇みたいなゲームの製作がしたい!」と思っていても、思い通りの仕事ができるとは限りません。 何年も携わりたい作品に携われないことがストレスの原因となり、辞める原因となり得ることにも繋がります。 そのため、 自分が携わりたい作品やゲームの方向性にこだわりがある人はゲームクリエイターに向いていません。 ゲームクリエイターに活かせる資格・スキル・経験 さて、ここからはゲームクリエイターの仕事に活かせる資格やスキル、経験についてご紹介いたします。 ゲームクリエイターに活かせる資格 ゲームクリエイターを目指すうえで必ず取得を求められる資格は特にありませんが、中には取得しておくと就・転職で有利に働くものもあります。 ここではそれぞれについて概要を簡単にご紹介いたしましょう。 C言語プログラミング能力認定試験 C言語プログラミング能力認定試験とは、プログラミング言語のひとつであるC言語を使用し、応用プログラムを作成するスキルを証明するもので、 ゲーム業界でもプログラマー向けの試験です。 1級、2級、3級と用意されておりますが、初心者の方にはC言語の概念の理解と簡単なプログラムの記述が求められる3級を受験するのがおすすめです。 受験資格は特になく、試験時間は3級が60分、2級が90分、1級が150分となっています。 2、3級は筆記試験でマークシートでの回答になりますが、1級はパソコンを使用する実技試験となっています。 受験料は3級から7,800円、6,400円、5,200円です。 CGクリエイター検定 CGクリエイター検定は、 ゲーム業界の中でもCGクリエイターにおすすめの検定です。 ゲーム製作その他のCG映像制作において、決められたシナリオや絵コンテ、限られた予算やスケジュールなどの中でCGソフトを適切に用いる能力や映像表現のスキル、CG理論の知識などを培うことができます。 これにはベーシックとエキスパートの2つのレベルが設けられており、ベーシックはCGなどの基礎について、エキスパートではCGアニメーションなどの専門知識が必要となります。 検定料はベーシックが5,600円、エキスパートが6,700円です。 ゲームクリエイターに活かせるスキル・経験 ゲームクリエイター全般に活かせるものとして挙げられるのは、 コミュニケーション能力と 体力、精神力、スケジュール管理能力です。 本記事でも繰り返し触れたように、ゲームクリエイターの仕事では関係各所との連携が必要となります。 そのため、最低限度のコミュニケーション能力がなければスムーズに業務を進めることができません。 また、体力や精神力がなければ続けていくことが難しい仕事です。 不規則な生活でも、残業が多めでも自分の目標のために頑張ることができる人でなければ務まりません。 なお、ゲームの製作には納期がつきものです。 作品が完成するならいつでもいいですよ、といったマイペースな案件はありません。 あらかじめ決められたスケジュールに則って作業を進められるようコントロールできる能力が必要なのです。 理想の転職を実現させたいなら さて、本記事ではゲームクリエイターの仕事についてお伝えして参りましたが、いかがでしたか?少しでも仕事選びのお役に立てていましたら幸いです。 しかし、中にはゲームクリエイターの仕事が自分に合わないかもと感じた方や、もっと他の仕事について知りたいという方もいらっしゃるでしょう。 そこでぜひ知っておいていただきたいのが 転職エージェントの存在です。 転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の転職支援サポートです。 たとえば私たち 第二新卒エージェントneoでは、第二新卒者をはじめとした若者を対象に、プロの転職アドバイザーがマンツーマンでご対応。 個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。 加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。 アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。 ご相談だけでもかまいません。 私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、仕事探しについて一人でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。 おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです 新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。 本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。 「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか? でも、「仕事探し」って実は難しくないんです! 仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。 「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。 可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。 しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。 これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。 共に楽しい仕事探しを成功させましょう!.

次の

ゲームクリエイターの仕事内容【スタディサプリ 進路】

ゲームクリエイター 仕事内容

ゲームプログラマーとは、ゲーム開発のプログラミング部分を担当する職種です。 設計されたゲームが動作するよう、Javaをはじめとしたプログラミング言語や、Unityといったゲームエンジンを使ってゲームを開発します。 ゲーム開発は、プログラマーだけでなくディレクターやデザイナー、サウンドクリエイターなどとチームを組んで開発します。 よって、技術スキルだけでなくコミュニケーションスキルも求められる職種です。 この記事ではゲームプログラマーの仕事内容をはじめ、やりがいや必要なスキルを解説します。 ゲームプログラマーとは まず、ゲームプログラマーの概要を解説します。 ゲームプログラマーとは、シナリオや演出などの仕様に沿って、ゲームが動くようプログラミングするエンジニアを指します。 主に、以下の流れでゲームを開発します。 ・開発環境を整える 最初に、プログラミングを行うための開発環境を整えます。 ゲームで使用する技術、ゲームエンジン、ミドルウェア等を検証し、プログラミングを行う開発環境を構築します。 また、開発現場によって使われるツールは異なりますが、コードのバージョン履歴を管理する「Git」や、ゲームプログラミングでよく用いられる「Visual Studio」(統合開発環境)などの設定を行います。 ・プログラミングを行う 開発環境を整えた後は、仕様書に沿ってプログラミングを進めていきます。 通常、ゲーム開発の現場では、複数のプログラマーが集まりチームで開発をします。 効果音やサウンドの設定、ゲームシステムの構築、シナリオ動作、メニュー画面の実装など、機能やフェーズごとに細分化し、担当分けを行なった上でプログラミングを行います。 プログラマーだけでなく、デザイナーやサウンドクリエイターとも協力して開発を進めます。 ・デバッグを行う 実装したプログラムが想定通りの動作をするかテストを行い、不具合があれば修正します。 デバッグは根気のいる作業ですが、ゲームの品質を保つ大切な作業です。 ゲームプログラマーのやりがい 続いて、ゲームプログラマーのやりがいを紹介します。 個人によって感じ方は異なりますが、ゲーム開発の現場でよく言われる代表的なものは以下のとおりです。 創ることの喜び 何かを創作することが好きな人は、作ることそれ自体にやりがいを感じます。 ストーリーやキャラクター、サウンドなど多くの要素が絡み合うゲームプログラミングには創作の機会が多くあります。 例えば、キャラクターの動作などをプログラムで制御します。 書いたプログラムコードに従ってキャラクターが動いた時などに、よろこびを感じる人は多いでしょう。 ゲームが完成した時の達成感 ゲーム開発には多くの労力が必要ですし、時には納期に間に合わせるために徹夜することもあります。 しかし、チーム一丸となって製作したゲームが市場に出たときには、苦労をともにした仲間と大きな達成感を共有することができるでしょう。 さらに、完成したゲームをユーザーとして楽しむときにも、やりがいを感じることができます。 最新技術に触れられる楽しさ 3DCGやVRなど、ゲームには最新の技術が活用されています。 これらは、ゲーム市場の拡大もあり、日進月歩で新しい技術が登場しています。 例えば、ゲームは従来2Dが常識でしたが、PlayStation VRなどの登場により、最新の3D技術やVR技術を使ったゲーム開発がますます増えています。 3DプログラミングやVRなどの最新技術が好きな人は、世界最先端のゲーム開発に携われるため大きなやりがいを感じることができるでしょう。 ユーザーからの評価を得られる喜び 自分が作成したものに対してユーザーからのフィードバックがあることで、やりがいを感じることができます。 フィードバックは、アプリストアのレビューやカスタマーサポートに届けられる意見などから確認することができます。 もちろん、良い評価もあれば悪い評価もありますが、昨今のゲームは一度作って終わりではなく、継続的に新機能やバグ対応、新ストーリーがリリースされますので、改善することで良い評価につなげることができます。 高い評価を得られれば、さらによいものを作りたいというモチベーションの向上にも繋がるでしょう。 ゲーム業界の種別と必要なスキル ここでは、ゲーム業界の種類と、業界別に求められるスキルを解説します。 ゲーム業界は「コンシューマーゲーム」「オンラインゲーム」「スマホゲーム」と主に3つの業界がありますが、どの業界のゲームを開発するかによって必要なスキルが異なります。 いずれの業界で働くにしても、ゲームプログラミングのスキルは必須です。 コンシューマーゲーム業界 コンシューマーゲーム業界とは、PlayStation、Nintendo Switch 、Wiiなど、コンシューマーゲーム機のソフトを制作する業界です。 ファミコン、DS、Wii、Nintendo Switchなどを生み出してきた任天堂、PlayStationを開発しているソニーといった代表的な企業があります。 業務システムの開発など、他の開発領域でもよく使われる言語ですが、ゲーム開発ではゲームイベント制御やキャラクター制御など、ゲーム業界特有の開発が発生します。 よって、C系言語の経験者の中でも、何かしらのゲーム開発経験がある方が評価される傾向にあります。 オンラインゲーム業界 インターネットを利用したオンラインゲームの特徴は、ネットワークを介して多くの人と一緒にゲームができる点です。 複数の人が同時に楽しめるRPGや、SNS上で提供されるソーシャルゲームなどがあります。 求められる言語スキルは、Java、PHP、Ruby、Pythonなどです。 また、Linuxサーバーを中心としたWebサーバーや、MySQL、PostgresなどのWeb開発で多用されるデータベースの知識・スキルまで求められる場合もあります。 スマホゲーム業界 スマホゲーム業界とは、iPhone、Androidでプレイするゲームを開発する業界です。 スマートフォンの普及に伴い、多くの企業がスマホゲームをリリースしてきました。 使用する言語は、iOSであればSwiftまたはObjective-C、AndroidであればJavaまたはKotlinです。 Apple DeveloperやGoogle Developersなどのプラットフォームを活用することもありますので、必要に応じてこれらのスキルも身につけましょう。 ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。 最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。 一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。 また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。 キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。 お気軽にご相談ください。

次の