ガボール パッチ。 見るだけで目が良くなる【ガボール・アイ】制作者の眼科医がやり方を解説 (1/2)

視力の回復だけではない! 話題の「ガボール・アイ」が持つ、働く人の嬉しい効果とは? 『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』

ガボール パッチ

どの方法で実践しても、見えにくいものを見ようとするだけのことです。 ですが、その単調さが詰まらなさにつながる場合には、継続するのが難しいしょう。 わたしが採用したのは、スマホ・アプリ「視力回復地獄」を使っ方法です。 スマホ・アプリ「視力回復地獄」 一応、ゲーム「マッチ3パズル」になっていますが、単調さが払拭されているわけではありません。 「地獄」と命名するほどには単調ではありませんが、攻略する気持ち良さもないです。 それでも、ただ単に「ガボール・パッチ」を眺めるよりは、単調ではないかもしれません。 折角、スマホ・アプリになっていますが、「空き時間に楽しんでます!」といった使い方をしようとすると、やらないでしょう。 継続するためには、毎日決まった時間に実践するつもりで臨めば、都合によりやらない日が生じて、ちょうど良い頻度になるのではないでしょうか? 1日のプレイ時間は20分を上限とし、目を酷使しないように気をつけて下さい。 一週間に3〜4回程度のトレーニングを継続するのが良いとされています。 から引用 わたしは概ね、4〜6回/週程度実践していると思います。 1日のプレイ時間は、上限の20分を越えるまでやってます。 眼はだんだん疲れてくるので、見えにくいモノが更に見えにくくなってきます。 それでも淡々と「マッチ3パズル」を続ける、静かな意志が試されているつもりで挑戦しています。 無料で利用できます。 効果(実感) わたしは軽微な老眼ですが、視力測定はしていません。 「ガボール・パッチ」を始めるまでは、ゆっくりと確実に進行していたと思います。 老眼鏡の使い方は、方法です。 「ガボール・パッチ」を始めてしばらくたってから、(去年あたりから使わなくなっていた)度数0. 5を再度、並べて使っています。 何より、 老眼鏡を掛け忘れたまま、30分以上作業をしてしまうことが頻発するようになりました。 つまり、 文字の見えにくさを実感できなくなりました。 それでも、老眼鏡なしでしばらく作業すると、文字の見えにくさから、ふと老眼鏡のことを思い出す程度には老眼です。 眼が疲れることに対する耐性も向上した気がしています。 言い換えると、 眼の疲れを実感するまでの時間が延びた気がしています。 以上の実感から、まだしばらくはスマホ・アプリ「視力回復地獄」を続けて使っていくつもりです。

次の

「ガボール・パッチ」は本当に効いた!

ガボール パッチ

目が悪くなったら• メガネ• コンタクトレンズ• レーシック手術• オルソケラトロジー• 視力回復トレーニング メガネやコンタクトレンズをつけている人は多いと思います。 そのほかに、レーシック手術を受けて角膜の矯正をしている人もいるでしょう。 また、オルソケラトロジーレンズという、角膜の形を矯正するコンタクトレンズを就寝時につけることで、視力を回復する方法もあります。 しかし、レーシックやオルソケラトロジーは、コストや角膜矯正に対する不安であまりメジャーではない気がします。 そこで、お手軽にできる視力回復トレーニングを紹介します。 ガボール・パッチでガボール・アイ ガボール・パッチとは、縞模様の図形のことで、ガボールというのはというホログラフィーのすごい方(1971年にノーベル賞を受賞)からきています。 このガボール・パッチを使った視力回復トレーニングが、ガボール・アイです。 やり方は簡単、同じ模様のガボール・パッチを探すだけ。 書籍にもなっています。 目を良くしたい方、ぜひお試しあれ。

次の

目が良くなる?「ガボールパッチ」に挑戦してみたハナシ

ガボール パッチ

そんな中、科学的根拠のある視力回復法が海外で話題になっています。 の著者であり眼科医の平松類先生に聞きました。 子どもも高齢者も「視力」に悩んでいる 「最近本やパソコン、スマホを見ると目が疲れる。 でも眼鏡もかけるのもなあ」「子どもの視力が悪くなってどうにかしてあげたい」。 そう思う方から「視力をよくする方法はありませんか?」と、よく質問を受けます。 レーシックなど、眼科医の中でも「視力を回復する方法は手術以外ない」という考え方が特に日本では主流です。 が、レーシックには感染症やドライアイなどのリスクがあります。 しかし、最近の論文で「ガボール・パッチ」という方法が新たな視力回復の方法となりうることが示されてきました。 カリフォルニア大学の研究では、大学の学生16人と65歳以上の高齢者16人を対象とした研究で、近視も老眼も視力の改善が示されました。 119人を対象とした研究でも(平均年齢49歳、40~63歳)視力の改善はもちろん、読書スピードの増加も示されました。 視力が上がる事で日常生活が楽になったり、仕事がしやすくなる可能性もあるように思います。

次の