アマゾン データ サービス ジャパン。 日本 東京都 東京でアマゾン データ サービス ジャパン株式会社がデータセンター内の物流/設備/ITインフラなどの管理・構築を募集中

求人・企業情報|アマゾン データ サービス ジャパン株式会社/Amazon Data Services Japan KK

アマゾン データ サービス ジャパン

米国内でレジのないコンビニエンスストア25店を展開する「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」はその中核技術「ジャスト・ウォーク・アウト(Just Walk Out)」の販売を始めた。 これは収益向上のためにアマゾンが行っている多角化戦略の一環で、今後は自社でソフト開発ができない企業も、顧客体験を向上させる先進技術が使えるようになる。 一方、アマゾンはブランドイメージを拡げるとともに、消費者の購買行動に関する中身の濃いデータを入手できる。 関連記事: 他社への販売で開発コストに+ アマゾンが開発したジャスト・ウォーク・アウト技術は、レジのないアマゾン・ゴー店内で、顧客がスムーズで快適な買い物をする助けとなる。 買い物客は入店時にアプリをスキャンし、棚から商品を取り、会計を待たずに店を出る。 レシートはあとで自宅やオフィスに送られてくる。 この技術を他社へ販売することでアマゾンは開発コストを埋め合わせられるだけでなく、収益も向上させられる。 過去十年間、シリコンバレーの企業は新技術を自社開発してきたが、現在は発想を転換し、オープンアクセスを許可するとともに外部パートナーとの協業も行っている。 「購買行動データ取得」、AWSの顧客獲得意図も アマゾンは、技術開発と事業成長を支えるインフラへの投資を並行して続けている。 ジャスト・ウォーク・アウト技術は、アマゾンに3つのメリットをもたらす。 さらにジャスト・ウォーク・アウト技術のライセンス契約を結んだ会社は、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)も一緒に利用する可能性が高い。 アマゾンは先進技術、データストレージ、クラウドサービスなどさまざまなプラットフォームで自社の能力を伸ばし続けている。 最大の魅力は「商品にタグを付けなくていい」 ここ20年ほど、小売業界は無線自動識別(RFID)アプリケーションを利用してきた。 RFIDの場合、ビーコンなどの技術を使って対象の商品を特定してデータを収集するために、個々の商品にタグを付ける必要がある。 業務を垂直統合している企業はRFIDを活用することで、商品の動きを追跡でき、商品企画などの問題点にもいち早く気づけるようになるが、大半の会社はコストが見合わずRFIDの用途を絞らざるをえなかった。 調査会社イーマーケター(eMarketer)の首席アナリスト、アンドルー・リプスマンによれば、「RFIDは高コストで、とくに在庫回転率の高い商品はタグを付けるための人件費がかさむ。 RFIDの導入プロセスは難しくてやっかいだ」という。 アマゾン・ゴーで使われている技術なら、個々の商品にタグを付ける必要はなく、カメラの映像とセンサー、ディープラーニングを組み合わせて、顧客が買い物しているあいだに商品をリアルタイムで追跡する。 スムーズで快適な購買体験は究極の利便性をもたらす。 この技術はアマゾン傘下の食料品スーパー「ホールフーズ」でも採用されると見られていたが、近い将来にそうなるかどうか、会社の方針はまだ明らかにされていない。 全米で3000店のアマゾン・ゴーをオープンする計画が発表されただけである。

次の

Amazon Web Services

アマゾン データ サービス ジャパン

米国内でレジのないコンビニエンスストア25店を展開する「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」はその中核技術「ジャスト・ウォーク・アウト(Just Walk Out)」の販売を始めた。 これは収益向上のためにアマゾンが行っている多角化戦略の一環で、今後は自社でソフト開発ができない企業も、顧客体験を向上させる先進技術が使えるようになる。 一方、アマゾンはブランドイメージを拡げるとともに、消費者の購買行動に関する中身の濃いデータを入手できる。 関連記事: 他社への販売で開発コストに+ アマゾンが開発したジャスト・ウォーク・アウト技術は、レジのないアマゾン・ゴー店内で、顧客がスムーズで快適な買い物をする助けとなる。 買い物客は入店時にアプリをスキャンし、棚から商品を取り、会計を待たずに店を出る。 レシートはあとで自宅やオフィスに送られてくる。 この技術を他社へ販売することでアマゾンは開発コストを埋め合わせられるだけでなく、収益も向上させられる。 過去十年間、シリコンバレーの企業は新技術を自社開発してきたが、現在は発想を転換し、オープンアクセスを許可するとともに外部パートナーとの協業も行っている。 「購買行動データ取得」、AWSの顧客獲得意図も アマゾンは、技術開発と事業成長を支えるインフラへの投資を並行して続けている。 ジャスト・ウォーク・アウト技術は、アマゾンに3つのメリットをもたらす。 さらにジャスト・ウォーク・アウト技術のライセンス契約を結んだ会社は、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)も一緒に利用する可能性が高い。 アマゾンは先進技術、データストレージ、クラウドサービスなどさまざまなプラットフォームで自社の能力を伸ばし続けている。 最大の魅力は「商品にタグを付けなくていい」 ここ20年ほど、小売業界は無線自動識別(RFID)アプリケーションを利用してきた。 RFIDの場合、ビーコンなどの技術を使って対象の商品を特定してデータを収集するために、個々の商品にタグを付ける必要がある。 業務を垂直統合している企業はRFIDを活用することで、商品の動きを追跡でき、商品企画などの問題点にもいち早く気づけるようになるが、大半の会社はコストが見合わずRFIDの用途を絞らざるをえなかった。 調査会社イーマーケター(eMarketer)の首席アナリスト、アンドルー・リプスマンによれば、「RFIDは高コストで、とくに在庫回転率の高い商品はタグを付けるための人件費がかさむ。 RFIDの導入プロセスは難しくてやっかいだ」という。 アマゾン・ゴーで使われている技術なら、個々の商品にタグを付ける必要はなく、カメラの映像とセンサー、ディープラーニングを組み合わせて、顧客が買い物しているあいだに商品をリアルタイムで追跡する。 スムーズで快適な購買体験は究極の利便性をもたらす。 この技術はアマゾン傘下の食料品スーパー「ホールフーズ」でも採用されると見られていたが、近い将来にそうなるかどうか、会社の方針はまだ明らかにされていない。 全米で3000店のアマゾン・ゴーをオープンする計画が発表されただけである。

次の

【社員に聞く】アマゾンジャパンの年収は1000万超え?職種別にご紹介

アマゾン データ サービス ジャパン

アマゾンがここまで来た裏側には気の遠くなるような作業がある(撮影:尾形 文繁) 『アマゾノミクス データ・サイエンティストはこう考える』(アンドレアス・ワイガンド著、土方奈美訳、文藝春秋)の著者は、米アマゾンの元チーフ・サイエンティスト。 アマゾン創業者のジェフ・ベゾスとともにデータ戦略を策定し、顧客にとって使いやすいプラットフォームの構築に尽力してきた人物である。 その結果、メーカーがスポンサーとなったプロモーションより、本音のコミュニケーションのほうが有効であることがわかった。 われわれがアマゾンで開発したパーソナライゼーション・ツールは、消費者の意思決定のあり方を根本的に変え、eコマースにおける新たなスタンダードとなった。 (17ページより) プラットフォームを構築したからこそ成り立つ感覚だ 2018年を迎えようとしている私たちが上記の数行を読むと、いささか当たり前すぎると感じる部分は少なからずあるかもしれない。 黎明期の話題なのだから当然の話だ。 しかし、そこに著者らが行ってきたことの価値があるといえる。 いま、それを「当たり前すぎる」と感じるのは、もはやそれがすっかり浸透しているからにほかならない。 そしてそれは、彼らがアマゾンのプラットフォームを構築したからこそ成り立つ感覚なのである。 試行錯誤を繰り返しながら当時構築されたものが、いまなお生き続け、そして進化しているということ。 そう考えただけでも、著者の功績の大きさを推し量ることができるのではないだろうか。 つまり、著者がそのような人物であるからこそ、本書にも『アマゾノミクス』というタイトルがつけられているのだ。 だから読者はここに、「アマゾン黎明期のエキサイティングなストーリー」みたいなものを期待する可能性がある。 それは私も同じだった。

次の